「全日本台湾連合会」設立で団結を主張

taiwannp10 Posted in 政治
「全日本台湾連合会」設立で団結を主張 はコメントを受け付けていません。

全日本台湾連合会幹部で記念撮影

在日台湾人組織「全日本台湾連合会」がこのほど設立し6月4日、設立を記念したパーティーが東京都内のホテルで開かれた。

同連合会は台湾本土意識が強い在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、台湾独立建国連盟日本本部など17団体によって設立された。

初代会長に選出された趙中正会長は同パーティーの挨拶において、「台湾優先、団結第一」を設立趣旨に掲げたほか、「台湾人としての『主体性』を強く主張して参りたい」と述べた際には、拍手喝采となり、会場の賛同を得た。

なお、同パーティーには日本台湾医師連合、美麗島交流会、九州台日文化交流会の代表ら約300人が出席したほか、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表や中華民国僑務委員会の呉新興委員長、日本台湾交流協会の柿澤未知総務部長、日本の保守系政治家や評論家らも出席し設立を祝した。さらに、蔡英文総統は祝電を送り、全台連が日台の友好関係を促進し、双方の友情を深めるために貢献してもらえればとの期待を示した。

 

現在日本に住む台湾人や台湾にルーツを持つ人は10万人以上と言われており、台湾本土意識が強い蔡英文政権発足で、在日台湾人のアイデンティティーは強くなったとしている。

「全日本台灣連合會」成立 吳新興 謝長廷與會致賀

taiwannp6 Posted in 中文, 動画, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 華僑, 華僑 — 総合
「全日本台灣連合會」成立 吳新興 謝長廷與會致賀 はコメントを受け付けていません。


由在日台灣同鄉會,台灣醫師連合會,在日台灣婦女會,台灣獨立建國聯盟日本本部等17個團體,六月四日晚間在東京帝國飯店舉行「全日本台灣連合會創立大會」,包括僑委會委員長吳新興,駐日代表謝長廷,前國策顧問金美齡等都出席向連合會的成立致意。連合會會長趙中正表示,連合會的成立就是希望強調跟主張台灣的主體性,並且加強與日本的交流關係,也並不排斥與其他華僑團體的交流,合作。

全日本台灣連合會幹部合照

在大會成立儀式之後,由僑委會委員長吳新興頒贈林建良醫師二等華光專業獎章,表彰他於在日台灣同鄉會長任內推動日本在留卡,台灣人國籍欄由中國改為台灣的貢獻,並且繼續以台灣之聲的媒體,向日本各媒體傳遞台灣人意識,支持台灣政府,團結僑民,向日本傳遞台灣二千三百萬人民的打拼,爭取更多日本友人支持台灣爭取國際地位。林醫師表示這個獎章是所有在日奮鬥的台僑及支持台灣的日本友人努力的成果,他今後會繼續向日本社會發聲,傳遞台灣正名,未來希望讓全世界知道台灣是屬於台灣人的台灣,要在制度上做改革,讓大家知道台灣跟中國是不一樣的國家。

左起 僑務委員長吳新興頒贈林建良醫師二等華光專業獎章

在懇親會上,吳新興委員長表示,蔡總統很重視「全日本台灣連合會」的成立,希望在日台灣鄉親堅定支持台灣,幫助代表處提高日本台灣雙邊關係,吳新興也鼓勵「全日本台灣連合會」能跟其他僑團有更多合作,共同支持台灣。

左起 吳新興與金美齡乾杯致意

駐日代表謝長廷表示,他最近勤跑地方,跟許多年輕日本人座談,交流。他說在很多座談上,發現許多年輕女性不了解台灣,但是說起福原愛的台灣老公江宏傑,大家就都知道,他也開玩笑地說,雖然台灣男性不都是像江宏傑那麼帥,但是都很溫柔,引起現場一片笑聲。

駐日代表謝長廷祝賀大會成立

蔡英文總統跟立法院蘇嘉全院長也發來賀電對「全日本台灣連合會」的成立表達致賀。

連合會會長趙中正說接任會長責任重大,但他會盡力做好,至於跟其他華僑總會的交流等,趙會長表示只要是為了台灣都是可以溝通的。

全日本台灣連合會會長趙中正

常務理事在日台灣同鄉會會長王紹英表示,連合會的成立不僅是為了要讓台灣國際地位上升,也是希望台灣有自己的憲法,成為正常的國家,與日本建立正常國家關係。理事大山青峰則表示,為了團結在日僑團,他向趙會長提議,日後連合會活動,希望發帖邀請所有僑團來參加,也歡迎其他僑團的朋友來參選連合會的理事,透過公開的選舉,讓連合會成為公開公正的團體。

