張耀煌氏が日本初の個展 

taiwannp7 Posted in 日台 ー 交流
張耀煌氏が日本初の個展  はコメントを受け付けていません。

張耀煌氏


吉田社長(左)張耀煌氏(中央)羅坤燦副代表(右)


 私は今まで華人の顔を書き続けてきた、私が今まで描いてきたさまざまな顔の「目」に注目してほしい。絵が訴えている事をお分かり頂けると思う。オープニングパーティー直前のインタビューで張耀煌氏はこう語った。まさに、「目は口ほどにものを言う」という諺通りの作品が会場に埋め尽くされていた。
 おもに顔をモチーフにした水墨画で知られている台湾の芸術家、張耀煌氏の日本初の個展「百面相」が公益法人財団日本美術協会の主催で6月20日より一週間、東京・上野の森美術館で開催されており、連日多くの見る人の心に訴えかけた。開催初日の6月20日午後、オープニングパーティーが行われ、関係者、報道陣など約40名が詰め掛けた。
 オープニングパーティーでは、先ず張耀煌氏の挨拶から始まった。張氏は念願だった日本での個展を開けて本当に嬉しいと、素直に喜びを語った。今まで中国の彫刻や寺院を見て描写してきた。日本には、中国にないような寺院などが沢山あり、日本だからこそ探せる文化的なものがまだまだあると思う。今後は、日本の文化、風景、桜、そして人間の仕事の時の表情をモチーフにして描いていきたいと語った。また、平日は仕事に没頭しているとする一方で、日曜日には絵を描かないと落ち着かない、という企業家であり芸術家である一面を話していた。
 続いて今回の個展開催で指導的立場として尽力した駐日台北経済文化代表処を代表し、羅坤燦副代表によるお祝いのスピーチが日本語と中国語で行われた。羅副代表は、今回の張氏の素晴らしい個展によって日本と台湾の交流が更に深まったと述べた。また、人間の喜び、怒り、悲しみ等の表情が直に現れている張氏の絵を見て大変感動したとした。さらに、張氏が様々な事業を営みながらも素晴らしい絵も描ける事に驚き、それは台湾の生活、芸術レベルの高まりを表しているとした。最後に代表処では2年半前より、文化センターを処内に設置し、様々な展示会を開催しており、日台の文化交流活動を支援していると話した。
 最後に今回の個展を企画した日本国内外の美術品の展示会事業を行っているソーラー・ミラー社の吉田マリ子社長の挨拶があり、その後乾杯となった。また今回の個展は、台北当代芸術館(MOCA Taipei)が協賛のほか、サンスター、美徳文化芸術基金会が後援した。
 張耀煌氏は1948年に台湾・南投県水里郷に生まれ、1977年国立芸術学院美工科学士取得、1995年米・ウエスタン国際大学にてMBA取得、2009年国立台北芸術大学修士。台湾、中国、韓国・ヨーロッパでは数々の個展を開き成功を収めてきたが、日本での個展は今回が初めて。現在、5つの会社を営む事業家であり芸術にも情熱を注いでいる。台北市在住。

40周年を迎える国建会聯誼会

taiwannp5 Posted in 日台 ー 交流, 華僑 ー 関東
40周年を迎える国建会聯誼会 はコメントを受け付けていません。

団体記念撮影

 国建会日本聯誼会(中華民国国家建設研究会聯誼会)は六月十七日、豊島区池袋で創立40周年大会を開催した。来賓には、着任間もない台北駐日経済文化代表処新代表の沈斯淳夫妻のほか、在日華僑団体の会長、幹部ら六十人が参加した。
 会の冒頭周子秋会長は、国建会のこれまでの歴史を簡素に説明した。国建会は1971年に連合国を退会し、翌1972年の日台断交後に設立した団体である。創立当時、百人を超えるメンバーで構成され、現在の趣旨は各分野で技術力を持つ台湾留学生の帰台後のサポートや各学術研究を中心に活動している。

