【告知】「温又柔氏講演会in神戸  台湾生まれ日本語育ち」 ※応募多数のため受付を締め切りました

taiwannp1 Posted in イベント・告知
【告知】「温又柔氏講演会in神戸  台湾生まれ日本語育ち」 ※応募多数のため受付を締め切りました はコメントを受け付けていません。
『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社)で2015年のエッセイスト・クラブ賞を受賞した作家・温又柔氏による公開講演が6月4日、中華民国留日神戸華僑総会青年部の主催で開かれる。
温氏は3歳から東京に住み、多言語・多文化を越境する日本語文学の最先端を切りひく新進気鋭の作家。
「母国語」とは何か、日本人とはそして台湾人とは誰か・・・

温又柔講演会

—————————————————————————————
「温又柔氏講演会in神戸  台湾生まれ日本語育ち」

日時:6月4日(日) 14:30~17:00 
場所:中華民國留日神戸華僑總會(事前申込制、入場無料、限定50名)

   神戸市中央区北野町4丁目2-1
   TEL:078-221-5445 FAX:078-221‐5447

主催:中華民國留日神戸華僑總會青年部
後援:大阪大学言語文化研究科・外国語学部(台湾研究講座)、神戸大学台湾留学生会、台北駐日経済文化代表処台湾文化センター、天仁茗茶

温又柔氏:作家。1980年、台湾・台北生まれ。3歳のときから東京在住。両親は共に本省人で、母方の曾祖母は客家人。主な著書に『来福の家』(集英社、2011)、『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社、2015)がある。
対談者:宮原曉(大阪大学グローバルイニシアティブセンター教授
 
会場スペースに限りがあるため事前申し込み制。申込み無しでの参加は不可。下記のメールに必要事項を記入の上、FAXにて申し込み。定員に達するなど座席の都合上で希望に添えない場合、主催者から連絡有り。
FAX:078-221-5447
メール:xiangtai.ye【A】gmail.com
*メール送信の際は、【A】をアットマークに変換して下さい。
担当:中華民國留日神戸華僑總會青年部 葉翔太

台湾のWHO年次総会への参加を支持在日台湾商工会連名声明書

taiwannp10 Posted in イベント・告知, 中文, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 総合, 華僑 — 総合
台湾のWHO年次総会への参加を支持在日台湾商工会連名声明書 はコメントを受け付けていません。

在日台灣商會,在五月十五日發表支持台灣參加WHO世界衛生大會的中日文聯合聲明。包括聯合總會,東京,橫濱,千葉,關西,九州,琉球等,全日本各地台商會,共同呼籲WHO邀請台灣參加今年的WHA。

在日台灣僑團籲請日本各界及國際社會支持台灣參與WHO,因為世界衛生組織章程明示,健康是基本人權,台灣過去八年來參加WHO,對全球衛生及國際醫療貢獻良多,基於台灣兩千三百萬人口的健康人權,不應成為國際防疫的缺口,因此請日本各界支持台灣參與WHO。

【台灣新聞】20170505《ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど》

taiwannp10 Posted in イベント・告知, 中文, 動画
【台灣新聞】20170505《ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど》 はコメントを受け付けていません。

影片提供:得文創國際股份有限

有名な台湾音楽家が来日、民謡音楽を奏でる

taiwannp1 Posted in イベント・告知
有名な台湾音楽家が来日、民謡音楽を奏でる はコメントを受け付けていません。

「台湾〜郷の頌」音楽会開催

 

日本中華聯合総会主催の音楽会「台湾〜郷の頌」が5月18日、台湾文化センターで開催される。同音楽会は、台湾で有名な音楽家が台湾から遙々来日し出演するという貴重なイベント。出演者は、有名な声楽家として知られるソプラノ歌手の「呉旭玲」さん、東京中華学校で音楽講師も務めるテノール歌手の「張瑞銘」さん、フランスで音楽を学び、台湾の民族楽器を主にしている二胡・琵琶演奏者の「鄭瑞貞」さん、台湾の有名なコーラスの伴奏等手掛ける「蘇維倫」さんの4人。日本で同4人のアンサンブルを披露するのは初めてであり、「望春風」や「琵琶独奏」等全7曲を演奏予定だ。是非4人のハーモニーを楽しんで頂きたい。入場は無料で、事前申し込み不要、(開場/開演時間18:00/18:30)。「今回演奏する曲は全て台湾でとても有名な曲で昔の民謡や近代の曲を披露します。たくさんの来場をお待ちしてます」(張瑞銘さん)。

 

問い合わせ→台湾文化センター:03-6206-6180

「台湾フェスティバル」でライチ種飛ばし!

taiwannp1 Posted in イベント・告知
「台湾フェスティバル」でライチ種飛ばし! はコメントを受け付けていません。

 

台湾フェスティバルTOKYO2017

 

