在日宣傳客家文化    桐花銅管演奏

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
在日宣傳客家文化    桐花銅管演奏 はコメントを受け付けていません。


 
 又逢日本桐花祭節,2012年台日客家文化活動於4月20日在池袋,由在日的台灣婦女會主辦音樂活動暨一年一度懇親會。其中有駐日副代表陳調和、僑務組趙雲華二人出席音樂會。
 
 當天總會會長張信惠、名譽會長郭孫雪娥致詞,表示今年民進黨未能當選總統的選舉、深感遺憾,希望四年後,再努力爭取勝利,並宣佈明年台灣婦女會年度計劃。

會長張信恵と名誉會長郭孫雪娥(右)


 參加懇親會近百人,特別邀請台灣的"印象銅管五重奏楽團"來日本池袋参加本次音樂活動,以"東瀛桐花祭、宣揚僑胞客家文化"為主題的音樂會。
 
 在演奏歌曲中有客家歌曲,及台灣家戶喻曉歌曲,例如「客家本色」、「望春風」、「月光光」等10多首歌曲,最後應觀眾要求下再度演奏望春風與全員大合唱。此次來日本演出者分別是第一小號謝宗儒、長號曾忠吉、低音號湯志偉三人。這三位演奏者在白天任教於各校,他們幾位在私底下表示這次除了能來日本表演、還看到櫻花,参加桐花祭節,感到非常高興、而對日本環境的乾凈更給予高度的贊賞,希望能再來日本為大家演奏客家歌曲。

長號曾忠吉(左)第一小號謝宗儒(中)低音號湯志偉


陳調和副代表(左)趙雲華組長(右)


 

留日華僑婦女會 召開理監事會

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
留日華僑婦女會 召開理監事會 はコメントを受け付けていません。

婦女会会長呉淑娥(左2)


  留日華僑婦女會於四月二十日在東京龍門館召開理監事會議,有名譽會長羅王明珠、會長吳淑娥及理監事守21名參加,另外僑務組文君妃秘書亦出席此會。
 會議首先、會長吳淑娥謝謝38婦女節各理監事的辛苦,會中討論到今年活動內容,其中有5月19—22日回台灣參加總統就職大典,9月11–13勺關和歌山 南紀白浜,眾議員大江康弘家郷參訪,11月9–16日、17日到福島為地震後復興加油,會議中除時間外對人數也相當的討論,在今年監事會議提出的內容將成為明年進行的指標 。
 另外僑務組文君妃秘書在致詞中感謝婦女會在今年2月份的文化訪問團、4月份馮代表歡送會的支持、希望台灣新代表來時也能和現在一樣的支持,讓日台的關係更進一步友好。

埼玉台湾総会が台湾精進料理と台湾民謡二胡演奏パーティーを開催

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
埼玉台湾総会が台湾精進料理と台湾民謡二胡演奏パーティーを開催 はコメントを受け付けていません。

 

 3月15日、埼玉県朝霞市北朝霞公民館で、埼玉台湾総会主催の台湾精進料理と台湾民謡二胡演奏を推進するためのパーティーが開催された。講師に埼玉台湾総会理事の黄小翠氏(工学博士)、二胡演奏者に林悦子先生が出席し、指導にあたった。
  
 埼玉台湾総会の林会長は「被災地(東日本大震災)からも日本人の方が参加され、台湾精進料理を召しあがりながら台湾民謡二胡演奏を堪能し、疲れた心身に栄養剤を注くことができました。とても良かったと思います」と述べた。
 
 会員は各々パーティーを楽しみ、次回また開催されることを望んでいた。
 

2012/03/31 在日關東僑團聯合親睦團

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
2012/03/31 在日關東僑團聯合親睦團 はコメントを受け付けていません。

 

 

東京崇正公會第四十六屆懇親大會

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
東京崇正公會第四十六屆懇親大會 はコメントを受け付けていません。

