西日本台湾学友会、総会・聯誼會を開催

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流, 華僑 ー 九州
0

西日本台湾学友会は、22日、総会と聯誼會を盛大に開催した。九州地区に住む台湾人留学生や、福岡在住の台湾人関係者ら約100人が出席。主催した西日本台湾学友会の海めぐみ会長は、「昨年度も充実した内容の活動となった。今年も、なお一層の活動の盛り上がりを見せていきたい」と挨拶した。

西日本台湾学友会の海めぐみ会長

西日本台湾学友会の海めぐみ会長

台北駐福岡経済文化弁事処の戎義俊処長は「日本と台湾の関係はますます良くなっている。太宰府市の九州国立博物館で開催された故宮博物院展の影響で台湾の印象は強まり、台湾での九州の知名度も高まった。昨年、訪日外国人観光客の数で、台湾は韓国を抜いての297万人で第1位となった。一方、日本から台湾を訪れた観光客は163万人。合計すれば460万人となり交流は深まっているようにも見えるが、台湾人の方が多く訪れている130万人の『観光逆差』を縮めたいというのを台湾政府は課題として考えている。福岡や九州の人達に、心を一つにして、更に『台湾観光』をアピールしていきたい。弁事処としても全力を尽くしたい」と述べた。

台北駐福岡経済文化弁事処の戎義俊処長

台北駐福岡経済文化弁事処の戎義俊処長

乾杯の発声は、福岡県中華総会・王子昇僑務委員で「皆さんの健康、そして日本、台湾の友好関係の更なる発展と繁栄を期待したい」と述べた。舞台上では、余興として台湾留学生会の学生らが自己紹介とダンスを披露。抽選会では、航空会社から台北〜福岡往復航空券やワインなど豪華景品が出品され、会場は完成に包まれた。

乾杯の発声、福岡県中華総会・王子昇僑務委員

乾杯の発声、福岡県中華総会・王子昇僑務委員

また、福岡市内に3月末、新しくオープンする台湾料理店「好記」の余啓貞さんが「店は、魯肉飯や菜圃蛋、チェガミなど、台湾本場で食べられる料理をそのまま提供する。店の看板も台湾から木を取り寄せ、台湾本土の形をデザインするなど『台湾』にこだわった。気軽に食べに来て欲しい」と話した。

台灣女子高球選手抵沖參賽 駐處處長為選手加油打氣

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 華僑 ー 九州
0

 第28屆大金蘭花女子高爾夫球賽(Daikin Orchid Ladies Golf Tournament)於3月6日至8日在琉球高爾夫球俱樂部舉行,來自世界各地總計有108位職業選手參賽。台灣則有旅日高爾夫球選手盧曉晴、魏筠潔和姚宣榆等人參加比賽,駐那霸辦事處處長蘇啟誠特別在大會主辦的前夜祭活動上,向當天出席活動的盧曉晴和魏筠潔致意並盼能獲得好成績。

駐那霸辦事處處長蘇啟誠(右1)與台灣高爾夫球選手盧曉晴(左2)和魏筠潔(右2)加油打氣

駐那霸辦事處處長蘇啟誠(右1)與台灣高爾夫球選手盧曉晴(左2)和魏筠潔(右2)加油打氣

 主辦單位在正式賽事開始前一天(3月5日),特別舉辦前夜祭歡迎與賽選手出席,由於當天稍早舉辦由財界領袖、沖繩政財界人士和職業選手進行的配對賽,因此晚間的前夜祭有超過500人參加,場面熱鬧。應邀出席的駐那霸辦事處處長蘇啟誠則向去年日本女子高球選手排名第2高的台灣好手盧曉晴,以及魏筠潔等人致意,盼此次參賽的台灣好手都能拿下好成績。

 大金蘭花女子高爾夫球賽是今年日本國內第一場日本女子高爾夫球正式比賽,根據駐那霸辦事處表示1988年第1屆的優勝者為台灣選手黃璧洵,之後台灣選手便與優勝無緣,因此相當期待今年台灣選手可以奪冠。

鹿兒島縣台灣蓬萊會懇親會 沈斯淳初次參加

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 華僑 ー 九州
0

 鹿兒島縣台灣蓬萊會懇親會於11月30日在鹿兒島市內盛大舉行,會中邀請駐日代表沈斯淳伉儷、駐福岡辦事處處長戎義俊和前眾議員保岡興治、鹿兒島縣議會議員武昭一,以及鹿兒島日華親善協會會長渡邊勝三等多位當地政界人士參加,此外當地僑團代表如福岡縣中華總會副會長海澤洲、西日本台灣學友會會長海めぐみ、秋田縣中華總會會長又井公久,和日本中華聯合總會常任副會長馮明輝與留日東京華僑總會理事謝茂根等人出席,現場超過百人與會,盛況空前。

