日本隊伍助陣 台灣燈會踩街熱鬧 

taiwannp9 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 日台 ー 観光
0

 2016年台灣燈會於2月22日開幕,當天下午的開幕踩街活動上,共有15支隊伍參加,包括日本北海道、三重和名古屋等地的學生團體和來自台灣各地的表演團體一起炒熱現場氣氛,為晚間的燈會揭開序幕,同時也展現出台灣燈會的國際文化交流特色。

來自北海道的「夢想漣ESASHI」隊伍,以「海起誓興」為主題,呈現與大海共生、祈許豐收的心願(照片提供:桃園市政府)

來自北海道的「夢想漣ESASHI」隊伍,以「海起誓興」為主題,呈現與大海共生、祈許豐收的心願(照片提供:桃園市政府)

 踩街活動首先登場的是來自名古屋真中祭學生隊「鯱」以快節奏的舞曲表現出自己心裡的夢想,傳遞「依自己的想法大步向前走」的意旨,接著則有三重的YOSAKOI代表隊「天狗」,以小野獅子舞為主題演出,三重縣津市女大學生組成的「極津」則以舞蹈模擬海浪和海岸邊施放的煙火秀,代表舞者具有元氣和笑容,另外還有來自北海道以及由日本高知縣和關東地區的YOSAKOI團隊組成的高知縣YOSAKOI國士舞雙隊精彩演出。

成田祇園祭的仲之町山車首次跨海演出,引人注目(照片提供:桃園市政府)

成田祇園祭的仲之町山車首次跨海演出,引人注目(照片提供:桃園市政府)

千葉縣的吉祥物千葉君也現身活動現場(照片提供:桃園市政府)

千葉縣的吉祥物千葉君也現身活動現場(照片提供:桃園市政府)

 再加上8隊來自台灣各地的踩街隊伍,透過表演讓人見識到台灣豐富多元的文化,最後壓軸登場的則是千葉縣成田市「成田祇園祭」的「仲之町山車」,由於這也是成田市首次將具有百年歷史的山車運至海外演出,因此備受關注。去年9月桃園市長鄭文燦率團訪日時,便向千葉縣提出參加台灣燈會的邀約而獲得熱情回應,因而派出具代表性的祭典表演團隊到台灣。仲之町山車上裝置約2公尺高的神武天皇人像,總高達7公尺,一出場便吸引眾人目光,搭配傳統演奏,成田祇園祭的跨海演出讓現場民眾驚艷不已。(2016/02/23 22:03)

台湾で日本地方産品が展示販売

taiwannp1 Posted in 台湾 — 経済, 台湾 — 観光, 日台 ー 観光
0

 

「ふるさと名物発掘・連携促進事業」として日本の優れた地方産品の一部商材の展示販売が1月22日、台湾の誠品生活(誠品書店=台北市松高路)ほか有名ショップで行われた。

展示の様子

展示の様子

運営先のリヴァンプ(本社=東京都千代田区、澤田貴司社長)が経済産業省の執行事業者として「The Wonder 500 TM」の名称で総括事務局を担っているもので、地方の名産品の発掘と一部の商材の販売と広報を主力事業に、全国各地で展示している。昨年5月より「地方創世総合戦略」の一環としてこれまで約500のアイテムが発表・公開されている。

展示販売された、有限会社藍色工房の藍染め石けん(いつまつ・ふたえ・紙ふぶき)

展示販売された、有限会社藍色工房の藍染め石けん(いつまつ・ふたえ・紙ふぶき)

山田繊維株式会社の福コチャエ

山田繊維株式会社の福コチャエ

海外への発信は15年9月のパリ皮切りにロンドン、香港などで行っている。今回の台湾では、同22日より24日までの期間、台湾カルチャーの発信源として知られる誠品書店でコラボした企画を展開した。初日にオープニングイベントが開かれ、名産品の製造元、藍色工房の坂東未来社長が訪台し、実務を兼ねたワークショップを実施した。このほか好様、小器、FUJIN、TREEなど台湾で有名なショップでも展開され、FUJIN、TREEではプレスルームも開設され、メディア及びインフルエンサー、バイヤー関係への取材対応や商材貸し出しを行うなど積極的な展開に終始した。

