「月下老人」静岡まつりに上陸

taiwannp10 Post in 日台交流
「月下老人」静岡まつりに上陸 はコメントを受け付けていません。

 

縁結びの神様として知られる「月下老人」がこのほど、静岡県内で行われる年に1度の盛大なイベント「静岡まつり2017」に登場した。今年は3月31日、4月1日、2日の3日間の開催だった。

月下老人に参拝する観光客

月下老人とは、台北の迪化街にある霞海城隍廟に祀られている身長わずか43㎝の神様で、結婚の運命が記された本を持ち、最高の伴侶に結びつく赤い糸を授けてくれるといわれている。

月下老人は日本でも有名で昨年3月、静岡県の伊勢丹前廣場に1日限定で登場した際は、約2000人もの参拝者が訪れたほどの人気ぶりだった。今回は、多数に及んだ再招聘のリクエスト、また、昨年12月、静岡市中心市街地の活性化を目指す「I Loveしずおか協議会」と台北市まちづくり団体「大稲埕創意街区発展協会」が友好締結をした記念として、静岡県で2度目の登場となった。

当日は、月下老人の参拝、さらに占い体験や恋愛成就のお守りの授与が行われたほか、大稲埕エリアの雑貨やグッズの販売も行われた。

霞海城隍廟の吳孟寰さんは「月下老人の赤い糸は、最高の伴侶に結びつけてくれただけではなく、大稲埕と静岡相互の交流を結びつけてくれた」とコメントしている。

霞海城隍廟は、清朝の時代に建設され、政府から3級古跡に認定された150年近い歴史あるお寺。同寺に月下老人が祀られ始めたのは1971年からで、以降、毎日たくさんの参拝者が良縁を願い恋愛成就のため訪れている。また、多くの観光客も訪れており、なかでも日本人が最多との事。

なお、月下老人は7月7日~9日までの3日間、上野恩賜公園で行われる「日本台湾まつり2017」にも登場予定だ。

 

(2017/4/28)

台中運動家成棒隊赴沖移地訓練 

taiwannp9 Post in 未分類
台中運動家成棒隊赴沖移地訓練  はコメントを受け付けていません。

駐那霸辦事處處長蘇啟誠(前排左2)和當地僑領宴請台中運動家成棒隊 (照片提供:駐那霸辦事處)

台中運動家成棒隊於4月23至28日在沖繩進行移地訓練,並於25、26和27日三天分別和沖繩大開發、Enagic和沖繩電力3隻成棒隊進行友誼賽。

 台中運動家成棒隊這次是由董事長廖了以和總教練謝長亨率團抵達沖繩,駐那霸辦事處處長蘇啟誠於4月23日前往機場接機,中午與僑領紀伊進餐敘,晚間則由蘇處長邀集僑務委員新垣旬子、琉球華僑總會會長張本光輝、琉球台灣商工協會會長吳啟源和華航沖繩支店店長李志強共同宴請廖董事長和教練團。

 台中運動家一行也於4月25日和沖繩電力會長石嶺傳ㄧ郎和社長大嶺滿進行餐敘,雙方就台沖經貿、棒球互訪交流等事宜互相交換意見。

沖繩電力宴請台中運動家成棒隊(照片提供:駐那霸辦事處)

 台中運動家棒球隊此行的三場友誼賽儘管以小輸收場,但是認為沖繩成棒隊選手訓練有素,並對他們全力以赴的運動家精神留下深刻的印象。

有名な台湾音楽家が来日、民謡音楽を奏でる

taiwannp1 Post in イベント・告知
有名な台湾音楽家が来日、民謡音楽を奏でる はコメントを受け付けていません。

「台湾〜郷の頌」音楽会開催

 

