40餘家廠商赴日參展 將台灣產品推向日本市場

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 経済, 日台 ー 観光
40餘家廠商赴日參展 將台灣產品推向日本市場 はコメントを受け付けていません。

日本最大的流行展Fashion World Tokyo 2016秋季展於11月7日起至9日在東京Big Sight展覽場舉行。為了將台灣產品推向日本市場,今年共有超過40家的台灣廠商參展,包含鞋子、手提包、帽子、成衣和織品等不同類型的產品。

Fashion World Tokyo2016 秋季展共有來自37國、902家廠商參展。

Fashion World Tokyo2016 秋季展共有來自37國、902家廠商參展。

已邁入第7屆的Fashion World Tokyo,每年於春、秋各舉辦一次,此次吸引了來自37個國家、902家廠商參展。在同一展場中,又分為鞋業、手提包、OEM(代工生產)、織品等7個不同專區。今年參展的40多家台灣廠商當中,以鞋業佔多數,而手提包、帽子、成衣和織品等產業,也都有台灣廠商參與展出。

參與此次展覽的台灣鞋業廠商,分別由台灣區製鞋工業同業公會和台灣製鞋發展協會組團。面對現在全球化的競爭,台灣製鞋業積極向外拓展,分別以高品質和MIT台灣設計生產的特點,希望吸引日本買家的目光。

台灣鞋業展館,廠商希望透過參展,尋求OEM合作及推廣自有品牌。

台灣鞋業展館,廠商希望透過參展,尋求OEM合作及推廣自有品牌。

台灣區製鞋工業同業公會業務組組長黃佩芳表示,日本買家的訂單數量雖然不會像歐美買家那麼大,但是一但有合作機會,就會是長期合作。面對目前競爭的市場,需要凸顯產品特性並做出差異化。公會這次參展的會員,希望可以在日本尋求OEM合作和推廣現有品牌。參展廠商許秀鳳也提到,台灣的技術好,價格上和大陸和東南亞廠商也可競爭,況且小單也可以接,這都是台灣製鞋業的優點。

兼顧舒適和美觀的設計,並瞄準日本風格,希望攻下更大的日本市場。

兼顧舒適和美觀的設計,並瞄準日本風格,希望攻下更大的日本市場。

另一方面,台灣製鞋發展協會理事長邱福印則談到,台灣在民國70年代替日本做很多OEM,但因關稅問題,日本現多將OEM移到柬埔和寨越南,台日合作和已往相比已大幅減少。因此這次隨發展協會組團來參展的廠商,都是主打MIT台灣生產和台灣設計為賣點,具有產品特色,希望藉此搶進日本市場。

強調MIT,在台灣設計生產的鞋子。廠商希望藉由這樣的特色來吸引日本買家。

強打MIT,在台灣設計與生產的鞋子。廠商希望藉由這樣的特色來吸引日本買家。

   在手提包產業方面,台灣區手提包輸出同業公會此次也帶領4家廠商參展。秘書長王美款表示,日本市場對台灣來說還是比較熟悉,因此海外拓展的第一站就鎖定日本。這次是公會第2次組團參展,目標是帶著台灣的品牌,找到日本代理商合作。

融合了軟箱和硬箱優點的新款行李箱,已在台灣和大陸獲得專利,預計明年要在台灣上次,此次在東京展覽中搶先曝光。

融合了軟、硬箱優點的新款行李箱,已在台灣和大陸獲得專利,預計明年要在台灣上市,此次搶先在東京展覽中曝光。

 

廠商發揮創意,將自然材質如鐵或大理石融入皮革中,再製成皮夾(圖中為融入大理石的皮革所製)

廠商發揮創意,將自然材質如鐵或大理石融入皮革中,再製成皮夾(圖中為融入大理石的皮革所製)

   此外,台灣的製衣、帽子和紡織業者都有組團參展,分別有台灣製衣、帽子和紡織館。台灣製衣工業同業公會秘書長駱春梅表示,這次參展的製衣廠商以OEM時裝為主,也有一些機能性的產品。她認為台灣廠商的特色是品質好、交期準,她對台灣產品相當有信心。

台灣區製衣工業同業公會和台灣區帽子輸出業同業公會展區。

台灣區製衣工業同業公會和台灣區帽子輸出業同業公會展區。

 

台灣紡織產業展館,此次共有4家參展。

台灣紡織產業展館,此次共有4家參展。

在日台灣不動產協會一週年 將持續培育人才

taiwannp9 Posted in 中文, 動画, 日台 ー 交流, 日台 ー 経済, 華僑, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
在日台灣不動產協會一週年 將持續培育人才 はコメントを受け付けていません。

     在日台灣不動產協會於11月6日在東京舉行一周年大會,駐日代表處副代表張仁久、在日不動產協會最高顧問詹德薰、全日本不動產協會理事長原嶋和利和中華民國不動產仲介經紀商業同業公會全國聯合會理事長林正雄等來自台日兩地200多位嘉賓,出席當日大會。

