中華世界客家婦女協會 與全日本崇正會聯合總會婦女部締結姐妹會

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 華僑 — 総合
中華世界客家婦女協會 與全日本崇正會聯合總會婦女部締結姐妹會 はコメントを受け付けていません。
展示雙方締結姐妹誓約書,圖左起:中華世界客家婦女協會名譽理事長詹秀蓉、全日本崇正會聯合總會婦女部部長劉文玲、中華世界客家婦女協會理事長湯玉鸞、全日本崇正會聯合總會會長陳荊芳

展示雙方締結姐妹誓約書,圖左起:中華世界客家婦女協會名譽理事長詹秀蓉、全日本崇正會聯合總會婦女部部長劉文玲、中華世界客家婦女協會理事長湯玉鸞、全日本崇正會聯合總會會長陳荊芳

 中華世界客家婦女協會為連絡世界客家婦女,發揚傳統美德,追求客家文化和經濟發展,於7月29日在台北市內與全日本崇正會聯合總會婦女部締結姊妹關係。全日本崇正會聯合總會婦女部部長劉文玲和全日本崇正會聯合總會會長陳荊芳則專程到台灣參加出席。締結儀式則在國策資政饒穎奇、台北市政府客家事務委員會主委劉佳鈞、全日本崇正會聯合總會會長陳荊芳、中華世界客家婦女協會榮譽理事長曾麗卿等人,以及與會的80多位中華世界客家婦女協會理監事的觀禮下,由中華世界客家婦女協會理事長湯玉鸞和劉文玲,共同簽署締結姐妹會結盟書。陳荊芳表示,為了拓展與其他團體的交流,因此中華世界客家婦女協會積極向海外客家婦女會結盟,在先與全日本崇正會聯合總會婦女部成為姐妹會後,也計畫逐年和美國、西班牙、德國、新加坡等國的客家婦女會結為姐妹會,而中華世界客家婦女協會和全日本崇正會聯合總會婦女部,也相約日後在雙方舉辦活動時,必將派員參加、互訪,透過促進友誼的合作關係,進而發揚客家文化。

締結姐妹會儀式上全體合影

締結姐妹會儀式上全體合影

世華総会 福祉車輌寄贈で国家と社会に恩返し

taiwannp2 Posted in 華僑 — 総合
世華総会 福祉車輌寄贈で国家と社会に恩返し はコメントを受け付けていません。

世界台商会聯合総会 李芳信総会長インタビュー

taiwannp2 Posted in 華僑 — 総合
世界台商会聯合総会 李芳信総会長インタビュー はコメントを受け付けていません。

「台商」とは海外で活躍する台湾人商人のこと。その台商をまとめている世界的組織が世界台商会聯合総会だ。台商の媒介となるべく、全世界を飛び回る李芳信総会長に世界台商会聯合総会に関するお話を伺った。

 

世界台商会聯合総会李芳信総会長

世界台商会聯合総会李芳信総会長

 

Q: 世界台商会とは

A: 世界各国に「台商会」という商業組織があるわけですが、台湾と中国大陸の台商会以外は全て世界台商会聯合総会に属しています。全部で180の地方商会があります。アメリカには38団体。マレーシアには7団体。日本にも6団体ありますね。この地方商会は68の国と地域で展開されています。南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニア、アジアの6大陸に分布しているわけですが、その中で組織規模が大きいのはアジアと北アメリカです。世界台商会はその6大陸の台商会のなかの頂上に位置しています。

Q: 世界台商会の目的

A: 私は第19代の総会長です。今期は「台商の国際化」をスローガンにしています。我々は海外の台商ですが、台湾の台商は充分な国際化がされていないと認識しています。私はもともとはマレーシアの台商です。日本や、チリ、南アフリカ、フランス、ベルギーなどにも台商がいます。これらの会員は全てが台湾人ですが、台湾に住んでいる人はいません。だからこそ、台湾、そして台湾に在住している台商の国際化に協力していきたいのです。これが世界中の台商が持つ共通の役割だと思っています。

Q: 台湾との強い絆について

A: 我々は台湾で生まれました。この土地を愛することは自然なことです。海外で事業に成功しましたが、921台湾大地震(1999年)や88水害(2009年台風8号被害)の際にも台湾に戻って援助や支援をしています。寄付や台湾の国際化の促進のほか、外交部も我々の支援を奨励しており、政府の外交面でもお手伝いをしています。