リ社は海外展開先として1月下旬に米国で実施したほか、2月にタイ王国での実施を予定している。なお、リ社のほか、パートナー企業として枻出版、凸版印刷、アイディーテンジャパンが努めている。

訪日台湾人向け観光サイトが台北にアンテナショップ・カフェを開設

taiwannp1 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 観光
0
台北に⽇本をテーマにしたアンテナショップ「MiCHi cafe」がプレオープン

台北に⽇本をテーマにしたアンテナショップ「MiCHi cafe」がプレオープン

台湾⼈向け⽇本観光情報サイト「ラーチーゴー!⽇本」を運営するジーリーメディアグループ(本社:東京都渋⾕区、代表取締役:吉⽥皓⼀)は1月27日、台北の流⾏発信基地として知られる東区に⽇本をテーマにしたアンテナショップ「MiCHi cafe」をプレオープンさせた。

同店は、⽇本各地の魅⼒を積極的に発信し、⽇本商品の販売促進、台湾⼈観光客増加を目的に開設。2月18日にグランドオープンとなる。

事業としては、⽇本の地域で期間限定販売されている台湾未発売の雑貨や化粧品、⽂具などの「⽇本製品の販売」、チラシやクーポン、サンプリング配布などを用いた「観光情報の発信」、北海道、沖縄など⽇本各地をテーマにしたオリジナル料理と個性的なドリンク、夜間には日本酒の提供をするという新しい「カフェ運営」、⽇台のビジネス活性化・⽂化交流促進を支援した「イベント・セミナー開催」の4つを中⼼に運営していく予定だ。同店で販売する商品は台湾にはまだ流通していない、こだわりの限定品などを取り扱い、他のアンテナショップとの区別化を図る。

同社によると、近年、台湾で商品を販売したいという⽇本企業や、台湾⼈観光客を呼び込みたい⾃治体が増加傾向にあり、⼀⽅の70 万⼈を超える同サイトの台湾人ユーザーからは、サイトで紹介された商品を「台湾で買いたい」という声が上がっていたことを背景に、実店舗のオープンを決定。今後は、同サイトと実店舗が連動し、現地台湾⼈に向けて日本の魅力を様々な形で発信する。

 

北海道との連携で道産品PR

なお、同社はアンテナショップの開設にあわせ、国土交通省北海道開発局と北海道テレビ放送(以下:HTB)と手を組み、北海道産品の情報発信のために放送とウェブのクロスメディア展開を行う。同サイトとHTBの海外向け番組「LOVE HOKKAIDO」が連携し、台湾と北海道双方のテレビ放送及び同サイト記事配信で商品PRを実施する計画だ。

また、同店での北海道産商品の販売も開始。北海道国際輸送プラットホーム推進協議会が北海道食品の輸出拡大や物流活性化を目的に取り組む「HOP1サービス」を利用し、直送された道産品の購入を可能とした。同サービスは、輸出手続きも含まれているため、為替リスク、代金回収リスクも発生しない利点があり、ダンボール1箱から航空輸送出来る

「ラーチーゴー(樂・吃・購)!⽇本」は、台湾⼈向け⽇本観光情報サイトとして2011年にサービスを開始し、現在までに北海道をはじめ、東北、東京、⼤阪、京都、九州、沖縄など11のエリア版を開設。各地域で訪⽇台湾⼈観光客を呼び込みたい店舗や⾃治体・公共交通機関・北海道⽇本ハムファイターズなどのプロ野球球団等と連携し、地元の魅⼒を紹介。台湾⼈ライターが執筆する台湾⼈⽬線の記事が受け、毎⽉70万⼈以上に利⽤されている。

台湾LCCの福岡便が続々就航

taiwannp1 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 観光, 日本 — 観光
0

 

台湾の格安航空(LCC)のV-Airは1月25日、「台北/桃園~福岡」間に初の定期便を就航させ、一番機が飛来した福岡国際空港ロビーで歓迎式典を開催した。同28日には、タイガーエア台湾も参入したため、これによりLCC2社が福岡に就航する事になった。V-Airは毎日1往復、タイガーエアは月、火、木、金、日曜の週5往復を運航する。

