外交部が尖閣諸島領有権主張で啓蒙ムービー公開

taiwannp2 Posted in 日台 — 領有権問題
外交部が尖閣諸島領有権主張で啓蒙ムービー公開 はコメントを受け付けていません。

外交部は22日、尖閣諸島(中国語名:釣魚臺列嶼)は中華民国固有の領土である事を国内に向けて啓蒙するショートムービーの第一弾を公開した。これは昨年の石原慎太郎前東京都知事の尖閣諸島購入問題を受けて馬英九総統が提唱した「東海和平イニシアチブ」に基づく宣伝政策の一環。出演者にバラエティータレントを起用し、主要言語を台湾語(ホーロー語)とすることで、親近感を抱かせ、尖閣諸島に対する関心と、領有権が中華民国にあることの認識を高めたい考えだ。

 

林永楽外交部長

林永楽外交部長

 

5分程度の啓蒙ムービーにはバラエティータレントであるホンジュラスこと洪勝徳氏が、自身がレギュラー出演を努める人気討論番組「全民最大党」のスタイルを模倣し、尖閣諸島領有権問題における中華民国の主張を台湾語で論じると言うもの。ホンジュラス氏はムービーの最後に「主権争議を棚上げし、共同で資源開発。それこそが台湾を愛することだ」と主張し、「東海和平イニシアチブ」を支持することが愛国心に繋がると結論づけた。

 

東海和平イニシアチブの要点が書かれたパネル。

東海和平イニシアチブの要点が書かれたパネル。

 

従来の啓蒙ムービーとは違い、ユーモアをふんだんに盛り込んだ内容であり、また政府機関のムービーとしても異例の台湾語を多用したものになっている。外交部は「初めてエデュテイメント(edutainment/娯楽と教育の融合)方式で国際問題における理念と立場を宣伝した」としている。実際に記者会見場でムービーが放映されると、集まった記者からは時折笑い声がおこった。記者会見もホンジュラス氏を招いて討論番組の様な形式で行なわれた。ホンジュラス氏は、江南スタイルの乗馬ダンス(騎馬舞)を真似た「尖閣諸島保衛ダンス(保釣舞)」を披露しながら登場し、史亜平常務次長も踊りに加わる場面もあった。

 

台湾の人気討論番組を思わせる会見会場

台湾の人気討論番組を思わせる会見会場

 

この啓蒙ムービーは三部構成になっており、今回公開されたものは第一部の「総論篇」。今後「第二次世界大戦後の発展篇」、「東海和平イニシアチブ篇」がそれぞれ発表される予定である。「総論篇」では尖閣諸島が歴史的、地理的、国際法的に台湾に属していることを主張している。林永楽外交部長は「東シナ海を平和と協力、安定の海にしたい」と東海和平イニシアチブの理論を強調した。また、今回の啓蒙ムービーは台湾国内向けに制作されたものであるが、海外に向けた宣伝に関して史亜平常務次長は「昨年から米主要メディアに広告を掲載しているほか、中華民国の在外公館に資料を配布し、シンポジウムなども実施している」と話し、海外を対象としたマイクロシネマの計画が進行中であるとも明かした。

 

ホンジュラス氏(左)と史亜平常務次長

ホンジュラス氏(左)と史亜平常務次長

 

外交部は今後も様々な形で「東海和平イニシアチブ」の認識を高め、東シナ海の平和的利用を目指していきたいとしている。

 

「尖閣諸島の領有権は中華民国にある」と声をあげる(左から)ホンジュラス氏、林永楽外交部長、史亜平常務次長

「尖閣諸島の領有権は中華民国にある」と声をあげる(左から)ホンジュラス氏、林永楽外交部長、史亜平常務次長

台日召開預備會議 準備重啟漁業談判

taiwannp9 Posted in 日台 — 領有権問題
台日召開預備會議 準備重啟漁業談判 はコメントを受け付けていません。

    亞東關係協會以及公益財團法人交流協會為懸宕多時的台日漁業會談,於11月30日在交流協會東京本部會議室召開預備會議,準備重新啟動第17次的台日漁業會談。台灣派出駐日本代表處業務組組長張仁久擔任團長,會中並有外交部、漁業署以及海巡署相關人士出席,日方則由交流協會總務部部長小松道彥擔任團長,外務省、水產廳以及海上保安廳的相關人員均出席此次預備會議。