Q: 世界台商会の役割と特徴

A: 同時に異なる国や大陸の異なる文化背景や経営環境、ひいては異なった法律背景も知ることができます。違った見方や意見の中からどのように最大公約数を引き出すかを養うこともできますね。たくさんの人と切磋琢磨し、信頼できる方法を導き出せば、事業の拡大や人生の価値を高めることに大きな意味があると思います。我々も日本やアフリカ、ヨーロッパの人が考えることに対して「なぜ、こんな風に思うんだろう。不思議だなぁ」と思うことがあります。生活に対する姿勢や金銭感覚、教育、エコに対する概念がまったく異なっています。だから世界台商会は世界の人たちがお互いに知り合いになる場所ですね。

日本もマレーシアや台湾など、世界各地に工商会があると思いますが、世界規模でつながっているのは、世界台商会の特徴だと思います。会員皆さん同士が友人関係になって、ビジネスをする場所ということは、いい人がいれば紹介しますし、逆に要注意人物がいればそれも教えます。こういうことはあまりはっきりと言えない人が多いですが、台商会はそういう役割を持っています。台商会の機能として、詐欺被害を予め防止するというのも大事なことですよ。

----ありがとうございました。

アジア台湾商会 新総会長に施至隆氏

taiwannp2 Posted in 華僑 — 総合
アジア台湾商会 新総会長に施至隆氏 はコメントを受け付けていません。

アジア台湾商会は23日、21代目の新総会長及び監事長を決める選務会議を義大世界(高雄市)で行なった。この結果、新総会長にシンガポール台北商協会・施至隆名誉会長、監事長に香港台湾工商会に邱文潜栄誉会長が選出された。施氏は「変化する勇気も時には必要だ」と述べ、会の改革にも取り込む決意を表明した。

 

(前列右から3人目から)アジア台商会施至隆総会長、世界台商会李芳信総会長、アジア台商会邱文潜監事。

(前列右から3人目から)アジア台商会施至隆総会長、世界台商会李芳信総会長、アジア台商会邱文潜監事。

投票の様子

投票の様子

開票作業

開票作業

 

これは21日から行なわれていた第20回アジア台湾商会聯合総会の中で行なわれたもの。日本、香港、マカオ、ベトナムなど14カ国から集まった会員が信任投票を行った。投票後すぐに開票作業が行なわれ、総会長候補の施氏には信任271票、不信任3票、棄権4票。監事長候補の邱氏に対しては信任256票、棄権24票、無効1票でどちらも当選が確定した。

 

会場の様子

会場の様子

 

邱新監事長は当選後のインタビューで、来場の皆さんすべてに感謝すると喜びを語った。また、今後のアジア台商会については「全力で取り組んでいく。これからもっと多くの業務を円滑に行いたい。会をもっと強固なものにしたい」と意気込んだ。一方で施新総会長は多くの信任票を集めたことについて「会員の期待と同時に大きなプレッシャーを感じている。しかし、一人一人からの委任を受け入れる覚悟だ」と、今後は「チャレンジ」の一年であると心境を述べた。

 

アジア台商会施至隆総会長

アジア台商会施至隆総会長

 

アジア台湾商会の柯昭治前総会長は、この新総会長と新監事長によって会が新たなステップに踏み出すことを確信していると激励。今後のさらなる飛躍に期待した。また僑務委員会の呉英毅委員長も激務の間をぬって駆けつけた。呉委員長は海外華僑が築き上げた事業を今後も継続して行くことが重要だと言及した上で、「青年部の若者はできるだけ早く事業に携わってほしい」と、経営者の子弟らの早急な参画を促した。

 

アジア台商会邱文潜監事

アジア台商会邱文潜監事

 

第20回アジア台湾商会連合総会には東京、大阪、沖縄の台商会会員も参加した。施総会長は日本は会の中でも重要なエリアだとの認識を示し、日本の台商会とも密な連携を保持したいと言う。また、「(国々によって)異なる意見も出してもらい、きちんと整理、対処したい」と、様々な問題の解決に取り組む姿勢をのぞかせた。

 