台灣同鄉會會長王紹英

右起 大山青峰理事與怡友會蕭悧悧醫師及謝代表等合照

 

這十七個在日台灣人團體組成連合會的消息傳出後,受到日本媒體界的重視,因為這些團體強調,台灣民進黨執政後,台灣應該朝著去中國,去中華的目標,以台灣的名稱在國際社會上立足而努力。而台灣獨立的主張,由言論變成僑團的主旨跟目標,「全日本台灣連合會」日後的發展也成為日本僑界注目的重點。〈2017/06/05/09:54〉

在日台灣人社團動員參與「全日本台灣連合會創立大會」

観光サミット晩餐会が過去最多の数で盛大に開催!

taiwannp10 Posted in 政治, 文化・教育, 経済, 観光・美食
観光サミット晩餐会が過去最多の数で盛大に開催! はコメントを受け付けていません。

 

「日台観光サミットin四国」に先立ち5月31日、香川県浜田恵造知事と高松市大西秀人市長主催の歓迎晩餐会がJRホテルクレメント高松で行われ、台湾からは台湾交通部観光局の周永暉局長、台湾観光協会の葉菊蘭会長のほか、観光関係者ら過去最多である約90人が参加した。

県知事らと記念撮影

葉会長は来賓のあいさつで、松山市と台北市が2014年10月、香川県と桃園市が2016年7月、高松市と基隆市2017年5月にすでに友好協定を提携している事に言及したほか、2013年3月に高松空港から桃園空港直行便が就航してより、毎日大勢の台湾人が四国を訪れており、近年交流が盛んであると話した。今では台湾人が新しく行きたい観光地として四国が含まれているとの事。しかし、年間約480万人の台湾観光客が日本に来ている一方、日本から台湾に行く観光客は約180万人と少なく、葉会長は「同サミットで、我々が直面している観光における課題をシェアし一緒に解決し、双方地方間での観光や経済面の交流を促進していきたい」と強調した。また、客家文化が味わえる台東県や、島から島へと渡りながら観光する澎湖などの観光地についても触れ、「台湾には掘れば掘るほど魅力がたくさんあるので、旅行会社と力を合わせていきたい」と話した。

記念撮影、左から台湾交通部観光局周永暉局長、台湾観光協会葉菊蘭会長、香川県浜田恵造知事、代表処謝長廷代表

なお、来賓として参加していた駐日経済文化代表処の謝長廷代表は鏡開きをしたほか、浜田知事と記念品交換を行った。

鏡開きをする謝長廷代表(右6)

また、来年2018年の同サミットはすでに台湾の台中市での開催が決定しており、これに際し、台中市の林佳龍市長も同晩餐会に参加した。林市長は台湾記者団らのインタビューに対し、「2018年に行われるフローラ世界博覧会(以下:花博)を誘致しに四国に来た。現在日本人が台湾に旅行に行くとしても台北か高雄が大半であるため、観光客数を伸ばすためにも花博のほか、高美湿地や谷関温泉などにも来てほしい。来年観光客増加を見越して飛行機も増便できるようにしていきたい」とコメントした。

高松市大西市長と団らんする台中市林市長

なお、同晩餐会冒頭には、主催である浜田知事が「同サミットにおいて日本と台湾双方向龍拡大を目指し、今後は高松空港と台湾の直行便のようなさまざまなルートを取り入れ、台湾から四国、四国から台湾の観光客を増やしていきたい」と述べたほか、高知県の尾崎正直知事、徳島県の飯泉嘉門知事、愛媛県の上甲俊史副知事が自県のPRを行った。

晩餐会の様子、過去最多数で開催

一方同晩餐会途中では、和太鼓集団と蝶の会による香川の伝統的芸も披露され、台湾一行は香川の文化に触れたり、日本の観光関係者らとの団らんを楽しんだ。

 

蝶の会による「こんぴら船々踊り」を披露

 

(2017/6/1)

台北駐日経済文化代表処、文化を通じて高知県との親睦深める

taiwannp10 Posted in 政治, 日台交流, 経済
台北駐日経済文化代表処、文化を通じて高知県との親睦深める はコメントを受け付けていません。

 