日本中華聯合総会主催の音楽会「台湾〜郷の頌」が5月18日、台湾文化センターで開催される。同音楽会は、台湾で有名な音楽家が台湾から遙々来日し出演するという貴重なイベント。出演者は、有名な声楽家として知られるソプラノ歌手の「呉旭玲」さん、東京中華学校で音楽講師も務めるテノール歌手の「張瑞銘」さん、フランスで音楽を学び、台湾の民族楽器を主にしている二胡・琵琶演奏者の「鄭瑞貞」さん、台湾の有名なコーラスの伴奏等手掛ける「蘇維倫」さんの4人。日本で同4人のアンサンブルを披露するのは初めてであり、「望春風」や「琵琶独奏」等全7曲を演奏予定だ。是非4人のハーモニーを楽しんで頂きたい。入場は無料で、事前申し込み不要、(開場/開演時間18:00/18:30)。「今回演奏する曲は全て台湾でとても有名な曲で昔の民謡や近代の曲を披露します。たくさんの来場をお待ちしてます」(張瑞銘さん)。

 

問い合わせ→台湾文化センター:03-6206-6180

「台湾フェスティバル」でライチ種飛ばし!

taiwannp1 Post in イベント・告知
「台湾フェスティバル」でライチ種飛ばし! はコメントを受け付けていません。

 

台湾フェスティバルTOKYO2017

 

台湾を愛する会が台湾の食文化を通じて日本との関係を深めるため、6月22日~25日の4日間、第4回「台湾フェスティバル®TOKYO2017」を上野恩賜公園噴水広場で開催する。厳選された美味しい台湾料理を販売するほか、2日間で1000人が参加するほど人気がある定番企画「台湾ライチ種飛ばし大会」や、台湾マンゴー、パイン、バナナが食べられる「台湾フルーツフェア」も実施予定。さらに、今年より台湾料理を堪能してもらうため円卓による台湾の伝統的な宴スタイルの「辦桌」を再現した「台湾ビアガーデン」を新名物企画として用意。ステージでは、宜蘭県の原住民による伝統的な楽器演奏ナイトライブ、台湾の若手作家による「観る台湾食文化アート展」や「創る台湾食文化ミニチュアアート」など多彩なコンテンツが盛りだくさん。入場無料、開催時間は10:00~21:00/6月25日10:00~19:00。

 

問い合わせ→台湾を愛する会:050-3580-6694(羽立・深瀬)

東京崇正公會懇親大會 在日推動文化交流

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
東京崇正公會懇親大會 在日推動文化交流 はコメントを受け付けていません。

東京崇正公會會長劉得寬(右3)與客委會主委李永得(右4)、駐日代表謝長廷(左3)、世界客屬總會理事長暨新竹縣長邱鏡淳(右2)和桃園市政府客家事務局局長蔣絜安(左2)

東京崇正公會於4月9日在帝國飯店舉行懇親大會,客委會主委李永得、世界客屬總會理事長暨新竹縣長邱鏡淳和桃園市政府客家事務局局長蔣絜安等來賓特別從台灣來日參加外,台北駐日經濟文化代表處代表謝長廷、來自東南亞的客家團體和關東地區多位僑領也受邀出席。

 東京崇正公會會長劉得寬表示,該會於1963年改組擴大,至今已有54年歷史。客家人注重文化和教育,出了很多英雄和革命家,現任總統蔡英文也是客家鄉親。客家佔台灣五分之一人口,希望大家共同發揚客家文化,共同建設台灣。

東京崇正公會會長劉得寬希望大家共同發揚客家文化

 駐日代表謝長廷表示,現在台日關係良好,目前台日觀光來往人數來往每年超過6百萬,台灣來旅客佔了420萬,相當於6人當中就有一人赴日旅遊。他也藉此特別感謝在場來賓和東京崇正公會協助推動文化交流。

駐日代表謝長廷特別感謝在場來賓和東京崇正公會協助推動文化交流

 客委會主委李永得這次是相隔11年來日參加東京崇正公會懇親大會,他在致詞時則提到對桐花和櫻花的詮釋,客家的代表花卉桐花多半生長在貧瘠山區,掉落時形成五月雪,所展現的是優雅的生活美學,日本的櫻花則在短時間綻放掉落,則是展現生命的美學。他也特別傳達總統蔡英文對客家文化傳承的關心。

