日台“雅楽”の共演が実現

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 未分類
日台“雅楽”の共演が実現 はコメントを受け付けていません。

 

日本と台湾の“雅楽”が共演する公演「唐楽饗宴」が9月12日、銀座ブロッサム中央会館で行われた。同公演は1部では日本の真言宗豊山派に所属する「豊山雅楽会」、2部では台湾の「台南市南聲社(以下:南聲社)」がそれぞれ伝統的な雅楽を奏で、観客は日台雅楽の比較を楽しんだ。

豊山雅楽会の舞踊と演奏

豊山雅楽会の舞踊と演奏

主催の日本台湾芸術文化センターの鍋島吉朗氏によると、日台の雅楽会が同じ舞台で公演を行うのは同公演が初の試み。また、南聲社が日本公演を行うのも今回が初めて。

台南市南聲社の演奏。楽譜は使用せず、全て暗記している

台南市南聲社の演奏。楽譜は使用せず、全て暗記している

今回豊山雅楽会が演奏したのは、古代、仏教や宮中の儀礼の中で演奏された古代の慣例に倣った「五常楽急」、「平調音取」、「林歌」など。また、南聲社側は、恋愛について歌っている「紗窗外」、「共君斷約」など5曲だった。楽器の音色や装飾も日台でそれぞれ特色があり、1回で2つの公演を観たかのように充実した内容だった。

南聲社の魏麗珍総幹事は、「今回初めて生で日本の雅楽を聞いた。台湾と日本は異なる雅楽ではあるが、同じ“禅”と“静”の部分を感じた。お互いに伝統を継承する事は一番大切。今後も機会があれば日本で公演していきたい」と話した。

一方、公演を観賞した真言宗豊山派総本山長谷寺東京出張所の小林観秀主事は、「異なる雅楽でも、元は同じものなのではないかと感じた。同じものから枝分かれして出来た音楽であるという事を来場者の方にもわかってもらえただろう」と述べ、関係者らもお互いの雅楽に親近感を深める機会となっていた。

左から南聲社の林毓汀理事長、真言宗豊山派総本山長谷寺東京出張所の小林観秀主事、台湾文化センターの朱文清センター長

左から南聲社の林毓汀理事長、真言宗豊山派総本山長谷寺東京出張所の小林観秀主事、台湾文化センターの朱文清センター長

鍋島さんは、「日本で生まれ育った台湾人の皆さんをはじめ、雅楽を知らない人たちに雅楽とはどういうものなのか伝えたいと思い開催した。今後は台湾で日本の雅楽公演も企画したいと思っている」と述べ、今後も続けて日台の文化交流を促進させていくとした。

なお、観客からは、「同じような楽器もあって面白かった」、「台湾側の雅楽には楽譜が無いことにも驚いた」、「同じ舞台で異なる雅楽が聞けるという機会も素晴らしい」というコメントがあり、一人一人の観客の心にも響く公演となっていた。

記念撮影の様子

最後は共演を記念して写真撮影

九州のファン、台湾の人気アーティスト「盧廣仲」に酔う

taiwannp12 Posted in 台湾 — 総合, 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 未分類
九州のファン、台湾の人気アーティスト「盧廣仲」に酔う はコメントを受け付けていません。

 

「サンセットライブ2016」が9月3日、4日の2日間、福岡県糸島市の芥屋海水浴場で開催され、台湾の人気アーティスト・盧廣仲(英語名:Crowd Lu)が初日のトップバッターとして出演し、九州のファンを魅了した。盧廣仲は、8月6日に台北アリーナに満員の観客を集め、コンサートを成功させたばかりで、九州での公演は今回が初めて。

この日は生憎の台風接近で野外ステージの公演を不安視する声もあったが、始まってみると演奏メンバーとファンの熱気が時おり雲の切れ目から陽ざしを呼び込むという格好のコンサート日和となった。また、もともとアーティストとファンの距離感が近いことで定評のあるサンセットライブの中でも、手を伸ばせば届きそうなところで懸命にギターを弾き、歌う盧廣仲を感じられる舞台設営は、これまで広い会場で遠くからしか見ることの出來なかったファンの心を摑んで離さないものとなった。

①2~3メートルの至近距離で会えた

2~3メートルの至近距離で会えた

②時折 日本語でコミュニケーション

時折 日本語でコミュニケーション

お互いの掛け声がこだまする

お互いの掛け声がこだまする

一人で台北アリーナを満員にするほどの実力派アーティストであるにもかかわらず、会場の規模を気にすることもなく、時おり日本語のコミュニケーションを交え、首筋から汗を滴らせながらギターを弾き、歌う姿はファンを十分魅了するものであった。また、伸びやかで澄んだ歌声は、やはりライブでなければ味わえないもので、多くのファンも「CDより何倍もよかった」と言い合っていた。

 

——————————————————————————————————————————————————

 

舞台の熱演後、着替えもしないままの盧廣仲にインタビューを行った。

⑤質問者の目を真っ直ぐに見て

質問者の目を真っ直ぐに見て

記者:8月の台北でのコンサートの大成功、おめでとうございます。

盧 :有り難うございます。

記者:今日は貴方の歌を大変楽しく聞かせてもらいましたが、ご自身の感想はいかがでしたか?