    張仁久團長致詞表示:「我方對於釣魚台列嶼的立場為,主權在我、擱置爭議、和平互惠、共同開發,並重申釣魚台列嶼是中華民國固有領土,是台灣的附屬島嶼,因此我國漁民在該水域的正當捕魚權利必須獲得充分的保障。」同時,張團長也表示:日本玄葉外務大臣於10月5日對台發布訊息表示,日方能體察「東海和平倡議」及其「推動綱領」的基本精神,並指出重要的是如何冷靜且顧全大局地因應懸案,以互利的態度持續溝通,進而推動務實且具體的合作,就建立雙方良好的漁業秩序達成共識。

    會中台日雙方就漁船作業水域及漁業資源養護管理等議題溝通及交換意見,儘管台日主張雖有不同,但仍一致同意將秉持誠意與善意持續協商,儘早召開下次會議。

11月末に日台漁業協議が再開か

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題
11月末に日台漁業協議が再開か はコメントを受け付けていません。

 2009年2月以降中断し、尖閣諸島をめぐる一連の騒動で再開が先送りされてきた日台漁業協議が今月末に東京での予備協議開催を目指し、最終調整していることが19日、関係者の話でわかった。関係者によると予備協議は台湾側が強く要望。日本の衆院選での政権交代も考慮し、選挙後の漁業協議の本格再開を重点におき、今月末を軸に調整中という。予備協議では民間漁業取り決め締結へ向けた議題や論点整理が行われる見通し。
 協議は1996年8月から2009年2月まで計16回の会合が開かれたが、双方の排他的経済水域(EEZ)が重なる部分の線引きを巡って折り合わず、暗礁に乗り上げていた。今後の動向に注目される。

25日(木)に台北市内で尖閣諸島に関連する抗議デモが予定される

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題
25日(木)に台北市内で尖閣諸島に関連する抗議デモが予定される はコメントを受け付けていません。

~在留邦人に注意喚起~ 

 交流協会台北事務所によると10月25日(木)午前9時頃から午後9時ごろまでの間、台北市内において、総統府、同事務所に対して、尖閣諸島に関連する抗議のデモが予定されいるという。

 関係者によれば、このデモは主催者側が1,000人規模の参加者を見込んだものであり、車両やバイクも動員して行われ、午後1時頃、同事務所に至る模様。また、この他にも小規模なデモが行われるとの情報もあるという。

 同事務所では、警察に対して警備の強化を依頼しているが、在留邦人においても各自外出に際し、不測の事態が生じていかいか通常以上に周囲の状況等によく注意し、安全の確保に努めるとともに、デモ当日は同事務所に近づかないよう注意を呼びかけている。

 なお、25日は「台湾光復節」にあたる。当日、事件に巻き込まれたり、何らかの被害を受けたりなどした場合には、交流協会に連絡するようにということだ。

日台漁業協議、年内再開の動き  ~実現すれば3年ぶりの協議、都内で開催~

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題
日台漁業協議、年内再開の動き  ~実現すれば3年ぶりの協議、都内で開催~ はコメントを受け付けていません。

~中国と台湾の連携をけん制~
 外務省は7日、2009年2月以降中断している台湾との漁業協議を年内に再開する方針を決めたことを明らかにした。場所は東京都を予定している。協議の内容は尖閣諸島(台湾名;釣魚台諸島)周辺での操業ルールを主な交渉テーマとする。尖閣の領有権問題とは切り離して交渉を行い、漁業協定の締結につなげたい考えだ。日本の対台湾窓口である交流協会の今井正理事長が9月25日に訪台した際、楊進添外交部長(外相に相当)に提案。台湾側も再開を強く希望したという。日台間には現在、漁業協定がなく、日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業する台湾漁船は、取り締まりの対象となる。1971年に台湾が尖閣の領有権を主張して以降、日本は取り締まりを強化しており、尖閣近海を「伝統的漁場」とする台湾は不満を募らせてきた。今回の対応は、日本側は台湾との関係改善を急ぐことで、尖閣問題をめぐって目立ち始めた中国と台湾の連携をけん制する狙いもある。