(左から)アジア台商会柯昭治前総会長、世界台商会李芳信総会長、僑務委員会呉英毅委員長、アジア台商会施至隆総会長

(左から)アジア台商会柯昭治前総会長、世界台商会李芳信総会長、僑務委員会呉英毅委員長、アジア台商会施至隆総会長

世華総会 台南市などにも福祉車両寄贈

taiwannp2 Posted in 華僑 — 総合
世華総会 台南市などにも福祉車両寄贈 はコメントを受け付けていません。

福祉車両の寄贈を積極的に行っている世界華人工商婦女企管協会総会(世華総会)は7月23日、台南市政府と同市内にある高齢者福祉施設を訪問、それぞれ福祉車両の贈呈式を行った。 これは、台湾政府が推し進める福祉拡充政策を支援するために寄贈されたもので、基隆市、台中市でも、同様の福祉車両寄贈を行っている。

 

台南市政府での贈呈式の様子

台南市政府での贈呈式の様子

 

台南市政府で行われた贈呈式では、頼清徳台南市長が歓迎。台南市には身体の不自由な人が9万3000人おり、全人口の5%に達している。頼市長はこの数値は他の自治体の平均値よりも高いと指摘した上で、介護タクシーの必要性を強調した。市の発表によると、6月末時点で台南市の介護タクシーは59台あるが、将来的には120台まで増加させたいとしている。頼市長は「台南市の身体の不自由な人、188万人の台南市民を代表してお礼を申し上げる」と感謝の気持ちを述べた。

 

頼清徳台南市長

頼清徳台南市長

 

式典には僑務委員会・呉英毅委員長も出席。呉委員長は挨拶の中で、「世華総会や海外の華僑団体が愛を永遠に台湾に持ち帰ってくれることに感激している」と語り、日頃の慈善的な活動に感謝を示した。また、世華総会の施郭鳳珠総会長は、台南市が二年連続して「価値のある都市第一位」に選ばれたことに言及し、今回の介護タクシーの導入で、さらなる市民サービスの向上に期待した。会場には地元の大台南分会と、大高雄分会の会員もそれぞれお揃いのポロシャツを着て参加。世華総会の結束力が垣間みれる贈呈式となった。

 

僑務委員会呉英毅委員長

僑務委員会呉英毅委員長

 

このほか、同市七股区にある高齢者福祉施設・佳里栄誉国民の家でも福祉車両などの贈呈式が行われた。この施設は退役軍人らが暮らしているもの。世華総会の一行は地元の幼稚園児による踊りや、中華民国空軍管弦楽団による演奏などによって熱烈な歓迎を受けた。施設の担当者は「バリアフリー車両の導入で、ここで暮らす高齢者が、外の人たちと一緒に交流する機会が増える」と喜びを語った。また、花蓮県にある系列の病院に対しては救急車一台が寄贈された。

 

寄贈された介護タクシー

寄贈された介護タクシー

(左から)世華総会日本分会河維寧副会長、日本分会謝美香会長、頼清徳台南市長、新垣順子副会長、張綵瑄執行長

(左から)世華総会日本分会河維寧副会長、日本分会謝美香会長、頼清徳台南市長、新垣順子副会長、張綵瑄執行長

 

日本から駆けつけた世華総会日本分会の謝美香会長は「社会や、福祉団体にお返しができること、そして自分の故郷に対して、国民外交の形で手助けができることはとても意義があり、嬉しいこと」と喜びを語った。

 

介護タクシーに試乗する施郭総会長(中央)と頼清徳台南市長

介護タクシーに試乗する施郭総会長(中央)と頼清徳台南市長

世華総会 台中に介護タクシーなど4台を寄贈

taiwannp2 Posted in 華僑 — 総合
世華総会 台中に介護タクシーなど4台を寄贈 はコメントを受け付けていません。

世界華人工商婦女企管協会総会(世華総会)は7月19日、台中市政府で介護タクシーなど4台の贈呈式を行なった。世華総会は前日18日にも基隆市政府に対して介護タクシー1台の寄贈をしており、政府の推進する福利政策に多大な貢献と協力をしている。世華総会の施郭鳳珠総会長は「ハンディキャップを持った人が、よりよく生活することができれば」と、寄贈の目的を話した。

 

(左から)世華総会日本分会俞秀霞副会長、世華総会施郭鳳珠総会長(左4)胡志強台中市長(右3)世華総会日本分会謝美香会長(右1)僑務委員会任弘副委員長(写真提供:台中市政府)

