主演・張震が来日!「牯嶺街少年殺人事件」舞台挨拶で想いを語る

taiwannp12 Posted in エンタメ・スポーツ
主演・張震が来日!「牯嶺街少年殺人事件」舞台挨拶で想いを語る はコメントを受け付けていません。

 

台湾映画「牯嶺街少年殺人事件」が3月11日より25年ぶりに日本で上映開始した事を祝して、主演の張震と余為彦プロデューサーは3月14日、角川シネマ有楽町で舞台挨拶を行った。会場には張震の役者仲間である妻夫木聡がスペシャルゲストとして登場し、花束をプレゼントした。また、同舞台挨拶は、チケット発売開始してより数分で売り切れるほど大人気で、当日は多くのファンが駆けつけ満席となった。

記念撮影左から余プロデューサー、張、妻夫木

同作品は1991年に日本で初公開してより現在までDVD化されず、幻の傑作作品と呼ばれてきた。同作品の楊德昌監督が亡くなってより10年の節目に、3時間56分のデジタルリマスター版としてこのほど日本での再上映が決定した。

楊監督と様々な映画でタックを組んでいる余プロデューサーは、楊監督について「この作品のために台湾や香港で共に撮影して過ごした時間は本当に貴重である。亡くなって10年たった今でも、僕らをひっぱっていってほしい」と話した。また張震は、「楊監督もこの作品自体も僕にとっては特殊な存在。この作品がなければ、この仕事に就く事はなかっただろう」と想いを語った。

 

同作品の張さんが演じる「小四」の父、兄役は張さんの実の父と兄であり、母も数秒間だけ登場しているという。これに対し張震は、「当時撮影していた時は、まだ演技というものがわかっておらず、混乱する部分もあったが、今となっては、1つの作品に自分の家族の姿を表せるというのは、とても得難い事」とコメントした。また、余プロデューサーは同作品について、作品の軸となるのは、恋愛のもつれが原因で起きた殺人事件ではあるが、1949年に「小四」の父母のように台湾に逃げてきた外省人の困難と不安が描かれていると強調し、「楊監督はその台湾当時の時代の雰囲気を出したかったのではないか」と話した。

なお、妻夫木は「張さんは本当に良い人なんだよ!」とコメントしたほか、「光と闇が特徴な映画で、脳裏に焼き付く独特な力を持っている。最近の映画は主観的にとらえている映画が多いが、この作品のようにこんなにも色々な顔を持っている映画は珍しい」と同作品についても熱弁した。

また張震から、先日、映画「怒り」で第40回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得した妻夫木を祝して、勝負パンツの柄にしている「ジョーズ」をプリントした水着をプレゼントすると、会場が一気に湧く場面もあった。

張が妻夫木に勝負下着と同じ柄の水着をプレゼント

同作品は3月11日より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)ほか全国順次ロードショー中だ。

(2017/3/15)

牯嶺街少年殺人事件、25年ぶりに日本公開

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
牯嶺街少年殺人事件、25年ぶりに日本公開 はコメントを受け付けていません。

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』© 1991Kailidoscope

エドワード・ヤン監督が1991年に発表した最高傑作映画「牯嶺街少年殺人事件」が3月11日より25年ぶりに日本公開される。3時間56分の長編版だ。本作品はBBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選出され、2015年には釜山映画祭が選出した「アジア映画ベスト100本」の代7位に選出される等、映画史上に残る傑作として評価され、これまで世界中のクリエーターや多くの映画ファン達に熱狂的に支持されてきた。1960年代の台湾を舞台に、実際に起きた事件に着想を得た本作品は、少年少女の青春のきらめきと残酷さ、そして「時代のうねり」を鮮烈な映像と秀逸な脚本で映し出し、さらにはその背景の社会も透徹した視線で描き切った伝説の映画である。3月11日より角川シネマ有楽町、18日より全国順次ロードショー。

問い合わせ ビターズ・エンド 03-3462-0345

「Zodiac」日本再上陸、演出効果で観客魅了

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
「Zodiac」日本再上陸、演出効果で観客魅了 はコメントを受け付けていません。