台湾外交部、玄葉外相のメッセージを評価

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題, 日台 ー 政治
台湾外交部、玄葉外相のメッセージを評価 はコメントを受け付けていません。

 台湾の外交部が6日に発表したプレスリリースによると、日本の玄葉光一郎外務大臣が交流協会(日本の対台窓口機関)を通じ、「台湾の皆さまへ」と題したメッセージを台湾市民に向けて発したことを受けて。このなかで、外交部は釣魚台諸島(日本名;尖閣諸島)の主権を改めて主張しながらも、馬総統が提案した「東シナ海平和イニシアチブ構想」に呼応したものだなどとして評価、長年築き上げてきた協力関係の強化に取り組むよう希望した。また、2009年以来中断されている台日漁業協議の再開など、双方が関心を寄せる議題についての建設的な対話を日本側が期待していることについては、次回の協議で具体的な成果をあげるため、日本側に対して釣魚台(尖閣諸島)海域での台湾漁業者の操業権を尊重するなど善意を示すよう呼びかけた。

漁船団、当初は宜蘭県政府に燃料費補助を要請。県政府は「台日漁業交渉を待つべきだ」と延期を求めていた

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題
漁船団、当初は宜蘭県政府に燃料費補助を要請。県政府は「台日漁業交渉を待つべきだ」と延期を求めていた はコメントを受け付けていません。

 台湾紙によると尖閣諸島(台湾名;釣魚台)海域に25日、台湾の大型漁船団を動かしたのは、中国との縁も深い台湾実業家の巨額の寄付金(活動費500万元、日本円約1350万円)だった。 漁船団を出港させた漁民らは当初、地元の宜蘭県政府に燃料費補助を要請したが、県政府は「台日漁業交渉を待つべきだ」と延期を求めていた。しかし、台湾の企業グループが活動費を寄付したことで出航が決まった。

台湾巡視船、海保に向け放水。海保が台湾漁船に放水したことから

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題
台湾巡視船、海保に向け放水。海保が台湾漁船に放水したことから はコメントを受け付けていません。

 尖閣諸島(台湾名;釣魚台)沖で台湾海岸巡防署所属の巡視船が日本の領海を侵犯した問題で、同巡視船が海上保安庁の巡視船に向け、放水していたことが25日わかった。海保によると領海に侵入した台湾巡視船は計12隻だったという。
 海保によると、台湾巡視船は漁船とともに同日午前、尖閣沖の日本領海内に侵入。海保巡視船が漁船に放水したところ、台湾巡視船3隻も約20分間、海保巡視船に向け放水した。船体には当たっていないとしている。なお、国連海洋法条約では、巡視船をはじめとする他国公船に対する放水などの実力行使を認めていないという。

漁業交渉再開時期、合意できず

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題, 日台 ー 政治
漁業交渉再開時期、合意できず はコメントを受け付けていません。

 台湾紙によると、一連の尖閣諸島(台湾名;釣魚台)問題で訪台している、交流協会・今井正理事長は25日、台湾外交部(外務省)の楊進添外交部長(外務大臣に相当)と会談、漁船団の日本領海侵入に抗議した。また、日台漁業交渉再開の時期については合意できず、今後も対話を継続するとした。
 

日本政府、交流協会理事長・今井正氏を台湾に派遣   ~台湾外交部発表~

taiwannp7 Posted in 日台 — 領有権問題, 日台 ー 政治
日本政府、交流協会理事長・今井正氏を台湾に派遣   ~台湾外交部発表~ はコメントを受け付けていません。

 台湾の外交部(外務省)によると、日本政府は今井正・交流協会理事長を25日に台湾に派遣、尖閣諸島(台湾名;釣魚台)日本国有化の経緯を説明するという。外交部によると台湾政府としては釣魚台諸島は100年以上前から台湾の伝統的な漁場であり領有権は台湾にあるという主張を変えるつもりはないとしている。馬英九総統が提案した東シナ海平和イニシアチブに基づき、日本側と東シナ海の安定・平和にむけて理性的に協議したいとしている。