(左から)世華総会日本分会俞秀霞副会長、世華総会施郭鳳珠総会長(左4)胡志強台中市長(右3)世華総会日本分会謝美香会長(右1)僑務委員会任弘副委員長(写真提供:台中市政府)

 

この日行なわれた贈呈式には施郭総会長をはじめ、胡志強台中市長、僑務委員会の任弘副委員長、世華総会日本分会の謝美香会長、俞秀霞副会長らが出席。介護タクシーの寄贈に対する感謝を表現するべく、12人の障がい者らによって構成されたグループによる「車椅子ダンス」も披露されると、会場からは暖かい拍手が送られた。

 

式典参加者ら

式典参加者ら(写真提供:台中市政府)

 

また、台中市身体障害者福利協進会に対しては公務車一台が贈呈された。施郭総会長は協進会の使用していた車両が老朽化していたことを気にかけていたことを明かし、「会の運営と推進を願い、そして身体の不自由な人を想い」寄贈を決定したと言う。また、今回の寄贈によって高齢者やその介護者に対して「もっと良質な生活とバリアフリー空間を提供できることを願う」と語った。

 

寄贈された福祉車両

寄贈された福祉車両(写真提供:台中市政府)

 

これに対して胡市長は「寄贈者の皆さんはお美しく、心はもっと美しい。愛は最も美しく、このぬくもりは必ず全ての身体の不自由な人に伝わるだろう」と、世華総会の善意に感謝した。僑務委員会の任弘副委員長も介護タクシーの寄贈によって「(台中市の)ソフト・パワーの増加につながる」と歓迎した。台中市政府の発表によれば、今回世華総会が介護タクシー3台を寄贈したことで、市内の介護タクシー総数は219台に増加した。台中市はバリアフリー政策を推進しており、今回の寄贈によりバリアフリー環境が一段と向上した。

 

世華総会施郭鳳珠総会長(左)と胡志強台中市長(写真提供:世華総会)

世華総会施郭鳳珠総会長(左)と胡志強台中市長(写真提供:世華総会)

 

世華総会は今後も同様の慈善活動を行なうとしており、来週には台南市や新北市などの自治体や団体にも福祉車両が寄贈されることになっている。

日本中華聯合總會召開會員大會暨懇親會

taiwannp9 Posted in 華僑 — 総合
日本中華聯合總會召開會員大會暨懇親會 はコメントを受け付けていません。

 日本中華聯合總會於7月18日召開第34屆會員代表大會,同時進行下一屆會長選舉,由於此次出馬參選的僅有現任會長毛友次,因此在獲得全場掌聲支持之下,得以連任第35屆會長,結束選舉後,立即在同一現場舉行第35屆第1次的會員大會。會議上,則有台北駐日經濟文化代表處副代表羅坤燦、僑務組秘書宋惠芸等人出席參加,此外,來日日本各地包括橫濱、大阪、神戶、京都、秋田、宮城和鹿兒島等地區皆有代表出席參加。當天晚上的懇親大會則有台北駐日經濟文化代表處代表沈斯淳伉儷、副代表陳調和,以及駐橫濱辦事處處長李明宗等人與會,場面盛大隆重。

羅坤燦副代表出席會議,提供多方意見

羅坤燦副代表出席會議,提供多方意見

毛會長於34屆會員大會上頒發感謝狀給多位對會務盡心盡力的人士

毛會長於34屆會員大會上頒發感謝狀給多位對會務盡心盡力的人士

 現任會長連任 將著手承接亞華會活動

 會長毛友次感謝所有會員的支持,並希望可以讓日本中華聯合總會有更不一樣的新發展,且日後將以會員的利益為優先考量,積極協助政府之外,也將善用與政府單位的人脈關係和各團體的經濟情報,協助在日華僑尋得更好的發展。此外,毛友次會長也表示明年將在日本舉辦第19屆的亞洲華人聯誼會(簡稱亞華會),這也是時隔13年再次在日本舉辦,因此屆時必定會讓大會成功圓滿,希望所有會員代表可以盡力支持。