在日台灣不動產協會會長錢妙玲於致詞時先以她自己當年到日本租屋所遇到的困難為例,說明協會的成立後的首要工作便是與保險協會合作,讓在日本的台灣人可以更容易的租到房子。另一項工作則是希望可以培養出更多中日雙語的宅建士。

 在日台灣不動產協會會長錢妙玲致詞

在日台灣不動產協會會長錢妙玲致詞

   原嶋和利則在致詞時表示,他希望台日雙方沒有隔閡,不分彼此雙方,作為夥伴一同為不動產業界而努力。當日共有20多位來自新北市和桃園的台灣不動產業者,在全聯會會長林正雄帶領下到東京參加大會。林正雄致詞時提到,在日台灣不動產協會的成立對台日雙方不動產業界是一個非常大的成就,對於將到日本投資的台灣民眾來說,是一個重要的平台。

中華民國不動產仲介經紀商業同業公會全國聯合會理事長林正雄致詞

中華民國不動產仲介經紀商業同業公會全國聯合會理事長林正雄致詞

 

全日本不動產協會理事長原嶋和利致詞

全日本不動產協會理事長原嶋和利致詞

 

晚會中由長谷川旅館和度假中心代表取締役安倍夏樹(台上者)帶領在場來賓一同乾杯

晚會中由長谷川旅館和度假中心代表取締役阿部夏樹(台上者)帶領在場來賓一同乾杯

     在日台灣不動產協會已成立1年,錢妙玲表示,很高興協會在成立一年就受到全日本不動產協會和台灣全聯會的認同。原本預計在兩年之內完成的保證公司、火災保險和宅建師培育等項目已提早達成,未來則是希望培養雙語的專業不動產人才,以及將日本的業界帶到台灣投資。

      對於未來會與會之間的交流,原嶋和利表示,目前兩會剛建立起交誼。希望在日台灣不動產協會未來和全日本不動產協會能有更多交流,建立起良好關係。林正雄則表示,全聯會目前和在日台灣不動產協會是互相觀摩學習,如果互相友好,有機會可進一步合作。

當日與會來賓全體大合照。

當日與會來賓全體大合照

 

與會來賓合影(左2為全日本不動產協會理事長原嶋和利、左3為駐日代表處副代表張仁久、右3為中華民國不動產仲介經紀商業同業公會全國聯合會理事長林正雄、右1為在日不動產協會最高顧問詹德薰)

與會來賓合影(左2為全日本不動產協會理事長原嶋和利、左3為駐日代表處副代表張仁久、右3為中華民國不動產仲介經紀商業同業公會全國聯合會理事長林正雄、右1為在日不動產協會最高顧問詹德薰)

 

在日台灣不動產協會感謝來賓光臨,並由副會長濱田裕子(左3)致閉幕詞

在日台灣不動產協會感謝來賓光臨,並由副會長濱田裕子(左3)致閉幕詞

在當日晚會之前,邀請了東京星銀行的岸田豐彥,以「日本旅館投資的現況與展望」為題發表演講,與在場來賓分享投資趨勢。

台商關東三會聯合 首次與日本貿易振興機構進行交流

taiwannp10 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 経済, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
台商關東三會聯合 首次與日本貿易振興機構進行交流 はコメントを受け付けていません。

10月13日於日本貿易振興機構(簡稱JETRO)東京本部舉辦首次日本台灣商會與JETRO的networking交流會。除了台北駐日經濟文化代表處經濟組組長張厚純、台灣貿易中心東京事務所所長吳俊澤、僑務諮詢委員黃宗敏等貴賓特別撥空出席外,日本台灣商會聯合總會會長新垣旬子及JETRO沖繩貿易情報中心所長石田達也遠從沖繩前來分享沖繩的合作事例,讓與會者更清楚JETRO的運作與尋求協助的可能性。

JETRO理事前田茂樹歡迎台商會的到來並介紹JETRO主要事業內容

JETRO理事前田茂樹歡迎台商會的到來並介紹JETRO主要事業內容

交流會一開始,JETRO理事前田茂樹及對日投資部次長高島大浩先就JETRO事業內容進行說明,表示配合日本政府政策,目前已協助海外約1500家企業在日設點,接下來針對在日外資企業追加投資及企業擴大的相關支援也在進行中,企業能夠透過JETRO得到專業建議及相關的資源與情報。目前JETRO為了加強台灣的對日投資服務,設立了「促進台商對日投資專案小組」,希望在台日密切的經貿關係下,能協助更多的台灣企業赴日直接投資。期許在目前逐漸擴大的台日經濟關係中讓雙方成為對等的經濟夥伴,在各領域中都能有顯著的發展。其後,透過沖繩合作為例,就日本企業合作可能性及JETRO提供情報後實質的影響力進行說明,新垣旬子總會長分享自家企業新垣通商與JETRO合作四年間的經驗,建議大家如何在JETRO提供的協助中找到各自的需求及活用有效資源,強調並非只有外資公司進駐日本才能夠尋求協助,在日企業想發展海外市場時,JETRO更是能提供專業協助的組織,希望藉由此次交流活動,使日本各商會都能知道日本有一個這麼好的組織能夠為大家提供服務。

