鐮倉市議會成立友台議員聯盟 盼強化雙方交流

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済, 日台 ー 総合, 日台 ー 観光
0

 為加強台日地方交流,鐮倉市議會於5月11日成立超黨派日台友好親善議員聯盟,駐橫濱辦事處處長粘信士應邀到場觀禮,和當地議員進行交流。

駐處處長粘信士向議員說明台日地方交流現況

駐處處長粘信士向議員說明台日地方交流現況

 擔任鐮倉市議會日台友好親善議員聯盟首任會長的市議員松中健治表示,該議會至今未成立過任何議員聯盟,此次在駐橫濱辦事處的協助下成立,意義重大。駐處處長粘信士除了恭賀該議聯成立,他也提到鐮倉市議會在3月初決議成立友台議員聯盟後,旋即於5月正式成立,展現日台友好精神,令人敬佩。

駐橫濱辦事處處長粘信士拜會鐮倉市市長松尾崇

駐橫濱辦事處處長粘信士拜會鐮倉市市長松尾崇

駐橫濱辦事處處長粘信士、鐮倉市長松尾崇(左3)和友台議聯會長松中健治(左2)等人合影

駐橫濱辦事處處長粘信士、鐮倉市長松尾崇(左3)和友台議聯會長松中健治(左2)等人合影

 當天,粘信士亦以「台日關係與地方交流」為題發表專題演講,分享台灣推動活路外交的成績,同時也提及台日關係密切,2013年和2014年台日分別洽簽台北101與晴空塔兩塔、平溪線及江之電鐵兩鐵和玉山及富士山兩山的締盟,促使兩地人員往來大幅增加,去年台日往來人次即突破540萬人次,粘信士盼未來台日關係可以繼續提升。

鐮倉市議會日台友好親善議員聯盟成員與駐處處長粘信士合影

鐮倉市議會日台友好親善議員聯盟成員與駐處處長粘信士合影

 當天稍早,粘信士等人亦在會長松中健治等友台議員的陪同下,前往鐮倉市府拜會該市市長松尾崇,松尾提到每年台灣約有200萬人次造訪鐮倉市,盼在此觀光交流實績下,繼續與台灣拓展經貿文化等交流。(2016/05/15 03:40)

新たな駐日代表に謝長廷・元行政院長

taiwannp1 Posted in 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済
0
次期駐日代表に就任を認めた謝長廷氏(提供:中央社)

次期駐日代表に就任を認めた謝長廷氏(提供:中央社)

元行政院長の謝長廷氏は4月27日、記者団の取材に応じ、同日付の日本経済新聞が報じた台北駐日経済文化代表処の次期代表への就任を認めた。日本メディアの報道によると、謝氏は就任を認めた上で、将来の日台関係について「戦略的パートナーか、運命共同体のような関係に変えたい」と意欲を示したという。

謝氏は1986年の民進党結成に関わり、同党主席や行政院長、高雄市長などを歴任してきた党の重鎮で、日本の京都大学への留学経験を持つ知日派。

(2016/05/02)

政治評論家・浅川氏、大江康弘元参議院の返り咲きに向けエール

taiwannp1 Posted in 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治
0

 

政治評論家の浅川博忠氏は2月17日、亜東親善協会(大江康弘会長)がザ・キャピトルホテル東急「鳳凰の間」で開催した新春互礼会の中で講演会を開催し、その中で「大江会長の政界への返り咲きは今の政界にとって必須である」と述べ、大江会長にエールを送った。

大江会長にエールを送った政治評論家の浅川博忠氏

大江会長にエールを送った政治評論家の浅川博忠氏

浅川氏は、「現在のように世襲議員ばかりの政界は、成熟期どころか退廃期になりかねない。世の中がおかしくなる。そのため、それなりのたたき上げ議員が世襲議員を監視し、セーブする必要があるのだ」と現在の政界の問題点を指摘した上で、「このような現状を受けたとき、大江会長が今年の参院選で復活当選することは中長期的に見て日本の政治のために極めて大切なである」と強調した。

これに対し大江会長は、「私はこれまで、政治家の目線でしか日台の友好を見ることが出来なかったが、3年近く政治の世界を離れ、これだけ多くの民間の皆さんが日台の友好を積み重ねていられることを目の当たりに出来てよかったと思っている。もし機会を頂いて、もう一度政治の現場に戻して頂いたときには、自分が3年間見てきた皆さんの交流の目線をしっかりと中心に置いて、日台のさらなる友好のために頑張って生きたい」と意欲を示した。