盧 :とても楽しく、良い演奏ができました。雨を心配しましたが、天気も回復しましたし。

記者:九州は初めてですか?

盧 :はい。

記者:昨日はどこかへ出かけられましたか? また福岡の街の様子や食べ物の印象はいかがでしたか?

盧 :天神に泊まり、バンドのメンバーと一緒にホテルの周りを歩きましたが、賑やかで綺麗な街だという印象を持ちました。 海鮮料理もおいしかったですよ。

記者:いつも笑顔が絶えませんが、笑顔でいられる秘訣を教えてもらえますか?

盧 :有り難うございます。皆さんが私に笑顔のイメージを持ってくれているのは、こんな顔に産んでくれた母親のおかげだと思っています。母親には感謝しています(笑)。

記者:お仕事や生活でストレスを感じることはありますか?あるとすれば、どんなことですか? また、その解消方法は何でしょうか?

盧 :ストレスはそれほどありませんが、曲作りのアイディアがなかなか浮かばないときには、少しお酒を飲むこともあります。また散歩やジョギングもします。

記者:ちょっとした時間が取れた時は何をしていますか?また、仮に2~3日休暇が取れたとすれば、何をしたいですか?

盧 :本を読んだり、歩いたりします。歩くと頭をからっぽにできますから。もし休暇が取れるようなら、もう一度福岡に海鮮料理を食べに来ましょうか ?(笑)

記者:演奏するときに気を付けていることがありますか?どんな気持ちで演奏していますか?

盧 :聞いてくれる人と、音楽を通したコミュニケーションを取ることを第一に考えています。遠くから私の演奏を聞きに来てくれている人には「愛」を感じます。

記者:福岡では、台湾語(びん南語) を勉強する人が沢山いますが、中国語でなく「台湾語」で歌うことがありますか?台湾語で歌う時にはどんなお気持ちになるでしょうか?

盧 :台湾語で歌うと、故郷のことが目に浮かびます。昔、祖母が台湾語の歌を歌ってくれたのを思い出します。

記者:今日詰めかけたファンの方は、台湾が大好きな人が多いと思いますが、あなた自身は台湾のどんなところが好きですか?

盧 :台湾の田舎が好きです。みんなで仲良く暮らしている環境やそこに住む人々が好きです。

記者:淡水への愛を歌った「nice to meet you」という歌がありますね。 淡水に特別な思いをお持ちですか?

盧 :故郷の台南を出て、淡水の大学に進みました。そこに長くいましたので、強い愛着があります。

記者:個性的なヘアスタイル、ファッションをされていますが、何かこだわりがありますか?

盧 :いえいえ、適当にやっています(笑)。 ヘアスタイルは、これが一番落ち着くからです。短パンを履いているのは、演奏しているときは運動しているような感覚だからです。

記者:新しいアルバム「what a folk !!!! 」についてお聞きします。これは、何をベースにしたものでしょうか?

盧 :民謡です。民謡なら一番生活に近いし、みんなの考えていることを表現できると思ったので。

記者:「what a folk !!!!! 」の一坪半という曲の中に「一坪半には収まりきれない夢」と言う歌詞がありますね。ここに込められた意味は何でしょうか?

盧 :私は交通事故の挫折を乗り越えて、部屋の中で歌を作ってきました。人生にはいろいろなことがあると思いますが、私の歌を聞いた人が、共感して元気を出してくれれば良いですね。沢山歌を作って多くの人に届けたいと思っています。

記者:最後に、今日のライブに来たファンや台湾のことが大好きな日本人に向けたメッセージをお願いします。

盧 :私も時間があれば、また日本に来たいと思いますが、日本の皆様もぜひ台湾に来てください。お待ちしています。

記者:次回は是非単独公演でお越しください。みんな待っています ! 今日は本当にありがとうございました。

⑥台湾と日本の懸け橋への期待が膨らむ

台湾と日本の懸け橋への期待が膨らむ

インタビューには、綺麗な目を質問者にしっかり向けて、真っ直ぐに答えてくれた。インタビュー後は会場内を散策し、ファンと気さくに言葉を交わすなど、ローカルなイベントならではの交流風景が見られた。

