マンゴーとライチは今が旬 日本向け出荷が最盛期

taiwannp2 Posted in 台湾 ー 美食
マンゴーとライチは今が旬 日本向け出荷が最盛期 はコメントを受け付けていません。

豊富な農産資源に恵まれた台湾は「フルーツ王国」とも言われる。初夏を迎える5月から6月にかけては、南国の太陽に培われた様々なフルーツが旬を迎える。特にマンゴーとライチはこの時期を代表する看板商品で、美味しく高品質な果物として日本へも輸出されている。今回は台湾の果物輸出業者である傑農合作農場の協力の元、高雄と屏東のマンゴー、ライチ農家を尋ね、日本への出荷状況を視察した。

 

出荷目前の愛文マンゴー。

出荷目前の愛文マンゴー。

 

高雄市大樹区は高雄中心部から車で40分程度の丘陵地帯。大樹区果樹産銷第32班鄭盈琅さんが手がけるのは玉荷包と呼ばれるライチ。通常、ライチの木はそのままにしておくと2~3メートルの高さまで成長すると言う。しかしそれではライチの収穫に不便が生じてしまうため、枝を曲げて高さを抑える「矮化(わいか)」と言う作業を行ない、生産効率を上げているのが一般的だと言う。また、ライチ栽培には水はけの良い場所が最適とされており、実際にこの農園も柔らかい地盤の傾斜地に作られている。

 

大樹のライチ畑から高雄市中心部を望む。眼下に広がるのがライチの木々。

大樹のライチ畑から高雄市中心部を望む。眼下に広がるのがライチの木々。

収穫期を迎えた玉荷包(ドラゴンライチ)。

収穫期を迎えた玉荷包(ドラゴンライチ)。

選別作業風景。朝収穫されたライチは、午後には箱詰めされる。

選別作業風景。朝収穫されたライチは、午後には箱詰めされる。

 

ライチのシーズンは非常に短く、毎年5月下旬から6月上旬の二週間前後。玉荷包は他のライチと比べて肉厚で、ジューシーなのが特徴。癖のない甘さは病み付きになる。冷凍庫で凍らせてシャーベット状にして食べても美味しい。ただ、台湾では身体が火照りやすくなるといわれており、食べ過ぎは禁物。ゆっくりと、そしてじっくりとライチの美味しさを味わうのが、一番美味しい食べ方だ。

 

(左二人目から)傑農合作農場詹光栄さん、大樹区果樹産銷第32班鄭盈琅さん、黃宗敏さん、台南担仔麺黄宗民代表取締役。

(左二人目から)傑農合作農場詹光栄さん、大樹区果樹産銷第32班鄭盈琅さん、僑務委員黃宗敏さん、有限会社集集黄宗民社長。

 

屏東県枋山郷は台湾南部、恒春半島の西側に位置する海と山に挟まれた地域。ここでは愛文マンゴー栽培が盛ん。枋山郷代表会陳徳昌代表が手がけるマンゴー農園では、一つ一つのマンゴーが紙の袋に覆われている。台湾では傷から守ったり、色のムラをなくす為に使われる。この紙袋は品種によって使い分けられていると言い、マンゴーそれぞれの特徴を理解した上で、最適な袋が使われている。愛文マンゴーには「愛文専用袋」と書かれた紙袋が被されていた。

 

屏東県枋山のマンゴー園。

屏東県枋山のマンゴー園。

 

一本のマンゴーの木からは、一年で100個前後のマンゴーが収穫できると言い、豊作の年には、それ以上のマンゴーが実る事も。また、今年の春先は好天に恵まれたため、収穫量も多く、味も良いと言う。日本での販売を手がける有限會社集集黃宗民社長は「(輸出用の)果物は厳選されたものだけを扱っている。高品質のものだけが輸出されるから自信もある」、「日本のマンゴーと比べても、味や香りが全く違う」と、台湾マンゴーの魅力を話す。傑農合作農場の詹光栄さんも「日本へ輸出される果物は、台湾国内でも一級のものだけが輸出される。外観も綺麗なものが選ばれる」と、味と香りには絶対の自信を持つ。

 

熟れていないマンゴーの色は緑と紫。通常は紙袋が被されている。

熟れていないマンゴーの色は緑と紫。通常は紙袋が被されている。

日本向けマンゴー。

日本向けマンゴー。

 

早朝から収穫された果物は、その日のうちに選別、箱詰めされ、薫蒸(くんじょう)と言う加熱処理を行なう。処理が終了次第、迅速に日本へ輸送される。今回取材したマンゴーの収穫時の糖度は13~14度程度となっており、農業委員会が定める12度より数値が高かった。日本で販売される頃には、一層熟して15度程度にまでなると言う。

