東京国立博物館、故宮訪問

taiwannp Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 観光
0
国立故宮博物院院長・周功鑫氏

国立故宮博物院院長・周功鑫氏

台湾の故宮博物院の周功鑫院長は7日、東京国立博物館の島谷弘幸副館長が8日に故宮を訪問し、故宮日本展計画について話し合いを行うと発表した。日本展に出展する収蔵品などに関して話し合うのが目的。

 日本展に関して、馬英九総統は昨年5月に、2013年の開催を目標とすることを明言しており、期間や規模などの詳細が話し合われるとみられる。

【台湾】TDLパレードに群衆が殺到

taiwannp Posted in 台湾 — 総合, 日台 ー 交流
0

沿道からは大歓声が上がった

 「台湾ランタンフェスティバル」が台湾中部・彰化県で開催された昨日、今年初参加の東京ディズニーランドチームが6日午後に行われたストリートパレードに参加。ミッキーやミニーを一目見ようと群衆が殺到した。

東京ディズニーランドが100人規模のチームでパレードを行うのは初めてとあって、会場となった鹿港鎮中山路は、ミッキーやミニーを少しでもそばで見たい親子連れらが殺到し大混乱となった。開始時間が近づくと、道路脇や沿道のビルが群衆でいっぱいとなり、屋根や電柱によじ登る者も出てくるなど身動きが取れない状態となり、パレードのスタート時間が遅れるというアクシデントも。

ミッキーやミニー、グーフィー、ドナルドダックがパレードカーで登場すると、沿道からは大歓声があがり、観客らは終始大興奮の様子だった。

(写真提供:中央社)

J リーグのクラブが台湾でキャンプ

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
0

 
 日本のプロサッカーリーグ(J2)のFC岐阜が5日に訪台し、台中市で10日までキャンプを行う。台湾のチームとの交流試合も予定されているとのこと。Jリーグチームの台湾における合宿は初。
 
 FC岐阜のメンバーは5日、中部国際空港を夕方に出発し、台北国際空港に19:30頃到着した。国際線到着ロビーでは歓迎の横断幕と花の首飾りで歓迎され、移動で疲れていた選手の表情もぱっと明るくなった。
 
 FC岐阜は昨年の6月に、台中市にある国立台湾体育学院と交流発展協定を結び交流を深めてきた。そして今回、台中市などに招待される形で台湾キャンプが実現した。
 

釧路の優しさ — 馮寄台代表が釧路の視察旅 —

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
0

 
 台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表をはじめ、台湾報道陣17人が2月4日から5日まで釧路市内を視察した。
 
 日本領土内での台湾漁船による海上トラブルなどで、日本の海上保安庁にお世話になったお礼と台湾に無償貸与された丹頂鶴のお礼、そして、台日関係の親交をさらに深めるためなどが視察の目的。一行は釧路の丹頂鶴自然公園やアイヌ文化古式舞踏を鑑賞し、さらに阿寒湖畔の施設も訪れた。
 
 蝦名大也釧路市長は昨年、何度となく台湾駐日経済文化代表処の馮寄台代表を表敬訪問。日台関係をより一層深めるため、日本の国宝である釧路に生息する丹頂鶴ニ羽を台湾台北市動物園に無償貸与した。今回の視察団らは、釧路で丹頂鶴の姿を見て、夫婦の様な姿に感動した、という。さらに国の重要無形民俗文化財に指定されているアイヌ古式舞踊文化、阿寒湖で人気のワカサギ釣りや四輪バイク乗りも体験した後、日本政府に認定され今年で六十周年を迎えたマリモ(毬藻)の成長過程を、阿寒湖畔にある施設で説明を受けた。
 
 翌日は釧路雪祭りの場に足を運び、全日空ホテルの洋食担当スタッフらが製作した「ビックとキカの歓迎氷像」を前に記念写真を撮影した。
 
 蝦名市長は馮寄台代表一行らに釧路の全日本ホテルで交流の場を設け、釧路市内に在住する台湾と日本の関わる政治家、経済人などが参加した。農林水産大臣政務官衆議院議員仲野博子氏、釧路日台親善協会会長清水幸彦氏、釧路市議会議員石川明美氏、戸田さとる氏など100人以上が集まり、釧路の蝦夷太鼓の音色を楽しみながら愉快な釧路視察の幕を閉じた。
 
 なお、2009年12月から2012年1月までの間に日本の海上保安庁が協力した海上トラブルは26件あるとのこと。
 

稲門会が新春講演会を主催

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流
0

日台稲門会主催の新春講演会が、2月4日早稲田大学で開催された。講演者は片倉佳史氏で、テーマは「台湾の現況と日台の絆」。片倉氏は早稲田大学教育学部の卒業。出版社勤務を経て、1996年から台湾に生活の基盤を移している。これまでに手がけたガイドブックは、30冊以上。著書に『台湾に生きている日本』『観光コースでない台湾』などがある。
 会場には150人以上が集まり、台湾への関心を示した。講演内容も片倉氏が15年以上にわたる、台湾での生活に根ざしたものとなった。「馬総統が日本企業と台湾企業との合弁を進め、中国に進出しようとするのには理由があります。それは、中国と台湾で問題が生じると国内問題ですが、日本がからめば国際問題、国と国との問題となるからです」「民進党のシンボルカラーが緑からピンクに変わりました」など、興味深い話しをユーモアを交え話して分かりやすく解説した。
 そして、台湾国民からの日本への莫大な義援金についても、以下のように解説した。
1, 日本への親近感
2, 1999年の台湾中部大地震の恩返し
3, 相互扶助の精神
4, 主体性に基づく行動
5, 日台間の結びつきの強さ
また、これらが台湾国民の特質であるとも言い添えた。
最後に片倉氏は「台湾はとても素晴らしいところなので、ぜひ訪れて欲しい」と語った。