今年の参院選に意欲を示した亜東親善協会の大江康弘会長

今年の参院選に意欲を示した亜東親善協会の大江康弘会長

講演会の後は、同所で立食形式の互礼会が催され、国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣の山本順三議員を初めとした大江会長と所縁深い衆議院議員及び参議院議員、地方議員のほか、台北駐日経済文化代表処の郭仲熙副代表、交流協会の今井正理事長らが参加し、新春を祝った。また、同会では2月6日未明に発生した台湾南部地震による被災地に向けた募金活動も行われた。

互礼会には多くの議員らが出席した

互礼会には多くの議員らが出席した

二二八時局講演會 關心台灣未來政局

taiwannp10 Posted in 台湾 — 政治, 日台 ー 政治, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
0

為了紀念一九四七年二二八事件,犧牲的台灣人民,日本台灣獨立建國聯盟在二月二十八日這天舉行時局講演會,以二二八,台灣時局等議題進行演講,不只台灣人,許多關心台灣政局的日本人也來聽講。

會場播放蔡英文勝選影片

會場播放蔡英文勝選影片

關心台灣政情人士前來聽講

關心台灣政情人士前來聽講

演講會首先是由台灣留學生張智程,以太陽花世代的角度,解說台灣年輕一代,如何在自我認同上的覺醒,參加學生運動,想要改造政治的熱情。張智程目前是京都大學的博士生,參與太陽花運動佔領立法院的行動,寫下了台灣學生運動史上的見證,在太陽花之後,張智程投身蔡英文的想想論壇,在這次總統大選的助選活動也有親身體驗。

台灣留學生張智程剖析參與學運心路歷程

台灣留學生張智程剖析參與學運心路歷程

另一位演講者是前總統府國策顧問金美齡,以台獨運動五十六年的勝利為題,說明過去活動的艱辛,以及去年台灣經歷一連串太陽花學運,年輕世代崛起,總統選舉,民進黨獲勝等,她認為蔡英文再連任,民進黨八年執政後,台灣人民不會再被中國大陸威脅操控,有自己的國家認同,金美齡同時也宣言,從台獨運動畢業。

前國策顧問金美齡宣告從台獨運動畢業

前國策顧問金美齡宣告從台獨運動畢業

在台灣朝野紀念二二八,有人要追究責任,有人要走出悲情,日本的二二八受難者遺族,仍然關心台灣政情,在選後,對未來的民進黨政府有高度的期待,在回顧二二八歷史意義之餘,向前看,對台灣未來有更多期許。

會場外販賣台灣相關書籍

會場外販賣台灣相關書籍

〈2016/02/29/05:56〉

岸信夫先生囲む会新年會 僑界期許台日外交更上層樓

taiwannp10 Posted in 中文, 動画, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
0


眾議員岸信夫先生囲む会新年會在二月二十四日晚間,東京巨蛋飯店舉行,華僑界各會長僑領,及日本民間對台友好的友人甚至台灣來的岸信夫議員的FANS,共五十幾人出席,發起這個會的詹德薰會長表示,在大選後,旅日僑民對新的台日關係有很深的期望,希望藉由囲む會,在民間也能為台日外交盡一份心力。

會長詹德薰期望僑界發揮民間外交力量

會長詹德薰期望僑界發揮民間外交力量

去年十月由旅日僑胞們自行發起的眾議員岸信夫先生囲む会,成立至今短短數個月,不僅僑界反響踴躍,日本對台友好的民間友人,以及台灣也有岸信夫議員的FANS加入,這個第一次的新年會就有超過五十個人來參加,岸信夫議員感謝僑界對他的支持,也說這個會期進入外交委員會後,對台日關係上的議題會有更多着墨,希望不負大家的期待,讓雙邊關係更增長。

岸信夫議員跟與會僑界人士寒喧

岸信夫議員跟與會僑界人士寒喧

這次新年會台北駐日經濟文化代表處副代表陳調和也出席,一方面是顯示駐外單位對友台國會議員的重視,另一方面也是對僑界自發的由民間推動台日雙邊關係表示肯定,陳調和副代表也舉杯祝願,台日外交在新的一年更上層樓。

陳調和副代表乾杯祈願台日關係更上層樓

陳調和副代表乾杯祈願台日關係更上層樓

號稱日本國會對台灣最友好議員的岸信夫,跟蔡英文關係良好,又因為他身為日本現任首相安倍晉三胞弟的關係,詹德薰會長說僑界看好他未來在日本政壇的發展,台灣新總統上任後,新的對日政策出檯,希望藉由僑界的努力,配合台北駐日經濟文化代表處的運作,未來對日的外交,經貿的進展跟走向,有更進一步,更好的發展。

