noovy初ワンマンライブ開催!3000枚達成を目指す

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
noovy初ワンマンライブ開催!3000枚達成を目指す はコメントを受け付けていません。

 

台湾大手マネジメント会社「Eelin」所属の台湾出身バンド「noovy」が4月23日、渋谷TSUTAYA O-nestで初となるワンマンライブを行った。ライブ最後には、7月10日までに4月26日発売となるミニアルバム「ONE」を3000枚達成できたらSonyMusic日本より「日本でメジャーデビュー」とのミッションも発表された。

駆けつけたファンらと記念撮影©キセキミチコ(KISEKI inck)

同バンドは、平均年齢19歳の4人組バンドで、日本での活動を本格化させるべく2017年1月に来日した。滞在は3カ月間で、期間中の目的はインディーズ版の自身初となるシングルCD「KALEIDOSCOPE」1000枚を売り切る事。達成できたら初のワンマンライブ開催とのミッションのため、メンバーはトレーニングのほか、都内各所のライブハウスやHMVでのインストアライブを重ね、次々にファンをつけていった。そして、3月に見事1000枚完売を達成し、念願のワンマンライブ開催となった。

noovy初ワンマンライブ大成功に終わる©キセキミチコ(KISEKI inck)

当日は多くのファンが押し寄せ、会場が満杯となった。「ONE」の収録曲を中心に、日本語、中国語、英語を交えながらアンコールを含め全11曲を披露した。また、ライブ後にはファンミーティングも行い、今まで支えてきてくれたファンとの交流を図った。

多くのファンを魅了

メンバーは同ライブ後に、「ファンと一緒に楽しむ事ができた。まだまだ未熟ではあるが頑張っていきたい」とコメントしたほか3000枚達成について、「これは1つの挑戦だ!どんな事があろうと絶対に売り切ります!」と元気いっぱいに意気込みを語った。

若さ溢れるnoovy体操を披露©キセキミチコ(KISEKI inck)

ライブ中は涙を流していたファンも少なくなく、さらに、最前列を獲得するため、4時間前より並んだファンや、台湾から駆けつけたファンもいた。

また、ライブ中「日本初ワンマンライブおめでとう」との手作り横断幕を披露していた女性グループは、「日本生活は大変だと思うけど、いつでも暖かい気持ちで応援している」との意味を込めて作ったとし、ワンマンライブ開催ができて本当に嬉しいと話した。

ファンによる手作りの横断幕

なお、同バンドは、2014年にEelinが開催したオーディションで「音楽部門グランプリ」を獲得した4人で結成。その後、日本と台湾のトレーニングを経て昨年9月、「SonyMusic台湾」より台湾でメジャーデビューしている。

(2017/4/24)

 

 

 

「台湾デー」喔熊やタイワンダーらも駆けつけ大盛況

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
「台湾デー」喔熊やタイワンダーらも駆けつけ大盛況 はコメントを受け付けていません。

西武プリンスドームが台湾一色に染まるイベント「台湾デー」が今年も盛大に開催された。台湾デーとは、台湾観光局特別協賛の下、埼玉西武ライオンズ(以下:西武)が4月22日と23日の2日間、対北海道日本ハムファイターズ公式戦において行った台湾色満載のイベントで、今年で3回目の実施である。

当日は、台湾観光局スーパーミッション隊組長「喔熊(オーション)」と台湾の島の形をした「タイワンダー☆」が会場に駆けつけ、ドーム前広場特設ステージでダンスを披露するなど同イベントを盛り上げた。また、台湾伝統芸能の紹介として、22日は「三太子」、23日は「台湾獅子舞」が、同ステージのみならず、試合開始前のグランドでもパフォーマンスを披露してドーム全体を沸かせ、台湾デーは大盛況となった。

喔熊とタイワンダー☆と獅子舞が登場

なお、台湾観光局は、来場者への台湾観光PRとして、観戦チケットを持っている全員に台湾観光局と西武がコラボレーションしたオリジルクリアファイルの配布を行ったり、高級台湾茶などが先着でもらえるスタンプラリーの実施をした。さらに試合中には両日共にペア一組に台湾旅行が当たる抽選会や、台湾デーオリジナルグッズが当たる企画を設け、来場客に台湾に対する関心を深めた。