新垣旬子總會長分享自家企業新垣通商與JETRO合作四年間的經驗

新垣旬子總會長分享自家企業新垣通商與JETRO合作四年間的經驗

關東台商會首次與JETRO進行交流,場內座無虛席

關東台商會首次與JETRO進行交流,場內座無虛席

說明結束後,在場30餘家企業與關東各地區JETRO代表相互交流,氣氛熱烈。東京台商會會長陳慶仰表示,此次在新垣總會長的帶領下,能夠有機會與JETRO交流是非常難得的機會,希望雙方能夠建立良好關係,讓台商朋友有更多商機可循。千葉台商會會長濱田裕子則表示,參加此次交流會,認識了JETRO組織中的台灣專案小組專員及千葉地區的委任顧問,之前有至千葉台商會拜訪過的千葉縣商工勞動部副主查也前來參加,這次交流會只是一個開端,台商會存在的目的即是協助在日台商解決困難、創造商機,經過這樣一次學習,之後更能有效協助會員們解決問題或是成為會員與JETRO聯繫的橋樑。〈2016/10/20/10:37〉

在場30餘家企業與關東各地區JETRO代表相互交換名片

在場30餘家企業與關東各地區JETRO代表相互交換名片

在場企業與關東各地區JETRO代表相互交流,氣氛熱烈

在場企業與關東各地區JETRO代表相互交流,氣氛熱烈

 

駐大阪辦事處中華民國105年雙十國慶酒會 籲各界支持我國加入國際組織

taiwannp6 Posted in 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済, 日台 ー 総合, 華僑 ー 関西
駐大阪辦事處中華民國105年雙十國慶酒會 籲各界支持我國加入國際組織 はコメントを受け付けていません。
駐大阪辦事處處長 陳訓養

駐大阪辦事處處長 陳訓養

駐大阪辦事處於10月7日在大阪威斯汀飯店舉辦中華民國105年雙十國慶酒會,眾議員鈴木克昌、中山泰秀、大阪府議會議長今井豐、轄區各地日華親善團體、僑領、僑胞近千人到場,場面隆重盛大。

 

陳處長伉儷盛裝迎接賓客到來

陳處長伉儷盛裝迎接賓客到來

初抵任的新處長陳訓養積極與各界人士交流

初抵任的新處長陳訓養積極與各界人士交流

兩周前抵任的駐大阪辦事處新處長陳訓養首先問候與會來賓,表示今後將誠心誠意為台日交流、僑社發展盡棉薄之力,懇請各界鼎力相助。今年1月中華民國完成第三次政黨輪替,5月20日中華民國首位女性元首誕生,蔡英文總統非常重視與日本的關係,期盼早日重新啟動台日自由貿易協定FTA協商、擴大青少年、觀光、文化等各分面交流。新政府秉持「踏實外交、互助互惠」的外交模式,一步一腳印、和友邦搏感情、崇尚和平,盼世界各國明白中華民國有能力、且已做好準備為國際社會所關心的議題做出貢獻。

陳訓養處長指出,台日關係不僅密切,更是史上最佳狀態,9月4日「和歌山台日交流高峰會」通過和歌山宣言,發表支持我國參加國際民航組織(ICAO)等國際組織,相信日本各地議員聯盟及親善團體跨地域聯合推動,必能使得台日兩國建立起更加緊密關係;對和歌山市議會於日前通過支持支持我政府參與包含ICAO等國際組織之意見書,表達由衷感謝,盼各界繼續支持中華民國。最後恭賀大隅良典教授榮獲2016年諾貝爾醫學獎。

眾議員鈴木克昌

眾議員鈴木克昌

眾議員 中山泰秀

眾議員 中山泰秀

出席日本政要除了再次感謝台灣在311東日本大地震,對日本伸出援手的情誼,並強調從維護東亞和平來看,台灣亦是日本不可或缺的盟友。

大阪府議會議長今井豐帶領全場乾杯

大阪府議會議長今井豐帶領全場乾杯

大阪中華學校舞獅隊 以祥獅獻瑞 為中華民國慶生

大阪中華學校舞獅隊 以祥獅獻瑞 為中華民國慶生

大阪中華學校舞蹈社優美的舞姿 為晚會添加光彩

大阪中華學校舞蹈社優美的舞姿 為晚會添加光彩

留學生李芃、徐綾遙二胡合奏「夜來香」

留學生李芃、徐綾遙二胡合奏「夜來香」

 

旅日歌手寒雲以歌聲為國家獻賀

旅日歌手寒雲以歌聲為國家獻賀

大阪府議會議長今井豐帶領全場乾杯,祝賀中華民國國運昌隆、台日友誼永固。隨後,大阪中華學校舞獅隊熱鬧登場,舞蹈社同學以優美的舞姿為晚會增光,留學生李芃、徐綾遙以二胡雙重奏帶來夜來香等耳熟能詳曲子,旅日歌手寒雲演唱『中華民國頌』等歌曲為國家祝賀,最後在大阪中華總會會長洪勝信致閉幕詞後,晚會劃下完美句點。