Zodiac 舞台と映像の演出効果

台湾を拠点に活動している劇団「莎士比亜的妹妹的劇団」が来日し、3月2日から5日まで、上野ストアハウスで「Zodiac」を上演している。日本での公演は昨年5月に茨城県「百景社アトリエ」で上演してより2回目である。
「Zodiac」とは、1960年代のアメリカ連続殺人鬼の自称であり、同公演はその殺人鬼から着想を得た二人芝居となっている。殺人鬼はFaさん、そして彼の周りの様々な人間は頼玟君さんによって演じられた。
舞台と2つのスクリーンに映し出された映像の組み合わせによった演出が特徴的なのに加え、バックスクリーンには字幕も映し出されていたが、言葉を発さず表情や体全体の動きで表現する場面も多く、言葉がわからずとも目でも楽しめる2人の体を使った圧倒的パフォーマンスには、「Zodiac」の世界観に引き込まれる。

パフォーマンスに注目 頼さん(左)・Faさん(右)

また、同公演のため新たに収録した部分や内容が少し変更した所も多々あり、前回来日の公演とはまた違った演劇が味わえるようになっている。
出演者のFaさんは「台湾の劇場は今回の上野ストアハウスのように住宅地には建てないので、このような場所で上演する事ができるのは面白い」とコメント。頼さんは「前回来日の時とは内容が少し異なっているため、新しい作品の芝居を演じた感じがする。哲学をテーマとした要素がたくさん入っているので、言葉で聞くより生で演技を見た方がわかりやすい」と話した。
「Zodiac」は2001年初演で、舞台と映像をミックスさせた演出が評価され、第一回台新芸術賞にて十大パフォーマンス芸術賞を受賞。
なお、「莎士比亜的妹妹的劇団」のプロデューサーは陳汗青さんが務めており、日台の演劇の素晴らしさを両国互いに知ってもらいたいという想いから、4年ほど前より日台間での交流を開始。昨年には三重県津市美里町を拠点の劇団「第七劇場」と締結し、3年間の日台国際共同プロジェクトが始動、今年11月には三重県文化会館での公演も決まっている。

 

(2017/3/3)

Mayday 再び武道館ライブで2万人熱狂

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
Mayday 再び武道館ライブで2万人熱狂 はコメントを受け付けていません。

2万人熱狂

台湾の金曲獎(グラミー賞)で最優秀バンドを4度獲得するなど、アジア圏で絶大な人気を誇る台湾の5人組ロックバンド・Mayday(五月天)が2月3日、4日の2日間に渡り、日本武道館で単独ライブを開催した。武道館での公演は、2015年8月以来今回で2回目の開催となった。同ライブのタイトルは「Re:DNA~2017 復刻版~」で、台湾で2009年に開催した「DNA」のライブ内容に少しアレンジを加えながら再現したものだった。

台湾語で歌う「モーター・ロック / 軋車」から始まり、1部の曲の内容は異なったものの、両日ともにダブルアンコールを含め27曲を熱唱し、2日間で約2万人のファンを魅了した。日本語の曲も数曲披露され、なかでも今年2月1日、日本限定盤として発売したアルバム「自伝History of Tomorrow」に収録されてある「Buzzin’」及び「Song for you feat. Akihito Okano (PORNOGRAFFITTI)」は同ライブで初披露となった。なお、「Song for you」の日本語版作詞は、日本のロックバンド・ポルノグラフィティの岡野昭仁が担当したが、2日目の公演には岡野本人がステージにサプライズで登場。「Song for you」を熱唱し、Maydayボーカルの阿信と奇跡のコラボレーションを実現した。披露後岡野は、「めっちゃ良い曲じゃん!」と絶賛し、「台湾で会おう!」と再会の約束をしてステージを去っていった。

岡野昭仁がサプライズゲストとして登場 song for you 熱唱

また、曲中のバックスクリーンには中国語の歌は日本語字幕、日本語に吹き替えられた歌はその日本語の意味の中国語字幕をつける等、どの国のファンが見ても意味がわかるように工夫がされていた。なお、MC中は前回同様、大きなバックスクリーンにメンバーの会話の同時翻訳が写し出されていた。
初日のMCで阿信は、「明日のライブまでに僕たちMaydayを見つけられたらご飯を奢ってあげる」と大胆発言し、ファンの期待を膨らませた。2日目のMCでは、「実は昨日、あるファンに見つかってしまい、かつ丼を奢った。しかも一番高いやつ」と話し、会場のファンを熱狂させる等、MC中のトークでも日本のファンとの交流を図った。
さらに会場一体となってファンが熱唱したりジャンプをしたりする場面もあり、2度目の武道館ライブは両日共に大成功だった。

maydayライブ大成功

ライブを観たファンは、「前回も来たけど、今回もすごく良かった。ファンになって5年以上。彼らの日本語が本当に上手だから、日本語の曲もぐっと心にくる」(日本人40代女性)。「フィリピンから来ました。フィリピンではMaydayのコンサートをやらないので、コンサートのためにこうして海外に来るの」(フィリピン人20代カップル)と、日本人、台湾人だけではなく各国からMaydayを観るために日本に足を運んだファンも多く、今後も日本でのコンサート開催に期待が膨らむ。