台湾特命観光大使台湾担当部長のレオとライナが観光地を紹介

このほか、ドーム前広場では、本格的な台湾の味を堪能できるグルメワゴンが来場し、タピオカミルクティーやマンゴーかき氷などの台湾グルメの販売を行ったほか、西武の台湾出身の呉念庭選手がよく食べるという角煮のお弁当をアレンジした「台湾風角煮弁当」の販売も行った。

台湾のグルメワゴン来場

また、喔熊がデザインされたパネルや小籠包やマンゴーかき氷のオブジェと撮影が可能なフォトブースが設置されており、多くの野球ファンが記念撮影をしていたのが見受けられた。

マンゴーかき氷のオブジェ等設置してあるフォトブース

なお、23日の試合では、背番号「7」のユニフォームを身に着けた台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表が始球式を務めたほか、台湾デー開催に感謝の意を込めた贈呈品が、台湾観光協会東京事務所の鄭憶萍所長によって西武の辻発彦監督に手渡された。

謝長廷代表による始球式(写真提供:民報社)

謝長廷代表(右)・ライナ

謝代表は始球式後のインタビューで、「台湾デーは、会場に来ている観客や、テレビで試合を鑑賞しているファンに台湾を発信できる。このような日台の文化交流は今後も更に大きく発展していってほしい」とコメントした。

記念撮影左から、レオ、喔熊,、タイワンダー、ライナ

(2014/4/24)

「ドリームジェット」で愛と友情を

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ, 社会・生活
「ドリームジェット」で愛と友情を はコメントを受け付けていません。

新しく導入された「ドリームジェット」

エバー航空とサンリオ社が提携した新特別塗装機「ドリームジェット」が4月10日、東京国際空港ターミナルから初就航した。同塗装機は、エバー航空とサンリオ社が2005年に業務提携してより12機目。現在エバー航空の特別塗装機が就航している地域は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア各地を含め全16路線となった。同塗装機は、ハローキティをはじめ、ポムポムプリンやマイメロディーなどの人気サンリオキャラクターが一堂に会した夢のような「ドリーム」ジェットとなっている。

客室乗務員が機内アイテムをPR

なお、エバー航空は3月には「バッドばつ丸ファントラベルジェット」を既に導入しているほか、5月には「パーティージェット」、6月には「なかよしジェット」と、今年上半期で全4機を導入予定。それぞれ異なる路線を運航するとしている。
「ドリームジェット」の就航を記念して同日、羽田空港搭乗ゲートで就航記念式典が行われた。同式典には主催であるエバー航空広報部スポークスマンの柯金成氏、来賓として、台北駐日経済文化代表処の梁毅鵬顧問、台湾観光協会東京事務所の鄭憶萍所長、東京国際空港ターミナルの土井勝二代表取締役社長、サンリオアジアの辻友子CEO、サンリオアジアの川井良文CMO、サンリオ台湾の李明勲COOが出席した。

柯氏は、「2016年には日台間の双方往来が600万に達し、今年は700万を突破すると予想されている。サンリオ社と新しいコラボ塗装機を導入する事で新な旅行ブームを創出し、日台間の交流をさらに深める事に貢献すると共に、お客様に夢いっぱいのフライトを提供する」とコメントした。

エバー航空スポークスマン柯金成氏

梁顧問は、「エバー航空はサービス面や安心面でも世界中で高い評価を受けており、台湾の誇りである」と強調したほか、近年日台関係が密接となり、交流内容も深く豊富になってきている事に言及し、「たくさんの日本人が『ドリームジェット』に搭乗し、美しい台湾を観に来てほしい」と同塗装機就航を祝した。また辻CEOは、「世界中に愛されているサンリオキャラクターが、幸せの象徴である虹に乗って愛と友情を届ける」とデザインのコンセプトについて話したほか、「今後愛と友情を運ぶお手伝いができたら良い」と想いを語った。

サンリオアジア辻友子CEO

同式典ではテープカットを行ったほか、スペシャルゲストとしてハローキティとダニエルが登場してダンスを披露したのち、搭乗客との記念撮影を行った。

キティとダニエルが可愛らしいダンス披露

さらには搭乗者ひとりひとりに客室乗務員より記念品が手渡され、搭乗者らは幸せそうな笑みを浮かべながら機内へと搭乗していった。

 

