災後一年--日本內閣總理大臣野田佳彥感謝台灣

taiwannp Posted in 東日本大震災関連
0

日本國內閣總理大臣 野田佳彦


邁向重生的決心
2012年3月11日   日本國內閣總理大臣 野田佳彦

  去年三月十一日發生了東日本大地震,在日本人心中留下難以磨滅的印記。在日本遭逢此空前危機的大地震屆滿一週年之際,謹向因地震受災的國民以及全世界其他遭受到天災巨變的人們表示由衷的慰問之意。
  我們絕不會忘記在地震中失去摯愛的家人、朋友及同胞。並且,我們也不會忘記來自台灣及國際社會的支援與協助。日本很感謝台灣及國際社會的援助,想藉此機會表達衷心的謝意。
  過去一年,日本積極朝重建及復興之路大步邁進。在地震屆滿一週年的今天,日本必須決心從過去面臨的諸多困難中記取教訓,並視為轉機。而今,這個困難的時刻也應該是日本真正展開重生的時機,我們正在迎接這個時刻。
  我相信惟有透過此次災害,日本國民凝聚堅強的團結力以及與危機感,一定可以團結一致,朝經濟重建邁進,解決目前日本最重要的課題,就是努力進行災區復興、廢除東京電力福島第一核電廠及災區的除污工作。
  為了因應東日本大地震的重建及復興,過去一年,政府擬訂了各種策略與對策,並搭配完善的預算及法令制度。此外,用復興經費及成立復興特區打頭陣,再搭配成立復興廳做為因應一步到位需求的組織,由其擔任整體指揮塔,推動重建與復興計畫及活動。除此之外,也進一步加強食品監測及檢查制度,並福島第一核電廠週邊的居住空間投入一兆日圓以上的經費進行除污。
  現在,地震災區居民及多數國民最不安的是最基本的需求,也就是工作場所的確保以及能與家人安心生活的日子。在「開創性復興」的理念下,透過復興特區制度及運用其他各種措施,呼籲國內外到災區進行新的投資,同時,也加速災區產業振興及創新,創造就業機會。
  其中一個例子就是包含岩手縣大船渡市、陸前高田市以及宮城縣東松島市等災區在內,被日本全國選定為「環境未來都市」。透過預算、優惠稅制及放寬限制,運用智慧電網、大規模太陽能發電廠以及海上風力發電,提供支援高密精巧都市型產業社會基礎建設以及開發地區環保基礎建設的制度。日本在省能源領域方面,居世界的領導地位,革新技術的累積也居於領先。現在,可以運用這個經驗,創造出永續成長的新模式並台灣及全世界共享。
  此外,日本應該領導全球並分享的知識為降低災害危險與災害對策。我們已經由最嚴酷的方式學習到不可把這次的地震當作是「意想不到」的藉口。為了重建強韌的共同體,建立可對抗天然災害的永續國家,現在,日本正全面檢討災害對策並徹底進行強化。
  無可否認,日本目前所面臨的課題,早在去年地震、海嘯及核電廠事故發生前就已經存在。日本過去幾年不斷努力追求經濟的成長及財政的改善。然而,追求的過程拖得越長,將使得問題變得更加嚴重。
  本人自去年九月就任總理大臣以來,即承諾首要工作即是打破以維持現狀為優先的政治局勢。因為先拋開國家政治上的重要課題將給日本經濟及社會,甚至是日本的未來帶來負面的影響,不應坐視不管。
  現在,我們正進行諸多重建復興計畫,這些都是振興日本經濟重要的第一步。儘管世界經濟前景不明,加上日圓屢創史上新高以及長期通貨緊縮都是阻礙,日本經濟一定會重新恢復成長力。
  日本經濟具有獨特優勢,加上與海外貿易夥伴開放合作,集結智慧,可開拓出新的成長領域。另外,能源、環境、醫療、看護領域具有極大的潛力,將帶動日本其他產業的成長。包含來自外國的投資在內,經由民間部門率先的創新及投資, 將可在全球市場上扮演重要的角色。再者,除了商業以外,從促進觀光的觀點看來,為了提高國際社會對投資日本感興趣或增加在日投資,日本也將建立健全的協助機制。
  第二次世界大戰後,日本幾乎成為廢墟,但是戰後經濟快速發展,渡過石油危機並建立全球能源效率最高的經濟體制。值此東日本大地震一週年之際,日本正積極進行重建,但是此次不單只是回到地震發生前的狀態,而是要以建立一個嶄新的日本為目標。儘管是歷史性的巨大挑戰,我們日本一定會成功。
  