鹿兒島縣台灣蓬萊會會長陳怡如(左4)邀請駐日代表沈斯淳(右4)和駐福岡辦事處處長戎義俊(左3)等人出席與會

鹿兒島縣台灣蓬萊會會長陳怡如(左4)邀請駐日代表沈斯淳(右4)和駐福岡辦事處處長戎義俊(左3)等人出席與會

與會賓客合影

與會賓客合影

 鹿兒島縣台灣蓬萊會會長陳怡如致詞除了感謝駐日代表造訪鹿兒島縣及鹿兒島,並提及台灣與鹿兒島間開始營運直飛航班的事宜,盼能更加促進雙方的密切交流。

 主辦單位則特別安排歌謠表演和抽獎活動,吵熱現場氣氛,最後全場與會賓客一起同歡共舞鹿兒島傳統的小原節舞蹈,讓此次大會成功圓滿落幕。

台北国立故宮博物院展、九州国博の閉幕までラストスパート

taiwannp Posted in 日台 ー 交流, 華僑 ー 九州
0

太宰府市の九州国立博物館で開催されている特別展「台北國立故宮博物院 神品至宝」は、閉幕まで残り僅かとなり、リピーターも足を運ぶ盛況ぶりとなっている。膨大な所蔵物の中から厳選された110点を展示。九州国立博物館は、様々な国の文化に触れる特別展が開催してきたが、中国の歴史に触れられる故宮博物院の所蔵品が、今回初めて日本に上陸した。東京に続き福岡で開催され、既に来場者が10万人を超えた展覧会は魅力に溢れている。

國立故宮博物院は、中華民国最大の国立博物館だ。所蔵品は優に69万点を超え、ほとんどは中国の古代の皇帝によって収集されたものだ。様々な工芸品、美術品、その全てが美しく、手の込んだ作りになっている。特に清の時代に作られたとされる『紫檀多宝格』という約25センチ四方の紫檀製の小箱は、30点もの器物が収められているまさに乾隆帝のコレクションの縮図であると言えよう。30点の器物は、皇帝が選んだ古今東西の名品をミニチュア化した。手のひらに乗るサイズの青銅器や文房具など中国の様々な工芸品から、ルビーの指輪という中国由来ではないものまで、おもちゃ箱のような、宝箱のような皇帝の遊び心を感じることができる。面白いのは、この中身の遊び心だけではない。多宝格の側面には窓があり、そこには宋・元の時代の代表的な書や絵画などを、筆使いまで緻密に再現している。どこから見ても仕掛けだらけのこの一品を堪能できる。

『刺繍普賢菩薩像軸』も見どころ。美麗な絵画は多数所蔵されているが、驚くべきはこの細密な絵が刺繍で作られているということだ。実物を初めて見た人は、二度感嘆の声を挙げる。何百年も前の作品であるはずなのに色あせない魅力と、糸の一本一本のきらめきに心を奪われるであろう。館内のスタッフが、「是非この作品を見る時は、正面から見たあとに、屈んで下から眺めてみてほしい」と教えてくれた。そうすると、刺繍に光が反射し、線の一つ一つが見えてくると言う。紙に描かれた色は時代と共に色褪せていくかもしれないが、この作品はタイムスリップしてここまで来たのではないかと思わせる輝きを放っている。

展示会の広告でもよくその姿を見かける、『藍地描金粉菜游魚文回転瓶』も圧巻。清の時代、中国の景徳鎮窯で作られた。深い藍色の壺に金箔で紋様が描かれ、外側の壺には4つの窓がある。窓の中を覗くと、赤や黒の金魚が泳いでいる様子も描かれている。壺の中に壺を入れて、その絵柄を見せるというギミックだけでも、非常に印象深い工芸品であるが、実はこの外側の壺の上部は回転式になっており、中の金魚が描かれた壺が泳いでいるように見える仕組みになっているのだ。写真で見ただけでもその精巧な作りに魅了される。実際に手にとって回してみることはできないが、展示室の映像で回っている様子を見ることができる。回っている所を想像しながら、展示を眺めるだけでも大いに楽しむことができる。展示会は、11月30日(日)まで開催。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福岡佛光山寺で「佛学講座」開催