搭乗者らに記念品が配られた

エバー航空は、イギリスのDaily Mail誌で「世界八大塗装機」に選出されたほか、アメリカのGlobal Traveler誌で卓越したサービスに贈られる「Leisure Lifestyle Award for Outstanding Customized Service」を受賞する等現在世界でも高い評価を受けている。

キティとダニエルと一緒に記念撮影

 

(2017/4/10)

劉若英来日!「後來」等42曲熱唱

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
劉若英来日!「後來」等42曲熱唱 はコメントを受け付けていません。

 

中華圏で大人気の女優で歌手の劉若英が3月23日、Zepp DiverCity TOKYOでライブ「Renext WORLD TOUR」を開催した。劉若英が日本でライブを行うのはこれが初となる。当日は国籍を超えた多くのファンが駆けつけた。

劉若英の大ヒット曲となった日本歌手「kiroro」の中国語カバー曲「很愛很愛你」や「後來」、「アンジェラ・アキ」の中国語カバー曲「繼續―給十五歳的自己」のほか、アンコールを含めおよそ3時間に及ぶステージで、全42曲を熱唱した。中にはアジアの人気バンドMAYDAYの「乾杯」や、他の台湾歌手のヒット曲を歌うなどして、会場を沸かした。

レネリウ歌声披露

曲の合間には「もう桜咲いた?誰が私と一緒にお花見してくれるの?」等ファンに問いかけながら交流を図ったり、「本当に?すみません」との日本語も披露した。

また、特殊な演出効果等の工夫がされていたり、衣装チェンジを多数行う等、歌声以外の部分でもファンを魅了した。全ての曲をファンも一緒になって熱唱し、全員が携帯のカメラの光で会場を照らす場面もあったり等、終始会場が一体となっていた。
劉若英は「最初の海外旅行は母に連れられた東京。デビューしてより22年、ようやく東京に来る事ができた。今日はたくさんの初めてがあって嬉しい。これからも努力し常に好奇心を持ちながら歌を歌っていきたい」と日本でのライブが叶った事に対しての想いを語った。

日本初ライブ!ファンを熱狂

劉若英は1994年に映画「少女小漁」で女優としてデビューし、台湾アカデミーの最優秀主演女優賞。アメリカで声楽やピアノを学んだ経験もあり、元々歌手志望だった劉若英は歌手としてもデビュー。現在では台湾だけではなく中国大陸でも大人気だという。

同ライブにも中国大陸のファンが多く見られ、劉若英のニックネームでもある「奶茶」とのフェイスシールを貼っているファンも多く目立った。中国大陸から来たファンは、こんなに近くで見れる機会がほとんどないため、興奮が冷めない様子だった。
なお、4月にはオーストラリアやアメリカ等世界4ヵ国でのライブを予定している。

中国大陸のファン「i love 奶茶」

 

(2017/03/24)

主演・張震が来日!「牯嶺街少年殺人事件」舞台挨拶で想いを語る

taiwannp12 Posted in エンタメ・スポーツ
主演・張震が来日!「牯嶺街少年殺人事件」舞台挨拶で想いを語る はコメントを受け付けていません。

 

台湾映画「牯嶺街少年殺人事件」が3月11日より25年ぶりに日本で上映開始した事を祝して、主演の張震と余為彦プロデューサーは3月14日、角川シネマ有楽町で舞台挨拶を行った。会場には張震の役者仲間である妻夫木聡がスペシャルゲストとして登場し、花束をプレゼントした。また、同舞台挨拶は、チケット発売開始してより数分で売り切れるほど大人気で、当日は多くのファンが駆けつけ満席となった。

記念撮影左から余プロデューサー、張、妻夫木

同作品は1991年に日本で初公開してより現在までDVD化されず、幻の傑作作品と呼ばれてきた。同作品の楊德昌監督が亡くなってより10年の節目に、3時間56分のデジタルリマスター版としてこのほど日本での再上映が決定した。

楊監督と様々な映画でタックを組んでいる余プロデューサーは、楊監督について「この作品のために台湾や香港で共に撮影して過ごした時間は本当に貴重である。亡くなって10年たった今でも、僕らをひっぱっていってほしい」と話した。また張震は、「楊監督もこの作品自体も僕にとっては特殊な存在。この作品がなければ、この仕事に就く事はなかっただろう」と想いを語った。

