旧正月における台湾人の過ごし方と台北の風景

taiwannp2 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
旧正月における台湾人の過ごし方と台北の風景 はコメントを受け付けていません。

台湾は春節と呼ばれる旧正月期間の真っ只中である。しかも今年は曜日配列の関係で、大晦日にあたる1月9日から新年8日目の17日までの9連休となっている。台湾には、日本のようなお盆休みが存在しないため、一年の中で長期休暇がとれるのは旧正月期間のみであり、この期間を海外で過ごす人も多い。しかし、伝統的な親戚一同が集って「一族団欒」を過ごす風習も未だ根強く、この時期の台北では、普段とはひと味違った風景を目にすることができる。

まず、街を歩く人々が明らかに少なくなる。そもそも台北には3代続いているような「台北っ子」は決して多いとは言えない。現在の台北人の多くは1960年代後半以降の経済発展によって地方から流入してきた人々である。彼等の殆どは家族を連れて故郷へ帰省し、親戚とともに旧正月を過ごす。このため、仕事納めとなる大晦日の前日「小年夜」ころから各地への交通機関が混雑することになる。台鉄、高鉄、高速バスの一大ターミナルとなっている台北駅や、離島方面の航空便が発着する松山空港の混雑は特に顕著であり、大きな荷物や手土産を持った人でごった返す。その影響で、台北市内のMRTやバスの本数も減少する。普段であれば沢山の利用客がいるはずの路線でも、人影はまばらだ。市内を縦横無尽に疾走するスクーターもこの日ばかりは少なくなる。

そして、大晦日の日からは休業する商店が多くなる。台風の日も、1月1日の元日でも休業することがなかった店舗ですら、休業をするのがこの時期である。普段は午後9〜10時まで営業を続けている飲食店や百貨店も、大晦日の日はその多くが営業時間を午後6時前後までとし繰り上げ閉店となった。特に、大晦日から初三(三が日)までは多くの商店や飲食店が休業する。こうなると営業を続けている商店はコンビニかファーストフード店となるが、場所によっては頼みの綱のコンビニですら臨時休業する場合もある。仕事などの事情で帰省できない一人暮らしの若者にとっては、辛い期間であると言えるだろう。仕事を休んで一族揃って、食べて、寝て、遊んでと言うのが、台湾人の旧正月の過ごし方なのだ。

とは言うものの、元旦を迎えれば、台北にも人々が多く集まる場所がある。廟、夜市、百貨店、そして映画館やカラオケボックスなどである。先にも述べたように台湾では「一族団欒」を大切にする風習があるが、勿論旧正月期間中ずっと家でこもっている訳ではない。一族で街へ繰り出し、廟で初詣をし、映画館やカラオケボックスで親睦を深め、百貨店でウィンドーショッピングをし、夜市で腹ごしらえをする。ただ、夜市に関しては、屋台の経営者も休暇を取っていることもあるので、目当ての屋台が営業しているかは限らないのだが、「家にいてもつまらないから、とりあえず外へ出てみよう」と言う家族連れが続々と集まってくる。これらの場所の活気は、通常と変わらない光景が広がっており、ひっそりと静まり返った大晦日に比べると、不思議な安心感を抱かずにはいられない。

この様に見ると、台湾、特に台北の旧正月は日本人が観光するには適さない時期かも知れない。しかし、この期間中に各地で見られる台湾人の仲睦まじい「一族団欒」の姿からは、台湾人の人情味ある心の温かさの源を垣間みることができるだろう。日本では二年前の東日本大震災以降、「絆」と言う言葉がクローズアップされるようになったが、台湾人の様に一族が集って食卓を囲み、同じ時間を過ごすことこそが、家族や一族の団結に必要な習慣なのではないだろうか。台湾の一見何もない旧正月の過ごし方は、台湾人の家族を大切にすると言う考えが大きく反映されており、日本人にも学ぶ点が多いのではないだろうか。