客委會主委李永得傳達總統蔡英文對客家文化傳承的關心

 主辦單位由台灣邀請到知名聲樂家簡文秀、台北東山高中管弦樂團、客家團體油彤子、桃園新屋區社區健康營造協進會、東方舞舞者李佳穎和饒筱秋以及在日推廣健康醫學的醫師周東寬等,帶來各式各樣的表演節目與現場觀眾同樂。

桃園新屋區社區健康營造協進會帶來客家民俗表演

 對於在日本的客家鄉親,駐日代表謝長廷認為客家團體在日本相當團結,仍然保持說客家話,可以看到客家鄉親的生命力。他認為客家鄉親是文化交流一個很好的典範,因為能保留自己的文化和他人交流,才是真正的交流。客委會主委李永得表示,客家人移民到日本的故事是客家文化中很重要的資產,目前準備推動相關研究計畫,此次來到日本也前往民族博物館拜訪,希望台日雙方在學術界的合作可以增加。

東京崇正公會第51屆會員懇親大會來賓

東山高中管弦樂團訪日 音樂串起台日交流

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
東山高中管弦樂團訪日 音樂串起台日交流 はコメントを受け付けていません。

東山高中管弦樂團在神奈川學園演奏

台北市私立東山高中管弦樂團首度海外交流於4月10日訪問神奈川學園、橫濱中華學院和港綜合高中等三所高中。台日學生之間儘管說著不同語言,但是透過音樂交流,互相留下深刻的印象。

神奈川學園校長湊谷利男(左)和東山高中校長陳麗美互贈兩校紀念品

 成立於1997年的東山高中弦樂團,得過多次台北市和台灣全國音樂比賽特優,也曾受邀致總統府表演。這次管弦樂團中62名國、高中學生,由校長陳麗美和指揮石耀主領軍至日本訪問,並在橫濱中華學院校長馮彥國的引薦下,於與三所高中學生進行交流。為了展現台灣特色,東山管弦樂團此行除了演奏交響樂曲《羅西尼鵲賊序曲》之外,也準備了由《客家本色》、《天公落水》、《桃花將》組成的客家組曲和《高山青》。

 當日首站前往具有百年歷史的神奈川學園,神奈川學園學生以合唱和舞蹈歡迎東山高中學生,也帶領東山高中學生分組參觀校園,學生之間透過英文溝通,互相了解台日校園生活的不同之處。

東山高中學生在神奈川學園學生的帶領下參觀校園

 神奈川學園校長湊谷利男致贈由學生所設計的制服樣式筆記本給東山高中,並提到被兩校學生的表演所感動;東山高中校長陳麗美則對神奈川學園演唱校歌留下深刻的印象,可見校歌對該校學生的重要性。

 東山高中管弦樂團第2站訪問橫濱中華學院,透過由僑委會所製作的橫濱中華學院介紹影片,了解橫濱中華學院的歷史和日本的僑校教育。橫濱中華學院學生19位高中部學生更陪同一起前往港綜合高中一同進行交流,協助台日學生翻譯。

東山高中學生訪問橫濱中華學院

 港綜合高中學生特別準備了日本熱門歌曲《戀曲》,邀請東山學生一同學習舞步與合奏。透過英文以及橫濱中華學院學生的翻譯,在短暫的練習之後,兩校學生大合奏出《戀曲》。

東山高中管弦樂團和港綜合高中學生以音樂和交流,共同演奏《戀曲》

 東山高中高二學生梁晏慈表示自己很欣賞港綜合高中學生的演奏,值得學習。高一的余霏霏則認為透過音樂的交流,了解到雙方興趣相投。

 對於這次訪日交流,校長陳麗美認為不同的文化可以激發出火花,到了國外需要調整自己,融入他人文化,相信學生此行收穫很多。指揮石耀主則表示,由於校方需要考量教學,因此管弦樂團在學期中出國訪問較為困難。這次來日訪問學生體驗到了不同文化背景和學習環境。