これをきっかけに、アーティストとしての飛躍にとどまらず、台湾と日本の音楽を通じた交流の懸け橋になってくれることへの期待が膨らんだ。

 

日本關西台商會理監事會議 加強體制、章程迎向20周年

taiwannp6 Posted in 未分類
日本關西台商會理監事會議 加強體制、章程迎向20周年 はコメントを受け付けていません。
全體合照

全體合照

日本關西台商會於8月25日在會長王明裕主持下,召開第10屆第二次理監事會議,共21位理事出席,為促進會員間團結和諧,會中決議從下屆開始成立紀律委員會,並推舉會長代行俞秀霞為第11屆會長候選人。

理監事会

理監事会

 

理監事會通過推舉會長代行俞秀霞為下屆會長候選人

理監事會通過推舉會長代行俞秀霞為下屆會長候選人

 

會長王明裕感謝理事們在百忙之中撥冗出席,呼籲大家踴躍回台參加9月25日世界台灣商會聯合總會第23屆理監事聯席會議,以及9月24日由亞總總會長李天柒為第23屆世總總會長候選人的亞總代表的名譽總會長謝美香所舉辦的造勢晚會。謝美香向大家報告這幾個月來拜會世界六大洲商會的經過,她表示很榮幸代表亞洲成為世總總會長候選人,她有絕對的熱忱與誠意為全世界台商服務,不管結果如何一定盡全力堅持到最後,懇請大家支持相挺。

 

為慶祝關西台商會創會20周年,臨時動議中決定由名譽會長林清治負責製作「20周年紀念會刊」,並定於今年12月23日在奈良PARK HOTEL舉辦忘年會暨20周年慶祝晚會。

駐大阪辦事處處長張仁久頒贈送暖台南震災感謝狀予會長王明裕

駐大阪辦事處處長張仁久頒贈送暖台南震災感謝狀予會長王明裕

張處長頒贈協助台南震災感謝狀予第23屆世總總會長候選人謝美香

張處長頒贈協助台南震災感謝狀予第23屆世總總會長候選人謝美香

駐大阪辦事處處長張仁久偕僑務組副組長黃水益到場,頒贈感謝狀予為台南震災送暖台商會員。將於9月底榮調駐日代表處副代表一職的張仁久感謝在座各位過去七個多月來的照顧,東京與大阪距離不遠,歡迎大家到東京來,並祝關西台商會會務蓬勃發展,蒸蒸日上。

(2016/08/27  10:22)

台灣精品大阪再度出擊 高階自行車、運動休閒產品深植消費者心

taiwannp6 Posted in 未分類
台灣精品大阪再度出擊 高階自行車、運動休閒產品深植消費者心 はコメントを受け付けていません。
會場全景

會場全景

台灣精品繼去年9月首次在GRAND FRONT大阪展出引發廣大迴響,今年在大阪當紅景點LaLaPort EXPOCITY再度舉辦為期三天(8月19日至21日)以自行車、運動、休閒產品為主題的體驗活動。

台灣外貿協會組長劉秀菊(右)、台灣貿易中心大阪事務所所長李泓章(左)、BESV自行車的營業代表伍惟果(中)

台灣外貿協會組長劉秀菊(右)、台灣貿易中心大阪事務所所長李泓章(左)、BESV自行車的營業代表伍惟果(中)

台灣外貿協會組長劉秀菊表示,台灣自行車產業發展歷史悠久,是台灣ICT產業(資訊與通信科技)以外,另一重要產業,從成車到零件在世界上占有重要地位,過去廠商大多將心力集中在歐美,日本市場著墨不多,希望藉由展出將台灣優良品牌、廠商帶進日本市場。

台灣貿易中心大阪事務所所長李泓章說明,去年9月展示與此次活動皆以提升台灣形象,打動消費者,進而吸引日本進口商、經銷商行銷台灣品牌為主旨,自行車產業在全球是項具有競爭力的產業,去年台灣外銷的自行車約四百萬台,其中只有百分之六、七銷往日本,捷安特、美利達等廠商在日本深耕多年,日本民眾普遍對台灣自行車有優良、高價的認知,相信只要加以宣傳,假以時日銷售數字遽增應非難事。

捷安特 自行車

捷安特 自行車

BESV展出4部電動自行車

BESV展出4部電動自行車

民眾駐足欣賞

民眾駐足欣賞

台灣外貿協會組長劉秀菊向民眾說明產品特色

台灣外貿協會組長劉秀菊向民眾說明產品特色

 