意外と寒い台北の冬の生活

taiwannp2 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
意外と寒い台北の冬の生活 はコメントを受け付けていません。

台湾は中部の嘉義、東部の花蓮を通る北回帰線を境に、北部が亜熱帯気候、南部が熱帯気候に属している。緯度的にも沖縄本島より南に位置する台北は、冬でも暖かいと言うイメージを抱いている人もいるだろう。実際、2月第一週は好天に恵まれ、最高気温も25度前後と、汗ばむ陽気となった。しかし、それは晴れた日の場合であって、分厚い雲がひとたび太陽を覆い隠してしまうと、寒さとの戦いを強いられることになるのは意外と知られていない。

 

どんよりとした雲に覆われる台北101。

どんよりとした雲に覆われる台北101。

 

台湾の中央気象局の統計によると、今年一月の台北の平均気温は16.7℃であり、東京の5.5℃と比較すると11℃以上も暖かい計算になる。しかし、相対湿度を見てみると、東京の47%に対して台北は75%、昨年一月の台北の相対湿度に至っては85%と、台北の冬がいかにジメジメしたものであるかがお解りいただけるだろう。気温自体は決して低い訳ではないのだが、東京を遥かに上回る湿度が、台北の寒さの原因なのである。

 

では、この湿度の高さは何に起因するのであろうか。その一つは「東北季節風」である。これは冬になると日本列島の方角から吹き込んでくる湿った季節風であり、台湾北東部に雨雲を発生させる原因にもなっている。基隆は特に東北季節風の影響を受ける場所としても知られ、2008年2月の累積日照時間は29日間で僅か2時間、日本人に人気の観光名所である九份も、晴れた日に訪れることが出来れば現地の人から「運が良い」と言われる程である。また、台北は盆地であり、四方を山に囲まれていることから、雨が降りやすいと言う地理的条件も重なっている。

 

街を歩く人の姿を見ても、ダウンジャケットにマフラー、手袋と言う重装備の人を目にすることができる。特に風を切って疾走するスクーターを移動手段とする人にとってみれば、なおさら防寒対策が必要となる。しかし、台北の冬の厳しさは、屋外だけではない。台湾の一般家庭や、公共交通機関には、基本的に暖房が備え付けられていないため、外から自宅に戻ってきても、ジャケットやコートを着続けることはもはや普通だ。そればかりか、除湿のため、そして換気のため、あえてクーラーを運転させる場所もある。寒空の下で長時間バスを待ち、やっとの思いで飛び乗ったバスの車内が、外気より寒く、吐く息が白くなったと言うのは、嘘のような本当の話である。

 

また、ジメジメした台北の冬の弊害はこればかりではない。部屋中のありとあらゆる場所に発生するカビは、台北で生活する人とは切っても切れない問題だ。温暖湿潤の気候は、カビにとっては絶好の生育空間なのである。タンスの中の洋服、しばらく使っていなかった鞄、靴、壁、本棚、腕時計のベルトなど、気がつくと真っ白になっていることがある。勿論、東北季節風の影響を受けない中部や、気候が異なる南部、東部の冬はこればかりではない。しかし、台北の冬に限ってみれば、台北には台北の厳しさが存在する。日本に住んでいる人から「暖かそうで羨ましいです」と声をかけられるが、「日本の冬こそ、暖房があってカビが生えないから羨ましいです」と返事をしたくなる。

MRT信義線年末開通で変化する台北交通網

taiwannp2 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
MRT信義線年末開通で変化する台北交通網 はコメントを受け付けていません。

郝龍斌台北市長は1月3日、建設中のMRT信義線大安駅を視察し、「(信義線は)東西を結ぶ二番目の幹線になり、信義線に乗って市政府の年越しイベントに参加できる」と今年末の開通を宣言した。MRT信義線は中正紀念堂から東門、台北101/ワールドトレードセンターを経由して象山を結ぶ6.4Kmの路線で、開通後はMRT淡水線と直通運転を行なう計画だ。

