東京中華学校、教員の送別会開催

0

     劉劍城 東京中華学校校長

2月29日、東京中華学校(劉劍城校長)の職員送別会が、水道橋の台南担担麺で行われた。同校は1929年、日本の華僑子弟に中華固有の道徳文化と現代科学技術の精華を学ばせ、社会の中堅とするために創立された。最近は台湾、中国の経済発展により中国語が重視され、華僑ではない日本人子弟も入学するようになり話題となっている。ジュディ・オング氏や料理家の陳健一氏は同校の出身。
今回、退職する教員は陸震(61)先生、松本隆憲(57)先生と邱奕舜(28)先生、劉威踚(35)先生、張碩文(28)先生、沈育全(28)先生の6人。陸先生と松本先生は、29年間同校に奉職。同校の発展、進学実績に貢献した。邱先生と劉先生は兵役免除により、1年間同校で教鞭を執った。同校では3年前から2人づつ、兵役免除の若者を受け入れている。2人は台湾に帰国の予定。特に劉先生は妻子を台湾に残して、単身の来日だった。
 張先生は日本に残り、順天堂大学で運動生理学の研究を行い、博士を目指す。沈先生はフィンランドのヘルシンキ大学に留学の予定。世界的に有名なフィンランド教育のシステムの研究を行う。
 劉劍城校長は、「一度に6人が居なくなることは、大変寂しいことですが、みなさんの更なる活躍を信じています」と送別の言葉を述べた。

                 送り出される6人を囲んで

發表迴響