台北駐日経済文化代表処(以下:代表処)の謝長廷代表は5月30日、高知県庁を訪問し、高知県の尾崎正直知事と日本と高知県の今後の交流について会談した。

県庁訪問謝長廷代表(左)・尾崎正直知事

謝代表は冒頭、「高知県に来たのは初めてだったが、何故か親しみを感じる」と高知県に対する印象を述べたほか、近年台湾の観光客は単なる旅行ではなく、テーマを決めた観光が流行している事に言及し、「台湾で坂本龍馬は人気があり、明治維新で活躍した坂本龍馬のふるさとが高知県である事は多くの台湾人が知っている。このような歴史を通じての交流も期待し、誘致していきたい」と話した。

会談の様子

一方尾崎知事は、近年高知県と台湾の交流が拡大しており、高知に来る外国人観光客の約3割が台湾人である事を強調した。また、訪問後に行われた懇親会では、高知県発祥の踊り「よさこい」を、6年間連続で台湾ランタンフェスティバルの前夜祭ステージで披露したり、台湾新竹の小学生が高知県に来て、よさこいを披露したりとさまざまな交流が行われているとした。また、防災関連産業の一環として高知県の防災技術を紹介するセミナーを台湾開催したり、中華民国三三企業交流会でプレゼンテーションを行ったりしている事にも言及し、「今後はこのような経済においての交流も伸ばしていきたい」と主張した。さらに、貿易推進統括アドバイザーの伊藤彰氏によると、毎年8月に行われる高知県主催の「まんが甲子園」には多くの台湾人が参加し、高校生同士の交流が盛んであるほか、土佐清水市と台北城市科技大学がインターンシップ協定を結び、同大学からのインターン生の受け入れを行っているとの事。

懇親会の様子

同訪問及び懇親会には、謝代表のほか、代表処の向明徳組長、張瑞麟副組長、王瑞豊課長、顧欽誠課長、台湾週報担当の西江智彦氏、本橋苑華さんのほか、多数の台湾メディアが出席した。台湾一行は土佐芸妓による舞踏を鑑賞したり、高知県伝統のお座敷遊びを実際に体験したりと高知県の文化を学び、高知県との親睦を深める事ができた。

謝長廷代表伝統舞踏に挑戦

台湾一行お座敷遊びを体験

なお同日、一行は自由民権記念館と土佐和紙工芸村「くらうど」を参観し、高知県の歴史についての見識も深めた。

 

土佐藩の歴史の見識を深める謝長廷代表

(2017/5/31)

京都華僑總會會員大會 籲會員、友台人士支持台灣

taiwannp6 Posted in 中文, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 華僑 ー 関西
京都華僑總會會員大會 籲會員、友台人士支持台灣 はコメントを受け付けていません。

來賓與會員、青年部成員開心合影

京都華僑總會5月19日在台灣料理『台北城』召開理監事會議及兩年一度的會員大會,大阪辦事處處長陳訓養、僑務組組長黃水益、京都府議會日台親善協會會長植田喜裕、京都市議會日台親善議員聯盟會長小林正明、京都市議會議長寺田一博、京都日台親善協會會長中村斉等多位當地主流社會人士應邀出席。針對台灣未獲得本屆世界衛生大會(WHA)邀請函一事,陳訓養感謝日方表態力挺,並呼籲與會人士繼續支持協助我國參與世界衛生大會。

會員大會前、會長魏禧之主持臨時理監事會議。

 

會員大會上經推薦余秀霞、大嶋理絵出任副會長、青年部部長魏智弘出任理事。

會長魏禧之在會員大會全場一致掌聲通過連任,隨後發表新理監事名單,副會長黃俊清、沈幸齡、安田隆昌留任,理事俞秀霞及負責籌備滋賀支部的理事大嶋理绘經推薦出任新副會長、青年部部長魏智弘出任理事。大嶋理绘說明滋賀支部的籌備狀況,預定在三年以內正式成立,與滋賀縣守山日台親善協會聯手推廣支部業務。魏禧之感謝各位過去兩年來的支持與協助,報告今後活動預定,5月27日包粽子大會預計有45名參加,滋賀支部正式成立後,期待參加人數破百;慶祝106年雙十國慶酒會訂於10月4日舉辦,歡迎大家共襄盛舉。魏禧之並強調,中華民國的外交處境艱難,需要會員、友我日台親善團體及各界的支持,對台灣未獲邀請參與2017年WHA一事深表不滿及遺憾,全球各地僑團、中華總會已陸續聯名發表聲明譴責,希望大家發揮影響力讓更多人士了解此事、為台灣爭取支持。

會長魏禧之呼籲與會人士攜手為台灣發聲

 

新副會長大嶋理絵說明滋賀支部籌備情形

 