無線遙控潛水艇也有不少民眾詢問

無線遙控潛水艇也有不少民眾詢問

會場除了自行車、電動自行車、摺疊式自行車、兒童腳踏車、自行車鍊條、服飾等自行車相關產品,還有無線遙控潛水艇、折疊式代步車、智慧型果嶺坡度儀推桿、展開式救生衣、童心園的各種兒童發展教具及奧運舉重賽所使用的槓鈴。BESV自行車的營業代表伍惟果說明電動自行車與摩托車不同,需要靠使用者的腳來踩踏,車子感知使用者使出的力量給予助力來前進,日本法規規定時速20公里時,必須斷電,而非無限加速,從0公里到10公里使用者踩1分力,車子給予2分助力,超過10公里後助力慢慢歸零,因此從環保、從交通、從對人體的健康來講都是最適合的選擇;為了符合日本的法規及日本客戶的需求,也下了相當大的功夫。

三天下來吸引上萬民眾到場實際觸摸、體驗,有民眾一身自行車裝扮現身,也有不少民眾驚訝台灣除了觀光、美食之外,也製造精美優良產品,此次的展出無疑地再次成功提升台灣產品在消費者心中的地位。

(2016/08/21  18:21)

トランスアジア航空がLCCのVエア吸収合併

taiwannp1 Posted in 未分類
トランスアジア航空がLCCのVエア吸収合併 はコメントを受け付けていません。

 

台湾のLCCVエア(威航=VAX/ZV)は8月9日、台湾で行われた董事会(取締役会)で親会社のトランスアジア航空(復興航空=TNA/GEへの吸収合併を正式に発表した。初の台湾資本によるLCCとして誕生したVエアは、設立から3年あまりで姿を消す事になった。

Vエア(威航)

Vエア(威航)

Vエアは今後、930日が最終運航日となり翌10月1日に運航停止となる。トランスアジア航空は吸収後、台湾桃園国際空港とタイ・チェンマイ空港、福岡空港を結ぶVエアの2路線を引き継ぐ。なお、10月1日以降の航空券については、トランスアジア航空便への振替や払い戻しなどで対応する。

台湾メディアによると、トランスアジア航空の林明昇董事長は董事会で、「グループの再編を加速するため、吸収合併でシナジー効果を狙う」と話し、グループ全体の立て直しに意欲をみせたという。

復興航空は2013年11月にLCC参入を発表。Vエアは2014年12月、台北とタイの首都バンコクを結ぶ初の路線を就航し、その後、日本や韓国路線も相次いで開設していた。しかし、LCCの競争激化などでVエアは経営不振が表面化し、トランスアジア航空による吸収合併が噂されていた。

独自の台南情報を発信、大阪市中央公会堂で台南PRイベント開催

taiwannp1 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 観光, 未分類
独自の台南情報を発信、大阪市中央公会堂で台南PRイベント開催 はコメントを受け付けていません。

新たな台南の魅力を展示・講演で伝える台南市政府観光旅遊局のイベント「私と私の台南 ようこそ、本当の台湾へ」が、8月12日と13日の2日間、大阪市中央公会堂にて開催された。

大阪市中央公会堂 3階中集会室にて開催

大阪市中央公会堂 3階中集会室にて開催

会場の一角は展示コーナーで、講演者や台南を知り尽くした達人が推薦する名産品、名所の写真など62種類を、「紅椅頭 (アンイータウ)」と呼ばれる椅子の上に陳列し、台南の魅力を視覚的にPRした。

紅椅頭を用いた展示コーナー

紅椅頭を用いた展示コーナー

具体的なブランド商品を展示

具体的なブランド商品を展示

同イベント2日目の13日には300名を越える来場者があり、ステージ客席は満席となった。講演会では女優でエッセイストの一青妙さん、一級建築士の渡邉義孝さん、イラストレーターでエッセイストのヤマサキ兄妹、エッセイストの柳沢小実さんが、豊富な現地体験談を盛り込みながら、自身が薦める台南の楽しみ方、名産品・観光スポットについて情報発信した。

著書「わたしの台南: 『ほんとうの台湾』に出会う旅」を手がけ、当講演会の司会進行も兼ねていた一青さんは、講演の中で市場をアピールし、「西市場」の様子を収めた動画を使って、一押しのグルメなどをPRした。

一青妙さんの講演

一青妙さんの講演

その他、渡邉さんは自身のスケッチや写真を使い日式建築にフォーカスした観光PRを、ヤマサキ兄妹はイラストを使った体験談を、柳沢さんは「女子旅」の観点からおすすめグルメを紹介していた。