(2016/10/10  17:23)

謝長廷代表、就任後初の国慶節イベントに約2000人が出席

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済, 日台 ー 総合
謝長廷代表、就任後初の国慶節イベントに約2000人が出席 はコメントを受け付けていません。

 

台北駐日経済文化代表処主催の「中華民国105年双十国慶祝賀レセプション」が10月6日、東京パレスホテルで開催された。毎年10月10日の国慶節を記念して行っている同会には、政界から日本交流協会の大橋光夫会長、日華議員懇談会(以下:日華懇)幹事長の古屋圭司氏、日華懇副会長の山東昭子、福田康夫元首相、外務副大臣の岸信夫氏、財務副大臣の木原稔氏、法務副大臣兼内閣府副大臣の盛山正仁氏のほか、計115人の衆参両院の国会議員が出席。

左から日本中華聯合総会の毛利友次会長、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、日本交流協会の大橋光夫会長、東亜経済人会議の槍田松瑩・日本委員会委員長

左から日本中華聯合総会の毛利友次会長、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、日本交流協会の大橋光夫会長、東亜経済人会議の槍田松瑩・日本委員会委員長

また、バチカン、パナマ、ドミニカ共和国、エルサルバドルなど諸外国の駐日大使らや、華僑の重鎮ら、さらに芸能界からは女優の余 貴美子さん、AKB48に所属する唯一の台湾人アイドル馬嘉伶(マ・チャリン)など、日本各界から約2000人の出席者が集まった。

AKB48に所属する唯一の台湾人アイドル馬嘉伶(マ・チャリン)も出席

AKB48に所属する唯一の台湾人アイドル馬嘉伶(マ・チャリン)も出席

これは同処の謝長廷代表の代表就任後初めての国慶節イベントだった事も起因していると見られる。

謝代表には絶え間なく出席者から祝辞が述べられた

謝代表には絶え間なく出席者から祝辞が述べられた

謝代表は挨拶で、台湾では今年5月に蔡英文政権が発足した事により、民主政治の新たなステージに入った事に言及。自身も日台関係の各分野を発展させるため、尽力していくと協調した。その上で、「日台の関係を運命共同体に近づけたい」と述べ意欲を示した。

「日台の関係を運命共同体に近づけたい」と述べた謝長廷代表

「日台の関係を運命共同体に近づけたい」と述べた謝長廷代表

また、今年の9月4日に和歌山県で開催された「日台交流サミット」で台湾の「国際民間航空機関(ICAO)」など国際機関の活動への参加を支持する「和歌山宣言」が発表された事を述べた上で、「台湾は、9月27日にカナダで開催されたICAO総会に台湾が参加できなかった。中国が『台湾は中国の一部であり参加する権利がない』と主張している事は、台湾の人々を傷つけるもので、非常に遺憾だ」としたほか、「台湾の空域は台湾が実際に航空管制を行っており、年間5,800万人の旅行客が通過し、台湾と日本との間には週700便以上、台湾と中国との直行便も週約700便がそれぞれ往来している。この空域は台湾人のほか、日本人を含む外国人、中国の人々も利用している。国際航空安全を話し合う場で、政治的な理由により台湾を排除することは、この空域の旅客の安全を無視することに他ならない」と指摘。会場からは大きな拍手が巻き起こった。

さらに、謝代表は日本の菅義偉・内閣官房長官が「台湾が何らかの形でICAO総会に参加することが現実問題として望ましい」との談話発表した事に対し、「日本は台湾にとり信頼できるパートナーであると確信した」と述べ、日台の確固たる友好関係を強調した。

交流協会の大橋会長

交流協会の大橋光夫会長

一方、謝代表と共に登壇した大橋会長は、卓球選手の福原愛選手と台湾人卓球選手の江宏傑選手の結婚を例にとり、「(2人の結婚は)日台関係に極めて明るい話題を提供してくれた。このような喜ばしいニュースは、現在の日台間の心と心の繋がりの深さを象徴していると言っても過言ではない」とした。また、「日本を深く理解され、これまでに政界、財界と多くの日本人との友情を育んでいらっしゃいました謝代表が代表に着任された事は、台湾が日本との関係をいかに重視しているかをはっきりと物語るもので、大変心強く感じている。

日台は、困ったときはお互いに助け合い、意見の多少の不一致があっても必ず話し合って平和に解決する成熟した友好関係を有している。これは世界に例を見ない友好関係だ」と述べ、変わらぬ日台友好関係を確認した。

台灣商品拓銷團東京登場 吸引日本大廠到場下單

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 経済, 日台 ー 総合
台灣商品拓銷團東京登場 吸引日本大廠到場下單 はコメントを受け付けていません。

 