駐大阪辦事處處長陳訓養呼籲與會人士繼續支持協助我國參與世界衛生大會

首度出席會員大會的陳訓養受到會員的熱烈歡迎,感謝該會長年來協助駐館積極推動僑務工作,說明蔡總統就職即將滿週年,繼今年1月日本對台窗口「交流協會」正名為「日本台灣交流協會」,台灣對日窗口「亞東關係協會」亦於本月17日更名為「台灣日本關係協會」,今後將進一步推動台日實質關係。5月22日世界衛生大會將在日內瓦舉行,至5月8日報名截止台灣未收到邀請函;過去8年來,台灣每年均組團出席,針對各項會議主題積極貢獻專業經驗及成果,普獲國際社會對我醫衛實力的肯定;台灣2300萬人民的健康是基本人權,不論任何理由都不應被剝奪,日本內閣官房長官菅義偉於本月9日記者會上表態力挺我國應參與世衛大會,蔡總統隨後透過推特表達謝意,足以說明日台兩國堅固情誼,期待台日友好關係今後更上層樓。

出席來賓輪流上台致詞重申台日關係密切重要,會中定下明年5月與京都府議會日台親善協會、京都市議會日台親善議員聯盟、京都日台親善協會聯合組團訪台參訪,加深台日交流。

(2017/05/22  13:31)

台湾のWHO年次総会への参加を支持在日台湾商工会連名声明書

taiwannp10 Posted in イベント・告知, 中文, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 総合, 華僑 — 総合
台湾のWHO年次総会への参加を支持在日台湾商工会連名声明書 はコメントを受け付けていません。

在日台灣商會,在五月十五日發表支持台灣參加WHO世界衛生大會的中日文聯合聲明。包括聯合總會,東京,橫濱,千葉,關西,九州,琉球等,全日本各地台商會,共同呼籲WHO邀請台灣參加今年的WHA。

在日台灣僑團籲請日本各界及國際社會支持台灣參與WHO,因為世界衛生組織章程明示,健康是基本人權,台灣過去八年來參加WHO,對全球衛生及國際醫療貢獻良多,基於台灣兩千三百萬人口的健康人權,不應成為國際防疫的缺口,因此請日本各界支持台灣參與WHO。

対日外交窓口が「台湾日本関係協会」に名称変更

taiwannp10 Posted in 政治
対日外交窓口が「台湾日本関係協会」に名称変更 はコメントを受け付けていません。

台湾日本関係協会に名称変更(写真提供:自由時報)

 

対日外交窓口の「亜東関係協会」が5月17日、「台湾日本関係協会」に名称を変更し、看板プレート掛け替えを祝う式典が台北市内の同協会本部で行われた。
式典には、同協会の邱義仁会長のほか、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表、外交部の李大維部長、立法院の蔡其昌副委員長らが出席した。
邱会長は挨拶で、「改名は、日台断交後45年間の交流の成果の象徴であり、新たな責任の始まりだ」と強調した。また、沼田代表は、「歴史的な一歩を踏み出した」と評価したほか、「前は交流協会という名称があまりにも不明確だったため、結婚相談所だと誤解されたことさえあったが、今後は日台が心をひとつに団結し、世界でも稀なる友情を打ち立てていきましょう」と改名を祝った。
なお、今年1月には、日本の対台湾窓口機関、交流協会も「日本台湾交流協会」に改名している。
同協会は1972年、日本との断交を受け、経済、技術、文化面での民間交流窓口として設立。

 

(2017/5/18)

台湾華僑団体がWHA参加支持を表明

taiwannp10 Posted in 政治
台湾華僑団体がWHA参加支持を表明 はコメントを受け付けていません。

8年間オブサーバーとして参加していた世界保健機関(以下:WHO)の年次総会(以下:WHA)に台湾に招請状が届かなかった事に対し、日本中華聯合総会、日本台湾医師連合、日本台医人協会は共同で参加支持の声明書を発表した。

声明書には、WHO憲章には健康は基本的人権であり、普遍的価値観であると明記してある事から、「医薬に国境はなく、防疫に欠如はない」と訴えており、台湾にはWHA参加の権利があり、各種の貢献を行う義務もあると主張。

さらに、WHOは台湾の参加を必要としており、それにより健全な世界の衛生体系を確立する事ができる。台湾は過去8年間WHOの活動に参加し、加盟各国と台湾の経験を分かち合うと共に、即時通報、疾病情報取得により、絶えず世界の衛生および国際医療に積極的な貢献を行ってきたと強調。

その事から、台湾2300万人の普遍的な健康と人権ならびに、国際社会に対する台湾医療の専門性と経験の貢献に基づき、台湾は国際医療衛生の実務に引き続き参加すべきであり、世界の防疫の欠如となってはならず、日本各界からもWHAに対し台湾への招請状発給を促すよう呼びかけるものであると表明している。