ヤマサキ兄妹の講演

ヤマサキ兄妹の講演

講演会終盤には、スペシャルゲストとして「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」所属の人気タレント、渡辺直美さんとハイキングウォーキング(鈴木Q太郎さん、 松田洋昌さん)が駆けつけ、ユーモアを交えて台南にまつわるトークを披露、会場はさらなる熱気と興奮に包まれた。

台南市観光局の王時思局長は、「昨年に大阪と台南を結ぶ直行便ができ、台南へアクセスしやすくなりました。台南は大阪のような人情豊かな街です。是非台南を観光し、新たな友人を作ってください」とアピールした。

渡辺直美さん(中央)、ハイキングウォーキングによるトークショー

渡辺直美さん(中央)、ハイキングウォーキングによるトークショー

 

渡辺直美さんとハイキングウォーキングさんに“ミニ”インタビュー!! ~台南の良さとは?~

Q:渡辺さんは「渡辺直美のたら福まん腹」という台湾紹介本を執筆されておられますが、台南についてはどのような印象をお持ちでしょうか?

渡辺:「そうですねえ、まずアクセスしやすくなりましたね。台北から新幹線で1本ですから。台湾の新幹線は日本の新幹線そのまんまなんですよ」

鈴木:「そうなんだ!」

渡辺:「だから(台北からでも)気軽にアクセスできますよ。あと、台南人は大阪人と(人柄が)似ているというのと、台湾料理の多くは実は台南が発祥というところかな」

松田:「よく知っていますね」

渡辺:「一応、本を出していますからね。あ、第2弾も執筆中です」

鈴木:「宣伝に持っていく流れがさすがですね」

 

Q:台南の料理でお勧めはありますか?

渡辺:「担仔麺かな。出汁とエビとそぼろがトッピングされた麺で美味しいですよ。台南発祥の料理でよく食べます。今は台北でも食べられるけど、味が違うんでぜひ台南のものを食べてみてください。あと、市場もたくさんあり面白いので是非」

 

Q:渡辺さんは台南のお土産にどのようなものをお勧めしますか?

渡辺:「食器です!」

松田:「有名なんですか?」

渡辺:「台湾にも独自の文化がたくさんあって、食器も面白いんですよ。まあ私自身がお土産に食器を集めるのが好きというのもあるんですけど。旅先で購入した食器にご飯を盛り付けると、ご飯に温かみが出ると思ってて。独り身だけど」

鈴木・松田:「俺らもひとりなんですけど、やってみますわ!(笑)」

渡辺直美さん(中央)とハイキングウォーキングさん

渡辺直美さん(中央)とハイキングウォーキングさん

福岡で「台湾MICE産業説明会及び交流会」を開催

taiwannp12 Posted in 未分類
福岡で「台湾MICE産業説明会及び交流会」を開催 はコメントを受け付けていません。

 

台湾貿易センター(TAITRA)は7月13日、グランドハイアット福岡で「台湾MICE産業説明会及び交流会」(MEET TAIWAN)を開催し、48人の参加者が熱心に耳を傾けた。

同会は、近年の日本から台湾への訪問客の大幅な増加と台湾に対する国際的な関心を背景に、来訪を単一目的のものから立体的なものに組み上げて、台湾への総合的な理解を深め、交流してもらうことを目指したものだ。

説明会の冒頭、TITRA台北国際会議センター「MEET TAIWAN」運営副代表の藍淑琪氏は次のように述べた。

「日本と台湾はずっと密接な関係を保っているが、特にここ数年は、会社の会議や研修を中心に日本からの訪台客数が急速に伸びている。なぜ台湾が選ばれるのかを考えてみると、日本各地からの定期航空便が多く就航していること、グルメを満足させる美味しい食べ物があること、美しい自然に恵まれていることなどがあげられる。日本から台湾には、鈴木自動車、アサンテ、パナソニック、武田薬品、サニクリーン、アルセラン化粧品などの有名企業が進出しているが、これ以外の中堅、中小企業も数多く定着しており、厚い土壌の上に多くの企業や組織が台湾MICEを活用してくれている。今日はMICEに関連する航空会社、旅行会社、会議・展示会社、原住民代表、コンサル会社、アジアスーパーチーム運営会社など、多様な人々と一緒にやってきた。ぜひ彼らのプレゼンテーションに耳を傾け、交流会で更に詳しく意見交換をして頂きたい」

1)MEET TAIWAN運営副代表の藍淑琪氏

「MEET TAIWAN」運営副代表の藍淑琪氏

次に来賓として財団法人福岡観光コンベンションビューローの藤本道雄専務理事が“福岡のこの季節の正装”である博多祇園山笠の法被、締め込み姿で壇上に立ち、まず台湾からのインセンティブツアーが多く福岡へ来ていただいていることへの謝意を表した。