 

同作品の張さんが演じる「小四」の父、兄役は張さんの実の父と兄であり、母も数秒間だけ登場しているという。これに対し張震は、「当時撮影していた時は、まだ演技というものがわかっておらず、混乱する部分もあったが、今となっては、1つの作品に自分の家族の姿を表せるというのは、とても得難い事」とコメントした。また、余プロデューサーは同作品について、作品の軸となるのは、恋愛のもつれが原因で起きた殺人事件ではあるが、1949年に「小四」の父母のように台湾に逃げてきた外省人の困難と不安が描かれていると強調し、「楊監督はその台湾当時の時代の雰囲気を出したかったのではないか」と話した。

なお、妻夫木は「張さんは本当に良い人なんだよ!」とコメントしたほか、「光と闇が特徴な映画で、脳裏に焼き付く独特な力を持っている。最近の映画は主観的にとらえている映画が多いが、この作品のようにこんなにも色々な顔を持っている映画は珍しい」と同作品についても熱弁した。

また張震から、先日、映画「怒り」で第40回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得した妻夫木を祝して、勝負パンツの柄にしている「ジョーズ」をプリントした水着をプレゼントすると、会場が一気に湧く場面もあった。

張が妻夫木に勝負下着と同じ柄の水着をプレゼント

同作品は3月11日より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)ほか全国順次ロードショー中だ。

(2017/3/15)

牯嶺街少年殺人事件、25年ぶりに日本公開

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
牯嶺街少年殺人事件、25年ぶりに日本公開 はコメントを受け付けていません。

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』© 1991Kailidoscope

エドワード・ヤン監督が1991年に発表した最高傑作映画「牯嶺街少年殺人事件」が3月11日より25年ぶりに日本公開される。3時間56分の長編版だ。本作品はBBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選出され、2015年には釜山映画祭が選出した「アジア映画ベスト100本」の代7位に選出される等、映画史上に残る傑作として評価され、これまで世界中のクリエーターや多くの映画ファン達に熱狂的に支持されてきた。1960年代の台湾を舞台に、実際に起きた事件に着想を得た本作品は、少年少女の青春のきらめきと残酷さ、そして「時代のうねり」を鮮烈な映像と秀逸な脚本で映し出し、さらにはその背景の社会も透徹した視線で描き切った伝説の映画である。3月11日より角川シネマ有楽町、18日より全国順次ロードショー。

問い合わせ ビターズ・エンド 03-3462-0345

「Zodiac」日本再上陸、演出効果で観客魅了

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
「Zodiac」日本再上陸、演出効果で観客魅了 はコメントを受け付けていません。

Zodiac 舞台と映像の演出効果

台湾を拠点に活動している劇団「莎士比亜的妹妹的劇団」が来日し、3月2日から5日まで、上野ストアハウスで「Zodiac」を上演している。日本での公演は昨年5月に茨城県「百景社アトリエ」で上演してより2回目である。
「Zodiac」とは、1960年代のアメリカ連続殺人鬼の自称であり、同公演はその殺人鬼から着想を得た二人芝居となっている。殺人鬼はFaさん、そして彼の周りの様々な人間は頼玟君さんによって演じられた。
舞台と2つのスクリーンに映し出された映像の組み合わせによった演出が特徴的なのに加え、バックスクリーンには字幕も映し出されていたが、言葉を発さず表情や体全体の動きで表現する場面も多く、言葉がわからずとも目でも楽しめる2人の体を使った圧倒的パフォーマンスには、「Zodiac」の世界観に引き込まれる。

パフォーマンスに注目 頼さん(左)・Faさん(右)

また、同公演のため新たに収録した部分や内容が少し変更した所も多々あり、前回来日の公演とはまた違った演劇が味わえるようになっている。
出演者のFaさんは「台湾の劇場は今回の上野ストアハウスのように住宅地には建てないので、このような場所で上演する事ができるのは面白い」とコメント。頼さんは「前回来日の時とは内容が少し異なっているため、新しい作品の芝居を演じた感じがする。哲学をテーマとした要素がたくさん入っているので、言葉で聞くより生で演技を見た方がわかりやすい」と話した。
「Zodiac」は2001年初演で、舞台と映像をミックスさせた演出が評価され、第一回台新芸術賞にて十大パフォーマンス芸術賞を受賞。
なお、「莎士比亜的妹妹的劇団」のプロデューサーは陳汗青さんが務めており、日台の演劇の素晴らしさを両国互いに知ってもらいたいという想いから、4年ほど前より日台間での交流を開始。昨年には三重県津市美里町を拠点の劇団「第七劇場」と締結し、3年間の日台国際共同プロジェクトが始動、今年11月には三重県文化会館での公演も決まっている。