台湾の格安航空(LCC) V-Air

台湾の格安航空(LCC) V-Air

両社は、日台の若い世代をターゲットに就航先を模索していたが、若年世代が活発で、しかも人口が増え続けている福岡市を選定したとみられる。

1月25日のV-Air就航式典で台北駐福岡経済文化辦事處の戎義俊處長(総領事)は開口一番、「待ち遠しかった九州と台湾の間のLCC就航が今日実現した」と喜びをあらわに。さらに昨年の日本の流行語大賞を獲得した「爆買い」と「トリプルスリー」を引き合いに出して挨拶した。「爆買いは中国の観光客の得意芸と思われているが、昨年は台湾からの観光客367万人が1人当たり24万円を消費するなど、日本経済に大いに貢献した」また「昨年の台湾人訪日観光客が初めて300万人を超え、このうち30万人以上が福岡県内のホテルに宿泊。熊本~高雄便にLCC2社と福岡~台北の就航など、台湾と九州を結ぶ定期便が3路線増えたのは、我々にとってのトリプルスリー」と解説。これをベースに日台のウイン・ウイン関係の一層の発展に期待感を示した。

式典にてテープカットが行われた

式典にてテープカットが行われた

続いて挨拶に立ったV-Airの隆 章琪CEOは、同社が福岡~台湾の初のLCCである事を喜び「この実現に協力と指導を頂いた国交省、辦事處、観光局、日本旅行業協会など、関係各機関へ感謝します」との意を表した。さらに福岡を選んだ理由については「福岡は日本で一番住みやすい都市に選ばれたと聞き、さらに台湾の観光客にも人気が高い」とし、「日台の若者がLCCを利用する事で往来頻度を増加させ、相互理解を深められる様、低料金で質の高いサービスを提供するつもりです」との決意も表明した。

なお、式典では国土交通省福岡空港長、福岡県空港対策課長、福岡市経済観光文化局理事、福岡空港ビルディング社長、台北駐福岡経済文化辦事處長、台湾貿易センター福岡事務所長とV-AirのCEO、COOの8人が壇上に上がり、お祝いのテープカットをして記念式典に華を添えた。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が台湾を舞台に映画化!

taiwannp1 Posted in イベント・告知, 台湾 — 観光, 台湾 ー 美食, 日台 ー 観光
0
左から試写会に登壇した太川陽介さん、蛭子能収さん、三船美佳さん、由紀さおりさん

左から試写会に登壇した太川陽介さん、蛭子能収さん、三船美佳さん、由紀さおりさん

日本のタレント、太川陽介さんと蛭子能収さんが出演するテレビ東京系旅バラエティー「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」がこのほど、台湾を舞台に映画化した。同バラエティーが海外で撮影を行ったのはこれが初めて。タイトルは「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE in 台湾」とされ、番組レギュラーの太川さん、蛭子さんに加え、今回のマドンナとして三船美佳さんが出演した。

1月20日には、同映画の完成を記念し、完成披露試写会が新宿ピカデリーで行われ、主演の3人のほか、主題歌を担当する由紀さおりさんが出席し同映画をPRした。太川さんによると、同試写会には2000人以上の応募があったという。

太川さんは映画製作を聞いたときの心境について、「テレビ東京、何を考えているのか。無謀としか思えなかったですね。映画として成立するのかと思ったけど、面白くなりました」と話し、続いて蛭子さんが「日本より面白くなったと思います」と発言すると、太川さんから「より、じゃないでしょ、更に、でしょ!!」と指摘される場面もあり、番組さながらのコンビネーションを見せていた。

今回が始めての台湾だったという三船さんは「私も来年で芸歴20年になるのですが、ここまで台本がなくて筋書きがないのは初めてでした。打ち合わせでも行きと帰りの飛行機の時間と台湾の地図しか渡されなかったので不安もありました」と話したが、「困っている私たちを見ると寄ってきてくれて、自分の時間も惜しまず手を差し伸べてくれる現地の方の温かさに助けられました」という。

