台湾の学生が修学旅行で日本へ

0

 
 台湾の私立僑泰高級中学(日本の高校に相当)の修学旅行生が21日、香川県を訪れ、高松市にある栗林公園の掬月亭で抹茶体験をして日本文化に触れた。表千家同門会香川県支部坪井洋二事務局長のお点前にて、抹茶及び一部生徒がお点前体験を行った。
 
 香川県には2日間滞在する予定で、22日はキッス調理技術専門学校での調理体験交流を行う。台湾でも有名な「讃岐うどん」、「天ぷら」や「いなり寿司」を同専門学校の生徒と一緒に作り交流を深める。使用する野菜は地元の香川県農業協同組合が提供する。
 
 私立僑泰高級中学は、普通科のほかに、機械科、電子科、服飾科、美容科、保育科、餐飲科などがあり、幅拾い人材育成を行っている。今回訪問したのは、餐飲科の生徒36人と教員8人。
 

發表迴響