次いで「昨年の福岡のMICE件数が336件に上り、全国の増加分の50%を福岡が達成するなど、MICE都市福岡の地盤がゆるぎないものになっていること。安全で、食べ物がおいしく、見どころが多い台湾MICEと協力して、今後共存共栄を図っていきたい」と抱負を述べた。

2)福岡コンベンション、藤本専務

福岡観光コンベンションビューローの藤本道雄専務理事

次に、TITRA台北国際会議センター「MEET TAIWAN」プロジェクトマネジャーの荘雅婷氏がビデオを使って台湾の交通ネットワーク、国際会議センター・展示会場などの施設、故宮博物院などの文化施設、夜市の魅力などの全体像を説明した後、今回展示に参加した企業や原住民代表が次々に立って、様々な側面から台湾MICEにおける自分たちの役割や魅力を伝えた。

3)熱心に聞き入る聴衆

プレゼンテーションを熱心に聞く参加者

プレゼンテーションの後、24人のスタッフ及び台湾企業・組織のメンバーと参加者が和気あいあいと商談・交流を行った。

 

個別商談の様子

個別商談の様子

国土交通省・観光庁によれば、MICEは、企業や組織の会議(Meeting)、報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字をとったものであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどを総称する言葉である。そのため世界の多くの国がMICE開催や活用を推進している。

6)MICEスタッフと出店者たち

会議のスタッフと出展者たち

 

 

 

 

 

日本橋三越で台湾デザインを発信

taiwannp1 Posted in 台湾 — 総合, 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 未分類
日本橋三越で台湾デザインを発信 はコメントを受け付けていません。
三越で台北のデザインプロダクトの展示。12日まで。

三越で台北のデザインプロダクトの展示。12日まで。

台北市文化局と台北市文化基金会は7月6日から7月12日まで、日本橋三越本館1階にて台湾デザイナー18ブランドのプロダクト展示を行っている。これは、7月6日より7月8日まで行われた第7回東京デザイン製品展への出展に合わせたもの。三越での展示は、企業やバイヤーだけでなく、一般の日本人消費者に、より台湾デザインを感じ、理解を深めてもらう事が目的。

三越バックコーナーの一角に設置された展示ブースでは、台湾最新プロダクトの展示のみならず、日本のデザイン会社であるMakers’Baseと連携して行われた「夏にぴったりのトートバック」コンテストで600のデザインの中から上位20位に選ばれた日本と台湾のデザイントートバックの企画も行われている。

自分好みのトートバックが作れる

自分好みのトートバックが作れる日台合同企画

同企画は、上位20位のデザインの中から好きなデザインと、倉敷帆布トートバックの型を4型からセレクトし、その場でプリント仕上げして自分好みのトートバックが作れるというもの。Makers’BaseのFacebookやInstagram、店舗による一般投票、審査員による投票で選出された20点のうち、15点は台湾デザイナーの作品だった。また、デザインは、テーマが「夏」と設定されており、夏の風物詩である金魚やスイカ、かき氷などを描いているデザインが目を惹いた。

日本で行われた審査で台湾のデザイナーの作品が15点選ばれた事について、7日に店頭に立ち寄った台北市文化局の謝佩霓局長は、「台湾と日本はとても密接で、この度のデザイナー達も日本に対する理解があったので、今回のデザインは日本らしいデザインになった。また、このように台湾デザイナーが日本の方達に受け入れられるデザインを生み出せる要因は、日本統治時代があり、日本の影響を受けたという事も関係しているでしょう」と述べた。

台湾デザイナーのプロダクトを説明する台北市文化局の謝佩霓局長

台湾デザイナーのプロダクトを説明する台北市文化局の謝佩霓局長

また、謝さんは台湾デザイナーの強みに対して、「台湾はなんでも自然体。本気で好きという気持ちを自由に表現している。本当のデザイナーとは、設けや利益を考えず、好きという気持ちを大事にデザインするもの」と話した。また、近年の台湾デザインの状況については、「日本市場での台湾デザインプロダクトの輸出は年々増えている。海外からのバイヤーも展覧会だけでなく街中の工房にも来るようになっている。東南アジアは工場というイメージが強く持たれているが、“台北はデザインの町”というイメージに変えたいと思っている」と意欲を語った。

 

 

台北×三越の連携背景

謝局長によると、三越との連携は、Makers’Baseの最高執行責任者の松田純平さんの協力があって実現した企画だという。三越とMakers’Baseは昨年から連携プロジェクトを行っており、両者が今夏の企画を考える中で、松田さんが別件で関わっていた台北市文化基金会の「台湾のデザインをワールドワイドに紹介していきたい」という想いを知り、この度の三者連携企画が誕生した。