また、3人が1番大変だったと口をそろえたのが、言葉の問題だ。「言葉がどうしても通じなかった。(中国語の)カードを用意していったがそれを見せて通じても、それに対する答えがわからなくて大変でした」(太川さん)。事前に言葉を勉強したという蛭子さんは、劇中で「公車站在那裡」(バス停はどこですか?の意)と問いかける場面があったが、試写会では「(言葉の勉強は)したような、しないような・・・あまり覚えてないです」、「それより印象的だったのは中華料理のお店が多かったこと」などと独自の蛭子ワールドで奇想天外なコメントを連発し、会場には終始笑いが巻き起こっていた。

蛭子さんの奇想天外の発言で会場も大爆笑

蛭子さんの奇想天外の発言で会場も大爆笑

一方の由紀さんは「ちょうどバスが揺れるくらいの軽やかなテンポ感のある歌にしました。これから人生の旅をしていく若い方にもわかってもらえるようなテーマ曲になったんじゃないかな」と語った。

主題歌「人生という旅」を歌う由紀さおりさん

主題歌「人生という旅」を歌う由紀さおりさん

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、2007年から放送されている人気シリーズで、リーダーシップと計画性がある太川さんと、自由すぎる蛭子さんに、マドンナ1人を加えた3人が、路線バスを乗り継いで日程内に目的地への到達を目指すという番組。ヒッチハイク、高速バス、電車の使用が禁止という厳しいルールと、失敗してもそのまま放送する“ガチ旅”感が好評を得ている。同映画ではそのルールを変えずに日本を飛び出し、路線バスが普及している台湾を舞台にバスの旅を繰り広げるが、台風21号の台湾直撃や、言葉・文化の壁と戦いながら、台北から台湾最南端の鵝鑾鼻(ガランビ)灯台を目指し、ガチで過酷で時々ゆるい旅を展開していく。映画は2月13日より新宿ピカデリー他全国で公開。

高校教師ら、台湾で修学旅行視察

taiwannp1 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 観光
0
國立嘉義大學キャンパス内にある「天下の嘉農」モニュメント前にて(写真提供:草加高校・木田一彦校長)

國立嘉義大學キャンパス内にある「天下の嘉農」モニュメント前にて(写真提供:草加高校・木田一彦校長)

全国修学旅行研究協会(以下:同会)は2015年12月25日より28日まで、台湾にて「2015年臺灣修学旅行現地研修」を行った。

同研修は、日本の高校生を台湾へ渡航させ修学旅行を実施するため、教師らを対象に開催されている企画。このほど、日本の高校側からは計17人の関係者らが参加した。

現地で一行は、台北市立松山高級工農職業学校、台南の烏山水庫及び同水庫を造った八田與一技師のお墓や銅像、嘉義の映画「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」関連の観光名所などを見学し、台湾への理解を深めた。

松山高級工農職業学校では同校の楊益強校長が一行を出迎え、質疑応答などを通じ交流を図った。日本側としては、同会の岩瀨正司理事長や埼玉県立草加高等学校の木田一彦校長が挨拶を行った。

臺北市立松山高級工農職業學校にて(写真提供:草加高校・木田一彦校長)

臺北市立松山高級工農職業學校にて(写真提供:草加高校・木田一彦校長)

同研修に参加した同会の岡田俊二事務局長は、「台湾には日本が統治している間、先人の日本人は現地台湾の人々のために尽力された。生徒らには、台湾の歴史や文化にも触れ、現地高校生との学校交流も行い、日本人が台湾に貢献したことを是非実際に見てもらい、学習してほしい」と述べ、青少年間の日台交流に期待を示した。

 

東武×台鉄 友好鉄道協定締結で相互交流に拍車

taiwannp1 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 観光
0
東武鉄道と台鉄の友好鉄道協定エンブレム(提供:東武鉄道)

東武鉄道と台鉄の友好鉄道協定エンブレム(提供:東武鉄道)

東武鉄道(社長:根津嘉澄、本社:東京都墨田区)は12月18日、台鉄の台北駅にて台湾鉄路管理局(局長:周永暉、本社:台湾台北市、以下:台鉄)と友好鉄道協定を締結した。相互のさらなる誘客及び諸サービスの交流を図ることが最大の目的。東武鉄道が海外の鉄道事業者と友好協定を結ぶのはこれが初めて。

締結式にて(提供:東武鉄道)

締結式にて(提供:東武鉄道)