與會人士與岸信夫議員大合照

與會人士與岸信夫議員大合照

〈2016/02/25/05:16〉

蔡英文總統當選報告會 台灣僑團募百萬援助震災

taiwannp10 Posted in 動画, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
0



台灣一月總統大選之後,在僑民的殷殷期盼下,民進黨秘書長吳釗燮,率領黨內年輕幹部來到日本,原本是要向僑界報告勝選的之慶功之旅,但因為小年夜,南台灣發生強震,造成一百一十四人喪生,日本的台灣僑社在除夕當天的新年會上發起募款,經過一週來,僑界的踴躍捐輸,在二月十四日的活動上,台僑社團等將募集到的一百多萬日幣交給吳釗燮,請他帶回國內,轉交台南市政府救災重建。

在日台僑社團舉辦蔡英文總統當選報告會

在日台僑社團舉辦蔡英文總統當選報告會

由日本台醫人協會,日本台灣醫師連合會,在日台灣婦女會等幾個台灣人僑團聯合舉辦的蔡英文總統勝選報告會,在二月十四日晚間在東京新宿京王PLAZA HOTEL舉辦,活動一開始,先是大家為南台大地震的受害者默禱。

右:民進黨副秘書長吳釗燮與在日台灣同鄉會會長岡山文章為南台灣震災默禱

右:民進黨秘書長吳釗燮與在日台灣同鄉會會長岡山文章為南台灣震災默禱

在日台灣同鄉會會長岡山文章致詞時表示這次選舉不只總統,連國會也第一次政黨輪替,日本的台灣僑民對新政府有很大的期盼,但接下來的維持才是重點,希望大家合力創造更好的台灣。

在日台灣同鄉會會長岡山文章期盼新政府帶領台灣向前

在日台灣同鄉會會長岡山文章期盼新政府帶領台灣向前

民進黨秘書長吳釗燮向僑界說明這次選舉的經過,及勝選後,民進黨的政策及展望。吳釗燮特別指出,從太陽花學運,到這次大選出現的新政黨「時代的力量」,顯示台灣年輕世代關心政治,投入政治,新政府有責任也有義務為他們創建一個有希望的未來,不用害怕低薪,逃離台灣,在住宅跟育兒政策上,構築一個讓年輕家庭安心打拼的國度。

民進黨副秘書長吳釗燮向在日台灣僑民報告勝選

民進黨秘書長吳釗燮向在日台灣僑民報告勝選

關心台灣的日本政治評論家櫻井よしこ與前總統府國策顧問金美齡一同出席,她對選舉期間冷靜自持的蔡英文稱讚有加,也說台日是運命共同體,日本國會議員正在研擬日本對台灣關係法案,她相信不久會在國會提出,這將能有效加強雙邊羈絆,她雖在民間,也將盡力推動這個法案進行。

政論家櫻井よしこ讚許台灣選舉過程

政論家櫻井よしこ讚許台灣選舉過程

金美齡也對這次選舉年輕人出來以實際行動表達自己的認同,表示讚賞,並認為這次大選後,台日關係將進入黃金時代。

金美齡乾杯慶祝民進黨勝選

金美齡乾杯慶祝民進黨勝選

與吳釗燮一同前來日本訪問的前立委邱垂貞也在現場以吉他自彈自唱一些在這次助選時常演唱的歌曲,並與僑民分享助選過程發生的趣事,及甘苦談。

前立委邱垂貞自彈自唱

前立委邱垂貞自彈自唱

活動最後僑團會長將這周緊急募集的震災捐款一百多萬日幣交給吳釗燮秘書長,吳秘書長也對日本僑界對震災的關心表示感謝,並說台南市不會辜負大家的幫助,會在最短的時間重建,再站起來。〈2016021505:13〉

台灣僑團捐款援助台南地震災民

台灣僑團捐款援助台南地震災民

 

明石元二郎顕彰会、蔡英文次期総統就任に向け一般社団法人化へ

taiwannp1 Posted in 台湾 — 政治, 日台 ー 政治
0

明石元次郎顕彰会の役員らは1月31日、池袋の東明飯店で新年会を開催し、5月20日の蔡英文次期総統就任式典に向け、同会の一般社団法人化に向け手続きを進めていると発表した。一般社団法人設立後に理事長に就任する予定の渡辺隆氏によると、一般社団法人化は「明石元二郎氏を一生にかけて讃え、顕彰してくための試み」だという。なお、渡辺氏は桃園市顧問の盧孝治氏に対し、同会として10人〜20人以内の蔡次期総統就任式典への招待状の発給を依頼している。

