河村たかし名古屋市長が南京事件否定発言

taiwannp1 Posted in 日本 — 総合
0

名古屋市の河村たかし市長は20日、表敬訪問で同市を訪れた友好姉妹都市である、南京市の共産党市委員会、劉志偉常務委員ら8人と会談した。その際、1937年の南京事件について「通常の戦闘行為はあって残念だが、南京事件というのはなかったのではないか」と発言。さらに、「真実を明らかにしないと、とげが刺さっているようでうまくいかない。一度、討論会を南京で開いてほしい」と述べた。
南京市ではすでに、交流の一時停止を発表している。
また、石原東京都知事は河村市長に対し、「河村君は正しいと思う」擁護の発言をしている。一方、愛知県知事の大村秀章氏は「発言を修正したほうが良い」と河村発言に批判的なコメントを発表した。

企画展「鳥居龍蔵の見た台湾」 徳島市で開催中

taiwannp Posted in 日本 — 総合
0

 

徳島県立鳥居龍蔵記念博物館 開館一周年記念企画展「鳥居龍蔵の見た台湾」

徳島県立鳥居龍蔵記念博物館 開館一周年記念企画展「鳥居龍蔵の見た台湾」


 徳島市出身で明治から昭和にかけて活躍した人類学・考古学・民族学の研究者、鳥居龍蔵氏(1870~1953年)による台湾調査を紹介する企画展「鳥居龍蔵の見た台湾」が、徳島市の県立博物館・企画展示室で開催されている。
 
 鳥居氏が約百年前の先住民の生活を撮影した写真や収集した日用品を中心に約300点を展示。1897年の調査で台湾南東の島から日本に持ち帰った全長約4メートルの木造船も、船が並べられた海岸線の写真とともに展示されている。また、台湾にもほとんど残っていない木鉢や農具、漁具なども展示されており、先住民の文化を知る貴重な史料となっている。
 
 鳥居氏は1896年から1911年まで、計5回にわたって台湾のほぼ全域を調査。原住民族の言語・風俗習慣を記録するとともに、日常生活などをカメラで撮影し、多くの写真を残した。
 
 同企画展は徳島県立鳥居龍蔵記念博物館の開館1周年を記念して開催され、3月4日には考古・人類学者3人が鳥居龍蔵の足跡を追う記念シンポジウムが開かれる。
 

日本の輸出額は前年比8.3%減、リンゴは1.4%増

taiwannp Posted in 日本 — 総合
0

 

台日友好リンゴ


 農林水産省が発表した2011年の農林水産物輸出実績(速報値)によると、輸出額は前年比8.3%減の4,513億円で、2年ぶりの輸出額減少。東電福島原発事故の影響で、各国の輸入規制と風評被害が重なったのが原因と見られる。
 
 農産物で見てみると、前年比7.1%減の2,341億円。福島県産の桃が43%減、ブドウが35%減など、果実全体で8%減、野菜も全体で23%減だった。そんな中、リンゴは1.4%増となった。輸出の9割を占める台湾向けが5月にゼロになったことに危機感を抱いた関係者が積極的に対応した結果が数字に顕われた。
 
 昨年は主産地青森県の三村申吾知事が3回訪台、トップセールスを行った。また、(社)青森県りんご輸出協会も10月に台湾から関係者を招き、「台湾向けりんご輸出情報交換会」を開催。同協会の太田一民理事長は「青森県のリンゴは厳密な放射線の検査を行なって出荷しており、生産のみならず輸送においても非常に気を使っている」と語り、「安全な」リンゴをアピールした。(弊紙ブログ参照:クリーンな「青森のりんご」ふたたび台湾へ
 

日本今夏可望不限電

taiwannp Posted in 日本 — 総合
0

 日本經濟產業大臣枝野幸男在1月27日內閣會議後召開記者會,表示不管情勢如何,都希望今年夏天可以不要限電。即便不再使用核電廠發電,枝野幸男大臣還是表明了不願意採用去年夏天東京電力、東北電力轄區內施行的電力使用限制令的決心,強調「有相當程度的可行性」,不過並沒有明確出示憑據。
 枝野大臣同時表示,「可以想見電力供給狀況會非常嚴峻,所以希望大家一定要在事前做好最大限度的節電。為了不對日本產業帶來太大影響,目前政府正在進行討論,即便不發佈電力使用限制令,還是有十足的可能度過夏天。」

3千頭輻射牛下落不明

taiwannp Posted in 日本 — 総合
0

食用了在福島第一核電廠事故影響下遭受輻射汙染穀類的肉牛疑似已流出市場,日本厚生勞働省針對15道縣地區的4626頭肉牛進行檢查,然而到1月25日為止,確認完成檢查的只有1630頭牛,約占35%,剩餘的2996頭牛目前下落不明。厚生勞働省表示,在公布要進行檢查的時間點,這些牛很有可能就已經遭食用,來不及追查去向。

在去年夏天檢測出福島縣產牛含銫後,日本厚生勞働省便將疑似使用超過日本國內銫暫定標準值的穀類為飼料的肉牛列為檢查對象,並於去年7月下旬開始發公文要求各地政府進行檢查。