台北駅で行われた同協定締結式では、締結書の署名交換や記念品交換が行われ、相互誘客に向け協力する事を確認した。また、締結式後には両者共通デザインの記念エンブレムを掲出した特急列車の出発式を、日本は東武スカイツリーラインの浅草駅ホームで、台湾は台鉄縦貫線の樹林駅ホームで、ほぼ同時刻に実施した。

日本の出発式には、東武鉄道営業部スカイツリーライン営業の今度(こんど)祥一支社長と浅草駅の下総功治駅長らが出席。今度支社長は、「相互で観光客を誘致し、ウィンウィンの関係を築いていきたい。東武は引き続き台湾のお客様をおもてなしさせて頂くつもりだ」と述べた。

浅草駅で行われた出発式に出席した東武鉄道営業部スカイツリーライン営業の今度(こんど)祥一支社長

出発式に出席した東武鉄道営業部スカイツリーライン営業の今度祥一支社長(中央)

また、出発式前にはステーションコンシェルジュが浅草駅のホームで、一般客に対し台湾旅行パンフレット入りのクリアファイルを配布し台湾への観光客誘致を実施したほか、記念エンブレムが掲出された特急スペーシア「きぬ123号」内では乗客に同エンブレムと同じデザインのピンバッチやステッカーなどの記念品を贈呈した。

 

浅草駅では台湾旅行パンフレット入りのクリアファイルを配布

浅草駅では台湾旅行パンフレット入りのクリアファイルを配布

 

友好協定の記念キャンペーンも開始

 

東武鉄道と台鉄はこのほどの協定締結を記念し、同日12時(日本時間)より、両者共通デザインの台紙を使用した「友好鉄道協定締結記念乗車券」を発売と、両者の乗車券を利用した相互乗車券交流サービスを開始した。

同台紙は、両者の特急列車である「日光詣スペーシア」(東武鉄道)と「普悠馬(ぷゆま)」(台鉄)が対になった迫力のあるデザイン。東武鉄道は、縁起のいい文字を含んだ駅名の日光線「幸手駅」、伊勢崎線「福居駅」と、台鉄にも同じ名前の駅がある東上線「大山駅」から使用できる硬券仕様の片道乗車券3枚を1セットとし、1セット1000円(税込)を3500セット限定で発売した。浅草駅、とうきょうスカイツリー駅など東武本線40駅のほか池袋駅、下板橋駅、大山駅など東上線16駅で購入可能だ。

また、相互乗車券交流サービス内容は、東武鉄道の「東京スカイツリー®周辺散策フリーきっぷ」または「東京スカイツリー®パノラマきっぷ」の乗車券袋を、台鉄の台北駅または瑞芳駅に持っていくと、台鉄の「平渓線1日フリー乗車券」がプレゼントされる。一方、台鉄の特急(自強号)の乗車券を、東武鉄道浅草駅の外国人旅行センターに持参してパスポートを提示すると、「浅草・東京スカイツリー®観光記念往復きっぷ」をプレゼント、または「台鉄専用日光往復きっぷ」を1500円で割引購入(通常運賃は往復2910円)する事が出来る。期間はいずれも2015年12月19日より1年間。

今度支社長によると、東武グループはこれまで、東京スカイツリーと台北101との友好関係締結や、東武ワールドスクウェアが台北101を再現した展示物を新設するなど台湾との観光友好関係を構築しており、今後も引き続きキャンペーンやイベントを継続的に行い日台間の交流人口増加に寄与していくという。

2015年の日台往来旅客数500万人突破で感謝の「饗宴」

taiwannp1 Posted in 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 観光
0

これまで300万人、400万人と、年々成長し続けていた年間日台往来旅客数。台湾交通部観光局(謝謂君局長、以下:観光局)は2015年5月に山形で行われた日台観光サミットで、2015年の日台往来旅客数の目標数を500万人と設定していたが、2015年12月2日、遂に500万人を突破し、目標達成となったことを観光局が伝えた。さらに、2015年に台湾を訪れた海外旅客も20日早朝5時、1000万人を突破。いずれも過去最大数となり、2015年は台湾観光における記念すべき年となった。

観光局はこれらを記念し12月22日、日本の品川プリンスホテルにて台湾宴席料理「辦桌(バンジョウ)」を模した祝賀レセプション「台湾美食の饗宴~感謝の夕べ~」を開催し、長年にわたり日台観光促進に尽力してきた日本の観光業関係者らを招待して感謝の意を伝えた。