東京崇正公會會長劉茂榮

行政院客家委員會主委黃玉振

【本報訊】東京崇正公會第四十六屆懇親大會於四月八日在東京大倉飯店舉行。去年因發生東日本大地震的緣故,東京崇正公會停辦一年一度的懇親盛會,以表哀悼。時隔兩年,今年舉辦的懇親大會也更為熱鬧盛大。這場由東京崇正公會主辦,僑務委員會、客家委員會、台北駐日經濟文化代表處協辦的大會在知名的「和太鼓」表演下開始,包括駐日代表馮寄台、客家委員會主委黃玉振、日本眾議員中津川博鄉、小林正枝、大江康弘等國會議員、財團法人國際親善協會會長愛知和男、中華聯合總會名譽會長詹德薰和新竹縣長邱鏡淳、多位立法委員皆親臨現場與會。

除了國內外眾多政要的參與,現場還有屏東客家樂舞團、琉球歌舞、津輕三味線的表演,表演者和觀眾同樂共舞,歡然享受東京崇正公會懇親大會。

東京崇正公會會長劉茂榮在致詞時感謝客家同鄉的支持和客家前輩們為在日客家華僑創下的東京崇正公會。客家委員會主任委員黃玉振則全程用客語致辭,首先感謝對馮寄台大使為台日關係的努力、對客家華僑的關切。黃主委表示,文化是絕對不能斷絕的,行政會客委會和他自己、其他客家同鄉都會盡力推動、普及客家文化,讓客家文化永遠流傳。當天也是新舊會長的交接儀式、新會長則為劉得寛先生担任。

客家歌舞表演

横濱媽祖遶境

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
横濱媽祖遶境 はコメントを受け付けていません。

百饌謝神筵

日本橫濱天后宮於三月二十日循例舉辦建廟六週年慶及遶境平安遊行,此次亦特邀台南祀典大天后宮安瀾堂將軍會陣頭前來襄助壯勢,媽祖文化及台灣傳統廟會盛況再度呈現於橫濱中華街頭。

當天祭神典禮於上午11時隆重舉行,由理事長林兼正擔任主祭,全程悉遵傳統宗教祭儀,並仿效台灣之百饌謝神筵,首度擺設於廟庭廣場,別開生面,光彩奪目,引人入勝。我駐橫濱辦事處李明宗亦應邀到場上香陪祭。

媽祖遶境平安遊行於下午4時在金鼓鞭炮齊鳴下正式展開,媽祖鑾轎在頭旗、獅陣、鼓號隊及四海龍王、千里眼、順風等六巨大神偶引導下,先至關帝廟,後沿中華街進行平安遶行,由於適逢假日,沿途聚集上萬觀光客與大批信徒圍觀,爭相鑽轎,店商亦擺設香案,共祈風調雨順及生意興隆,熱鬧氣氛至晚不絕。

李明宗上香陪祭

橫濱中華學院畢業典禮

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
橫濱中華學院畢業典禮 はコメントを受け付けていません。
橫濱中華學院畢業典禮

橫濱中華學院畢業典禮

熱心捐款修建校舍之僑領

熱心捐款修建校舍之僑領

橫濱中華學院民國100年學年高初中小學畢業典禮於3月15日上午10時30分假神奈川縣縣民大廳舉行,計有該校在校生、畢業生61名和家長、全體師生出席,另外理事長楊作洲、僑務委員鄭尊仁、橫濱濱華僑總會會長施梨鵬及僑領等亦應邀全程參與。
典禮由校長施惠珍主持,首先由橫濱辦事處李處長明宗代頒贈僑務委員會水晶獎座及金銀質獎牌等,表揚捐助整建校舍善款之熱心僑團及僑領,其中捐贈日幣1000萬圓以上為僑務委員鄭尊仁與橫濱大飯店。隨後施校長頒發畢業證 書,並致詞期勉畢業生常保藝術家追求至善至美的恒心與毅力,堅持理想追求目標,並叮嚀要時時心懷感恩之心,貢獻一己於社會。駐日馮代表應邀到場觀禮並致詞,對橫濱僑界始終支持政府之傳統愛國表現特予嘉勉感謝,並贈言勉勵畢業生勿忘畢業於國父手創之僑校,以僑校為榮。馮代表亦於中午之懇親餐會,致贈日幣250萬圓予僑校,做為震災後修建校舍之用,並與其他熱心捐款僑領先進合影留念。此外,該校附屬幼稚園亦於同日上午9時在橫濱華僑總會禮堂舉行畢業典禮,共有35名園生畢業。

台商總會成立!?