Makers’Baseの最高執行責任者の松田順平さん(右)と三越のバイヤー・岡本和彦氏

Makers’Baseの最高執行責任者の松田純平さん(右)と三越のバイヤー・岡本和彦氏

三越のバイヤーである岡本和彦氏によると、海外の団体に三越の一角を提供して展示を行う事は稀な例であるという。岡本さんは「もともと松田さんから、台湾のデザインが進んでいるという事は聞いていたので、今回の企画は即決だった。日本橋三越のお客様は眼がこえていて、ブランドの酸いも甘いも知っている。そのようなお客さまに対して今回のクリエーションはどのような反応が出るのか、顧客動向を見てみたい。そして次のステップに繋げていたい」と話した。

松田さんは、「台湾のデザインはとても進んでいて、私も何度も台湾に足を運んで参考にしている。日本とは発想の仕方が異なっているところが面白い」としていた。

同企画は12日の三越展示終了後、7月30日まで、 Makers’Baseの店舗とウエブサイトで展示・販売される。

蔡総統が国交樹立国四ヶ国の要人と会見

taiwannp1 Posted in 台湾 — 政治, 台湾 — 総合, 未分類
蔡総統が国交樹立国四ヶ国の要人と会見 はコメントを受け付けていません。
パナマ運河拡張工事の完成式典に参加した蔡英文総統(提供:中央社)

パナマでの晩餐会にて。蔡英文総統(提供:中央社)

蔡英文総統は6月26日、中米・パナマ共和国で開催されたパナマ運河拡張工事の完成式典に参加した。会場では日華議員懇談会副会長の衛藤征士郎衆議院議員をはじめ米国など各国の要人らと顔を合わせたほか、式典前、グアテマラ共和国のハフェット・カブレラ副大統領、ドミニカ共和国のダニーロ・メディーナ大統領、エルサルバドル共和国のオスカル・オルティス副大統領、ホンジュラス共和国のフアン・オルランド・エルナンデス大統領と会見した。

台湾メディアによると、総統府の曽厚仁副秘書長が、「蔡総統はグアテマラ共和国のハフェット・カブレラ副大統領と会見した際、今後、医療、衛生、教育、インフラ整備など、施政の主軸となる分野で交流及び協力を強化したいと述べた」という。特に台湾が強みを持つ製薬分野については、今後双方の話し合いを深め、新たな協力関係を約束した。

一方のダニーロ・メディーナ大統領は、「より多くの台湾の繊維・アパレル業者が同国で投資を行うことを期待する」と述べたという。これに対し蔡総統は、繊維・アパレル産業は台湾の強みであり、両国が築き上げた既存の基礎の上、経済・貿易など各分野での協力展開を期待した。

フアン・オルランド・エルナンデス大統領は、「中華民国政府が提供する奨学金は、同国の人材の育成と能力向上に大きく役立っている」と感謝し、蔡総統も、ホンジュラス共和国からより多くの若者が台湾に留学できるようにしたいとしたほか、「個人的な意見」として、台湾に留学して学位を得た留学生たちが、今後、台湾の様々な企業で研修を受け、学んだことを仕事に結び付けられるような機会を作りたいと述べた。

地震に負けず台湾に事務所を開設(熊本電鉄・中島敬髙社長)

taiwannp12 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 観光, 未分類
地震に負けず台湾に事務所を開設(熊本電鉄・中島敬髙社長) はコメントを受け付けていません。

熊本電気鉄道は6月3日、地震の被害を乗り越え台湾南部・高雄市に初の海外事務所を開設した。

同社は明治42年の創業以来熊本市民の足として鉄道・バス・旅行業など堅実な経営を続けてきたが、もう一段の飛躍を目指して、海外でのビジネス展開に踏み切ったものだ。

中島敬髙社長に台湾進出のいきさつや狙いについて聞いた。

 

記者:ローカルな鉄道会社が海外に進出しようと考えた発端はどこにあるのでしょうか?

中島:他の地方鉄道会社と同様に、弊社も鉄道や路線バス事業の低迷、国内観光の需要減という厳しい環境にあり、海外に活路を見出せないかという考えが芽生えました。それ以来、かなりの期間模索を続けてきました。

記者:進出先に台湾を選んだ理由は何でしょうか?

中島:弊社の第三代社長を務めた故松野鶴平氏(元参議院議長)が蒋介石総統と親交が深かったこともあり、歴代社長が何度も台湾を訪問するなど、親交を重ねてきました。

このような背景の中で、台湾新聞社の紹介で台湾の対日窓口機関である亜東関係協会(East Asia Relations Commission)やチャイナエアライン(中華航空)などとご縁ができました。

松野鶴平氏の胸像を指差しながら03

第三代社長・松野鶴平氏の胸像を指差しながら語る中島社長

記者:話が具体化したのはいつごろですか?