会場様子

 来賓を代表して挨拶した沈代表は、「会の行う活動を高く評価しています。技術面では、学術研究を台湾の政府に進言することもできます。また、海外で活躍する華僑に対する支援には大変感謝しています」とスピーチした。
 一方、謝坤藺(前関西崇生会)さんは、娘の謝珠榮さんが台湾の客家の歴史を伝えるミュージカルの活動をしている事を紹介した。会員らは、歌劇とオペラの違いを相互理解するなど意見を交換。世田谷烏女声合唱団による演奏と優雅な声歌には、来場者の皆が聞き入っていた。演奏の最後に、沈代表夫妻を中心に参加者一緒になって台湾の古き歌「雨夜花」を歌唱。とても有意義で賑やかな交流だった。
 四十年前から参加している劉杏元会員は「会の活動は理科、電気、電脳等の専門技術を習得し、それを帰台して台湾経済に役立てる事」と説明していた。周会長は、「入会条件厳しいため、会の意図や主旨をご理解いただき今後も会員を増やしていたい」と話した。また、名誉会長の黄燕清氏の乾杯音頭で二次会の懇親会が始まった。

﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣以下中文版﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣﹣

【本報訊】為慶祝台北駐日經濟文化代表處之新任代表沈斯淳上任及中華民國國家建設研究會日本聯誼會(簡稱國建會日本聯誼會)四十周年紀念,6月17日由主辦人國建會日本聯誼會會長周子秋(兼關東崇正公會會長)在池袋東明大飯店舉辦歡迎慶祝會。参與有沈代表賢伉儷偕代表處文化組組長李世昌應邀出席外,僑務委員會僑務委員李維祥、日本中華聯合總會會長毛友次、東京華僑總會會長陳木川、東京崇正公會會長劉得寬、國建會日本聯誼會名譽會長黃燕清、琦玉縣台灣總會會長林月理女士、TS MUSICAL FOUNDATION創辦者兼演出家謝珠榮女士等近60位貴賓皆到場祝賀。
 首先由周會長開場致詞感謝沈代表賢伉儷及各位貴賓的參加,亦特別邀請到場前寶塚歌劇團團員的謝珠榮女士,亦提出明年四月她將帶領她的團員至台灣公開表演演出。同時並簡單介紹了國建會日本聯誼會的成立與由來。國建會日本聯誼會以學術研究、留日學院生論文發表等指導及論文集之編集,共同與會員親睦交流為成立目的。
 沈代表表示在國家經濟起飛、政治民主化起步之過程中,國建會海外學員皆花費專業知識及經驗,向國內提供有益之建設,這些意見亦讓國內於發展之中看見實質的成效,相信海外學員在這方面之貢獻是有目共睹,藉此機會向各位致謝。而近年台日達到極好關係,亦係在日華僑同胞們的努力與貢獻皆是重要的因素之一。
 會中亦安排了謝女士以影片介紹她一生為歌劇付出,其努力成就了一齣齣劃時代的好歌劇。亦希望各位於11月演出之歌劇「客家」抽空到場觀賞。在謝女士的影片介紹後,由世田谷烏女聲合唱團現場合唱了幾首赫赫有名且易朗朗上口之歌曲,而在沈代表賢伉儷偕世田谷烏女聲合唱團一同唱台語經典老歌「雨月花」時,讓歡迎會逹到最高點。在各位互相交流,歡樂暢談的氣氛下,結束了這場溫馨的歡迎慶祝會。

台北駐日經濟文化代表處代表沈斯淳賢伉儷(左1左2)偕國建會日本聯誼會會長周子秋(右)一同唱台語經典老歌「雨月花」

國建會日本聯誼會會長周子秋(右)頒發感謝狀于TS MUSICAL FOUNDATION創辦者兼演出家謝珠榮女士(左)