(2017/2/20)

「台北ノート」、豪華キャストで世界初公演

taiwannp12 Posted in エンタメ・スポーツ, 日台交流
「台北ノート」、豪華キャストで世界初公演 はコメントを受け付けていません。

「台北ノート」(写真提供:前澤秀登)

平田オリザ監督と台北を拠点とする「盗火劇団」とのコラボレーション作品、「台北ノート」が2月15日、16日の2日間に渡り、横浜美術館で世界初演となる舞台を上演した。「東京ノート」を代表作に持つ平田オリザ監督が、一昨年に台北芸術祭に参加以降、タイミングが重なって同舞台上演へと繋がった。今後、台湾でも上演する予定だ。

同舞台は 「盗火劇団」によって制作され、250人以上のオーディションの中から実力派20人のキャストが選抜された。中には、映画主演女優や演劇界で有名な俳優、更には台湾映画「海角七號」で主演を務めた日本人の田中千絵さんも選ばれ、豪華メンバーとなっている。約2か月間の練習期間中は、平田監督自ら台湾に住み込み、台本の確認や稽古に付き添った。

「台北ノート」キャスト記念撮影

同作品の舞台は近未来の美術館のロビー。戦争から避難してきた絵画を前に人々が繰り返す断片的な会話から、現代社会の問題や危機があぶり出される物語となっている。オーバーに表現する一般的な演劇とは違い、日常生活での自然の様子が描写されているのも魅力である。

 

16日には、平田監督と台北芸術祭のケン・イーウェイ芸術監督のトークショーが行われた。平田監督は、「良い作品を作るのはもちろんの事、私の方法論を海外の人にも理解してほしい。台湾の俳優の素晴らしさを日本人に伝えたい。そして、『台北ノート』を中国語圏、あるいは世界中を回り、台湾の財産になるような作品にしていきたい」と話した。また、インタビュー時には、「韓国はドラマ等日本に普及しているが、台湾人は演技レベルが高いのに日本人は知らない。この作品を通じて日本人に知ってほしい、政治等は関係なく、芸術作品で文化の交流をしてほしい」と強調した。

 

ケン・イーウェイ芸術監督(左2)と平田オリザ監督(左3)らが記念撮影

なお、同舞台のプロデューサーは「盗火劇団」の謝東寧芸術監督が務めた。謝さんは、「文化交流の良い機会だった。台湾人と日本人が一緒の舞台に立つ上で、人も違えば、文化も違うので、大変な部分も少々あった。秒数でカウントして動作を合わせる等、日本人の演技の仕方を見て刺激になった。超大物俳優が勢揃いした舞台なので、台湾で上演する時は一瞬でチケットが売り切れてしまうだろう!」と裏エピソードを交えながら想いを語った。

また、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、台湾文化センターの朱文清センター長、台北駐日経済文化代表処横浜分処の粘信士処長らも同舞台を鑑賞した。

 

台北駐日経済文化代表処謝代表(右)と盗火劇団謝東寧監督(左)

「東京ノート」は、15か国語に翻訳され世界各地で上映する等、世界でも話題を呼んでいる舞台である。台湾をはじめ、今後はアジアの国々とコラボレーションした作品を作り、 2020年のオリンピックには各国よりメンバーを集ってインターナショナル版を制作したいと平田監督は語った。

(2017/2/17)

 

福原愛結婚披露宴、ミッキーミニーも祝福

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
福原愛結婚披露宴、ミッキーミニーも祝福 はコメントを受け付けていません。
高砂での様子