 台灣優質產品及專利產品拓銷團在結束福岡和大阪的商談會後,9月30日來到日本最後一站東京,此次共有77家業者帶著多項專利商品前來參展,包括家庭日常生活用品之外,最大的特色就是增加了近年受到矚目的IoT相關業者和提供數位智能設計和相關商品,外貿協會承辦拓銷團的專員李哲賢便表示這能凸顯台灣商品具有這些智能設計和功能特色,能讓生活更加「SMART」。現場則吸引到電器通路商BIC CAMERA、藥妝通路業者松本清張、三井商事和SOFTBANK等日本知名企業到場參加,促成現場商機254﹒3萬美元,後續商機5﹐958﹒5萬美元,外貿協會預估此次洽談會將達成超過8000萬美元商機。

台灣優質產品及專利產品拓銷團於9月30日在東京舉辦商談會,共77家台灣業者參加

台灣優質產品及專利產品拓銷團於9月30日在東京舉辦商談會,共77家台灣業者參加

 台日間企業合作相當熱絡,日本是台灣第2大貿易夥伴國,也是政府在加強協助廠商拓銷時的重點市場,外貿協會市場拓展處副處長左惟達便表示台灣企業對品質的要求和靈活度的配合,都是日方跟台灣企業交流最信任的原因。李哲賢則認為因為中國大陸工資高漲,成本隨之升高,然而台灣的商品不僅品質穩定,東西相對也便宜,因此可預見應該可以拿下不少訂單,這對台灣業者來說比較有優勢。

奧樂科技總經理王基旆介紹自家推出的保健相關APP,透過手機就可進行穴道按摩、針灸和拔罐

奧樂科技總經理王基旆介紹自家推出的保健相關APP,透過手機就可進行穴道按摩、針灸和拔罐

 首次參展奧樂科技股份有限公司在會場上展示該公司推出的開放移動健康APP,將手機結合低周波針灸或是拔罐等服務,讓民眾可以在家進行居家保養保健。該公司總經理王基旆表示這項服務便是利用IoT的概念,將硬體變成線上裝置,直接提供使用者服務。奧樂科技可配合客戶需求製作晶片,提供APP平台,讓業者的服務線上化,未來透過APP平台,使用者甚至可以直接向製造端購買服務,省略中間透過供應商的步驟,提高服務的價值。王基旆也提到目前已在中國和美國兩地有合作的夥伴,因為不了解在日本有沒有發展機會,因此特地參展來尋找答案,希望可以找到合拍的合作夥伴一起拓展日本商機。

現場有許多日本業者到場洽商

現場有許多日本業者到場洽商

 另外,像是台灣與日本都關注的長期照護產業,參加拓銷團十數次的歐森科技有限公司為了日本高齡照護,這次便帶來照護時可使用的呼叫系統,無論是針對居家或是大型福祉機構都可以使用,在攤位上便看到有不少日本業者前來洽談,該公司部長周明輝表示因為日本業者對台灣商品有信心,信賴度高,再加上雙方的想法比較接近,所以只要建立起良好關係,就可以維持長期穩定的商業關係。

歐森科技推出居家照護呼叫系統,同時也有提供福祉單位使用,可對應多人數的商品

歐森科技推出居家照護呼叫系統,同時也有提供福祉單位使用,可對應多人數的商品

 到場參加的電器通路商BIC CAMERA人員表示台灣產品的創新能量是讓他持續到場參觀的主因,價格便宜與否非主要考量,面對其他公司的競爭,需要尋找新產品來吸引消費者,而台灣商品是非常好的來源。另外,代表西松屋到場的業者也表示台灣業者多是從原料、加工到成品一條龍生產模式,相較中國大陸原料、加工和成品業者分立,容易在生產階段發生問題,因此與台灣業者合作較令人放心。

 近年拓銷團以福岡、大阪和東京等地為主舉辦商談會,左惟達表示未來也不排斥前往其他城市進行拓銷,會考量舉辦城市所在的地區進口商品特性,來調整拓銷團的規模和產業。參展的業者也期待有機會可以到其他城市地區進行商談,拓展商機。

華碩ZEN3系列進軍日本 以超越蘋果為目標

taiwannp10 Posted in 中文, 動画, 台湾 — 経済, 日台 ー 経済
華碩ZEN3系列進軍日本 以超越蘋果為目標 はコメントを受け付けていません。


以「Zenvolution持續進化的華碩ZEN系列為主題」華碩ZenFone3系列手機及ZENBOOK3系列筆記型電腦進軍日本,九月二十八日在品川舉行記者會。華碩董事長施崇棠親自主持這場新品發表會、施崇棠強調華碩產品不論是外型設計、材質、輕薄、效能、絕不輸蘋果系列。