 

建設が進むMRT信義線。現在地上では歩道拡張工事が行なわれている。

建設が進むMRT信義線。現在地上では歩道拡張工事が行なわれている。

 

台北MRTは1996年の木柵線(現文山線)開通後、着実に路線と営業距離を伸ばしてきた。2011年12月現在の営業距離は112.8Km、一日平均170万人が利用しており、通勤通学、そして観光客の重要な交通手段として欠かすことのできない存在である。特に近年は2009年内湖線、2010年蘆洲線、2011年南港線延伸区間、2012年新荘線(蘆洲線とあわせて新蘆線とも言われる)と開通が相次ぎ、ほぼ一年に一路線のペースで新しい区間が営業を開始している計算になる。

 

現在、台北市内の南北を結ぶ路線は淡水線、文山内湖線(文湖線)、中和新蘆線の三路線があるが、東西を結ぶ路線は板橋南港線(板南線)のみであり、ラッシュ時になると台北ー忠孝復興の各駅では乗客が乗り切れない「積み残し」が出るなど、慢性的な混雑が続いている。また、万が一板南線が運転見合わせをした際には代替路線がなく、混乱に拍車をかける結果となっている。このため、利用者からすれば郝市長の信義線開通宣言はまさに待望の発表と言えるだろう。象山駅付近に住む男性は「今まで乗り換えが必要だった淡水や士林夜市に遊びに行きやすくなる」と信義線開通を歓迎している。

 

既に駅名表が掲げられた台北101/ワールドトレードセンター駅。

既に駅名表が掲げられた台北101/ワールドトレードセンター駅。

 

しかし、信義線の開通によって、MRTの運転形態が大きく変わることが予想されている。現在、中正紀念堂で新店線と直通運転を行なっている淡水線が、信義線との直通運転を開始するからだ。これにより、新店線は淡水線との直通運転を中止し、小南門を経由して西門への運転へと切り替わり、将来的には建設中の松山線と直通運転することが計画されている。そのため、新店線の利用者は、今まで乗り換えなしで行くことができた台北駅や北投、淡水方面へ行くには、中正紀念堂での乗り換えが必要となる。

 

中和新蘆線と信義線の乗り換え駅である東門駅。

中和新蘆線と信義線の乗り換え駅である東門駅。

 

昨年9月の新荘線忠孝新生ー古亭間が開通した際も同様であり、それまで淡水線北投まで直通運転を行なっていた中和線が、新蘆線への直通運転に切り替えられ、淡水線方面への利用客を中心に、反対の声が持ち上がった。このため、台北MRTは切り換えの3ヶ月以上前から運転本数の増加や古亭や忠孝新生での乗り換えの便利さを大々的に宣伝し、乗客への理解と周知の徹底を求めたが、淡水線方面への利用者にとってみれば、乗り換えの手間が増えたことに変わりはない。永安市場駅近くに住む女性は「台北駅に行くのに不便になった。新蘆線と直通運転しても、そこへ行く用事もない」と語る。

 

中和新蘆線と新店線の乗り換え駅である古亭駅。同一ホームでの乗り換えができる。

中和新蘆線と新店線の乗り換え駅である古亭駅。同一ホームでの乗り換えができる。

 

信義線開通に伴う新店線の運行形態変化に関して、既に一部の利用者から不満の声が上がっている。このことは台北MRTも認識しており、信義線開通後の運行形態について「運行効率と利用客の乗車習慣を考慮した上で、早ければ6月には正式決定したい」としているが、信義線のラインカラーは既に淡水線と同じ赤が使用されており、淡水線と信義線の直通運転の予定が覆される可能性は低そうだ。今後新店線利用者に対してどのように理解を求めて行くのか、台北MRTの手腕が試される。

報道自由度ランクで台湾がアジア1位獲得

taiwannp7 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
報道自由度ランクで台湾がアジア1位獲得 はコメントを受け付けていません。