日本中華聯合総会(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

 

日本台湾医師連合声明書(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

日本台医人協会声明書(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

 

(2017/5/15)

呼籲邀請台灣參加WHA 在日僑界發表聯合聲明

taiwannp9 Posted in 台湾 — 政治, 日台 ー 政治, 華僑 — 総合
呼籲邀請台灣參加WHA 在日僑界發表聯合聲明 はコメントを受け付けていません。

 

2017年世界衛生大會(WHA)將於5月22日在日內瓦召開,台灣在過去連續8年皆以觀察員身份參加,但今年仍未收到邀請函。日本中華聯合總會、日本台灣醫師連合、日本台醫人協會、日本台灣商會聯合總會、日本千葉台灣商會和在日台灣不動產協會於日前發表《在日僑界聯合聲明書》,呼籲日本各界和國際社會支持台灣持續參與世界衛生大會。

《在日僑界聯合聲明書》中指出,「醫藥無國界 防疫無缺口」,世界衛生組織章程中明示,健康是基本人權、是普世價值,台灣應該有權利參與世界衛生組織,也有義務提供各項貢獻。

聲明書中進一步說明, 世界衛生組織(WHO)需要台灣參與來建立健全的全球衛生體系,另一方面,台灣也需要WHO,過去8年台灣參與WHO的活動,和其他國家分享經驗,並即時通報、取得疾病資訊,對全球衛生和國際醫療提供積極貢獻。

聲明書中並指出,基於台灣2千3百萬人的普世健康人權,並對國際貢獻醫療專業和經驗,台灣應該繼續參與國際醫衛事務,不能成為防疫缺口。聯合聲明書最後再次呼籲日本各界促請世界衛生大會發函邀請台灣參與。

為呼籲日本各界和國際社會支持台灣持續參與世界衛生大會,在日僑界共同發表聲明。此為日本中華聯合總會所發表之《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

日本台灣醫師連合發表《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

日本台醫人協會發表《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

日本台灣醫師連合發表《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

日本台灣商會聯合總會發表《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

日本千葉台灣商會發表《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

在日台灣不動產協會發表《在日僑界聯合聲明書》(資料提供:台北駐日經濟文化代表處)

(2017/05/13 ,2017/05/15,2017/05/17 更新)

許世楷元代表、日本政府より「旭日重光章」受賞

taiwannp10 Posted in 政治
許世楷元代表、日本政府より「旭日重光章」受賞 はコメントを受け付けていません。

 

台北駐日経済文化代表処の許世楷元代表は5月9日、皇居で行われた勲章伝達式に出席し、日本政府の春の外国人叙勲で「旭日重光章」を受章した。

旭日重光章を受賞した許世楷元代表(左)と盧千惠夫人(写真提供:中央社)

なお、同式典に出席していた安倍晋三首相は、勲章受章した許元代表に対し、祝いの言葉を述べた後、しばらく会話をしたとの事。

式典後、許元代表は台湾メディアの取材に対し、「同勲章を受章できたのは、私が代表任期中の台日関係が最も盛んだったからだろう」と受賞した喜びを語ったほか、世界保健機関の年次総会(WHA)への台湾の参加を支持する考えを表明した管義偉官房長官と、同伝達式で顔合わせた事を明かし、「管官房長官の発言のゆえんは、日台間の良好な関係にある」と述べた。

さらに、台湾は中国との関係をどのような関係にしたいか、先ずきちんと考えるべきだと指摘したほか、一方、日本は台湾に対し、特別な何かを望んでいるわけではないと話し、「日本は日台が国家の利益と安全のために力を合わせる事を望んでおり、日台にとって利益と価値は共通である」と強調した。

なお、同式典において、工商協進会の黃茂雄栄誉理事長が許元代表同様「旭日重光章」、台日文化経済協会の黄天麟会長が「旭日中綬章」をそれぞれ受賞した。

また、許元代表の盧千惠夫人も同式典に出席しており、「台湾人が世界の人々のためにまごころ込めて何かをすれば、世界の人々もきっと台湾と友達になってくれるはず」とコメントしている。

外国人叙勲受賞者らで記念撮影(写真提供:中央社)

外国人叙勲とは、春秋叙勲として毎年2回、外務大臣からの推薦に基づき行われ、国賓等の来日や駐日外交官の離任に際して実施する儀礼的色彩の濃い叙勲と、我が国との友好の増進等について顕著な功労のあった外国人に対して実施する叙勲とに分けられる。

 

(2017/5/11)

.