 

太陽の恵みをふんだんに受けた台湾のフルーツは、色鮮やかで、味も濃厚。今が旬のマンゴーとライチは、特別な日に、ちょっぴり贅沢な気分を味わいたい時に最適なフルーツ。一年に一度の機会に、堪能してみてはいかがだろうか。

台湾フルーツの季節到来 日本市場に向け取り組む果物農家を訪問

taiwannp2 Posted in 台湾 ー 美食
台湾フルーツの季節到来 日本市場に向け取り組む果物農家を訪問 はコメントを受け付けていません。

台湾は嘉義と花蓮を境に北部が亜熱帯、南部が熱帯気候に属している。一年を通じて豊富な農産資源に恵まれており、近年ではマンゴーやパイナップルをはじめとする、安心で高品質な果物が世界各地へ輸出されている。台湾中南部では5月中旬から多くの果物が「旬」を迎え、急ピッチで収穫作業が行なわれている。今回、台湾物産館を経営する池栄青果と農業委員会の協力により、台湾南部の果物農家や関連施設を訪問した。

 

台北農産第二市場に並ぶ台湾の果物

台北農産第二市場に並ぶ台湾の果物

 

屏東県九如郷の台湾香蕉研究所では、昨年から日本向けバナナの大規模栽培を始めている。中南部の25カ所の農園と協力し、同一品種を栽培、同一の肥料を使用するなど徹底した管理生産を実施。またバナナ1房ごとにビニールで覆い、その上には更に大きな紙袋で全体を覆う。外観に傷が付かないようにし、色を均一にさせるための工夫だ。同研究所の趙治平所長は「今年のバナナは品質が格段に向上したと言う日本の輸入業者の声も聞いている」と語り、品質に胸を張る。

 

一房ごとにビニールに覆われたバナナ。更にこの上に紙袋を被せる。

一房ごとにビニールに覆われたバナナ。更にこの上に紙袋を被せる。

鮮やかなバナナ。

鮮やかなバナナ。

台湾香蕉研究所趙治平所長

台湾香蕉研究所趙治平所長

 

屏東県高樹区ではパイナップル栽培が盛ん。緑地生産合作社では2009年から日本市場に向けて輸出を開始。信頼できる契約農家からのパイナップルだけを輸出し、品質の向上に努めている。「パイナップル王子」こと郭智偉主任は「日台の農薬の規定はそれぞれ異なる。輸出する際には日本の規定に合った農家を探し、講習を行なった上で、規定遵守を徹底している」と話す。味だけではなく、安心安全のパイナップル作りに熱心に取り組んでいる。

 

半自動化されたパイナップルの分級(分別)作業。

半自動化されたパイナップルの分級(分別)作業。

専用コンテナに山積みにされたパイナップル。

専用コンテナに山積みにされたパイナップル。

 

高雄市大樹区の果樹産銷第27班で栽培されているのは玉荷包(ドラゴンライチ)。玉荷包はライチの中でも粒が大きく、種が小さいため、果肉がたっぷり。しかしながら栽培の難しさから、従来は黒葉ライチが多く栽培されていた。しかし近年の技術の向上で、南部を中心にその生産量を増やしている。欧憲龍班長は「直径33ミリ以上のものだけを出荷している」と言い、香り高く上品でありながらボリューム満点のライチが日本に向けて出荷されていた。

 

果樹産銷第27班欧憲龍班長

大樹区果樹産銷第27班欧憲龍班長

ライチの分別作業の様子。一定の大きさに満たないライチは出荷されない仕組み。

ライチの分別作業の様子。一定の大きさに満たないライチは出荷されない仕組み。

熟した状態でも鮮やかな緑色が特徴の玉荷包(ドラゴンライチ)。

熟した状態でも鮮やかな緑色が残るのが特徴の玉荷包(ドラゴンライチ)。

 

また、フルーツの品種改良も積極的に行なわれている。特に高雄市小港にある果物輸出業者フォルモサ物産が手がけるのは「夏雪」と呼ばれる新種のマンゴー。赤い外観が特徴の愛文マンゴー(アップルマンゴー)と比べ、夏雪は鮮やかな黄色の外観が目を引く。最も特徴的なのは繊維質を感じさせない、柔らかな舌触りで、口の中でとろけるほど。日本への輸出は解禁されておらず、台湾国内での流通量も少ないが、頼黙亜総経理は今後は生産量を増やしていきたいと意気込む。