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 華僑 ー 九州
0
満謙法師

満謙法師

福岡市早良区の福岡佛光山寺で、満謙法師の「佛学講座」が開催され、福岡佛光会寺・吉沢浩毅会長や、台湾貿易センター福岡事務所の林淑恵所長、福岡在住の台湾人ら約60人が出席した。この講座は分かりやすい説法と強い求心力で高い支持を集める海外都監院院長の満謙法師が、因果や輪廻について語り、改めて「人生とは何か」を見つめ直そうというものである。「自業自得」という言葉があるように、行いは巡り巡って自分に帰ってくるものであり、常に良き行いをなさなければならないという教えも含まれている。

真剣な表情

真剣な表情

出席者は真剣に満謙法師の説法を聞き、これまでの人生とこれからの人生の歩みについて真剣に考えている様子だった。福岡佛光山寺では、教養講座や地域住民との交流等を積極的に開催している。また、台湾人デザイナーの活動後援なども行い、日台の文化交流促進に大きく貢献している。日曜日など主に休日を利用しての開催。医療保健関連の講座等も用意され、活動内容は非常に多彩だ。茶と筆を軸に開催された文化交流会にも多くの人が参加し、参加者から好評を得ている。

佛光山海外都監院長・満謙法師

佛光山海外都監院長・満謙法師

福岡佛光山寺の覚岸法師は「今回も充実した講座になった。参加された人にとって『教え』が今後の人生にとって参考になるのではないか。行いを清らかにし、人生も豊かなものにして欲しい。今後も福岡佛光山寺では様々な講座を開催予定で、積極的に参加していただけたら」と話している。

福岡佛光山で、書を通じた交流会が開催

taiwannp1 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合, 華僑 ー 九州
0
茶を味わいながら時間を見つめ直す

茶を味わいながら時間を見つめ直す

福岡市で福岡佛光山が主催する「日日是好日‧一筆字茶禪心靈饗宴」と題した交流会が開かれ、台湾貿易センター福岡事務所の林淑恵所長ら、福岡在住を中心に様々な年代の約60人が出席した。書のみならず台湾に通じるお茶の文化なども共有することで、生命の価値を再認識するのが主な狙いだ。美しい琴の演奏が流れる会場には、味わいのある筆の「観自在」「清浄心」「日日是好日」の書が並び、空間を彩った。

様々な年代の参加者

様々な年代の参加者

台湾はお茶文化でも知られるが、今回の交流会では、お茶の「甘さ」「芳醇な香り」の中に精神面での安寧や平常心、清らかな心、日々の大切さ、有り難さを見つめ直す機会とも捉えている。「高山流水」「漁舟唱晩」といった演奏や覚勝法師のお経が響きわたり、緩やかなが時間が演出。豊かな音が溢れる空間で、お茶を口にしながらそれぞれの人生について思いに耽り、中には深い感慨を覚える参加者もいた。

自分のこころを見つめ直す

自分のこころを見つめ直す

満謙法師は、十数年前の旅の話を引き合いに出し、欧米人の禅に対する考え方について述べた。「欧米では言葉は違うものの、宗教的な交流が引き継がれている。『和を以て貴しとなす』という考え方は、海外交流にあたっても重要であり、特別な意味を持つ」と述べた。ある参加者は「貴重な時間だった。茶や禅の世界は自分の人生や時間を見つめ直すうえで非常に重要だと改めて認識した」と述べた。

書が並んだ

書が並んだ

福岡佛光山では、「書や茶の文化は人々の心の『本質』を捉えている。我々は心の『真髄』を見つめることで、人々の心の平静や平和を願っている。平常の時間の中からでも自分を認識し、心を大切にし、親孝行をするという基本を見つめ直し、清らかで素晴らしい生活を送って欲しい」としている。訪れた参加者達は茶と書の文化に浸ることで、安らぎの満ち溢れた時間を過ごした。

緩やかな時間を演出

緩やかな時間を演出

戎義俊訪美彌市於福中學 介紹台日關係

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 華僑 ー 九州
0

 山口縣美禰市日前邀請駐福岡辦事處處長戎義俊和駐處人員,到市內的於福中學進行演講,解說台日關係和兩國教育的差異。

美禰市於福中學校歡迎駐福岡辦事處人員到訪

美禰市於福中學校歡迎駐福岡辦事處人員到訪

 由於山口縣美禰市為積極推動國際交流,於2012年和2013年分別與南投縣和南投縣水里鄉簽署「促進友好交流備忘錄」,去年8月美禰市便組團率領市內國中生到台灣進行訪問,和水里國中進行交流。鑒於水里鄉的國中生也將於今年8月回訪美彌市,因此為增進負責接待的於福中學師生和當地人士對台灣的了解,特別邀請駐處處長戎義俊和駐處人員到校內進行演講。