中島:社内で台湾とのビジネスが話題に上ったものの、なかなか実現には至りませんでした。具体的な調査に取り掛かり、実行方法を検討し始めたのは2012年ごろからです。

記者:熊本市が政令指定都市に移行した年ですね。また前年の2011年3月には、九州新幹線鹿児島ルートが全線営業運転を開始しましたね。

中島:はい。当時、阿蘇くまもと空港国際線振興協議会などが東アジアへの新規国際線の誘致活動を活発化させており、2013年には、熊本県及び熊本市が台湾第2の都市である高雄市との間で、貿易・投資の促進、観光、教育等の分野における相互交流促進、定期便就航へ向けた協力体制構築のための3者協定(MOU)を締結しました。

これに沿って陳菊・高雄市長が来訪し、2013年にはチャイナエアラインが高雄~熊本線のプログラムチャーター便を就航させました。同社はその後2015年10月から定期便を運航し始めましたが、搭乗率70%超を維持するほどの人気となり、台湾南部と山鹿市や大津町など県内各地との交流も始まりました。

記者:台湾南部と県内各地との交流が盛んになったのですね。

中島:そうです。弊社も高雄市、台南市などの台湾南部の行政機関や航空会社、旅行会社との信頼関係を構築し、バス、宿、観光、土産物等の相互協力システムを作り上げることができました。ここに来て、もう電話やメールだけのやり取りでは追い付かなくなり、事務所を開設することになったわけです。

記者:貴社も地震で大きい被害を受けたと思いますが、事務所の開設は予定通り進めたのですか?

中島:駅舎が破損し、レールが曲がるなどの直接的な被害と貸切りバスのキャンセルなどを合わせて、金額的には1億円超の被害を受けました。しかし、こんなことに負けてはいられないと社員が一丸となって計画を進めてくれました。当初は5月初旬の開設予定でしたが、社員の頑張りと周囲の方の支援のおかげで、1ヶ月遅れで実現できました。

記者:貴社の利益に占める台湾関係ビジネスのウエイトはどのくらいでしょうか?

中島:有り難いことに、利益の3割を占めるまでになりました。

電車04

地元に愛される「くまモン」電車 -熊本電鉄ホームページより-

記者:今後の台湾ビジネス、日台交流についての考えをお聞かせください。

中島:観光に来ていただくにしても、景勝地を見て回り美味しいものを食べて頂くだけのものではなく、文化や歴史を感じ、人と人の心が触れ合うものを九州各地と連携して提供したいですね。例えば、熊本・福岡には、台湾の国父・孫文との交流にまつわる歴史があります。また、日本統治時代には1万人以上の九州人が教師、医師、技師として台湾に渡り人生の黄金期を過ごしたのですから、大分、宮崎、鹿児島、佐賀、長崎にも台湾の人との深いつながりがあるはずです。

九州ではありませんが、台湾でダムや用水路を建設し、痩せた土地を最大の穀倉地帯にした恩人として中学校の教科書にも掲載されている八田與一技師の里(金沢)へ台湾の修学旅行生を案内したい。もちろん、日本人を烏山頭ダムや八田記念公園に案内し、我々の先輩が台湾でどう評価されているかも知ってもらいたい。これらを立体的に結び付けて日台の交流の役に立ちたいと思っています。

観光だけでなく、お互いの物産をPRして輸出入を促進したり、自治体や学校の交流の橋渡しもしたいですね。

記者:高雄市から、更に大きいマーケットである台北市に進出する計画はありませんか?また、タイ、ベトナムなどアジアの元気な国へ進出するおつもりはありませんか?

中島:気持ちとしては「台湾を通じてアジアの活力を取り込み、熊本を元気にしたい」と思いますが、先ずは一歩一歩足元を固めることからやっていきたいと思っています。中小企業であるという身の丈も分かっていますし、当面観光を主体とするためには、熊本との直行定期便があることが大前提です。

歴史と文化の交流について語る

歴史や文化を通じた観光・交流に ついて熱く語る

明治42年創業といえば、107年の歴史を持つ老舗企業である。革新的な事業に取り組むことの難しさもあるかも知れない。しかし一方で公共交通機関離れが進む厳しい経営環境の中にある中堅鉄道会社として、しなければならないことは山のようにあると思われる。

難しいかじ取りの中で台湾進出を選び、新しい事業のあり方を語る中島社長からは、地震を乗り越えて少しでも前に進もうとする芯の強さと何としても熊本復興を成し遂げようとするミッションへの意欲が伝わるインタビューであった。