高砂での様子

リオ五輪代表で卓球女子団体銅メダリストの福原愛選手と、台湾卓球の江宏傑選手が2月5日、東京ディズニーリゾート内のディズニーアンバサダーホテルで結婚披露宴を行った。2人は今年の元旦に、江選手の故郷・台北で既に披露宴を行ったが、今回は日本での結婚披露宴となった。
福原選手は白いウエディングドレスを身に着け、江選手と手を繋ぎながらバージンロードを歩いた。式の途中では、眠れる森の美女の城をイメージしてデザインしたウェディングケーキを、ミッキー・ミニーと4人で一緒にケーキ入刀。結婚誓約書にも新郎新婦共に署名し、記念撮影を行った。2人はミッキーとミニー含めたディズニーキャラクターにも祝福され、幸せいっぱいの様子だった。
披露宴後、2人は連名で「本日、無事に日本での結婚披露宴を執り行うことができ、大変うれしく思っております。ありがとうございました」とのコメントを発表した。

入場する新郎新婦

入場する新郎新婦

なお、福原選手は現在結婚生活を優先するため、競技からは離れ、復帰時期についてはまだ未定としている。
また、江選手はディズニーが大好きで、曾て2人はデートでディズニーを訪れた事もあり、更に江選手は福原選手にミニーのネックレスをプレゼントした事もあった。

ケーキカットの様子

ケーキカットの様子

 

(2017/2/6)

【台灣新聞】20170204五月天武道館演唱會 台灣相信音樂提供

taiwannp6 Posted in エンタメ・スポーツ, 中文, 動画
【台灣新聞】20170204五月天武道館演唱會 台灣相信音樂提供 はコメントを受け付けていません。

〈2017年2月6日 @ 15:38〉

「レオ」・「ライナ」が台湾担当部長に任命!

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ, 政治
「レオ」・「ライナ」が台湾担当部長に任命! はコメントを受け付けていません。
台湾担当部長に任命!左から、ライナ、上田県知事、レオ

台湾担当部長に任命!左から、ライナ、上田県知事、レオ

日本プロ野球チーム「埼玉西武ライオンズ」のマスコットキャラクターである「レオ」と「ライナ」が、埼玉県知事室で特命観光大使(台湾担当部長)に任命された。この任命に伴い2月1日に任命式が行われ、埼玉県の上田清司知事よりレオとライナに任命書が交付された。

任命書交付の様子

任命書交付の様子

 

台湾担当部長に任命されたレオは、「台湾のライオンズファンからはいつもエナジーを頂いています。台湾担当部長として、台湾からのお客さんに埼玉県へ足を運んで頂けるよう、アクロバットやパフォーマンスの特技を生かしてPRしていきたいと思います」とコメント。またライナは、「台湾担当部長として、台湾の皆さんとふれあいながら、女の子目線で埼玉の観光地を元気いっぱいPRしていきたいと思います。ライナの誕生日の5月初旬は秩父の芝桜がおススメ!」と早速埼玉県観光地をPRした。

真剣に打ち合わせをするレオとライナ

真剣に打ち合わせをするレオとライナ

なお、西武ライオンズと、台湾プロ野球チーム「統一ライオンズ」は交友関係にあり、昨年夏には互いの地で友好記念試合を実施したり、統一ライオンズ選手が西武ライオンズのキャンプに参加したり等、野球を通した日台関係を促進している。そして、レオとライナは台湾現地においても人気があり、今回の台湾担当部長任命に伴い、更なる友好関係を築いていく事に期待が深まる。

現在埼玉県では、2020年までに外国人観光客を年間100万人誘致する事を目標にしている。特に台湾では、今年度より埼玉県国際観光コンシェルジュを設置し、台湾現地での観光情報の発信、教育旅行の誘致活動、現地旅行者へのツアー企画、販売の働き掛けを行っている。

 

(2017/2/2)

「まま、ごはんまだ?」の特別試写会開催 〜一青妙さん、裏エピソード語る〜 

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ, 日台交流
「まま、ごはんまだ?」の特別試写会開催 〜一青妙さん、裏エピソード語る〜  はコメントを受け付けていません。
ポスターの前で記念撮影する一青妙さん(左)・白羽弥仁監督(右)

ポスターの前で記念撮影する一青妙さん(左)・白羽弥仁監督(右)

「私の箱子」と「ママ、ごはんまだ?」を原作とした映画「ママ、ごはんまだ?」の特別試写会が1月25日、台湾文化センターで行われた。同原作は、台湾人の父と日本人の母を持つ一青妙さんが、母の愛、家族との絆を描いたエッセイであり、実在するエピソードを基に制作したのが今回の映画である。