復興支援ベースボールマッチ、台湾代表メンバー発表

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
0

3月10日の東日本大震災復興支援ベースボールマッチ(東京ドーム)で、侍ジャパンと対戦する台湾プロ野球の代表メンバー24人が1日発表された。

呂代表監督は選手の起用法について、日本側の先発・田中将大投手の昨季の被打率を考慮し、「左打者中心の打線を組む」とすると共に、東京ドーム出場経験のある選手を優先的に使う方針を明らかにした。

プロ野球台湾代表に選ばれた24人は次の通り。

【投手】8名
(ブルズ)陽建福、林其緯、沈鈺傑
(ライオンズ)林岳平、王鏡銘
(モンキーズ)曾兆豪、許銘倢、黄欽智

【捕手】3名
(ブルズ)鄭達鴻
(ライオンズ)高志綱
(モンキーズ)林泓育

【内野手】8名
(ブルズ)林益全
(ライオンズ)高国慶
(モンキーズ)林智勝、郭厳文
(エレファンツ)彭政閔、王勝偉、陳江和、黄仕豪

【外野手】5名
(ブルズ)張建銘
(ライオンズ)潘武雄、劉芙豪
(エレファンツ)周思斉、張正偉

代表チームが海外を訪問するのは、1990年に始まった台湾プロ野球史上初めて。チームは3月8日に新北市にある新荘球場で最終調整を行い、9日に東京入りする。中華民国の国旗・青天白日満地紅旗の刺繍が入ったユニフォームで試合に臨む。

釧路と台北の動物園が友好協定に調印

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
0

釧路市動物園は1月31日、台北市立動物園と友好協定を結んだ。自然保護や環境教育を理念とし、園の運営管理の質を向上できるよう相互交流を通して専門知識や経験を共有していくのが狙い。

調印式には釧路市動物園の山口良雄園長、台北市立動物園の金仕謙園長のほか、交流協会台北事務所の岡田健一総務部長、台北市教育局の丁亜雯局長らが出席した。

昨年、両園がタンチョウヅルに関する覚書を締結し、釧路がつがいのタンチョウヅルを台北に無償貸与されたのは記憶に新しいが、友好協定の調印で双方の動物交流にさらに弾みがつくことが期待されている。また、台北市立動物園では釧路市動物園にキリンを貸し出すことを計画中だが、釧路側の飼育設備等の問題もあり、今後検討を重ねていくとしている。

日本の豪華クルーズ船「にっぽん丸」が高雄に寄港

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
0

にっぽん丸

500人を超える乗客を乗せた日本の豪華クルーズ船「にっぽん丸」が1日、高雄に寄航した。高雄は台湾一周クルーズの2番目の停泊地で、「にっぽん丸」の寄航は9年ぶり。

先月27日に横浜を出港、28日に神戸に寄航した「にっぽん丸」は、1月31日に台湾東海岸の花蓮に到着。そして昨日、台湾南西部・高雄の香蕉碼頭(バナナ埠頭)に入港し、「龍獅戦鼓団」の太鼓に合わせた獅子舞踊りが「にっぽん丸」と乗船客を歓迎した。

(写真提供:中央社)

「キャンディ・キャンディ」いがらし氏、台北でサイン会を開催

taiwannp Posted in 日台 ー 交流
0

台湾でも人気の「キャンディ・キャンディ」。その漫画家、いがらしゆみこ氏(61)が2月1日、台北市内でサイン会を開催し、事前にネット登録したファン150人が駆けつけた。

世界中の本が集まる「第20回台北国際ブックフェア」(2/1~2/6)の会場である台北世界貿易センターの2号館でサイン会は開催され、ネット上でサイン会参加登録を済ませたファン150人と対面した。

いがらし氏は今回が2度目の来台。台湾では旧暦正月が過ぎたばかりと知り、日本のお正月を意識した服装で登場してファンを喜ばせた。

「キャンディ・キャンディ」(原作:水木杏子)は、台湾では「小甜甜」のタイトルで1979年に中華民国中国語と広東語吹き替え版が放映された。その後も1980年代に5回再放送され、30~40代の人々の幼少時代の思い出と重なる作品として台湾では知名度が高い。

第59期囲碁王座戦で張栩王座が4連覇達成

taiwannp Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合
0

第59期囲碁王座戦において、張栩王座が3連勝で碁聖のタイトルを保持する羽根直樹挑戦者下し、4連覇を達成した。
その就位式と祝賀パーティーが1月30日、ホテルオークラ東京(東京都港区)のメイプルルームで開催された。
張王座は台湾台北市の出身の32歳。10歳で来日し林象峰名誉天元門下に入門。2009年には史上初の五冠となる。羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路と合わせて平成四天王と呼ばれている。
第59期囲碁王座戦において、張栩王座が3連勝で碁聖のタイトルを保持する羽根直樹挑戦者下し、4連覇を達成した。
その就位式と祝賀パーティーが1月30日、ホテルオークラ東京(東京都港区)のメイプルルームで開催された。
張王座は台湾台北市の出身の32歳。10歳で来日し林象峰名誉天元門下に入門。2009年には史上初の五冠となる。羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路と合わせて平成四天王と呼ばれている。
会場には、囲碁関係者、マスコミ、ファン約200人が詰めかけた。
張王座は「5連覇を達成し、名誉王座を目指します」と新たな決意を述べた。