 

左が新種マンゴーの「夏雪」。右は日本にも輸出されている「愛文マンゴー」。

新種マンゴーの「夏雪」(左)と日本にも輸出されている「愛文マンゴー」。

フォルモサ物産頼黙亜総経理

フォルモサ物産頼黙亜総経理

 

このほか日本ではまだ馴染みが薄いパパイヤも、今後積極的に日本輸出をしたいフルーツの一つ。しっとりとした果肉に独特の風味と甘さが特徴。屏東県高樹郷果樹産銷第65班の楊乾徳班長は農地の施設を改良し、生産効率を上げることで安定供給に取り組むとしている。

 

しっとりとした果肉が特徴のパパイヤ。

しっとりとした果肉が特徴のパパイヤ。

高樹郷果樹産銷第65班楊乾徳班長。

高樹郷果樹産銷第65班楊乾徳班長。

 

今年の台湾フルーツは「なかなかの出来」と言い、台風の影響で深刻な被害が出た昨年と比較すると実りも良く、味もしっかりしていると言う。台湾が世界に誇るフルーツの背景には、美味しい果物を消費者に届けたいと言う果物農家の絶え間ない努力とフルーツへの愛情が込められている。台湾のフルーツ収穫は6月初旬に最盛期を迎え、海を越えて世界各国の食卓にあがる事になる。

本格日本料理の味をそのままに 老舗「神楽家」が台湾初出店

taiwannp2 Posted in 台湾 ー 美食
本格日本料理の味をそのままに 老舗「神楽家」が台湾初出店 はコメントを受け付けていません。

名古屋の老舗日本料理店「神楽家」を運営するリブレと、台湾の大手外食チェーン展円国際は25日、台北市のそごう忠孝館に「神楽家台北そごう忠孝店」をオープンさせた。神楽家は1985年の創業以来、初の海外出店となり、名古屋の料亭としても初の台湾進出となる。日本伝統の味と心、そして文化で台湾のお客をおもてなしする。

 

神楽家そごう台北忠孝店スタッフ。

神楽家そごう台北忠孝店スタッフ。

 

展円国際の張宝鄰董事長は「生活が豊かになってくると追求したくなるものは健康である。日本料理は健康的で、味わいを楽しむものだ。脂濃くなく、消化によい」と時代の要求に合った日本料理の価値を強調する。また、「オープンにあわせて台湾の料理人とホールスタッフは名古屋の本店で修行を行なった」とも言う。ただ、日本人と台湾人の味覚が異なることから、「本店で使用している赤味噌を、台湾では合わせ味噌に変更するなどの調整を加えた」とも語る。季節と旬の食材を使用する為、日本と台湾では提供するメニューが異なるが「基本には忠実」と、美味しさに太鼓判を押した。

 

(左二人目から)リブレ日下智重子社長、展円国際張宝鄰董事長

(左二人目から)リブレ日下智重子社長、展円国際張宝鄰董事長

 

リブレの日下智重子社長は「台湾の方と日本の方にもどちらにも受け入れられるような内容を作ることは、どこでも抱えている問題」と、海外展開での苦労を語る。また、台湾人料理人を日本に招いて修行させたことについては、「使い慣れていない食材を扱うことや、食材の処理の仕方で違った点があったが、修行期間内で充分理解してもらえたと思う」と、味に対する自信をのぞかせた。台北店では本店から水井恒平氏が料理長として、大岩誠氏が支配人として就任し、品質は折り紙付き。

 

懐石「彩楽箱」

懐石「彩楽箱」

会席「瑠璃」

会席「瑠璃」

 

オープンを記念して行なわれた記者会見で太平洋そごう呉素吟副総経理は「太平洋そごうは開業26年以来、どのように上質で、良い物を誠心誠意お客様へお伝えするかという姿勢を貫いてきた。その中でデパートの中で素晴らしい懐石料理を味わえることは感謝すべきことである」と歓迎した。

 

太平洋そごう呉素吟副総経理

太平洋そごう呉素吟副総経理

 

会場を訪れていた台湾人記者も「美しくて美味しいなんて素敵ね」と本格的な懐石料理を楽しんでいた。張社長は台湾でも日本の本店と同様に、雰囲気のある独立店舗をオープンさせる考えもあると言う。