 

(2017/3/3)

Mayday 再び武道館ライブで2万人熱狂

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
Mayday 再び武道館ライブで2万人熱狂 はコメントを受け付けていません。

2万人熱狂

台湾の金曲獎(グラミー賞)で最優秀バンドを4度獲得するなど、アジア圏で絶大な人気を誇る台湾の5人組ロックバンド・Mayday(五月天)が2月3日、4日の2日間に渡り、日本武道館で単独ライブを開催した。武道館での公演は、2015年8月以来今回で2回目の開催となった。同ライブのタイトルは「Re:DNA~2017 復刻版~」で、台湾で2009年に開催した「DNA」のライブ内容に少しアレンジを加えながら再現したものだった。

台湾語で歌う「モーター・ロック / 軋車」から始まり、1部の曲の内容は異なったものの、両日ともにダブルアンコールを含め27曲を熱唱し、2日間で約2万人のファンを魅了した。日本語の曲も数曲披露され、なかでも今年2月1日、日本限定盤として発売したアルバム「自伝History of Tomorrow」に収録されてある「Buzzin’」及び「Song for you feat. Akihito Okano (PORNOGRAFFITTI)」は同ライブで初披露となった。なお、「Song for you」の日本語版作詞は、日本のロックバンド・ポルノグラフィティの岡野昭仁が担当したが、2日目の公演には岡野本人がステージにサプライズで登場。「Song for you」を熱唱し、Maydayボーカルの阿信と奇跡のコラボレーションを実現した。披露後岡野は、「めっちゃ良い曲じゃん!」と絶賛し、「台湾で会おう!」と再会の約束をしてステージを去っていった。

岡野昭仁がサプライズゲストとして登場 song for you 熱唱

また、曲中のバックスクリーンには中国語の歌は日本語字幕、日本語に吹き替えられた歌はその日本語の意味の中国語字幕をつける等、どの国のファンが見ても意味がわかるように工夫がされていた。なお、MC中は前回同様、大きなバックスクリーンにメンバーの会話の同時翻訳が写し出されていた。
初日のMCで阿信は、「明日のライブまでに僕たちMaydayを見つけられたらご飯を奢ってあげる」と大胆発言し、ファンの期待を膨らませた。2日目のMCでは、「実は昨日、あるファンに見つかってしまい、かつ丼を奢った。しかも一番高いやつ」と話し、会場のファンを熱狂させる等、MC中のトークでも日本のファンとの交流を図った。
さらに会場一体となってファンが熱唱したりジャンプをしたりする場面もあり、2度目の武道館ライブは両日共に大成功だった。

maydayライブ大成功

ライブを観たファンは、「前回も来たけど、今回もすごく良かった。ファンになって5年以上。彼らの日本語が本当に上手だから、日本語の曲もぐっと心にくる」(日本人40代女性)。「フィリピンから来ました。フィリピンではMaydayのコンサートをやらないので、コンサートのためにこうして海外に来るの」(フィリピン人20代カップル)と、日本人、台湾人だけではなく各国からMaydayを観るために日本に足を運んだファンも多く、今後も日本でのコンサート開催に期待が膨らむ。

(2017/2/20)

「台北ノート」、豪華キャストで世界初公演

taiwannp12 Posted in エンタメ・スポーツ, 日台交流
「台北ノート」、豪華キャストで世界初公演 はコメントを受け付けていません。

「台北ノート」(写真提供:前澤秀登)

平田オリザ監督と台北を拠点とする「盗火劇団」とのコラボレーション作品、「台北ノート」が2月15日、16日の2日間に渡り、横浜美術館で世界初演となる舞台を上演した。「東京ノート」を代表作に持つ平田オリザ監督が、一昨年に台北芸術祭に参加以降、タイミングが重なって同舞台上演へと繋がった。今後、台湾でも上演する予定だ。