左から「明石元二郎の生涯」著者の清水克之氏、明石元二郎氏の孫・明石元紹氏、元衆議院議員の中津川博郷氏、明石元二郎顕彰会事務局長の不破光一氏、次期理事長の渡辺隆氏

左から「明石元二郎の生涯」著者の清水克之氏、明石元二郎氏の孫・明石元紹氏、元衆議院議員の中津川博郷氏、明石元二郎顕彰会事務局長の不破光一氏、次期理事長の渡辺隆氏

同会は、台湾第7代総督で台湾の金融や電力、教育に貢献した故・明石元二郎氏の顕彰及び日台間の交流を目的に、5年前に日台交流同友会から派生した会。日台交流同友会としては、8年前の陳水扁総統就任式典の際も訪台し、現地で国民党から民進党への政権交代を見届けた。

蔡氏が総統に当選して、すぐに祝電を送ったという同会の相談役で明石元次郎氏の孫、明石元紹氏は、「(今回の蔡政権誕生は)台湾にとって大変な事だ。台湾人として、台湾で主導権をとるために努力して来た人の中には、既にお亡くなりになった方もいる。(今年は)その方々に是非見て頂きたかったお正月だと思っている」と述べたほか、「国際関係は非常に複雑だ。民進党は、実を取るようにすれば良い。民進党は国民党に比べると純粋で策略的でないところが有り、苦労なさると思うが、今度の蔡総統はしっかりしたようなので、期待したい。また、『自分たちは台湾人で大陸の人とは違うのだ』ということを中心に活動して頂きたい」と語った。

明石元次郎氏の孫、明石元紹氏

明石元次郎氏の孫、明石元紹氏

一方、同会に参加した元衆議院議員の中津川博郷氏は、「今、台湾は先日の選挙により大きく変化し、発展している。民進党との関係が深い私としては毎日ワクワクしている。早く日本の若者も(新政党の)時代力量の若い議員らのように、活動し頑張ってもらいたいと思う」と述べていた。

元衆議院議員の中津川博郷氏

元衆議院議員の中津川博郷氏

 新年会にはこのほか、板橋区議会の高沢一基議員、「明石元二郎の生涯」著者の清水克之氏、台湾と桜海老産業のビジネスなどを行うジェイエムの堤真人社長らが出席した。

明石元二郎顕彰会役員ら

明石元二郎顕彰会役員ら

明石元二郎氏は、総督在任中、台湾電力の設立や水力発電事業を推進したほか、日本と台湾が均等に教育を受けられるよう法の改正などを行うなど、多くの実績を残している。

 

 

 

 

 

【台灣新聞】20160126柯文哲台北之夜

taiwannp10 Posted in 動画, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済, 日台 ー 観光
0

訪日中の柯文哲台北市長、「日本のオリンピック経験、参考にしたい」

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済
0

台北市長に就任後、初訪日中の柯文哲市長は1月26日、ホテルオークラ東京で「台北ナイト」と題した交流会を行い、出席した日本の政界や文化界、在日華僑界の重鎮らと親交を深めた。会場には、来賓として衆議院の岸信夫議員や秋元司議員、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表、森美術館の南條史生館長らの姿も見受けられた。

左から台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表、柯文哲台北市長、衆議院の岸信夫議員

左から台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表、柯文哲台北市長、衆議院の岸信夫議員

柯市長はあいさつで「日台間では非常に密接な交流があり、お互いに学ぶことも多い」としたうえで、「日本は、既にオリンピック開催経験を持ち、また、2020年のオリンピック開催に向けて準備も進められている。台北市では2016年にワールド・デザイン・キャピタル、そして2017年に台北世界大学運動会が開催されるので、日本の経験や交通面などを参考にさせていただきたい」と、今回の日本視察の目的を説明した。

また、岸議員は「私は1年に1回ほど台北を訪れるが、毎年町の様子が変わってきていると感じている。市長には強いリーダーシップを持って前進してほしい。また、東京も2020年のオリンピックに向けて日々変化している。お互いに未来に向かっていい街づくりが出来るように、我々も努力していきたい」と期待を述べた。

岸信夫議員は台北市の未来の発展に期待を述べた

岸信夫議員は台北市の未来の発展に期待を述べた

続けてあいさつした沈代表は、日台間の地方自治間の交流が盛んに行われていることに言及。「昨年、日本の16人の知事及び8人の副知事が台湾を訪問しており、台湾からは18人の地方自治体のトップらが訪日している。今回の柯市長の日本視察において、台北と東京、横浜、大阪の交流関係が促進することを祈っている」と述べた。