 ジャーナリストの国際団体「国境なき記者団」(本部:パリ)が1月30日、世界179カ国の地域を対象にした「2013年度世界の報道自由度ランキング」を公表し、台湾がアジア最高位を獲得した。
 2002年より毎年発表されているこのランキングは、国や地域ごとにどれだけ自由な報道が認められているかを示すもので、13年、台湾は世界で47位と昨年より2ランク後退したが韓国(50位)と日本(53位)より上位のアジア最高位だった。
 日本は東京電力福島第一原発の事故で開示される情報が限定された事などで、昨年の22位から53位へと大幅に後退した。これに対しミャンマーは、民主化への取り組みが評価され169位から151位に、アフガニスタンは150位から128位にランクを上げた。
 また、中国は昨年より1ランク順位を上げたものの、173位と最下位から7番目と依然として低位置。ミニブログの「微博」(ウェイボー)などへの規制強化など世界最大の“ネットユーザ牢獄”とされている。
 このほか、ワースト4はエリトリア、北朝鮮、トルクメニスタンと昨年と同じ顔ぶれ。北朝鮮に関しては、「金正恩体制発足後もニュースや情報の完全な統制に変化はない」と厳しい評価だった。
 なお、トップ3はフィンランド、オランダ、ノルウェーで上位のほとんどを欧州諸国が占めた。

中信金前董事長辜濂松告別式 政商要員約3000多人出席

taiwannp9 Posted in 社会・生活
中信金前董事長辜濂松告別式 政商要員約3000多人出席 はコメントを受け付けていません。
馬英九總統頒發褒揚令,表彰辜濂松對國家的貢獻(照片由中信金控提供)

馬英九總統頒發褒揚令,表彰辜濂松對國家的貢獻
(照片由中信金控提供)

台灣最大金融集團中國信託金融控股公司前董事長辜濂松,於去年12月6日病逝於美國紐約,享年80歲,日前(1月6日)辜家選在台北國際會議中心大會堂舉辦告別式。告別式上包括總統馬英九、前總統李登輝、副總統吳敦義、前副總統連戰和印尼前總理哈比比、代表日本副首相麻生太郎前來的胞弟麻生泰和日本日華議員懇談會幹事暨眾議員藤井孝男等海內外卸任元首、各界政商人士,約有3000多人出席追悼。

家屬致感謝詞(照片由中信金控提供)

家屬致感謝詞
(照片由中信金控提供)

為表彰辜濂松對國家、社會的貢獻,馬英九總統特頒褒揚令,並頒予國民黨實踐一等獎章及證書,由辜濂松的夫人辜林瑞慧女士代表家屬接受。此外,馬英九總統在告別式上也表示:辜濂松先生在經濟、外交等方面有許多的貢獻,讓台灣不僅成功地透過經濟成績,重新站上國際舞台,也協助台灣在外交上的發展,實為中華民國拓展經貿外交的一雙隱形翅膀。當台灣外交陷入困頓之際,辜濂松透過各國際經貿組織,推動民間實質經貿外交,因而有「企業外交家」之譽稱,同時,辜濂松也因曾任東亞經濟人會議議長一職,對擴大台日兩國的經濟交流頗具貢獻,因此,去年春天獲日本政府頒贈「旭日重光章」。

中国信託HD、辜濂松会長の告別式

taiwannp7 Posted in 社会・生活
中国信託HD、辜濂松会長の告別式 はコメントを受け付けていません。

辜濂松氏の告別式の様子

辜濂松氏の告別式の様子

中国信託銀行(新北市内の支店)

中国信託銀行(新北市内の支店)