國建會日本聯誼會會長周子秋(右)頒發感謝狀于世田谷烏女聲合唱團

高雄市議會訪問橫濱

taiwannp5 Posted in 日台 ー 交流
高雄市議會訪問橫濱 はコメントを受け付けていません。

高雄市議會與橫濱市長及議員集體合影

 高雄市議長許崑源及國民外交促進會會長陳麗娜等率領訪日團一行34名,於6月11日下午在駐橫濱辦事處處長李明宗陪同下抵達橫濱市政府及市議會進行首站之參訪,受到橫濱市長林文子、市議長佐藤茂及日華親善橫濱市會議員聯盟會長森敏明等熱烈歡迎。
 林市長及佐藤議長分別於歡迎詞中,對高雄市及我國各界於去年東日本大震災時給予之援助深表感謝,同時強調透過議會結盟12年之親密關係,雙方不僅在市府議會各方面交流互訪頻繁,特別同為港灣城市。高雄港近年來在世界排名遠超橫濱港,定有諸多可資借鏡參考之處,皆表示近期中將前往實地考察,藉以加強雙方之友好關係。許議長及陳會長於拜會中致詞表示,我政府已將高雄港列為未來黃金十年國家經濟發展之起點,並將設立自由經濟貿易示範區;強調橫濱港市合一及150多年港區的發展模式,特別是港未來21世紀商區發展之成功經驗值得參考學習。隨後雙方議員於懇談會中,並續就港灣發展問題熱烈交換意見。
 晚間日華親善橫濱市會議員聯盟於橫濱洲際飯店設宴款待高雄市議會訪團,橫濱市副市長鈴木隆及經濟、觀光、港灣、政策等局局長亦到場聯歡,並針對高市議員所提問題進行答覆,氣氛至為歡暢融洽。餐會在雙方近80名議員、官員及我旅日僑領合唱「高山青」及歡呼兩國兩市萬歲聲中落幕。

橫濱市長林文子與國民外交促進會會長陳麗娜,高雄市議長許崑源,駐橫濱辦事處處長李明宗合影

橫濱市長林文子與高雄市議長許崑源互贈禮物

羅副代表「日本と台湾の絆」を講演  ~日台稲門会講演会~

taiwannp7 Posted in 日台 ー 交流
羅副代表「日本と台湾の絆」を講演  ~日台稲門会講演会~ はコメントを受け付けていません。

流暢な日本語で講演する羅坤燦副代表


「価値観の共有がカギ」
 早稲田大学の校友を中心に、台湾を愛する人々が台湾との交流を図っている日台稲門会。同会の講演会が6月9日、早稲田大学大隈記念タワー地下の多目的ホールで開かれた。今回は台北駐日経済文化代表処から羅坤燦副代表を講師に招き、「日本と台湾の絆」との題名で講演。当日は100人以上の卒業生、在校生、留学生が詰めかけ、立ち見の傍聴者も出るほど盛況だった。
 羅副代表は、現職5年を超えた。その間、台湾政府は民進党から国民党へと政権が移行。羅氏は、この間の政治変革時期における日台関係の変化に順を追って解説した。また、自らの生い立ちも披露するなど、講演内容は充実したものとなった。
1972年に大学を卒業した副代表は台北・松山空港で働いていた。当時は留学ブームで、副代表は当初アメリカへの留学を希望していた。しかし、親日の父親の希望もあり1976年に来日。4月というのに来日翌日に季節外れの降雪を見て感動した事を思い出した、という。日本では、明治大学大学院の正規の研究生として勉学に励む日々を送っていた、と述懐した。
 一方、日台関係については、1972年の国交断交後、現在は最も良好な関係であり、今後も更に良くなると確信している、とした。日中国交正常化に伴い日本と台湾は正式な国交は断絶した。しかし、経済や文化面で実質的に外交に重点を置いてきたこと、李登輝総統時代に変革したことなどを確信の理由とした。さらに、1990年9月に発生した台湾中部大震災(921震災)時で、日本は発生の翌日に自衛隊のレスキュー隊派遣したことなど、日本の援助姿勢に感動して涙したことも話した。
また、2008年に馬英九総統が就任して以来、台湾は中国との関係改善の政策に舵を変えたが、日米に対しても関係をさらに促進させ、友日親米和中の政治スタンスとなったこと。そして、直近の今年7月より台湾人の日本在留カードの国籍欄の表示変更の実施(中国から台湾への表示変更)などさまざま事象を詳しく述べた。
また、今後の展望について、台湾は法治国家であり、それを守っていくのが台湾人の使命であり、日・米と連携して価値観を共有していくことが大切とした。
 一時間あまりの羅副代表の講演後、質疑応答となった。「台湾の今後の外交政策は」との質問に、台湾の存在はとても特例的。政府としては国際経済の中に台湾を入れなければならず、日本とのFTA締結(自由貿易協定)とTPP参加(環太平洋戦略的経済連携協定)を真剣に考えており、近い将来必ず実現させたいとした。また、「5月に着任したばかりの沈代表についてはどうか」の質問には、沈代表日本に大変興味あり、今は精力的に日本語を勉強している。性格は温厚、真面目で非常に外交センスがある人だと返答した。
講演会は大変な盛り上がりを見せながら閉会。その後、場所を15階のレストランに移して懇親会となった。