毛友次連任會長,將致力於會務發展

毛友次連任會長,將致力於會務發展

石川縣台灣華僑總會會長陳文筆,首次參加總會會員大會

石川縣台灣華僑總會會長陳文筆,首次參加總會會員大會

石川縣新僑團加入 盼增加交流機會

 在第35屆的第1次會員大會上,除了介紹新的執行部成員之外,也針對石川縣成立僑會欲加入日本中華聯合總會一事進行審議,石川縣台灣華僑總會會長陳文筆特別出席會員大會,報告加入總會的源由,會上也獲得各地區代表一致同意,修改大會章程歡迎新僑會成員加入。日後石川縣台灣華僑總會將依照提報僑委會的程序,完成加入在日僑界這個大家庭。陳文筆會長表示很高興參加大會之外,也提到:石川縣成立僑會主要的目的是希望可以把當地的台灣華僑團結起來,然後加強石川縣當地的台灣僑民與日本各地的互動,接著進一步促進台灣與石川縣的各方面的交流合作,相信石川縣得到各地區前輩的助言,一定會有所幫助,而目前也預計在今年11月或12月正式舉辦成立大會。

各地區代表踴躍出席會議

各地區代表踴躍出席會議

爭取僑民權益 反對與日簽署租稅協定

 此外大會上,東京地區的常務代表張建國以提出議案,為了維護僑民權利,希望代表處可以即時通知各項台灣國內新政策的相關訊息,其中針對台灣是否與日本簽訂租稅協定的部分,由於牽涉在日僑民日後繳交稅金的事宜,因此希望代表處可以提供給僑民最新的訊息,而東京地區的會員代表時鎮棣則表示雖然了解政府欲與大國如日本,簽署租稅協定,但其中可能有損害僑民權益的部分,因此希望政府能重新思考。會中針對此議案,也通過表決將以日本中華聯合總會的名義,提報反對意見書給代表處,希望代表處能轉呈給國內相關單位。

沈代表盼總會發揮功能,將明年亞華會活動舉辦成功外,並興旺僑社

沈代表盼總會發揮功能,將明年亞華會活動舉辦成功外,並興旺僑社

 沈代表盼總會發揮功能 興旺僑社

 結束會議之外,緊接著舉行會員懇親會,會上沈斯淳代表致詞除了向上一屆成員致意,感謝他們對僑社會務盡心盡力,且支持代表處的各項工作,沈代表也恭喜毛會長順利連任,並期待明年在日本舉辦的亞洲華人聯誼會可以辦得有聲有色,他強調:日本中華聯合總會對僑界力量的凝聚和台灣與日本關係扮演重要的角色,因此希望日後在執行相關事務上,僑社也能給代表處一些協助,此外希望參與僑社活動的年輕朋友可以為了僑界未來的發展貢獻心力,盼總會能確實發揮功能,讓在日僑社發展變得更加興旺。

左起:兼任副會長林月理、李維祥、洪勝信和陸超,一同致乾杯詞

左起:兼任副會長林月理、李維祥、洪勝信和陸超,一同致乾杯詞

陳調和副代表(左3)與僑界代表合影

陳調和副代表(左3)與僑界代表合影

各地區僑領與沈斯淳代表伉儷(右4、5)合影

各地區僑領與沈斯淳代表伉儷(右4、5)合影

僑社內的年輕代表們與沈斯淳代表伉儷合影(左3、4)

僑社內的年輕代表們與沈斯淳代表伉儷合影(左3、4)

日本前參議員大江康弘在選前忙碌之際,仍請夫人大江順子到場致意

日本前參議員大江康弘在選前忙碌之際,仍請夫人大江順子到場致意

世華総会 福祉車両寄贈で国家と社会に恩返し

taiwannp2 Posted in 華僑 — 総合
世華総会 福祉車両寄贈で国家と社会に恩返し はコメントを受け付けていません。

世界華人工商婦女企管協会総会(世華総会)は18日、基隆市政府に対して福祉車両一台を寄贈した。これは台湾の政府が推進する福利政策への協力として贈られたもの。世華総会の施郭鳳珠総会長は、「各界が共同で弱者支援団体に協力し、国家や社会に恩返しできれば」と述べ、高齢化が顕著な台湾社会への貢献を願った。

 

式典参加者ら

式典参加者ら

 