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
台商總會成立!? はコメントを受け付けていません。
在日台灣商工會議所幹部和聯合會籌備委員

在日台灣商工會議所幹部和聯合會籌備委員

從二年前一直討論的台商總會成立之事、台灣商工會議所(台商會)於三月三十一日在山梨招開臨時座談會 、此次會議參加者來自東京以外、琦玉、群馬、千葉、橫浜、山梨等34名會員。台商会自30年前就一直參加亞洲台商會、一路走來、現在會員已増自94名、現任會長為李鬰鑌。此次日本總會之成立予定將在七月的亞總大會時正式公佈。

黃宗敏名譽會長說明加入台商會的好處、而盼望會員能伸展到在日的各商社。陳慶仰秘書長、「台商會是為服務大家而成立的、體制的健全是非常重要」最後由各地從籌備會開始、千葉地區由鐘幸昌、山梨由鄭玉蘭、埼玉由林月理、茨城為溫勝治、青年會由豊川栄治為招集人、輔助各會成立及新會長之選出。

在日関東僑團連合親睦團

taiwannp Posted in 華僑 ー 関東
在日関東僑團連合親睦團 はコメントを受け付けていません。

全体写真

由關東十五僑團聯合組成的「在日關東僑團聯合親睦團」於三月三十一月、四月一曰舉辦了一天兩夜的春季旅行。110名僑界團員成為關東地區最大的一次親睦活動、此次總招集人東京華僑總會會長陳木川、特別佳賓是從台灣來的前立法委員李復興。

新宿搭上覽車後直上高速、但天不逢時、風雨交佳、雖被淋的満身雨水、但仍不能減少每位會員的熱情。當晩在飯店裏擧辦懇親會、主辦的十五位僑團代表分分致詞後享受豊盛的美食及欣賞山梨台灣總會為大家準備的餘興節目。

第二天風和日歷、安排參觀山梨有名的銘菓信玄餅工廠、武田神社、㫒仙峽。
會員們說著、在僑界能夠參加這個大活動覺得非常高興、也非常有義益、盼望將來類似此活動也能將再度擧行。

More »

在日台湾商工会議所がいすゞ自動車藤沢工場見学会を開催

taiwannp1 Posted in 華僑 ー 関東
在日台湾商工会議所がいすゞ自動車藤沢工場見学会を開催 はコメントを受け付けていません。

いすゞ自動車のスタッフと見学会参加者による記念写真

在日台湾商工会議所(李懋鑌会頭)が、3月23日いすゞ自動車藤沢工場の見学会を開催した。参加者は台湾華僑のほか、台湾に関係の深い日本人ビジネスマンをあわせ、総勢36人。朝10時半に新宿より、貸し切りの観光バスで藤沢に出発した。
李会頭は、見学会の冒頭「いすゞのトラックはビジネスではよく使いますが、製造工程を見るのは初めてです。勉強していきたい」と述べた。
いすゞ自動車藤沢工場は、1961年の開業で面積は101万平方メートル。東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせたものと、同じぐらいの敷地を誇る。
ここでは、ギガやフォワードなど大型、中型トラックの製造ラインとエルフなど小型トラックの製造ラインのふたつがある。大型と中型トラックの製造ラインでは、大型と中型を交互に製造。ラインに流れてくるそれぞれの車台に合わせ、コンピュータが必要な部品を正確に供給する。これにより、少量多品種の製品が製造できる。このラインでは、昼間は1台あたり3,81分、夜は7,76分で製造される。小型トラック製造ラインも、コンピュータの管理により、正確に多品種の製品が製造される。さらにOEM契約により製造される他社の製品も、正確に他社のエンブレムが貼られ完成する。こでは、1,7分で1台が製造されている。
工場内はとても清潔で、ロボットがトラックの溶接をしたり、フロントガラスをはめたりする様や、無人の部品運搬機が通路を進む様子をみると、日本の技術力の高さを改めて認識することができる。
在日台湾商工会議所のメンバーも、その技術の高さに驚き、口々に「さすがだ」「すごい」と言っていた。
今回の見学会に感謝して、李会頭よりいすゞ自動車へ記念品が贈答された。最後に、今回の見学会の立案者、邱泱棟副会頭による感謝の辞が述べられた。

李会頭(右)より記念品の贈呈