 ~馬英九総統、李登輝前総統など国内外から要人3000人が追悼~
 台湾最大の金融グループ、中国信託ホールディングス(傘下に大手銀の中国信託銀行、中信ホテルグループ、中信不動産など)の創業者辜濂松(こ・れんしょう)会長の告別式が1月6日、台北市の国際会議センターの大会堂で執り行われた。辜会長は、ちょうど1ヶ月前の昨年12月6日、入院先のニューヨークで死去、亨年79(台湾の数え年では80歳)だった。 
 告別式には馬英九総統や李登輝前総統、インドネシアのハビビ前総理など国内外から要人3000人が参列して辜氏を追悼した。
 参列した馬総統は「辜氏はビジネス、外交の方面で多大な貢献をした。台湾の経済貿易の力で国際舞台に戻ることを成功させ、また台湾の外交の翼でもあっ台湾を代表する企業家である辜氏は、1966年に中国信託銀行の前身である中華証券投資会社を設立。台湾が71年に国連を脱退して国際社会で孤立するなか、財力と人脈を生かして日・米・中などの民間交流に尽力した。日・英語も堪能で、通称「企業外交官」とも呼ばれていた。また、台湾の経団連に相当する台湾工商協会・会長の要職を94年より9年間務めるなど台湾経済界の重鎮でもあった。さらに日・台の経済交流機関である、東亜経済人会議の議長も務め、日・台経済交流拡大に貢献したことから、昨春には旭日重光章を受勲した。た」と生前の功績を賞讃。続いて李前総統も挨拶した。
 中国信託HDの子会社、中国信託銀行は現在、第二地銀大手・東京スター銀行(旧東京相和銀行)の買収交渉を進めている。

 

台湾の無線インターネット利用者、人口の半分近くに

taiwannp1 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
台湾の無線インターネット利用者、人口の半分近くに はコメントを受け付けていません。

台湾ネットワークインフォメーションセンター(TWNIC)は、12月26日、「2012年台湾無線インターネット利用調査」の結果を発表した。それによると、全国の12歳以上の国民のうち、無線インターネット接続の利用者数は前年同期比11.9%増の976万人となり、これは全人口の半数近くにのぼった。

接続機器は、ノート型パソコンとスマートフォンが多く、それぞれが無線インターネット接続回数の総数に占める比率(相対度数)は、53.66(ノートパソコン)と50.52(スマートフォン)だった。同調査は今年8月27日から10月3日に、電話アンケート形式で実施された。

台湾にTSUTAYA1号店がオープン

taiwannp Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
台湾にTSUTAYA1号店がオープン はコメントを受け付けていません。

 

店舗イメージ

店舗イメージ


 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(代表取締役社長:増田宗昭、以下CCC)は12月27日、日本国内に1472店舗展開する「TSUTAYA」の台湾第1号店として、「TSUTAYA亞藝影音 民権店(ツタヤ ヤイ インイン ミンチュアン ティエン)」をオープンした。
 
 これは2012年6月に台湾・CMCグループとCCCが締結した戦略的資本・業務提携の一環として行うもので、CMCグループ傘下で、映像パッケージレンタルや販売を手がけている「亞藝影音 民権店」を、TSUTAYA1号店としてリニューアルする。
 
 「TSUTAYA亞藝影音 民権店」は、TSUTAYAが長年日本で培ってきたデータベースマーケティングに基づく品揃えや作品提案のノウハウ、店舗内の質感、そして日本式のクオリティの高い接客を取り入れて、リアル店舗ならではの商品との出会いの”場”を創造し、今までの台湾には無かった、全く新しい顧客価値のあるエンタメショップを目指すとしている。
 

世界幸福感調査で台湾人の75%が「幸せ」

taiwannp7 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
世界幸福感調査で台湾人の75%が「幸せ」 はコメントを受け付けていません。