駐那霸辦事處粘處長 沖繩FM21電台訪談推銷台灣

taiwannp5 Posted in 日台 ー 交流, 華僑 ー 沖縄
駐那霸辦事處粘處長 沖繩FM21電台訪談推銷台灣 はコメントを受け付けていません。

粘處長夫婦與FM21會長石川丈浩(右一)及主持人高山朝光(左一)合影


 駐那霸辦事處處長粘信士於6月9日上午11時至12時應邀前往此間FM21 76.8MHz電台(會長:石川丈浩)「市民廣場」節目與該電台名主持人高山朝光就當前台沖交流及台日關係事宜在空中直接進行對談,推銷台灣,歷時1小時。高山主持人為NHK記者出身,曾在大田前知事主政時期擔任沖繩縣政府部長職務,係當地知名新聞界人士。該節目前曾邀請眾議員下地幹郎(國民新黨籍)、玉城Denny(民主黨籍)、參議員系數慶子(無所屬);地方自治體首長如名護市長稻嶺進、浦添市長儀間光男、宜野灣市長佐喜真淳及沖繩各界政經界領導人物前往空中對談。
 粘處長針對高山主持人有關提問:(一)粘處長抵任後對沖繩之印象;(二)台灣的概況、人口及經濟發展情形;(三)支撐台灣蓬勃經濟發展的社會基盤及人才培育政策;(四)台灣企業進出中國大陸及與中國大陸在經濟、觀光領域之交流情況;(五)我政府對釣魚台列嶼(日名:尖閣諸島)之主權主張及其根據;(六)今後對推動台沖交流之想法及建言等問題逐予詳加說明,有助增進日人對我國國情、台日及台沖關係、當前兩岸經貿交流現況之瞭解。

粘處長與主持人高山朝光對談

設計師山本雄司    新首都服飾風格

taiwannp5 Posted in 日台 ー 交流
設計師山本雄司    新首都服飾風格 はコメントを受け付けていません。

店內氣氛


【本報訊/台北報導】日本知名「黑色詩人」山本耀司之子山本雄司,6月2日下午,在台北市忠孝東路上的一間精品店,舉行記者會,針對未來亞洲市場規劃,以及品牌的行銷,做初步的拓點計畫。
 「黑色詩人」山本雄司跟隨著父親的腳步,帶著六名設計師來台,除了觀摩台灣的市場之外,也和六名設計師分別來台發表展售自己新創的品牌MAKE ONE’S MARK,並且與代理商舉辦記者會,希望能夠開啟各國首都服飾風格的創意風潮。
 山本雄司這次來台,與之同行的設計師,還有知名品牌Y’s Red Lable的前設計師玲木道子等六位設計師,除了和台灣代理商互動之外,也有其他百貨品牌專櫃的人員,前來互動,市場佈局的情勢相當明顯,目前山本雄司也已經在新加坡設立據點,同時也希望能夠讓這次MAKE ONE’S MARK的創新品牌,在世界上發光發熱。