台湾を愛する会が台湾の食文化を通じて日本との関係を深めるため、6月22日~25日の4日間、第4回「台湾フェスティバル®TOKYO2017」を上野恩賜公園噴水広場で開催する。厳選された美味しい台湾料理を販売するほか、2日間で1000人が参加するほど人気がある定番企画「台湾ライチ種飛ばし大会」や、台湾マンゴー、パイン、バナナが食べられる「台湾フルーツフェア」も実施予定。さらに、今年より台湾料理を堪能してもらうため円卓による台湾の伝統的な宴スタイルの「辦桌」を再現した「台湾ビアガーデン」を新名物企画として用意。ステージでは、宜蘭県の原住民による伝統的な楽器演奏ナイトライブ、台湾の若手作家による「観る台湾食文化アート展」や「創る台湾食文化ミニチュアアート」など多彩なコンテンツが盛りだくさん。入場無料、開催時間は10:00~21:00/6月25日10:00~19:00。

 

問い合わせ→台湾を愛する会:050-3580-6694(羽立・深瀬)

まるごと台湾フェア、今年も開催

taiwannp1 Posted in イベント・告知
まるごと台湾フェア、今年も開催 はコメントを受け付けていません。

新刊紹介 ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内

taiwannp12 Posted in イベント・告知, 観光・美食
新刊紹介 ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内 はコメントを受け付けていません。
    ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内

 

編著者   平野 久美子

発行所   中央公論新社

体  裁    A5判 全128頁

 

「台湾の世界遺産の候補地選定運動を応援したい」。本書は台湾をこよなく愛し、台湾事情に精通する日本人10人の執筆者が台湾の世界遺産級の自然景観及び歴史建造物など厳選した十八か所を紹介した案内書である。

台湾政府は2002年、各国の専門家の力を借り、本格的に世界遺産の候補地選定運動を開始した。現在までに自然遺産、文化遺産、複合遺産など、全十八か所を候補地に選定している。その全か所を執筆者がそれぞれ分担して台湾を訪れ描写。写真を中心に詳細に解説されているところが特徴である。全頁オールカラーによる構成で、地理的な位置やアクセス方法、さらには成り立ちなどが網羅されている。

執筆者が全か所を「熱烈案内」している本書は、まだユネスコに知られていない番外地の今こそ訪れるべきデストネーションである、と指摘する。また、編著者の平野氏は台湾に世界遺産が一つもない現実と日本統治時代の施設をまるで「遺産守り」ともいうべき、大切に守る各地の台湾住民の存在が自身の感慨深さを増大させ、それが執筆を後押しした、という。2014年にはその思いに共感した有志とともに「日本から台湾の世界遺産登録を応援する会」という一般社団法人としての組織も発足させている。

本書で紹介している十八か所はまだ「世間遺産」としているが、これまでの取り組みなど、その「プロセス」が肝要だ、とも。相互の助け合う日本と台湾。好意も感謝もすべては互いの絆があってこそ。ユネスコの精神からすれば国境や政治は皆無である。だからこそ応援するべき価値もあるのだろう。

 

 

台湾世界遺産登録にむけた支援イベント

 

一般社団法人「日本から台湾の世界遺産登録を応援する会」は5月12日に港区虎ノ門の台湾文化センターにて「台湾世界遺産候補地について語ろう」をテーマに講座を開催する。定員は80人を予定。入場無料だが予約制で午後19時(30分前会場)より二時間を予定している。

台湾では近年、世界遺産運動に盛り上がりを見せる。台湾政府も2002年よりこの活動を推奨している。ユネスコの世界遺産条約の精神に準じ、隣国の日本が果たす国際協力として一連の活動の背景にあるものは何か、二人のトークを通じて理由が明らかになるかも知れない。

講座は二部の構成。第一部は「建築史研究者による台湾文化資産の解剖学」でゲストに青井哲人氏を招き、世界遺産候補地となっている歴史建造物から、地方に点在する名もない建築物の魅力までを深堀する。これにより街の歩き方がぐんと楽しくなるコツを伝授する、としている。

第二部は「台湾に世界遺産がなぜ必要なのか」と題し、第一部の講師青井哲人氏と先に「ユネスコ番外地台湾世界遺産級案内」を発刊した編著者の日平野久美子氏によるトークライブだ。

青井哲人氏は台湾の文化保存に詳しい明治大学建築学科教授。平野久美子氏は日本で台湾の世界遺産候補地の応援運動をしており「日本から台湾の世界遺産登録を応援する会」の発足時からのメンバー。講演とトークライブで「台湾の世界遺産」を知見させ、さらなる台湾の魅力と新たな旅のスタイルも模索できる、としている。

問い合わせは台湾文化センター

HP=http//jp.taiwan.culture.tw/information_34_60572.html

(2017/04/27)

アジア進出ビジネスアライアンスセミナー

taiwannp12 Posted in イベント・告知
アジア進出ビジネスアライアンスセミナー はコメントを受け付けていません。

 