野田首相 「台湾と国際社会からの援助に深く感謝」

taiwannp Posted in 東日本大震災関連
0

 

野田首相


 日本の野田佳彦首相は東日本大震災から1周年を迎えた11日、台湾および国際社会からの援助に感謝する文章を中央通信社など台湾の複数メディアに寄せ、野田首相の投書は12日付の台湾各メディアが掲載した。文章の中で野田首相は、「台湾や国際社会からの支援と協力を忘れることもありません。日本は台湾と国際社会からの援助に深く感謝し、この機会を借りて心からの感謝の意を表明したいと思います」と述べた。主な内容は以下の通り。
 
 
「再生に向けた新たな決意」
日本国内閣総理大臣 野田佳彦 2012年3月11日
 
 東日本大震災が発生した3月11日は、日本人の心に深く刻まれています。日本が直面した未曾有の危機である大震災から1年を迎えるに当たり、この震災で被災した方々、そして自然災害による劇的な変化に見舞われた全世界の人々に心からお見舞いを申し上げます。
 
 私たちは地震で犠牲となった愛する家族や友人、仲間を忘れることはありません。そして、台湾や国際社会からの支援と協力を忘れることもありません。日本は台湾と国際社会からの援助に深く感謝し、この機会を借りて心からの感謝の意を表明したいと思います。
 
 震災発生から1周年を迎えたきょう、日本は過去のさまざまな困難から教訓を心に刻むと決心し、これを転機としなければなりません。この困難の時こそ、日本の真の再生に向けた、まさにその時を迎えているのです。日本国民が強い結束力と危機感をもって、日本経済の再生に向かって進むことが、現在の最も重要な課題であります。
 
 現在、震災の被災者の方々と国民が抱く最も大きな不安は、働く場の確保と家族が安心できるくらしという基本的なものです。イノベーションを活かした復興という理念のもと、さまざまな措置を取っていますが、その取り組みの一つとして、岩手県大船渡市と陸前高田市、宮城県東松島市を「環境未来都市」に選定し、税制優遇措置や規制緩和、予算の投入を通じ、スマートグリッドやメガソーラー、洋上風力発電などを活用し、コンパクトシティ型産業社会インフラや、環境にやさしい地域インフラを支援する仕組みを提供していきます。
 
 日本は省エネルギーの分野や、革新的な技術の蓄積において世界をリードしています。いまこそ、この経験を活かしながら、持続可能な成長の新たなモデルを創出し、台湾や世界と共有していくことができると考えています。

 さらに、日本は災害リスクの低減と災害対策のため、国際間における関連知識の共有で世界をリードしていかねばなりません。強靭な共同体を再生させ、自然災害に強い持続可能な国づくりに向け、災害対策を全面的に見直し、抜本的な強化を行っていきます。

 現在、さまざまな復興プロジェクトに取り組んでいますが、すべて日本経済の再生に向けた重要な一歩です。世界経済先行き不透明感に加え、歴史的な円高と長引くデフレが障害となっていますが、日本経済は必ず成長力を取り戻すことでしょう。

 東日本大震災から1周年を迎えたいま、再建に積極的に取り組むことで、震災前と同じ状態に戻すのではなく、まったく新しい日本を造り上げることを目標としていきます。このような歴史的な試練ではありますが、日本は必ずや成し遂げていきます。
 
 (写真提供:中央社/(和文仮訳:交流協会台北事務所)

馬総統、震災追悼行事に出席 福島への渡航延期を解除

taiwannp Posted in 東日本大震災関連
0

 
 日本の対台湾交流窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)は12日、台北市内のホテルで東日本大震災の犠牲者を追悼し、日本へ多大な支援を行った台湾に感謝する「東日本大震災追悼・復興レセプション」を開き、台湾の馬英九総統が出席した。馬総統が交流協会の行事に出席したのは初めて。
 
 馬総統は主賓としてのあいさつで、福島第一原発から30キロメートル圏と計画的避難区域を除き、同県への渡航延期勧告地域指定を同日付で解除したことを明らかにし、馬総統は「日本の観光業の復興に期待したい」と述べた。
 

台湾 「反原発」を訴える抗議集会

taiwannp Posted in 台湾 — 総合, 政治, 東日本大震災関連
0

 
 東日本大震災から1年を迎えた11日、現在6基の原子炉が稼働している台湾でも大規模な反原発デモが行われた。抗議集会は、環境保護団体などが企画したもので、60を超える環境保護団体などが参加した。台北、台中、高雄の3都市でデモが行われ「原発をゼロに」などと書かれた横断幕を掲げて市内をデモ行進し、現在稼働している原子炉の即時廃炉のほか、台北郊外に建設中の原発計画の撤回を求めた。
 