世界健康デーに「お茶を飲もうデー」イベント

taiwannp7 Posted in 台湾 — 観光, 台湾 ー 美食
世界健康デーに「お茶を飲もうデー」イベント はコメントを受け付けていません。

国際的にも名高い台湾のお茶

国際的にも名高い台湾のお茶


 行政院農業委員会(農委会)は、お茶を飲む習慣を推進するため、2004年より4月7日のWHO(世界保健機構)の世界健康デーに合わせて台湾でお茶を飲もうデー(全民喝茶日)を取り組んでいる。これまで各種のイベントを通じてお茶を飲む習慣を促進させているもので、今年もイベント活動を行う。このほどその内容を発表した。
 今年の「お茶を飲もうデー」のイベントは6月末まで台湾全国各地で実施する。お茶の「人情味」をテーマとし、お客にお茶を注ぎそしてお茶を勧める事で人への関心を持たせようとする試みだ。台湾の茶芸文化の拡充も一方での目的としている。
 一般に台湾のお茶は品質が良いとされ、国際的にも有名。実際にイベントを実行する台湾茶協会の林志城・理事長も「このイベントは全国民のお茶を飲む習慣を推進するため、農委会より補助を受けて全国民一緒にお茶を飲もうと呼び掛けています。台湾の茶文化を広く知ってもらうほか、お茶は健康的な飲み物そして生活の趣を与える飲み物です」とお茶がもたらす健康効果と付加価値が高い飲み物であることを強調。さらに「今年のお茶を飲もうデーのイベントはお茶を飲むことの「人情味」をテーマとしました」と和やかな人間関係の創出にも期待を寄せている。
  このイベントは6月末まで全国14の県、市の駅、高速道路のサービスエリアそして百貨店等で開催される。イベントでは無料でお茶が飲めるほか、有料で各地のお茶を購買する事も可能。

温故知新が味わえる台北の創作日本料理レストラン

taiwannp2 Posted in 台湾 ー 美食
温故知新が味わえる台北の創作日本料理レストラン はコメントを受け付けていません。

お洒落なショップやレストラン、バーが立ち並ぶ台北市安和路に店を構える「幸福料理小鹿」は、台湾人シェフが創り出す基本に忠実ながらも斬新な創作日本料理を堪能することができる創作日本料理レストラン。日本でもなかなか口にする事ができない繊細な風味が台北で味わえるとして、グルメな台湾人の間で密かに注目を集めている。

 

オーナーの鄭阿祝さん

オーナーの鄭阿祝さん

 

「台湾近海の新鮮な海の幸を、そして古い物にとらわれない目新しいものを食べてもらいたい」と語るのはオーナーの鄭阿祝さん。日本料理はさっぱりした味で、油分が少なく、長寿の源となる健康食として台湾でも人気が高い。また、日本で修行経験の有る台湾人シェフは日本料理の基礎を充分に心得た上で、食材本来の味を追求する能力に長けており、日本から空輸された食材のほかに、台湾の食材を取り入れながら、オリジナリティ溢れる創作日本料理を提供している。

 

ウニとキャビアのホタテバーガー

ウニとキャビアのホタテバーガー

 

2000元〜3000元のコース料理が提供されているが、店内にはメニューがおかれていない。シェフ自ら基隆の魚市場に出向いて、その日一番の新鮮で美味な食材を仕入れるため、毎日違った食材が出されることがその理由だ。何度訪れても、その度に異なった食材や調理法を味わうことができる。また、調理の様子はカウンター越しに見ることができ、華麗な包丁さばきを目前にできる。また、シェフはお客の好みや要望に応じて料理を提供するため、お客毎に違った料理が出されることもある。

 

プリプリな食感が楽しいアナゴ寿司

プリプリな食感が楽しいアナゴ寿司

 

この日出されたのはアカヤガラ(馬鞭魚)と呼ばれる魚は温暖な海域で穫れる白身魚の刺身。表面をバーナーで炙り、ヒマラヤ産のローズソルトをかけていただく。カリカリの表面は歯ごたえがあるが、中身は溶けるような食感が楽しい一品。日本では刺身をわさび醤油を付けることが多いが、塩だけで食べるのも、新鮮な魚本来の味を楽しめる。ウニとキャビアを二枚のホタテで挟んだ「ハンバーガー」は、滑らかな食感に、ウニやキャビアの独特な風味が口中に広がる絶品だ。

 

シンプルで落ちついた店内

シンプルで落ちついた店内

 

シンプルで落ちついた内装は、シェフも務める鄭さんの弟さんが手がけたもの。仕事仲間4人で食事に来ていた男性は「南部から会いに来てくれた人がいるから、特別な物を食べようと思ってきた。雰囲気が良く、料理もおいしいからよく来ますよ」と話した。大切な人との一時に最適な空間で、台湾人シェフが創り出す温故知新な創作日本料理を楽しんでみてはいかがだろうか。