華碩董事長施崇棠親自來日推薦ZENBOOK3

華碩董事長施崇棠親自來日推薦ZENBOOK3

他也說、今年的ZenFone 3系列產品的高品質、已經讓日本人對華碩的印象改觀。

這場記者會一開始邀請日本知名的津輕三味線團體吉田兄弟現場演出,傳統與現代前衛結合的三味線音樂演奏、正好符合華碩提升傳統品牌形象又追求創新的概念。

吉田兄弟演奏三味線開場

吉田兄弟演奏三味線開場

吉田兄弟本身也是華碩手機的愛用者、他們對於華碩在音樂播放、攝影、錄影的機能讚譽加、在音樂創作時、便利的手機性能、能讓創作更加分。

2015年5月日本政府開放手機綁約限制,所以空機可以平價銷售,華碩剛好進軍日本市場,順利衝出最高4成市佔率成績。2015年在日本SIM FREE市場稱王。二合一電腦市場占有率第一、並自2015年起持續蟬聯Android平板市占第一,華碩表示,這次正式推出Zen3系列新品,可望再為日本市場推升一波熱潮。

模特兒展示ZENBOOK ZENFONE系列產品

模特兒展示ZENBOOK ZENFONE系列產品

這次新品發表會,Zen 3系列新產品全面推出,包含華碩最新智慧型手機ZenFone 3、ZenFone 3 Deluxe、ZenFone 3 Ultra,以及輕薄高效筆記型電腦ZenBook 3、二合一全能個人電腦Transformer 3 及Transformer 3 Pro。

展出系列產品ZENWATCH

展出系列產品ZENWATCH

日本未發售行動式喇叭

日本未發售行動式喇叭

這次推出的手機產品不只輕薄、包括玻璃鏡面材質、高效能CPU、1600萬畫素鏡頭等、展現華碩在技術方面的領先。

筆電方面、新一代輕薄筆電Zenbook3、新「禪書」以航太等級鋁合金打造,重量僅910克、厚度只有11.9mm,挑戰蘋果Macbook Air企圖心明顯。

華碩主管及嘉賓一起推薦新機

華碩主管及嘉賓一起推薦新機

雖然ZENFONE3系列沒有推出像IPHONE7一樣的雙鏡頭、但施振棠說、IPHONE 鏡頭推近不順暢的地方、技術還是有改善的空間。〈2016/09/29/11:18〉

施崇棠回答日本記者提問

施崇棠回答日本記者提問

「2016年台湾エクセレント商品及びパテント商品商談会」福岡からスタート

taiwannp12 Posted in 台湾 — 経済, 日台 ー 経済
「2016年台湾エクセレント商品及びパテント商品商談会」福岡からスタート はコメントを受け付けていません。

 

日本で開催される「2016年台湾エクセレント商品及びパテント商品商談会」のトップを切って、9月26日にグランドハイアット福岡に大勢の来場者を集めて展示・商談会がスタートした。主催は台湾経済部国際貿易局。台湾貿易センター(TAITRA)が執行し、共催・後援に日本貿易振興会(JETRO)や日台の経済団体が並ぶ。

今年のテーマを「台湾スマート生活」とするだけあって、スマートなデザイン、スマートなアイディア、スマートな機能を盛り込んだ商品が77社から出展され、来場者の目を引いた。

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%87%ba%e5%b1%95%e4%bc%81%e6%a5%ad02

ずらり並んだ出展企業

一般入場に先立つオープニング式典では、台北駐福岡経済文化辦事處の戎義俊處長、中華民國對外貿易發展協會(TAITRA) 市場拓展處の左惟達副處長、出展企業団の許伯章団長が挨拶した。

最初に挨拶に立った福岡辦事處の戎義俊處長は、まず2015年の日台間の相互往来者数が500万人超である中で、日本の1割経済圏と言われる九州・山口のホテルに宿泊した台湾観光客が2割を超えて108万3,530人に達するなど、台湾と九州・山口が非常に密接な関係にあることを指摘した。また、2015年の九州と台湾の貿易関係を見ると、九州にとって台湾は中国、韓国、アメリカに次ぐ4番目の輸出相手国で輸出額は4,625億円であること。輸入額は2,986億円で8番目の相手国であること。しかも、対前年比では、輸出は123.6%、輸入は141.4%と大きく伸びていることを挙げ、この商談会も重要な役割を担っていると述べた。

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e3%81%99%e3%82%8b%e6%88%8e%e5%87%a6%e9%95%b702

福岡辦事處・戎義俊處長

TAITRA市場拓展處の左惟達副處長は、「日本における展示・商談会は最初に東京で開いた時から数えて21回目。九州では18回目だが、回を重ねるごとに企業の内容・展示商品の品質ともレベルアップしてきた。我々にとっては全世界が相手なので、市場が何を求めているのかを常にアンテナを張り、知っておかなければならない。その意味で、この展示・商談会の重要性を認識してもらいたい」と述べた。

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%b7%a6%e5%89%af%e5%87%a6%e9%95%b7

TAITRA市場拓展處・左惟達副處長

出展企業団の許伯章団長は「日本では商談が成立するまでに時間がかかるのが普通だが、現場で最初に注文を貰ったのが九州だったことが印象に残っている。ここ九州で頑張りましょう」と挨拶した。

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%9b%a3%e9%95%b7

出展企業団・許伯章団長

月末の月曜日の開催という 好条件とは言えない日程にも拘らず、商社、メーカー、販売会社などから多数の来場者があり、あちこちのテーブルで、日本語、華語、英語を交えて、商品の特徴を説明したり、取引条件や日本における販売方針などを聞く光景が繰り広げられた。

