台湾留学生会のメンバー、福岡の勇壮な祭り「博多祇園山笠」に参加

taiwannp1 Post in 日本 — 観光, 華僑 ー 九州
0
台湾在日福岡留学生会のメンバー5人が博多祇園山笠の追い山に参加

台湾在日福岡留学生会のメンバー5人が博多祇園山笠の追い山に参加

台湾在日福岡留学生会のメンバー5人が、7月15日早朝に開催された博多祇園山笠の追い山に参加した。土居流に所属する関係者が、留学生会を支援し関わりを持っていたことが参加の契機で、メンバーは土居流の法被に身を包んだ。

台湾在日福岡留学生会では「(博多祇園)山笠応援団」と題し、参加メンバーの他に、追い山を見学するチームを結成。「福岡で有名な祭り『山笠』を見に行きましょう」と見学者を募った。集まったメンバーは早朝4時15分に博多座前に集合し、夏の訪れを告げる博多伝統の祭りを堪能した。山笠は福岡市の地域の祭りとして定着しているが、外国人や著名人が参加するケースもある。

博多祇園山笠

博多祇園山笠

追い山には留学生会の林紀全・前会長も参加し、「勇壮さが博多祇園山笠の醍醐味。祭りの魅力を、今後も台湾の留学生にも伝えていきたい」と話した。留学生会の羅允謙会長は「福岡の歴史に触れる充実した時間だった。日本の素晴らしい祭りに参加させてもらえて光栄」と振り返った。

台湾在日福岡留学生会のメンバー

台湾在日福岡留学生会のメンバー

山笠の起源の中で有力なのは、13世紀後半、疫病除去のために祈祷水をまいたのが始まりという説。770年を超える歴史的な神事となっており、現在では「福岡を代表する祭り」として、台湾人ツアーをはじめ、外国人観光客も注目。「インバウンド」の一つの切り札ともなっている。7月15日早朝に福岡市内に滞在し「追い山」を見られるよう設定したり、7月上旬の「集団山見せ」や「飾り山」展示期間に合わせ、ツアーを計画する旅行会社もある。

« Prev: :Next »

Leave a Reply