九州台湾商工会(賴玉汝会長)は、台湾及びアジア諸国への進出を考える企業の強い要請に応えて6月9日(金)16:00より標記のセミナーを福岡市にて開催する。

ビジネスアライアンスセミナーのご案内

講師の林淑恵氏は中華民国対外貿易発展協会(TAITRA) ・台湾貿易センター大阪事務所勤務などを経て、2013年1月より福岡事務所所長を務め、台湾製の大型観光バスを福岡の企業が輸入するビッグプロジェクトの橋渡しをするなど、九州と台湾の企業の連携などに尽力している。

台湾製観光バス輸入契約締結のプレス発表(右端が林淑恵氏)

林淑恵氏は、日本企業のアジア諸国への進出は、言葉の障壁もなく経験豊かな台湾系華僑とのビジネスアライアンスが成功の鍵と考えており、今回のセミナーではそのための基本的な考え方や具体的な方法が示されるものと考えられる。

また、セミナー後の懇親食事会では、参加企業と林講師とのミニ・コンサルティングや企業同士の情報交換が予定されており、単なる講演会にはない貴重な情報が得られるものと期待される。

セミナー・懇親会の申込みは「九州台湾商工会 事務局」まで

電話050-3718-5507  FAX 050-3156-7525   メール hagiorange@yahoo.co.jp

(セミナーは無料。懇親会の参加費5,000円は当日徴収)

行天武聖宮玄微師抵東京 為媽祖廟神明開光安座

taiwannp10 Posted in イベント・告知, 中文, 動画, 華僑, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
行天武聖宮玄微師抵東京 為媽祖廟神明開光安座 はコメントを受け付けていません。


為了幫東京媽祖廟的關聖帝君,土地公等神明舉行開光安座儀式,台灣淡水行天武聖宮玄微師父及師兄師姐,與前彰化縣長卓伯源一行26人,將在武聖宮開光完成的關聖帝君神像請來東京,在四月十二日晚間抵達,為周六在東京媽祖廟的眾神明開光儀式做準備。東京的信徒也特別至機場迎接關聖帝君神像及武聖宮的師兄師姐們。

東京媽祖廟信徒與武聖宮師兄姐合照

為了擴大東京媽祖廟的規模,服務更多信眾,媽祖廟董事長詹德薰去年就回台多次,請台灣專門雕刻神像的師父雕刻土地公,關聖帝君等神像,並請行天武聖宮師父開光,在媽祖聖示下,選在本周六十五日,由行天武聖宮的玄微師父特別來日本為眾神明開光安座。玄微師父希望在神明開光安座儀式完成後,媽祖廟規模更健全,更多信眾能接受到媽祖神恩的庇蔭。

關聖帝君神像

玄微師護送關聖帝君神像抵東京

這次與武聖宮師兄師姐一同前來東京的前彰化縣長卓伯源,也說彰化跟日本多個地方縣市交流,這次來到東京,看到僑胞信徒的虔誠,顯示媽祖信仰遍及華人世界,希望彰化民眾來東京旅遊,也要來一趟媽祖廟,在海外感受媽祖同樣的靈感。

前彰化縣長卓伯源與行天武聖宮師兄師姐一同訪日

四月十五日星期六,玄微師父將為從台灣請來的眾神明開光安座,十六日是媽祖聖誕,媽祖廟也會舉行祝壽儀式,因為距離上次玄微師父來東京已經三年,許多信徒也希望能有機會接受師父開示,媽祖廟希望信徒都來參拜祈福,感受神明慈悲加持。〈2017/04/13/07:25〉

台湾ボーイズバンド「noovy」が1000枚CDを完売!日本ワンマンライブ決定!!

taiwannp10 Posted in イベント・告知
台湾ボーイズバンド「noovy」が1000枚CDを完売!日本ワンマンライブ決定!! はコメントを受け付けていません。

台湾ボーイズバンド「noovy」

 

2017年1月から、本格的に日本でも活動を始めた台湾出身・平均年齢19歳の4人組バンド「noovy(ヌーヴィー)」。2014年に「日本・台湾両国で活躍できるスター」を発掘すべく開催されたオーディション「Eelin Star」にて選ばれた4人で結成され、2016年9月にSonyMusic台湾よりメジャーデビューした。日本での知名度は殆ど無かったが、2/8のCD発売を皮切りに都内各地でライブ活動を重ね、SNS上でそのルックスとライブパフォーマンスが話題になる。日本でもファンが急増した結果、わずか1ヵ月でCD1000枚売り切った。4/23(日)にはファンへの公約通り、自身初のワンマンライブを渋谷TSUTAYA O-nestにて開催する。

【noovy 初ワンマンライブ】

2017年4月23日(日)渋谷TSUTAYA O-nest

“謝謝 日本!Thank You 1000枚!noovy 初ワンマンライブ!!”

16:30開場 17:00開演

チケット:3,000円(ファンミーティング参加券、会員証付き)

※3,000円の中にはファンミーティング時の軽食代と1D代が含まれます。

 

問い合わせ先

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

ソニー・ミュージックレコーズ

TEL:03-3515-5559