台湾のトップシェフらが日本観光業関係者に台湾美食を振る舞った

台湾のトップシェフらが日本観光業関係者に台湾美食を振る舞った

同会には、日本政府観光局(JNTO)の松山良一理事長、日本旅行業協会の田川博己会長、エイチ・アイ・エスの平林朗社長、東武タワースカイツリーの酒見重範社長など日本を代表する観光業のトップらが一堂に出席しており、なかには仙台、富山、山形、北海道など遠方からの出席者もおり、日本の観光業界が「台湾」をいかに重視しているかが見て取れた。

日本の観光業界の錚々たるメンバーが出席

日本の観光業界の錚々たるメンバーが出席

同会は「豊穣」をテーマに掲げており、台湾で行われた「2015台湾美食展」の料理コンテストで優勝した12人の料理人がチームを結成し、この日のために特別に考えられたレシピのコース料理を出席者に振る舞った。

料理内容は、台湾料理と、日本ではなかなか食べる事の出来ない客家料理で、こだわり抜いた日本と台湾の食材が使用された。謝局長は「今回は台湾の食材600キロを持ってきた。また、シェフたちは日本の築地で600キロの食材も調達した。シェフたちはプロフェッショナルだが、台湾で2度試食会をして吟味したので、皆さんには満足して頂けると思う」と述べた。

鏡開きをする台湾交通部観光局の謝謂君局長(左1)、日本旅行業協会の田川博己会長(右2)、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表(右1)

同会開催を記念し鏡開きをする台湾交通部観光局の謝謂君局長(左1)、日本旅行業協会の田川博己会長(右2)、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表(右1)ら

実際に料理を堪能した出席者からは、「台湾の本場の味を日本で食べられて嬉しい」、「こだわりのある料理でさすが美食の国、台湾だ」などの声があった。

 

<人生の旅>高雄産カラスミや宜蘭産三星ネギなどを使用したオードブル

<人生の旅>高雄産カラスミや宜蘭産三星ネギなどを使用したオードブル

<順風満帆>車エビのソテー。隠し味には馬祖産の老酒を使用

<順風満帆>車エビのソテー。隠し味には馬祖産の老酒を使用

<美意延年>人参、マコモ、百合のヘチマ包み。色彩野菜で五行を表現

<美意延年>人参、マコモ、百合のヘチマ包み。色彩野菜で五行を表現

<百花繚乱>台湾かき氷に日台双方の果物を用いたチョコレートフォンデュ

<百花繚乱>台湾かき氷に日台双方の果物を用いたチョコレートフォンデュ

<福徳円満>金木犀酒粕仕立ての団子スープ。台湾では冬至に食べる縁起物

<福徳円満>金木犀酒粕仕立ての団子スープ。台湾では冬至に食べる縁起物

台湾トップクラスのシェフたち

台湾トップクラスのシェフたち

日本からの訪台旅客数増加に期待

同会で謝局長は、このほど海外からの訪台旅客数が1000万人を突破した理由について、「台湾はリピーターが多いのが1つの原因。何度も来て頂くと多くの友達も出来て、奥深い旅行ができているのだろう」と述べたほか、「来年の目標は1075万人の海外の方に台湾に来ていただくこと。そして日本からは、170万人の方に来ていただくことを目指したい」と期待を述べた。

また、同会に出席していた台湾観光協会の賴瑟珍会長は、「私が観光局の局長をしていたころ、訪台海外旅客数を2016年に1000万人到達させることを目標にしていたが、謝局長は1年も早く達成してくれた。しかし、2015年の訪日台湾人旅客数は350万人、訪台日本人旅客数は163万人ということは少し残念に思う。日本の皆さまには多くの日本人のお客様を台湾に送ってくださいますようお願いしたい」と課題を提示した。

『從高雄短片認識台灣』放映會 導演與民眾近距離熱情交流

taiwannp6 Posted in 台湾 — 総合, 台湾 — 観光, 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 華僑 ー 関西
0
座談會上,神戶大學副教授樋口大祐(右1)擔任影片解說,並向出席兩位導演張凱智(左2)黃靖閔(右2)提問