駐福岡辦事處處長戎義俊應邀為於福中學師生介紹台日關係

駐福岡辦事處處長戎義俊應邀為於福中學師生介紹台日關係

美禰市市長村田弘司(右4)設宴招待駐處一行人

美禰市市長村田弘司(右4)設宴招待駐處一行人

 戎義俊在演講中介紹台日關係和歷史淵源,並以「讀萬卷書,行萬里路」勉勵現場學生養成閱讀與旅行習慣,進而加人生經驗,此外,駐處人員則分享外交工作的甘苦談和解說台灣教育現況,讓日本學生對台灣可以有更進一步的了解與認識。

 當天美禰市市長村田弘司亦和戎義俊一行人針對觀光、文化和教育等議題交換意見。

福岡佛光山寺で恒例の医療保健講座

taiwannp1 Posted in 華僑 — 総合, 華僑 ー 九州
0
「医療保険講座」

「医療保険講座」

福岡市の福岡佛光山寺で、6月22日、「医療保険講座」が開かれ、台湾華僑2世でべふ眼科院長の陣林浩美医師が「目のお話」というテーマで講演を行った。

2012年の国際佛光会世界会員代表大会で「幸福と安楽」をテーマに掲げたことにより、国際佛光会福岡協会でも、吉沢浩毅会長の指揮の下、昨年から医療保健講座を開催している。九州の華僑医師に依頼し、福岡佛光山寺で、これまでに皮膚科、耳鼻咽喉科、鍼灸科、産婦人科、東洋医学科、整形外科等の講座を数多く開催してきた。

陣林浩美醫師はパワーポイントを使用し、目の構造や病気(外面:麦粒腫、アレルギー性結膜炎、流行性角結膜炎、アトピー性結膜炎、角膜炎、内面:白内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、緑内障)の治療および保健知識について分かりやすく解説した。

視覚異常と視力回復の治療について、続いてドライアイの原因とその予防法については「目を休ませる、目のまわりをマッサージする、温パック、冷パックなどが効果的」詳細な説明を加えていった。また、「白内障でかすんで見える、まぶしくなる、明るいところで見えにくい、一時的にしか近くが見えやすくならない、眼鏡が合わなくなる、といったの症状がみられる場合にはすぐに医師の診察を受けるべきだ」と促した。

その他、医師の診察を受けるべきとして下記の症状を上げた。網膜剥離:飛蚊症、視野欠損、光視症、視力低下。糖尿病網膜症:網膜出血。加齢黄斑変性症:変視症、中心暗点。緑内障:視野狭窄、高眼圧症。

講座終了後、参加者は積極的に陣林医師に質問をしており、目の重要性、早期発見、早期治療への関心への高さをうかがわせた。

真剣な表情の参加者

真剣な表情の参加者

国際佛光会福岡協会では「多くの華僑医師による協力のもと、医療保健講座を開催することが出来ている。この講座により、九州在住の華僑やそれ以外の人々の交流ができ、参加者達が保健知識を身に付けることで『幸福と安楽』を得られるのではないだろうか」としている。次回の医療保健講座は、10月26日午後2時から開催される予定だ。

参加者たち

参加者たち

 

九州日台經濟文化交流院成立 加強台灣九州交流

taiwannp9 Posted in 日台 ー 交流, 華僑 ー 九州
0

 為加強台灣與日本九州地區的各項交流,由與台灣友好的九州地區的民間人士組成的「九州日台經濟文化交流院」於5月29日舉行成立大會,當天除了有交流院約40名會員出席之外,包括駐福岡辦事處處長戎義俊伉儷、涉外課長李蕙珊、日本經濟產業省九州產業局國際部長星野雄一及國際事業課長石丸晃等人亦受邀與會,同時也吸引《每日新聞》、《西日本新聞》和《福岡經濟月刊》等當地媒體前往採訪。