 

調理の様子はカウンター越しに楽しめる

調理の様子はカウンター越しに楽しめる

旧正月の準備はじまる 迪化街に多くの人出

taiwannp2 Posted in 台湾 ー 美食
旧正月の準備はじまる 迪化街に多くの人出 はコメントを受け付けていません。

乾物や珍味などの食料品や、生活用品のお店が連なる台北市迪化街では、旧正月用品を買い求めにくる多くの人で賑わっている。一家団欒を重視する台湾では、旧正月に向けて多くの食料を準備し、家族で味わうという風習が存在し、この時期の迪化街は「年貨大街」とも呼ばれ、終日、買い物客が押し寄せている。

 

迪化街の入り口は南京西路にあり、MRT中山駅から徒歩10分ほど。

迪化街の入り口は南京西路にあり、MRT中山駅から徒歩10分ほど。

 

今年の「年貨大街」は2月10日の旧正月に合わせて1月25日から行なわれている。迪化街のある地区は「大稻埕」と呼ばれ、日本統治時代以前には「艋舺」、「城内」と並び、台北の中心地的存在であった。縁結びの神様としても知られる城隍廟や、寧夏夜市もこの近くにあり、日本人観光客にもおなじみの場所だ。「年貨大街」期間中の賑やかさは東京のアメ横を彷彿とさせる。

 

平日の午前中にも多くの買い物客で賑わう。

平日の午前中にも多くの買い物客で賑わう。

活気あふれる店頭。その場で量り売りされる。

活気あふれる店頭。その場で量り売りされる。

 

迪化街に足を踏み入れると、商品の陳列方法に圧倒される。店頭には大きな袋に入れられた食材が大量に置かれ、威勢のいい元気な店員さんが声をかけてくる。多くの食材が試食できるため、実際に味を確かめてから買うことができる。台湾独特の乾物も多いため、新しい食材に出会うチャンスもある。ナッツを販売していた女性店員は「日本人のお客さんもたくさん来ている。ピーナッツが好きみたいね」と話す。お勧めはと聞くと「わさび味のヘーゼルナッツはピリリとして美味しい」と答えてくれた。

 

色とりどりの乾物。いずれも試食可能なのが嬉しい。

色とりどりの乾物。いずれも試食可能なのが嬉しい。

好きなものを好きなだけ購入できるのが魅力。

好きなものを好きなだけ購入できるのが魅力。

 

お菓子を買いに来たという台北在住の日本人女性は、カシューナッツとクルミを1kgずつ購入し、値切り交渉の結果「1160元を1000元にしてもらった」と喜びを語ってくれた。また、その様子を見ていた台湾人女性はすかさず女将さんに対して「この子に安くしたのなら、私にも安くしてよ」と声をかけ、店頭はひときわ賑やかになった。

 

山のように積み上げられた乾物。

山のように積み上げられた乾物。

どんどん試食を勧めてくる店員さん。歩き終わる頃にはお腹いっぱいになる。

どんどん試食を勧めてくる店員さん。歩き終わる頃にはお腹いっぱいになる。

 

ドライフルーツを売る男性は「ドライアップルが美味しいよ」と言って試食を勧め、また「袋に入れてしっかりと空気を抜いておけば、常温でも3ヶ月は持つ」と教えてくれた。迪化街「年貨大街」は旧正月直前の2月8日まで行なわれ、旧正月の準備に急ぐ人々を迎え入れる。夜市とは違った台湾の庶民生活を体験できる場所である。

2012 台湾伝統お菓子名店展覧会兼台北パイナップルケーキ文化祭 開催

taiwannp7 Posted in 台湾 ー 美食
2012 台湾伝統お菓子名店展覧会兼台北パイナップルケーキ文化祭 開催 はコメントを受け付けていません。

 「2012台湾伝統お菓子名店展覧会兼台北パイナップルケーキ文化祭」が8/24(金)、25(土)、26(日)の3日間、花博物館園区の争艶館で開催される。入場料は無料で、先着2000名は無料でパイナップルケーキが食べられる。開催の3日間はさまざまなイベントが開催される予定。
今年は、例年より開催規模が大きく、120店舗が出店予定。期間中、パイナップルケーキまたは月餅を購入すると、抽選会に参加でき、無料で景品がもらえる。

20120515 五花馬水餃

taiwannp Posted in 動画, 台湾 ー 美食
20120515 五花馬水餃 はコメントを受け付けていません。