台南で名高い竃でじっくり焼き上げたペキンダック

0
北京ダック
北京ダック

台湾はグルメ天国としても有名だが、台湾料理のみならず、国外、世界中の料理の宝庫として知られる。要因はいくつもあげられているが、台湾人は味の細かさを感じ取る「味蕾」が発達しているからではないか、という説もある。いずれにせよ、台湾では、多様な料理を満喫できること間違いなしだ。

台湾では「ペキンダック」のことを「北平烤鴨」と呼ぶことがある。台湾にも数多くのペキンダックの名店があるが、中でも「食の宝庫」として世界的に名高い台南市には「台湾で最もうまい!」と評判の高いペキンダックの店がある。予約無しでも入店できるが、しておいた方がベターだろう。

ペキンダックの食べ方は、「小麦で作られた皮に肉や葱を巻き食べる」のが主流で、皮が出されるが、台湾では「随便(適当に)」でも大丈夫。食べ方にこだわらず、ただ箸で取り、甘いダレにつけて食べる客も多い。

天福楼
天福楼

「天福楼」(安平区永華路二段363號)は、「リーズナブルな価格だが、アヒル肉の味は最高!」と地元の人や、時には海外からの旅行者で賑わう。店を開いて20年。台湾南部で飼育され、自家の竃(かまど)でじっくり焼き上げられたアヒル。丁寧に切り分けられた肉は、まずツヤと光沢が食欲を刺激する。皮の部分と肉の部分が合わせて盛られ出てくるが、皮はパリパリ、肉はジューシーさに溢れ、客を満足させる。チーフシェフは「肉にも焼き方にもこだわっている。調味も伝統と創意から完成した。自信を持ってお客さんに提供できる」と胸を張る。よく訪れるという羅敏卿氏は「この店は焼き方、味、値段、すべてが最高だ」と話す。

ペキンダックを堪能
ペキンダックを堪能

台湾と言えば「グルメ」。中でも台南や新竹などは「食の宝庫」としても知られ、グルメ通が多く訪れる。肉や海鮮が豊富で、味のバラエティにも富む台南には、ペキンダックの名店が存在する。台湾で「ペキンダック」はイメージが離れるかもしれないが、台南を訪れて、「食の真髄」に触れてみるのも良いだろう。

時には海外からの旅行者で賑わう
時には海外からの旅行者で賑わう

 

發表迴響