駐福岡辦事處處長戎義俊於「九州日台經濟文化交流院」成立大會中提到,建議九州地方政府可到台灣參加旅展,增加知名度

駐福岡辦事處處長戎義俊於「九州日台經濟文化交流院」成立大會中提到,建議九州地方政府可到台灣參加旅展,增加知名度

 駐福岡辦事處處長戎義俊表示過去60年間日本企業到台灣投資的件數有8035件,日本可以說是到台投資最多的國家,尤其2011年9月台日簽署《台日投資協議》後,去年日資到台投資便超過600件,創下新高紀錄,此外,戎義俊也提到台日觀光現況,並表示雖然去年訪日的台灣旅客突破200萬人次,但其中僅有17萬人次到九州旅行,因此他在建議九州地方政府可考慮前往台灣參加台北國際旅展(ITP),藉此提高知名度,同時也建議可以增設台灣與九州地區的廉價航線,進而吸引更多年輕自助行的旅客造訪。

日本經濟產業省九州產業局國際部長星野雄一致詞盼交流院能成為台灣與九州的合作橋梁

日本經濟產業省九州產業局國際部長星野雄一致詞盼交流院能成為台灣與九州的合作橋梁

 日本經濟產業省九州產業局國際部長星野雄一則表示,台日雙方於2012年11月簽署《台日產業合作備忘錄》(MOU)和《台日電子產品檢驗互相承認協議》(MRA),致力推動產業合作搭橋計畫,他也提到希望九州日台經濟文化交流院能進一步強化台日產業合作,成為雙方中小企業合作的橋梁。

 

中華民国建国102周年を記念する「国慶節」パーティ、福岡で開催

taiwannp1 Posted in 華僑 ー 九州
中華民国建国102周年を記念する「国慶節」パーティ、福岡で開催 はコメントを受け付けていません。

中華民国建国102周年を記念する「国慶節」パーティが、福岡市内で開かれた。毎年開かれるパーティに、今年も、台湾行政、在九州の政財界から関係者が出席した。

戎義俊処長のもとに各界から要人が挨拶

戎義俊処長のもとに各界から要人が挨拶

主催者である台北駐福岡経済文化弁事処の戎義俊処長が「多くの方にお越しいただき感謝している。参加者の皆さんからは日台友好に向けて特別な熱意を感じている。パーティを契機に日台の関係が発展していくことを願っている」と挨拶。

九州経済連合会/松尾新吾名誉会長

九州経済連合会/松尾新吾名誉会長

出席者も交流を深める

出席者も交流を深める

九州経済連合会・松尾新吾名誉会長は「200億円を超える義援金を個人の裁量で出す心遣いなどから台湾とは『ビジネス』だけではない深い繋がりを感じる。八田与一さんのような貢献者も『大事な存在』として大切に受け止めていただいている」と台湾に対する思いを述べた。

九州経済フォーラム石原進会長

九州経済フォーラム石原進会長

続いて、九州経済フォーラムの石原進会長は「今年8月に学生を含め約80人の訪問団でうかがい、台北で馬英九総統にお会いする機会があった。馬総統も喜び、来年の九州国立博物館での故宮博物院展に門外不出の秘宝を出展することを検討すると言ってくださった」と台湾訪問での手応えを語った。麻生渡前福岡県知事は「台湾で蓬萊米を開発した末永仁さんの貢献を讃え、筑紫野市の農業試験場に今年、胸像を設置した。蓬萊米は大変美味しく、台湾の風土に合っている。新種の開発で食料事情が一変し、台湾は米の輸出国に転じた。胸像設置により、福岡と台湾の絆が明確な形で築かれた」と、福岡台湾を結ぶ貢献者を例にとった。会は、福岡県日華親善協会の天岡健会長が「蒋介石氏の存在なくして日本の繁栄はなかった。今後も中華民国の偉業を継承していきたい」と述べ、乾杯の音頭をとった。

盛大に開催

盛大に開催

東京台湾商工会議所錢妙玲会頭(右)も出席

東京台湾商工会議所錢妙玲会頭(右)も出席

積極的に台湾との交流を図る熊本県の小野泰輔副知事も出席し「知事が高雄を訪問、県市一緒にMOU(了解覚書)を結び、相互の観光、教育旅行、直行便を実現するためチャーターを積極的に飛ばそうという話になった。『くまもん』を同行させ、経済効果、マネジメントに関する講演も行ったが、好評で、周りには台湾の皆さんが集まってきた。今後、台湾の熊本物産フェアでは『くまもん』を販売する予定だ。逆に、台湾の皆さんには、熊本の温泉や世界的にも価値のある自然、景観、美味しい農産物を楽しんでいただきたい」と、今後の熊本と台湾との交流への期待感を口にした。