悠遊カード、日本の大手百貨店と提携

taiwannp Posted in 日台 ー 総合
0

 
 プリペイド式ICカード「悠遊カード」のサービスを運営する悠遊カ(カ=上と下を合わせた字)は日本の百貨店大手、丸井と提携したと明らかにした。悠遊カが海外の企業と割引について提携するのは初めて。
 
 東京や大阪の丸井6店舗で悠遊カードを提示した台湾の買い物客に対し、購入額から5%引きをする。さらに消費税の還付を受けることも可能。
 
 実施するのは新宿の丸井本館と「メン」「カレン」「ワン」「アネックス」の各館、大阪のなんば店。期間は今年9月30日まで。
 
▽詳しくはこちら
http://www.0101.co.jp/stores/language/zh3/index.html

2012日本東京蘭展華麗登場

taiwannp Posted in 日台 ー 総合
0

 

馮寄台代表視察來日參展蘭花業者

【本報訊】「2012日本東京蘭展」於2月18日至26日在東京巨蛋隆重登場,「台灣蘭花產銷發展協會」亦邀集台大蘭園、清華蘭園、上品蘭園、香斌蘭園、佳琦蘭園、宇震蘭業、吳祚雄蘭園、佳和蘭園、愛蘭園企業有限公司、庭欣蘭園、億晟蘭園、祥育蘭園、長穎農業開發股份有限公司等14家蘭花業者來日參展。2月18日10時左右,台北駐日經濟文化代表處馮寄台代表親自現身東京巨蛋,慰問本次特地從台灣來日參展的業者,不僅關心蘭花的培育情形,也替大家加油打氣,令業者們大感窩心。

今年的「2012日本蘭展」共有上百家國內外廠業者參加展出,同時還有蘭花的相關化妝品、食品販賣,以及包括蘭花、蘭花的展示設計、室內擺設、美術工藝品大賽,吸引大量人潮前來觀賞。

日本の大手ラーメンチェーンが台湾に進出

taiwannp Posted in 日台 ー 総合
0

 
 「博多ラーメン店『一風堂』(株式会社力の源カンパニー)の台湾1号店を5月に開業する」と、16日に台湾市内で発表した。
 
 株式会社 力の源カンパニーと日本人が経営する台湾の焼き肉チェーン店『乾杯』が新たに設立する合弁会社が運営し、会社名と店舗名は「乾杯一風堂」となる。資本金は約1億2,000万円の予定で、出資比率は『一風堂』が49.9%、『乾杯』が50.1%。董事長兼総経理には『乾杯』の平出(ひらいで)荘司社長が就く。
 
 力の源カンパニーは08年3月、博多のトンコツが世界のトンコツとなる日を描いて、米ニューヨークのイーストビレッジに海外1号店を開店。ここ数年、海外展開を加速させており、台湾進出は5カ国・地域目。
 

台湾の漫画家、外務省主催の国際漫画賞で優秀賞

taiwannp Posted in 日台 ー 総合
0

 
 日本の外務省は14日、同省主催の第5回国際漫画賞(The 5th International MANGA Award)(実行委員長:玄葉光一郎外務大臣)の同賞受賞作品を発表した。
 
 世界の30の国と地域から145作品の応募があった今回の賞で、台湾の漫画家・コリー(Cory、中国語名:顆粒)の出品した「許個願吧!大喜(願いごとを!大喜)」が優秀賞に選ばれた。台湾の作品が同賞を受賞したのはこれが初めて。
 
 授賞式は17日に東京で開催され、コリーさんも出席するという。日本滞在中は集英社、小学館などの出版社も訪問する予定で、台湾の漫画家の日本進出が期待される。
 

第59期囲碁王座戦で張栩王座が4連覇達成

taiwannp Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合
0

第59期囲碁王座戦において、張栩王座が3連勝で碁聖のタイトルを保持する羽根直樹挑戦者下し、4連覇を達成した。
その就位式と祝賀パーティーが1月30日、ホテルオークラ東京(東京都港区)のメイプルルームで開催された。
張王座は台湾台北市の出身の32歳。10歳で来日し林象峰名誉天元門下に入門。2009年には史上初の五冠となる。羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路と合わせて平成四天王と呼ばれている。
第59期囲碁王座戦において、張栩王座が3連勝で碁聖のタイトルを保持する羽根直樹挑戦者下し、4連覇を達成した。
その就位式と祝賀パーティーが1月30日、ホテルオークラ東京(東京都港区)のメイプルルームで開催された。
張王座は台湾台北市の出身の32歳。10歳で来日し林象峰名誉天元門下に入門。2009年には史上初の五冠となる。羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路と合わせて平成四天王と呼ばれている。
会場には、囲碁関係者、マスコミ、ファン約200人が詰めかけた。
張王座は「5連覇を達成し、名誉王座を目指します」と新たな決意を述べた。

恭賀新年 謹賀新年

taiwannp Posted in 日台 ー 総合
0

 

新年あけまして、おめでとうございます。

 

各位親愛的讀者

臺灣新聞社感謝這一年來大家的鼓勵與指教。希望在新的一年,大家能夠繼續惠賜意見與指教。台灣新聞社將會以此為糧,努力成長茁壯。除此之外,為了對華僑社會和台日關係更盡心力,臺灣新聞社將自2012年2月起更改為半月刊,以一年24期的方式每月發行2次,提供更豐富、更多元的報導,懇請各位讀者與長官繼續支持臺灣新聞社。

台湾新聞は本年2月より発行形態を現行の月刊紙から月刊2回の発行に拡大します。

 読者の皆様からの要望や日台間の情報量の多さや交流の深さなどにより実現するものです。これにより、より充実した紙面作りを目指し、日本と台湾相互の発展に向け、経済、文化、観光、華僑を柱に注力致します。

 これからも台湾新聞にどうぞご期待下さいます様お願い申し上げます。

敬祝

新年快樂    鴻圖大展

臺灣新聞社
社主 錢 妙玲
暨 全體員工  敬上