この日基隆市政府で行われた寄贈式典には施郭鳳珠総会長、張通栄基隆市長、僑務委員会呂元栄副委員長などが出席。会場には世華総会の会員らがお揃いのピンクのジャケットを身にまとい、和気藹々として、華やかな雰囲気の式典となった。施郭総会長は挨拶の中で、基隆への寄贈は世華総会日本分会の新垣旬子副総会長が基隆生まれであることが縁で決定したことに触れ、「身体の不自由な人がより便利に生活することが出来るように力添えをした」と述べた。また僑務委員会の呂副委員長は施郭総会長の精力的な国民外交に言及し「僑務委員会としても感動に値する」と称えた。

 

世界華人工商婦女企管協会総会施郭鳳珠総会長

世界華人工商婦女企管協会総会施郭鳳珠総会長

僑務委員会呂元栄副委員長

僑務委員会呂元栄副委員長

 

新垣副総会長は、「日本の社会でボランティアは当たり前とされているけれど、自分の故郷でこうやったチャンスを与えてもらったのは光栄」と、喜びを語った。寄贈された介護タクシーには新垣副総会長の台湾名である「黄美卿号」と名づけられ、市民の貴重な足として活躍することになる。基隆市は三方を山に囲まれており、坂の多い町として知られている。張市長は「基隆には身体の不自由な人々が数千人いる。今回の介護タクシーの導入で全15台となり、もっと便利に、もっとよりサービスが提供できる」と世華総会の寄贈に対して感謝した。

 

寄贈式典の様子

寄贈式典の様子

世華総会日本分会新垣旬子副総会長(左)と張通栄基隆市長

世華総会日本分会新垣旬子副総会長(左)と張通栄基隆市長

 

世華総会では今年、基隆市政府のほかに台中市政府や彰化県政府などの自治体や団体に合計12台の福祉車両と1台の救急車を寄贈。今年10月には台北で世界大会が実施されることもあり、この寄贈を通じて多くの人に世華総会の活動内容や社会への取り組みを知ってもらいたいとしている。

寄贈された介護タクシー

寄贈された介護タクシー

僑委會通訊─華人金僑獎微電影徵片活動 延長至7月31日

taiwannp9 Posted in イベント・告知, 華僑 — 総合
僑委會通訊─華人金僑獎微電影徵片活動 延長至7月31日 はコメントを受け付けていません。

 僑務委員會舉辦「2013華人金僑獎」為電影徵片活動,以「華人光點在全球」為主題徵求世界各地成為光點的華人故事,主辦單位因應網友的要求,特別將參賽期間延長至7月31日,而後續的相關活動期程則調整如下:

‧入圍影片公告日期調整為8月27日

‧網路票選及抽獎活動期間調整為8月27日至9月15日

‧頒獎典禮依原定時間於10月6日,於新北市政府大樓多功能集會堂舉行

 「2013華人金僑獎『華人光點在全球』微電影徵片活動」詳情,逕洽「2013華人金僑獎」活動網頁(http://video.mactv.com.tw)或「宏觀數位媒體」網站(http://www.mactv.com.tw)查詢

第8屆全球華文網路教育研討會7月登場

taiwannp9 Posted in 華僑 — 総合
第8屆全球華文網路教育研討會7月登場 はコメントを受け付けていません。

 由僑務委員會主辦的第8屆全球華文網路教育研討會,將於7月12日至14日在美國洛杉磯登場,該研討會主要是探討藉由電腦網路科技來推動華語教學,而僑委會早於1999年便結合學界和產界舉辦了第1屆的研討會,每2年舉辦一次。今年的研討會則將以「雲端時代的華語文教與學」為主題,探討華語文數位教學理論和實務教學應用的分享等內容,7月12日開幕當天僑委會副委員長任弘也將出席提出專題報告。

 此外,12日當天國立台灣師範大學華語文教學研究所講座教授,同時也是中央研究院院士鄭錦全教授將電腦程式應用在語言學的數位化研究,以「彩雲之下眾聲喧嘩─華語數位資源與教研創新」為題發表專題演講,分享自己多年來鑽研計算語言學、認知語言學等領域的重大發現。

 在為期三天的研討會上,包括來自台灣、日本、新加坡、美國、法國等地的華語學者將分別發表相關論文之外,也有華語教學相關產業的業者針對現在的華語教學現況發表演講專題,盼能匯集各界對於華語數位教學的研究,開創出新的華語教學視界,以助於日後華語文的推廣。