座談會上,神戶大學教授樋口大祐(右1)擔任影片解說,並向出席兩位導演張凱智(左2)黃靖閔(右2)提問

高雄市電影館應『知日台灣‧讀書青年』團體邀請,偕同兩位導演來日舉辦以高雄為場景拍攝的短片巡迴上映會,12月4日起從福岡、神戶、名古屋到東京,共六場,希望日本民眾深入認識台北以外的地方,並推廣台灣影片。

 

神戶地區的上映會於12月5日在擁有105年歷史的神戶華僑總會舉辦,播放以棒球選手為主題的『黑夜來臨』(張凱智導演)、以高雄港邊外籍勞工為主角的『海上皇宮』(趙德胤導演),以及描述同志父母心境的『海倫她媽』(黃靖閔導演)等三部短篇電影。

上映後舉辦座談會,觀眾熱情提問、場面熱絡。

上映後舉辦座談會,觀眾熱情提問、場面熱絡。

60多位日本民眾、僑胞、留學生將會場擠的水洩不通。駐大阪辦事處僑務組長鄭景升、神戶市議會議長守屋隆司、兵庫日華親善協會會長大久保尚男等多位來賓出席觀賞。僑務組長鄭景升期盼上映會能加深日本民眾對台灣的認識。神戶華僑總會會長陸超很榮幸提供場地舉辦如此有意義的活動,並表示今後將繼續為促進台日民間交流而努力。

 

電影上映後舉辦座談會,神戶大學人文學研究科海港都市研究中心教授樋口大祐解說三部影片,他認為三部影片雖短涵意極深,皆值得再三細看吟味。導演張凱智及黃靖閔分別說明拍攝動機及意涵,觀眾踴躍提問,現場互動氣氛十分熱絡。日本民眾對台灣學生棒球生態感到好奇,對同志議題在台灣的公開化及創作上的話語權感到驚嘆。張凱智導演表示,台灣與日本都很關心棒球,很開心『黑夜來臨』一片能再次來日本上映,與大家公開討論。黃靖閔導演認為日本民眾的熱情,對自己而言是一大鼓勵。

到場觀眾、來賓與兩位導演合影

到場觀眾、來賓與兩位導演合影

遠道而來的日本影迷與導演合影。(左起高雄市電影館推廣組組長林妍嫻、導演黃靖閔、導演張凱智、擔任翻譯的神戶大學留學生劉靈均及日本影迷)

遠道而來的日本影迷與導演合影。(左起高雄市電影館推廣組組長林妍嫻、導演黃靖閔、導演張凱智、擔任翻譯的神戶大學留學生劉靈均及日本影迷)

高雄市電影館隸屬於高雄市文化局,每年10月舉辦高雄電影節介紹國內外優秀長片及短片,提供資金補助並與國外影展合作。高雄市電影館推廣組組長林妍嫻表示,首次嘗試與短片創作導演一同前來做巡迴放映,她對現場的反應相當開心,希望藉由影片及觀眾與導演面對面的交流,觀眾能夠更了解高雄、甚至台灣的文化以及創作者的思維。

 

『知日台灣‧讀書青年』是由在日本各地工作及求學的台灣青年所組成讀書會。關西台灣青年讀書會代表、神戶大學大學院留學生劉靈均認為,日本人對台灣的認識大都集中在台北市,對高雄、台南等其他地方並沒有真正認識,希望藉由這個機會介紹新的導演、推廣高雄的城市外交,同時讓日本人認識台灣更local的地方;此次上映的影片有關於同志婚姻,還有不似KANO那樣熱血的棒球選手的故事,凸顯台灣的另一面,希望台灣人看了反視台灣社會,日本朋友看了反視日本社會,達到更深一層的台日交流。

新北市立図書館にみる次世代の図書館のあり方

taiwannp1 Posted in 台湾 — 総合, 台湾 — 観光, 日台 ー 交流
0
新北市立図書館(提供:図書館流通センター)

新北市立図書館(提供:図書館流通センター)

新北市政府文化局の林寬裕局長はこのほど新北市立図書館の唐連成館長らを引き連れ来日し、11月10日、パシフィコ横浜で開催されている第17回図書館総合展内で、講演「台湾にみる次世代型図書館~知的情報交流空間のデザインと演出を検証~」を行った。