港綜合高中校長鹿島覺(右)和東山高中校長陳麗美互贈兩校紀念品

 港綜合高中校長鹿島覺表示透過學生的表情可以看出這是一次很棒的交流,而協助促成交流的橫濱中華學院校長馮彥國則表示,做為海外僑校,長期經營與中華街和當地學校的聯繫,因此扮演推手的角色,協助台灣的高中與日本學校交流,增加友好關係。

港綜合高中和東山高中學生透過音樂進行交流

まるごと台湾フェア、今年も開催

taiwannp1 Post in イベント・告知
まるごと台湾フェア、今年も開催 はコメントを受け付けていません。

新刊紹介 ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内

taiwannp12 Post in イベント・告知, 観光・美食
新刊紹介 ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内 はコメントを受け付けていません。
    ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内

 

編著者   平野 久美子

発行所   中央公論新社

体  裁    A5判 全128頁

 

「台湾の世界遺産の候補地選定運動を応援したい」。本書は台湾をこよなく愛し、台湾事情に精通する日本人10人の執筆者が台湾の世界遺産級の自然景観及び歴史建造物など厳選した十八か所を紹介した案内書である。

台湾政府は2002年、各国の専門家の力を借り、本格的に世界遺産の候補地選定運動を開始した。現在までに自然遺産、文化遺産、複合遺産など、全十八か所を候補地に選定している。その全か所を執筆者がそれぞれ分担して台湾を訪れ描写。写真を中心に詳細に解説されているところが特徴である。全頁オールカラーによる構成で、地理的な位置やアクセス方法、さらには成り立ちなどが網羅されている。

執筆者が全か所を「熱烈案内」している本書は、まだユネスコに知られていない番外地の今こそ訪れるべきデストネーションである、と指摘する。また、編著者の平野氏は台湾に世界遺産が一つもない現実と日本統治時代の施設をまるで「遺産守り」ともいうべき、大切に守る各地の台湾住民の存在が自身の感慨深さを増大させ、それが執筆を後押しした、という。2014年にはその思いに共感した有志とともに「日本から台湾の世界遺産登録を応援する会」という一般社団法人としての組織も発足させている。

本書で紹介している十八か所はまだ「世間遺産」としているが、これまでの取り組みなど、その「プロセス」が肝要だ、とも。相互の助け合う日本と台湾。好意も感謝もすべては互いの絆があってこそ。ユネスコの精神からすれば国境や政治は皆無である。だからこそ応援するべき価値もあるのだろう。

 

 

台湾世界遺産登録にむけた支援イベント

 

一般社団法人「日本から台湾の世界遺産登録を応援する会」は5月12日に港区虎ノ門の台湾文化センターにて「台湾世界遺産候補地について語ろう」をテーマに講座を開催する。定員は80人を予定。入場無料だが予約制で午後19時(30分前会場)より二時間を予定している。

台湾では近年、世界遺産運動に盛り上がりを見せる。台湾政府も2002年よりこの活動を推奨している。ユネスコの世界遺産条約の精神に準じ、隣国の日本が果たす国際協力として一連の活動の背景にあるものは何か、二人のトークを通じて理由が明らかになるかも知れない。

講座は二部の構成。第一部は「建築史研究者による台湾文化資産の解剖学」でゲストに青井哲人氏を招き、世界遺産候補地となっている歴史建造物から、地方に点在する名もない建築物の魅力までを深堀する。これにより街の歩き方がぐんと楽しくなるコツを伝授する、としている。

第二部は「台湾に世界遺産がなぜ必要なのか」と題し、第一部の講師青井哲人氏と先に「ユネスコ番外地台湾世界遺産級案内」を発刊した編著者の日平野久美子氏によるトークライブだ。