日台お見合いパーティーが開催

taiwannp7 Posted in 日台 ー 交流
日台お見合いパーティーが開催 はコメントを受け付けていません。

「台湾が好き」。共通のコンセプトを持つ独身の男女がお見合いをするイベント「第三回日台お見合いパーティー」が3日、開かれた。主催は台湾新聞社、後援は日台の交流活動団体の「台湾好き」。日台双方24人の男女が集い、婚活に大いに盛り上がった。
開催場所は豊島区池袋。大阪からの参加者に加え、今年は台湾からの参加者など遠方からの人たちで大賑わい。国籍を問わない自由なイベントで、時間を名残惜しむ参加者の声が多く、みな真剣に楽しんでいた。
 14時の受付開始と同時に、フォーマルな格好に身を包んだ男女の参加者が会場内に続々と押し寄せた。主催の錢妙玲台湾新聞社主の挨拶でスタート。開催に当たり錢社主は「チャンスは自分で掴むもの。真面目に相手と向き合い名前を覚え、メールアドレスをゲットする事が最初のステップ」など、参加者を指南。また「結婚生活は何よりも我慢が大切」と既婚者ならではのアドバイスも。
 その後、トークタイムへと続き5分毎に男性が席を替わり、男性と女性の全員がそれぞれ話が出来るという、一対一の対話型のお見合いが始まった。今年の参加者は特に積極的で、あちこちで会話が盛り上がり、名残惜しく席を移動する男性もちらほら。真剣に生涯の伴侶を探している様子がうかがえた。
 ひと通りのお見合いが終了すると、台北往復ビジネスクラス航空券や高級ワインなどが当たるじゃんけん大会が開かれ、あちこちで歓声が上がった。あっという間に規定の2時間が過ぎ、盛況のうちに閉会。女性陣からの帰宅となった。
参加者の声;
「日本人女性の友達が欲しくてメールアドレスを数名と交換。良い機会になったと思う」。(台湾人男性)。
「過去に台湾人男性と付き合ってとても優しかったので、今度は台湾人の婚約者を求めて参加、日本に住んでいる台湾人と結婚したい」(日本人女性)。
「台湾向けビジネスを営んでおり、中国が話せる台湾人の奥さんが欲しくて参加」(日本人男性)。
「FACE BOOKでこのパーティーを知って参加、日本人の彼氏が欲しい」(台湾人女性)などなど。
 今回のパーティーで何組の夫婦が誕生するか楽しみだ。

台灣新聞舉辦 台日婚姻聯誼會

taiwannp5 Posted in 日台 ー 交流
台灣新聞舉辦 台日婚姻聯誼會 はコメントを受け付けていません。

台日婚姻聯誼會現場氣氛


由台灣新聞社社主錢妙玲主持下進行猜拳抽獎活動


【本報訊/東京報導】近年來,在台日友好的交流下,台日國際婚姻的數量一年比一年在增加中。由於去年東日本311大地震,台灣對日本的愛心捐款和即時伸出援手,讓日本人對台灣人的印象也隨之良好,希望和台灣人共結連理的日本人朋友們也日益增加。今年台灣新聞社社主錢妙玲主辦、「台湾好き!」(喜愛台灣會)的代表島田健太郎的協助下,舉辦了「第三届台日婚姻聯誼會」。主旨以結婚做為交往的前提,共同建築美滿的家庭為目標下之台日婚姻聯誼會。也藉此機會讓參加者可以在台灣新聞社嚴謹審查下,有機會認識可能成為未來另一半的人選。
 「第三届台日婚姻聯誼會」於6月3日在東京池袋舉行。參加者以未婚台灣人和日本人為主,男女各12名,共24名。參加者雖為關東內為多,不過也有遠從台灣特地來參加,而關西方面也有來自大阪、奈良的朋友們一同來參與此會。首先由台灣新聞社錢社主開場致辭:相信特地來場參加的朋友們,都希望能夠藉由這次機會,認識到一同為將來建築美好婚姻的對象。因為此會的時間有限,希望大家可以主動的推薦自己,把握當下的機會,不要因為一時的害羞而錯失了良好姻縁。