IMG_0009IMG_0004

~ギャラップ調査 富や秩序 国の発達とは比例せず~
 世論調査機関のギャラップが12月19日、全世界を対象とした「自分の国に対する幸福感」のランキングを発表した。それによるとラテンアメリカの国々が上位10カ国中8カ国を独占した。アメリカと中国が同順位で台湾はその後に続き、最下位はシンガポールだった。
 ギャラップは2011年に148カ国を対象に調査を実施し、各国1000人ずつ同様の質問をして回答を得ている。質問事項は、休みが十分とれている、人権を尊重されている、いつも気持ち良く笑っていられる、楽しい事や面白い事がある、いつもハッピーであるなど。
 台湾人の75%が上記5つの質問に対して、「そう思う」と答えた。そのほかの国ではアメリカと中国が76%、日本72%、香港69%、韓国63%という結果が出た。調査全般を見てみると、上位10カ国中8カ国を占めたラテンアメリカの国々の国民が一番ポジティブに考えていることが判明した。
 1位となったのは85%の国民がポジティブな回答をしたパナマとパラグアイ。3位~10位はエルサルバドル、ベネズエラ、トリニダード、トバゴ共和国、タイ、グアテマラ、フィリピン、エクアドル及びコスタリカと続いた。
  一方、ラテンアメリカの国々は幸福度指数の調査ではあまり良い結果は出てはいない。例えば内戦と暴力団組織に関わる犯罪が深刻なグアテマラは国連が調査する人類発展指数では、最下位(イラク)から2番目という順位。グアテマラの30歳の男性は「グアテマラ人は皆親切でいつもニコニコして暮らしている。それは美しい大自然の中で生活しているから、嫌なことも直ぐに忘れてしまうのです」と語っている。
 今回の調査では、世界的にも富があり、秩序が保たれ、発展しているといわれているシンガポールでは46%の国民だけがポジティブな感情を示している。他の先進国も以外にもランキングは下位に低迷。特にドイツとフランスは貧困国のソマリランドと同順位であった。
 また、アルメリアをはじめ、イラク、グルジア、イエメン、センビアが最も不幸な国の上位にランクインしていた。

台湾の幸福度はアジア四虎の中で一位

taiwannp7 Posted in 台湾 — 総合, 社会・生活
台湾の幸福度はアジア四虎の中で一位 はコメントを受け付けていません。

 ギャラップの調査によると、台湾の幸福度はアジア四虎(台湾、香港、シンガポール、韓国)の中で一番だった。この結果を受けて馬英九総統は「台湾社会のことを国民の皆さんはそんなに良くないと感じているようだが、それほど悪い社会ではない」と述べた。また、皆に台湾にもっと自信を持ってほしいとも。
 これは馬総統が12月21日、南山高中(高等学校)の生徒らと話した時の談話である。同校のバスケットボール部は強豪で知られており、学校の看板となっている。いままで、多くの大会で優勝した実績を誇っている。馬総統は学生達との会話でそのことを称賛し、「皆さんはこの実力を維持し、さらに語学力も身に付けて欲しい。将来はいろいろな国へワーキングホリデーに行ったり国際ボランティアに参加する事もできる」とレクチャー。さらに馬総統は、スピーチの際に現代の若者にとても自信があるとした。大人は「最近の若者は・・・」と言うが、総統は「どんな世代でも短所、そして長所があるものだ」と話す。馬総統は、若者は今後の人生において、沢山のチャンスがあるのだから引き続き頑張って欲しいと応援のエールを贈った。
 馬総統は、スピーチ終了後も生徒らとコミュニケーションを図り、同校を卒業して今ではバスケットボールチームの名監督として知られている顔行書さんとも談笑した。顔さんは、今回の特別な機会を利用してバスケットボール部員の進路と台湾の今のバスケットボール界の環境について、「もっと多くの台湾企業のスポンサーが欲しい」と総統に懇願。それに対し総統は、早速台湾の教育部と体育委員会に検討するように指示した。
 このほか総統は学生たちに対し、「現在の12年の国民教育(小学校、中学校、高校)の中で、両岸の学生が交換留学をしたり、また、コミュニケーションをとる機会が沢山あり、皆さんにとって、今が最も良いチャンス」と激励。学生たちの反応も良く、馬総統と同校の学生との交流の場は大変盛り上がった。