同舞台は 「盗火劇団」によって制作され、250人以上のオーディションの中から実力派20人のキャストが選抜された。中には、映画主演女優や演劇界で有名な俳優、更には台湾映画「海角七號」で主演を務めた日本人の田中千絵さんも選ばれ、豪華メンバーとなっている。約2か月間の練習期間中は、平田監督自ら台湾に住み込み、台本の確認や稽古に付き添った。

「台北ノート」キャスト記念撮影

同作品の舞台は近未来の美術館のロビー。戦争から避難してきた絵画を前に人々が繰り返す断片的な会話から、現代社会の問題や危機があぶり出される物語となっている。オーバーに表現する一般的な演劇とは違い、日常生活での自然の様子が描写されているのも魅力である。

 

16日には、平田監督と台北芸術祭のケン・イーウェイ芸術監督のトークショーが行われた。平田監督は、「良い作品を作るのはもちろんの事、私の方法論を海外の人にも理解してほしい。台湾の俳優の素晴らしさを日本人に伝えたい。そして、『台北ノート』を中国語圏、あるいは世界中を回り、台湾の財産になるような作品にしていきたい」と話した。また、インタビュー時には、「韓国はドラマ等日本に普及しているが、台湾人は演技レベルが高いのに日本人は知らない。この作品を通じて日本人に知ってほしい、政治等は関係なく、芸術作品で文化の交流をしてほしい」と強調した。

 

ケン・イーウェイ芸術監督(左2)と平田オリザ監督(左3)らが記念撮影

なお、同舞台のプロデューサーは「盗火劇団」の謝東寧芸術監督が務めた。謝さんは、「文化交流の良い機会だった。台湾人と日本人が一緒の舞台に立つ上で、人も違えば、文化も違うので、大変な部分も少々あった。秒数でカウントして動作を合わせる等、日本人の演技の仕方を見て刺激になった。超大物俳優が勢揃いした舞台なので、台湾で上演する時は一瞬でチケットが売り切れてしまうだろう!」と裏エピソードを交えながら想いを語った。

また、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、台湾文化センターの朱文清センター長、台北駐日経済文化代表処横浜分処の粘信士処長らも同舞台を鑑賞した。

 

台北駐日経済文化代表処謝代表(右)と盗火劇団謝東寧監督(左)

「東京ノート」は、15か国語に翻訳され世界各地で上映する等、世界でも話題を呼んでいる舞台である。台湾をはじめ、今後はアジアの国々とコラボレーションした作品を作り、 2020年のオリンピックには各国よりメンバーを集ってインターナショナル版を制作したいと平田監督は語った。

(2017/2/17)

 

福原愛結婚披露宴、ミッキーミニーも祝福

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
福原愛結婚披露宴、ミッキーミニーも祝福 はコメントを受け付けていません。
高砂での様子

高砂での様子

リオ五輪代表で卓球女子団体銅メダリストの福原愛選手と、台湾卓球の江宏傑選手が2月5日、東京ディズニーリゾート内のディズニーアンバサダーホテルで結婚披露宴を行った。2人は今年の元旦に、江選手の故郷・台北で既に披露宴を行ったが、今回は日本での結婚披露宴となった。
福原選手は白いウエディングドレスを身に着け、江選手と手を繋ぎながらバージンロードを歩いた。式の途中では、眠れる森の美女の城をイメージしてデザインしたウェディングケーキを、ミッキー・ミニーと4人で一緒にケーキ入刀。結婚誓約書にも新郎新婦共に署名し、記念撮影を行った。2人はミッキーとミニー含めたディズニーキャラクターにも祝福され、幸せいっぱいの様子だった。
披露宴後、2人は連名で「本日、無事に日本での結婚披露宴を執り行うことができ、大変うれしく思っております。ありがとうございました」とのコメントを発表した。

入場する新郎新婦

入場する新郎新婦

なお、福原選手は現在結婚生活を優先するため、競技からは離れ、復帰時期についてはまだ未定としている。
また、江選手はディズニーが大好きで、曾て2人はデートでディズニーを訪れた事もあり、更に江選手は福原選手にミニーのネックレスをプレゼントした事もあった。

ケーキカットの様子

ケーキカットの様子

 

(2017/2/6)