台日婚姻聯誼會獎品


 在錢社主的開場鼓勵之下,開始以每五分鐘進行男女雙方的對談。五分鐘一到,以男方以順時鐘方向移動位置繼續下一位的對談。在對談中,可以看得出每一個參加者都很樂於表現及推薦自己,現場也充滿著愉快的笑聲和談話聲。過程中,我們也同時對參加者進行了取材,在女性方面,「很開心台灣新聞社主辦這次的婚姻聯誼會,希望藉此機會可以決定自己未來的終身對象。」「在過去曾經和台灣男性交往過,從交往過程發現台灣男生都很溫柔體貼,也希望和在日本生活的台灣男性共創國際婚姻。」在男性方面,「在對談中拿到了幾位參加的連絡方式,真的很開心,必定會把握這次機會。」「因工作以台灣為主,希望可以找到能為事業更上一層樓的台灣女性做為伴侶。」等的參加者聲音。經過一個多小時的位置移動方式的對談下,台灣新聞社也在尾聲前穿插了猜拳抽獎活動。獎品包括了健康按摩器、高級潤髮液、男性錢包夾、台灣日本來回商務艙機票和高級紅酒等,將現場氣氛帶到最高點。最後錢社主也祝福大家在這次機會能夠找到人生的另一半,也於各位離場前也發配了由台灣觀光協會和台灣物産館所提供的贊助禮品,在歡笑中結束了這場有意義的台日婚姻聯誼會。

台灣觀光協會和台灣物産館所提供的贊助禮品

日本人男性の台湾一周自転車感謝の旅が無事終了

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
日本人男性の台湾一周自転車感謝の旅が無事終了 はコメントを受け付けていません。

 
 震災後の台湾からの支援に感謝を示すため、自転車で台湾一周のサイクリングツアーを展開した安部良氏は5月24日正午ごろ、終点となる日本の対台湾窓口機関・交流協会(台北市)に無事ゴールインした。
 
 4月25日に訪台した安部氏は、台湾と日本の国旗をつけた自転車で4月27日に台北を出発。時計回りで台湾を一周し、5月24日正午頃、終点の台北市に到着。1ヶ月に及ぶ「謝謝台湾」の旅にピリオドを打った。
 

沈斯淳新代表を歓迎

taiwannp7 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 未分類
沈斯淳新代表を歓迎 はコメントを受け付けていません。

歓談の様子 沈斯淳代表は左から2番目

交流協会への挨拶後、記者の質問に答える沈代表

~沈代表~日台関係強化に尽力

5月30日に着任した台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表は、6月1日午前、交流協会東京本部を着任の挨拶のため訪れた。沈代表が張仁久業務部長を同行すると、交流協会側は大橋光夫会長・今井正理事長らが出迎えた。その時の様子を押し掛けた20名以上の記者団から一斉に撮影フラッシュが焚かれた。
大橋会長は、沈代表が着任したことについて「熱烈に歓迎する」とし、5月30日に夫人を伴って来日した沈代表に対し、大変やる気が感じられると感想を述べた。また、会長自身去年・今年と2回台湾に行っているが、ともに外交部の業務部長に懇意にして頂き、一緒に居ると昔からの友人のように感じたとのこと。
また沈代表は、着任早々大橋会長が貴重な時間を割いて会ってくれた事に感謝の意を表した。着任してまだ48時間しか経っていないが、ひしひしと駐日代表の任務の重大さを感じていると話した。さらに、これからの日台関係の増進に努力していきたいと語った。また、来日前の外交部事務次長時代、大橋理事長と今井理事長には面識があり今後共にに仕事ができることが嬉しいとの見解。最後に再度「日・台の今後一層の関係・交流強化に尽くしたい」と話し、任務への意気込みを覗わせた。
その後記者団をシャットアウトしての会合となり、約40分後に交流協会が入っているビルから姿を現した沈代表。再びの記者団の質問攻勢に「日本に来てまだ48時間、引越しで疲れた」と本音もちらり。しかし、沈代表は顔色も良く、詰めかけた記者全員と名刺交換をし、精力的に仕事を熟している印象を受けた。