青井哲人氏は台湾の文化保存に詳しい明治大学建築学科教授。平野久美子氏は日本で台湾の世界遺産候補地の応援運動をしており「日本から台湾の世界遺産登録を応援する会」の発足時からのメンバー。講演とトークライブで「台湾の世界遺産」を知見させ、さらなる台湾の魅力と新たな旅のスタイルも模索できる、としている。

問い合わせは台湾文化センター

HP=http//jp.taiwan.culture.tw/information_34_60572.html

(2017/04/27)

アジア進出ビジネスアライアンスセミナー

taiwannp12 Post in イベント・告知
アジア進出ビジネスアライアンスセミナー はコメントを受け付けていません。

 

九州台湾商工会(賴玉汝会長)は、台湾及びアジア諸国への進出を考える企業の強い要請に応えて6月9日(金)16:00より標記のセミナーを福岡市にて開催する。

ビジネスアライアンスセミナーのご案内

講師の林淑恵氏は中華民国対外貿易発展協会(TAITRA) ・台湾貿易センター大阪事務所勤務などを経て、2013年1月より福岡事務所所長を務め、台湾製の大型観光バスを福岡の企業が輸入するビッグプロジェクトの橋渡しをするなど、九州と台湾の企業の連携などに尽力している。

台湾製観光バス輸入契約締結のプレス発表(右端が林淑恵氏)

林淑恵氏は、日本企業のアジア諸国への進出は、言葉の障壁もなく経験豊かな台湾系華僑とのビジネスアライアンスが成功の鍵と考えており、今回のセミナーではそのための基本的な考え方や具体的な方法が示されるものと考えられる。

また、セミナー後の懇親食事会では、参加企業と林講師とのミニ・コンサルティングや企業同士の情報交換が予定されており、単なる講演会にはない貴重な情報が得られるものと期待される。

セミナー・懇親会の申込みは「九州台湾商工会 事務局」まで

電話050-3718-5507  FAX 050-3156-7525   メール hagiorange@yahoo.co.jp

(セミナーは無料。懇親会の参加費5,000円は当日徴収)

日本六地區青商齊聚 分享交流創業經驗

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 華僑 — 総合
日本六地區青商齊聚 分享交流創業經驗 はコメントを受け付けていません。

日本台商聯合總會青年部舉辦「日本青商創業分享暨青年交流會」 (照片提供:日總青年部)

日本台商聯合總會青年部於3月19日舉辦「日本青商創業分享暨青年交流會」,除來自全日本六個地區的青商成員參與外,亞洲台灣商會聯合總會青會會長吳國本、新加坡青商林士博、台北駐日經濟文化代表處僑務組秘書文君妃、台灣商會聯合總會青商輔導副總會長賴玉汝、秘書長鍾幸昌及新生代主任委員陳五福皆出席會議,表達總會對日本青商的期待與關懷。

 新任青年部會長陳姿陵於會中首先分享「海外僑臺商青年創業參訪團」內容,傳達5日課程中內容、宣達目前僑委會所提供的服務,並鼓勵日本青商多參與僑委會所舉辦的相關課程以及亞洲青商的活動。會中也邀請亞青會長吳國本,以「青商體系與經驗傳承」進行座談。為提供成員互動與學習的機會,日本青商也在當天安排日本傳統造型壽司體驗課程,讓與會成員一同作出桃花造型壽司。

日本台商聯合總會青年部透過交流會互相分享創業經驗(照片提供:日總青年部)

  陳姿陵表示,六地區青商期聚的機會相當難得,希望未來除了會議之外,能透過網路平台資訊交流,互相學習。她也感謝世青會長邱臣遠、亞青會長吳國本和新加坡青商林士博來到日本,讓日本青商有學習機會。

 第五屆日本青年部會長已於3月18日進行交接,並於當日舉行青年部會議,討論年度計畫和各地區提案,會中通過將列席日總理監事會議並實際協助會議工作進行,希望建立啟良好互動橋樑,確實與母會進行有效溝通。日總青年部計畫今年度將加強各地區青商間的互動,並舉辦企業參訪與交流等實際學習有意義的活動。