岸議員は昨年の訪台時にも柯市長と面会しており、親交が深いという

岸議員(右)は昨年の訪台時にも柯市長(左)と面会しており、親交が深いという

同会ではこのほか、台北で開催予定のワールド・デザイン・キャピタル及び台北世界大学運動会の紹介ビデオが流され、来場者の理解を深めた。

柯市長は24日に来日し、既に東京ドームの視察、舛添要一都知事らとの面会、衆議院議員の訪問を行った。27日夜からはパートナー都市協定を結ぶ横浜市を訪問し横浜赤レンガ倉庫やアートスペースなどを見学するほか、林文子市長らと面会し、両市とCITYNET横浜プロジェクトオフィスの3者でMOUを締結する予定。なお、29日には大阪へ向かい前大阪市長の橋下徹氏との面会や大阪駅視察するほか、最終日の30日には香川県直島を訪問予定だ。

交流会の様子

交流会の様子

台北市長柯文哲拜會東京都知事 舛添「甘溫」台灣

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 経済, 日台 ー 総合, 日台 ー 観光
0

 正在日本進行訪問的台北市長柯文哲於1月25日早上先行到與新竹車站締結姊妹站的東京車站參訪,了解東京車站交通運輸的相關設計和計劃,柯文哲也對於東京車站的整體設計讚譽有加,認為日本的城市美學值得台北借鏡。

台北市長柯文哲參訪東京車站,體驗刷票進站(照片提供:台北市政府)

台北市長柯文哲參訪東京車站,體驗刷票進站(照片提供:台北市政府)

台北市長柯文哲參訪東京車站,觀察新幹線月台(照片提供:台北市政府)

台北市長柯文哲參訪東京車站,觀察新幹線月台(照片提供:台北市政府)

 柯文哲接著則率領市府團隊到東京都廳參訪,拜會東京都議會議長長川井重男等人和該議會自民黨日台友好議員聯盟會長吉野利明和該聯盟的成員,並聽取東京都環境局的氫氣城政策和東京都災害對策本部的簡報。

 稍晚,一行人和駐日代表沈斯淳一起和東京都知事舛添要一會面,舛添在會客室擺設許多和台灣相關的物品,包括他和蔡英文合影的照片等,另外也向柯文哲介紹寫著「甘溫」感謝台灣民眾對日本311震災時援助的T恤,舛添也順口反覆唸了幾次「甘溫」。舛添表示希望可以藉由和台北與東京兩地的政府交流,鞏固台灣與日本間的外交關係。

台北市長柯文哲(左2)拜會東京都知事舛添要一

台北市長柯文哲(左2)拜會東京都知事舛添要一

台北市長柯文哲(右8)率領市府團隊,和台北市政顧問謝長廷(右6)等人拜會東京都知事舛添要一(右7)

台北市長柯文哲(右8)率領市府團隊,和台北市政顧問謝長廷(右6)等人拜會東京都知事舛添要一(右7)

東京都知事舛添要一和台北市長柯文哲特別在台灣「甘溫」的T恤前合影,舛添也順口地說了幾聲「甘溫」台灣

東京都知事舛添要一和台北市長柯文哲特別在台灣「甘溫」的T恤前合影,舛添也順口地說了幾聲「甘溫」台灣

 柯文哲則提到此次訪日主要的3個重點分別是為2017年將舉行的世界大學運動會(簡稱世大運),希望可以向東京學習並就防災議題進行意見交流,另外,台灣在5年內,60歲以上人口會超快25%,台日同樣面臨社會高齡化的問題,因此會就運動、防災和老人問題,以及文創、古蹟保留和市場整建等部分一併考察。

 柯文哲也表示此行最重要的目的就是雙方留下聯繫的窗口,以便將來進行進一步的交流,像是台北市議會隨行的市議員決定要組織台日友好議員聯盟,促進交流,在公務員方面也會考慮建立相同的機制。

台北市長柯文哲在駐日代表沈斯淳的陪同下,率市府團隊聆聽東京都知事介紹東京主要建設

台北市長柯文哲在駐日代表沈斯淳的陪同下,率市府團隊聆聽東京都知事介紹東京主要建設

 會談中,舛添特別介紹受到日本民眾注目的東京防災手冊和可直接飲用的東京自來水,以及減少都內塞車狀況的環狀線等,參訪後,柯文哲接受媒體採訪時提到舛添致贈了很多書籍,像東京2020願景計畫和東京防災手冊等,相當有趣,會回去研究一下。

 柯文哲此次的日本市政考察之旅,之後將會到橫濱、大阪與直島等地參訪,預計1月30日返回台灣。