 

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%95%86%e8%ab%8701

あちこちで活発な商談が見られた

この展示会は福岡に続いて、28日(水)には大阪のスイスホテル南海大阪で、30日(金)には帝国ホテル東京で開催され、スマート生活にふさわしい台湾商品を日本全国に売り込む予定だ。

入場無料、出入り自由だが、人数確認のため事前登録制をとっており、来場希望者には、下記の特設ページにて登録してくれるように、台湾貿易センターでは呼びかけている。

http://www.taitra.gr.jp/event/life/

 

———————————————————————————————–

展示場の談話スペースで記者の追加質問に答えたTAITRA市場拓展處の左惟達副處長は、この展示・商談会を東京や大阪のような超巨大都市だけでなく、福岡で開催することの意味について、次のように述べた。

「最初の挨拶でも言ったように、我々にとっては全世界がターゲットなので、市場が何を求めているかを常にアンテナを張り、知っておかなければならない。そのためには、その土地の生活やビジネスを様々な角度から眺め、そこに合ったニーズを探ることが重要である。

福岡には東京や大阪と似通ったところも多いが、必ずしも同質ではない。時間・空間的な成り立ちが違うし、一方で古くからの歴史がありながら、他方で若い人がどんどん増えているなど、人口の年齢構成も違う。そしてこのことは生活の質や人情、感情にまで影響を与えていると思われる。欲しい商品に対するニーズも違うだろう。それはここに来てみないと分からない。

経済力だけを見ると、もちろん福岡は東京や大阪より小さい。九州全体が日本の1割経済だということも分かっている。しかし『量』だけでなく『質』を感じ取ることが将来に繋がる。まずこのような展示・商談会で台湾商品の露出機会を増やし、それに対する反応から現場の要望を知り、さらに隠れたニーズを掘り起こしたい。

もっと広く考えれば、東京、大阪、福岡以外の場所でミニ商談会を開催することも必要かも知れない。札幌、仙台、広島などだ。今回集まった77の企業にもこのことに対する意見を聞いてみたいと思っている。

またTAITRAの各事務所に頑張ってもらって地域の経済団体と協力して、日本のバイヤーを台湾に連れて来てもらいたいとも願っている」。

福岡で展示・商談会を開催することの意味から次のステージまで話が及ぶなど、奥行きのあるマーケティング論が聞かれるインタビューとなった。

%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%b7%a6%e5%89%af%e5%87%a6%e9%95%b7%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

追加質問に答えるTAITRA・左副處長

 

 

廣編:包租代管日本不動產 幫台灣房東省心省力

taiwannp10 Posted in イベント・告知, 日台 ー 経済
廣編:包租代管日本不動產 幫台灣房東省心省力 はコメントを受け付けていません。

里約奥運結束,2020年將交棒於日本東京舉辦,奧運所帶來的觀光人潮及產業發展,讓主辦城市東京的房產交易持續熱絡。許多房地產及財經專家都預言東京的房市將在這4年呈現急速翻漲的「好市」。

日本房產代租代管業興起

日本房產代租代管業興起

對於台灣民眾而言,房地產是最佳投資理財標的,但因台灣近年房市冷清,投資海外房地產就成為了最佳選擇,而其中以日本房地產最受台灣投資人青睞。

日本國民所得是台灣近三倍,大都市的房地產價格和台北相對來說更便宜,以長期持有來說

收房租不啻是另一種保險的投資方式。

日本收租代投資當房東,無論從何種角度來看,都極具吸引力,加上日本房價位於低檔,日本房市自然成了資金充裕的亞洲投資人的選擇。

以往在台灣仲介日本房產的公司多是推薦投資人購買日本的小套房型物件,及中古屋或RC構造的房子,目前也有房仲業者認為,日本的房市以整棟式建築為主,推薦客戶整棟式的套房建物,可以做多功能的規畫及利用。

不論是那一種房型、只要管理完善、都會提高房客承租的意願、投資東京房地產在台灣這幾年下來、許多投資人寫下了教戰手冊。

首先第一是出租率、第二是台灣人很容易忽略的每個月固定的管理修繕經費、第三是退租後的清潔、修繕經費。第四是稅務問題、包括房租收入的交稅、固定資產稅等。第五也是海外房東頭痛的問題就是房租的入金管理、及房客的品質。

在空屋率超高的日本、要當房東、就須慎選管理公司、出租率是多久、平均空屋時間是多久、詢問清楚後、才能對自己的財產找到最好的代管者。

另外管修經費雖不能省、但好的管理公司可以監督建築物的管理組合也就是台灣的管委會、將費用做最好應用、也不會隨便調漲。

在清潔修繕方面、尋找報價合理、施工細心的公司是代管業必須幫客戶做好的部分。這部分、要好好的打聽口碑、因為房東們人不在東京、亂報價的代管公司所在多有、必須小心。

好的代管公司會幫房東詳細檢查、比如該是前房客需負擔的修繕費用、或者不需要更換修理的部分也覺不會要求房東負擔、整修完之後的點檢、也須確實。以免新房客入住後、發現問題、房東還要在花一次費用修理。