 地震が発生した時刻には1分間の黙祷が捧げられた。
 

佛光山が大船渡港で東日本大震災法要を行った

taiwannp1 Posted in 東日本大震災関連
0

満潤法師と石原住職を囲んで

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から1年。3月11日には、各地で慰霊祭が行われた。
岩手県大船渡市の大船渡港サンアンドレス公園では、『東日本大震災一周年 鎮魂と追悼市民のつどい』が行われた。この法要では、佛光山本栖寺住職満潤法師と、立本寺住職でNPO法人『災害危機管理システムEarth』理事長石原顕正氏が参加。両宗派による読経のコラボが実現した。さらに高名な二胡奏者、程農化氏による二胡の演奏も加わり、厳粛で人の心を打つ慰霊祭となった。
満潤法師と石原顕正住職は、1年前の震災時、台湾からの救援部隊を被災地に派遣する際、宗派の垣根を越え協力している。
「台湾からの救援隊が、昨年の3月13日に来日しました。しかし、手続きの問題で被災地に行くことができず、私たちのもとに、相談に来ました。そこで、宗派は異なりますが、石原様のNPO法人のお力を借りて、3月15日に救援隊を被災地に送り出しました。その際、石原様は救援隊の先頭に立って、現地に赴いてくれました」と満潤法師は述べた。
その時以来の強い結びつきにより、今回のコラボとなった。参加した市民は、真剣に読経を聴き、遺族に想いを馳せるのか涙ぐむ人も多く見られた。
最後は参加者全員で海に向かい散華を行い、満潤法師は散華と同時に読経を行い、市民の感動をさらに呼んだ。

散華を行う満潤法師

 

台湾プロ野球 被災少年野球チームに用具寄贈

taiwannp Posted in 日台 ー 交流, 東日本大震災関連
0

 
 「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」のために来日したプロ野球リーグ「中華職業棒球連盟」が9日、東日本大震災で被災した少年野球チームに野球用具を贈ることとなった。東京ドームで贈呈式が行われ、全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事にバットやグラブが手渡された。
 

台湾ありがとう! 日本から感謝と元気を伝えるCMが放映開始

taiwannp Posted in 東日本大震災関連
0

 

 
 東日本大震災発生から1年を迎えた3月11日、台湾からの多額の義援金などの支援に対する感謝を示すCMが、台湾の主要テレビ局で放映開始された。また、主要4紙にも感謝広告が掲載された。
 

感謝広告


 交流協会が電通グループに委託し制作。CMでは震災当日生まれた赤ちゃんやその両親、漁師、大工などの被災者が登場し、再建中の被災地での生活の様子を紹介した。同時に「台湾の皆さんの祈りのおかげで、わたしたちは元気になりました。支援ありがとうございました」といったメッセージを伝え、最後は「1杯のスープ、1枚の毛布。日本を包んでくれたぬくもりを、わたしたちはずっと心の中に置いておきます」という言葉で結んだ。
 
 テレビCMは11日から1週間放映される。今回、政府機関によって感謝CMが作られたのは世界でも台湾だけとのこと。
 
 この場を借りて、日本人である私(台湾新聞社スタッフ)からも台湾の皆様へ感謝とお礼を述べたいと思う。「我永遠不會忘記你們給予日本的恩情。我再度表示衷心的感謝。真多謝!」
 

關田良一在台健跑 台北報導

taiwannp Posted in 日台 ー 交流, 東日本大震災関連
0

『日本人』写真展 〜獻給台灣的感念 邁向未來的紀念〜 開催中

taiwannp Posted in 東日本大震災関連
0

 

 写真家たかはしじゅんいち氏の呼びかけで集まった市民ボランティア団体が、被災地の復興の足跡を伝える写真展を台北と高雄で開催中。
主催は一般社団法人バックアップセンタージャパン。
 
【台北展】
日時: 2012年2月25日(土)〜3月11日(日)
場所: 誠品書店敦南店2F(24時間営業)
http://vip.eslite.com/Event/EventDetail.aspx?no=e2012022101
 
【高雄展】
日時: 2012年2月29日(水)〜3月15日(木)
場所: 新光三越三多店
http://www.facebook.com/BackupCenterJapan