新北市政府文化局の林寬裕局長

新北市政府文化局の林寬裕局長

同講演は、今年の5月10日に開館した新北市立図書館の特色や、次世代型の図書館としてのあり方などを詳しく説明し、日本人の来場者に次世代型図書館への理解を深めてもらうことが目的。図書館流通センターが主催し、コーディネーターは東洋大学経済学研究科(公民連携専攻)客員教授の南学氏が務めた。

広々とした明るい館内(提供:新北市立図書館)

広々とした明るい館内(提供:新北市立図書館)

林局長は、はじめに「市民が集まる交流の場、そして生活の場となる必要がある」と述べ、これからの図書館のあり方を強調。「図書館は単なる施設やランドマークではなく、一般市民の文化、社会、ビジネス、学習、コミュニティ、エンターテインメント、電子情報アクセスの中心である」と位置づけた。

一番人気のマルチメディアルーム(提供:新北市立図書館)

新北市立図書館で一番人気だというマルチメディアルーム(提供:新北市立図書館)

音楽室もあり、楽器の練習にも対応(提供:新北市立図書館)

音楽室もあり、楽器の練習にも対応(提供:新北市立図書館)

電子情報アクセスを例にあげると、同図書館では、館内のフロアガイドや学習室の予約を全て電子化し、タッチパネルでの操作を可能にしたほか、壁に大画面が埋め込まれタッチ操作で書籍検索や書籍ダウンロードなどを行う「eBooks Wall」を台湾で初めて導入するなど、インターネット時代に適合していけるよう、工夫が施されている。

台湾で初めて導入された「eBooks Wall」(提供:新北市立図書館)

台湾で初めて導入された「eBooks Wall」(提供:新北市立図書館)

館内のフロアガイドや本の検索などはタッチパネルで操作(提供:新北市立図書館)

館内のフロアガイドや本の検索などはタッチパネルで操作(提供:新北市立図書館)

また、台湾の公共図書館の中で最も多くの蔵書数を誇る同図書館は、24時間開館を台湾で初めて実施しており、いつでも好きな時に読書が出来るという。林局長は、「24時間開館している図書館はアメリカでも例がない。24時間態勢で警備員と従業員を常駐させているので、安全性も問題ない」と自信をみせた。

さらに、“ゆっくり読書をすること”を推進するため、日本風、地中海風、インドネシア風、北ヨーロッパ風などの特別閲覧室が設置されているほか、子供たちのために対話式読み聞かせ会の実施、高齢化を受けたシニア世代に役立つ資料室の設置、車いすなどにも対応した高さ調節機能付きテーブルの導入など、全世代の市民への快適な読書空間提供に尽力している。

地中海風の特別閲覧室でゆっくり読書(提供:新北市立図書館)

地中海風の特別閲覧室でゆっくり読書(提供:新北市立図書館)

大画面を使った子供たちへの対話式読み聞かせ会の様子(提供:新北市立図書館)

大画面を使った子供たちへの対話式読み聞かせ会の様子(提供:新北市立図書館)

同講演を聞いた図書館人材管理を行う女性は「新北市立図書館は図書館自体が1つの街みたいだと感じました。人が集まる仕組み、市民を育てる仕組みが考え抜かれた図書館だと思います。是非一度現地に行って体験してみたいです」と話していた。

階段は吹き抜けになっており、光が入り込むように工夫(提供:図書館流通センター)

階段は吹き抜けになっており、光が入り込むように工夫(提供:図書館流通センター)

現在、同図書館は開館から約半年で既に100万人の来場者を迎えており、林局長は来年の来場者数を220万人と見込んでいる。なお、台湾では高雄にすでにこのような市立図書館が存在するほか、桃園、台南、台中でも次世代型図書館の創設を進めており、台北市も現在建設場所を探している最中だという。

高雄市立図書館の外観

高雄市立図書館の外観

林局長は「各地の関係者が同図書館を視察し、参考にしている。我々は台湾市民と本との距離を近づけ、昔のように多くの人が本を読むように呼びかけていく。さらに多くの方に利用して頂ければ」と目標を語った。