好的代管公司會幫房東省下大筆日本房屋修繕裝潢工程支出費用,有問題也會立即回報。

在房租交稅方面、代管公司會幫房東計算如何扣抵是最划算。

在房租入金方面、海外房東常會忘記檢查帳戶、導致租金被拖延甚至退租才發現沒收到租金、這是就必須在日本的管理公司、確實幫房東執行房租入金檢查。

還有因為人不在日本、無法定時檢查物件、常發生房屋被租客損毀或租客失蹤等奇怪案例、這些都是看似法治的日本社會也會出現的光怪陸離的狀況。

目前市場上出現包租代管日本房地產的業務、就是針對前述有經驗的房東所提出的問題、全方位的解決方案。在收費方面、大都是以月租金的百分比來計算、投資人在計算後、覺得空租期間需支出的管修、稅費、加上碰到不良租客的風險、還不如交給代管公司划算的話、包租代管也是一個不錯的選擇。

東京 大三元不動產 TEL:03-5917-0727(代表)

FAX:03-5917-0047

www.dsg140613.com

E-mail:info@dsg140613.com

大阪 吉屋不動產

TEL:06-6795-9735

FAX:06-6795-9734

EMAIL:yoshiyahudousan@gmail.com

FACEBOOK: https://www.facebook.com/profile.php?id=100009242085173

代租、代管服務內容

出租前◎
區域租賃市場分析及房租建議
◎
內部裝潢與設備檢查◎

租客事前溝通及審查

租期中◎租賃契約製作◎申請火災保險◎
租屋保證公司申請◎

租賃物件交接◎

每月水電表計算◎

代收訂金、押金、租金與各項費用◎
維護修繕◎

公設清潔◎
租客問題排除◎

代繳各項稅費
◎
月末編制報表◎
契約更新◎
代收租金◎
會計帳同步進行系統

租約結束後◎
房屋、設備的清潔和復原◎
屋況回復工程估價◎精算租金和押金◎

欠租催收◎

代發存證信函◎
招募廣告

〈2016/09/22/03:34〉

九州大学大学院地域政策講座、台湾でフィールドワーク実施

taiwannp1 Posted in 台湾 — 経済, 日台 ー 交流, 日台 ー 経済
九州大学大学院地域政策講座、台湾でフィールドワーク実施 はコメントを受け付けていません。

九州大学大学院の地域政策デザイナー養成講座に所属する教員、スタッフ、学生らが台湾を訪れ、7月16日〜18日の期間でフィールドワークを行った。

一行は台北に到着後、台北大学に直行。台北大学では、智源電子股份有限公司の張智鈞総経理が、講演を行い、半導体事業などの現状に触れながら「我々はデジタルコンテンツ事業の中では、特にアプリとアニメーションに注力している。今後も、目を大きく世界に向け、大きなマーケットと大きな社会課題に挑戦するべきだ」と話した。

また、常在国際法律事務所の張淑芬顧問は、「台湾に進出したい日本企業をサポートするためのバックアップも行っており、お力になれるのではないか」と述べた。その他、鈞永科技股份有限公司の山川穣総経理や、国富浩華連合会計師事務所の石川淳公認会計士らもビジネスに関する国際感覚溢れる講演を行い、訪問団は真剣に聞き入っていた。モデレーターは九州大学の谷口博文・産学連携センター教授が務めた。

台北大学での講演

台北大学での講演

フィールドワークでは、グループに分かれ、台中市霧峰区の地震教育園などのリサーチを行った。地震教育園は、財団法人・台北市TVBS関懐台湾文教基金会が集めた921震災募金の中から1億5000万台湾元を地震記念館設置の一部経費に充て、教育部と財団法人台北市TVBS関懐台湾文教基金会が共同で計画準備を実施し、国立自然科学博物館が建設準備と運営管理で、2007年9月完成しており、リサーチメンバーは「地震により隆起したグラウンドや壊れた建物を、生きた教材として、そのまま保存し、地震の脅威や悲惨さを痛感した。日本では災害の記憶を遺構として直接残し、構成に伝える施設が少ないため、施設の重要性を感じた」と報告した。

台北での発表の様子

台北での発表の様子

また、光復新村についても調査を行い、1956年に台湾政府によって花園城市が立ち上げられ、自然と共生し自律した職住近接型の緑豊かな都市であったが、2014年に、台中市が光復新村を摘星創業基地とし、新しい住宅区の回復と若者の創業を支援する計画を立てたことを述べている。別のグループは、台湾の自転車ビジネス事情に関する調査を実施した。参加した学生は「このフィールドワークを通じて視野が広がり、新たな発見も多かった。台湾は日本との交流も深く、ビジネスの要衝となっていくだろう」と話している。

台湾の自転車ビジネスに関するリサーチを行う

台湾の自転車ビジネスに関するリサーチを行う