同試写会後は、一青妙さんと同作品監督の白羽弥仁さんが登場し、舞台挨拶を行ったほか、観客に質問を問いかけて挙手制を取り入れたり、質問タイムを儲けるなど、ファンと交流も図り、最後にはサイン会も行われた。

ファンとの交流を図る一青さん

ファンとの交流を図る一青さん

一青さんは、自分の作品が映画化された事に対し、「エッセイって断面的だし、これが一つの作品になるとは夢にも思わなかった。白羽監督に脚本を書いて頂いて、あのエッセイがこういうストーリーに出来上がるのかと逆に感動した。」と語った。

これに対し白羽監督は、「実は、色々試行錯誤はあったけど、断片的なエピソードを繋げ時系列を入れ替える事で、ストーリーに緊張感を持たせればいけるのではないか」という気持ちで脚本を書いたと告白した。

また、一青さんは同映画タイトルにも触れ、誰もが一度は、「ママ、ごはんまだ?」と叫んだ事があると思うし、ストレートで伝わりやすい、と話した。なお、今回一青妙さん役を演じたのは木南晴夏さんだったが、一青さんは、木南さんの淡々としたセリフと感情をあまり表に出さない演技を見て、「何で私の性格をそんなに知ってるの!」と大絶賛。他のキャスティングについても、父が剥げてない事以外はぴったりだったと発言し、会場が笑いの渦に巻き込まれた。

白羽監督は、料理をメインにストーリーを組み立て撮影したと話し、また会場に来ていた観客らも観覧後は、「この映画を見ていたらお腹が空いちゃう!」とコメントする程、終始美味しそうな台湾料理を目で楽しめる内容だった。一青さんも台湾を一番最初に好きになるきっかけは食べ物だと思うと話し、両者は日本のおいしい台湾料理屋についても語り合った。

試写会の様子

試写会の様子

同映画は、一青さんの母が台湾に嫁ぎ、新しい環境や親族に溶け込むために習得した「台湾料理」のレシピ帳が、昔の家から見つかった事で始まるストーリーで、「料理で繋がる家族の絆」がテーマである。同映画の主題歌は、一青さんの妹で歌手の一青窈さんが担当した。そして、一青妙さん本人も、脇役として出演しているのも見どころの一つ。2月11日より一般公開され、今年5月には、台湾で母の日に合わせて中国語字幕付きでの公開が予定されている。

(2017/1/26)

福原愛選手、受賞式典で新婚生活語る

taiwannp10 Posted in エンタメ・スポーツ
福原愛選手、受賞式典で新婚生活語る はコメントを受け付けていません。
トロフィーを受け取る福原選手

トロフィーを受け取る福原選手

台湾卓球男子の江宏傑選手と先に入籍したリオ五輪代表で卓球女子団体銅メダリストの福原愛選手は1月24日、「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の特別賞女性部門を受賞し、東京ビックサイトで行われた表彰式に夫婦そろって出席した。福原選手は、昨年9月に台湾で行われた結婚会見で着用したドレスを手掛けたタダシショージさんデザインの衣装を身に着け登壇した。表彰式後の記者会見で夫の江選手との新婚生活を聞かれ、「毎日楽しく過ごし、今日の朝食は冬の野菜が入ったうどんを作った」と幸せそうな笑みを浮かべながら質問に答えた。なお、表彰式前に江選手は福原選手に付き添い「国際宝飾展(日本最大のジュエリーの展示会)」を観覧し、台湾メディアの取材にも応じていた。福原、江夫妻は今月2月上旬、東京ディズニーランドにて式を挙げるとしている。

福原選手は表彰スピーチで、「ジュエリーは私にとってお守りのようなものです。競技中もジュエリーをつけています。それには理由があり、ある方からダイヤモンドは硬いものでできていると聞いたからです。それよりは、緊張して胸がつぶれそうな時、合宿や遠征で疲れて心が折れそうな時、イメージトレーニングの一環として、『私の心はダイヤモンドでできているから絶対に割れない』と思い込み、色々な場面を立ち向かうことができました」とコメントした。

副賞のジュエリーを披露

副賞のジュエリーを披露

日本ジュエリーベストドレッサー賞は、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門のそれぞれに分けて審査し与えられる章典。

第28回日本ジュエリーベストドレッサー受賞者

第28回日本ジュエリーベストドレッサー受賞者

 

(2017/1/25)