中野裕太×簡嫚書 来春公開映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」の主演2人に独占インタビュー

0

 

先月映画化が発表され、台湾新聞でも取り上げた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。(原題:雖然媽媽說我不可以嫁去日本。)」(以下:ママダメ)。ママダメは25万の「いいね!」を取得している大人気Facebookページを書籍化したものが原作となっており、実話に基づいたストーリー。日本人男性のモギサンと、台湾人女性のリンちゃんの国際恋愛から国際結婚までのなれ初めを色濃く描いた人気作だ。このたび台湾新聞はママダメで主演を務める日本人俳優・中野裕太さんと、台湾人女優・簡嫚書(ジエン・マンシュー)さんに同映画への意気込みやそれぞれの日本や台湾への印象、想いなどを聞いた。

 

主演を務める中野裕太さん(右)と、簡嫚書(ジエン・マンシュー)さん
主演を務める中野裕太さん(右)と、簡嫚書(ジエン・マンシュー)さん(提供:nafco)

撮影開始!その心境は?

ママダメで海外映画初主演となる中野さん。主演抜擢はプロデューサーの佐谷秀美さんが別のドラマ撮影の現場で、中野さんに一目惚れしたことがきっかけだという。中野さんは「主演が決まった時は不安もありましたね。結構急な話しだったし、台湾に行くのも初めてだし、谷内田彰久監督やスタッフさんも初対面だし・・・」と撮影に入る前の気持ちを話す。しかし、あることがきっかけでやる気にスイッチが入った。「台湾でのクランクイン前日に谷内田監督と脚本家の野村さんが僕のホテルの部屋に来て夜中の2時くらいまでこの作品に対する想いなどを語ってくれて、そこでコミュニケーションがとれて、めっちゃフィーリングがあって、完全に1つになれた感じがしましたね」(中野さん)。

一方、「実は小さい頃の夢は日本にお嫁に行くことで、ママダメの原作を見たとき、リンちゃんのお話は私の小さい頃の夢と似てる!って思いました。リンちゃんは私より年齢が1つ下なのに結婚して色んな経験をしていてすごいなって」と楽しそうに話すマンシューさん。日本にお嫁に行くのが夢だっただけあって、マンシューさんは以前自分でも日本語を学んだ経験があるという。「台本のセリフの日本語はそんなに難しくはなかったです。演じるうえで気を付けたのはリンちゃんの様子に出来るだけ近づけること」と話す。   語学については中野さんも撮影の3週間前に中国語の勉強を開始!期間は短いが、英語やフランス語も堪能な中野さんは普通では考えられない程の語学吸収力で出演者やスタッフも驚いているようすだった。

江の島神社での撮影中に
江島神社での撮影中に2ショット

 

コミュニケーションも問題なし!

少し日本語のわかるマンシューさんと、頑張って覚えたての中国語で話そうとする中野さん。ボディランゲージなども用いて、2人のコミュニケーションはなにも問題無しといった感じだ。撮影中も撮影の間も付き合いたてのカップルのような仲睦まじい雰囲気で2人の世界が出来上がっているようだった。中野さんは「マンシューとも初対面だったけどすごく仲良くなったよ。マンシューのマネージャーさん曰く、俺のケミカルな感じが良いらしい!マンシューはちょっと現場で出演者と距離をとっちゃうことが多いらしいけど、俺とは気があったというか、撮影は本当に楽しかったですよ」と、かなりの好感触。マンシューさんにも中野さんへの印象を尋ねると、「今、本人が隣にいるから、悪いこと言えないよ~!なんて、冗談冗談!(笑)」とおどけてみたものの、「実は2人ともてんびん座。誕生日も1週間しか変わらないの。だからなのか、演じていても気が合うし、自然体でいられました。彼はとても色んなことに関心を持っている人。だから私が何をしてもすべてに反応してくれる。今まで一緒に出演したなかで中野さんは一番いいリアクションをする俳優さんです。一緒に作品を創り上げることにとても期待しています」と本人を目の前に語った。マンシューさんは中国語で話したため、中野さんは「なになに?訳して~!いいこと言ったんでしょ?」と意味が分からずとも嬉しそうな様子だった。

 

 

初めての台湾「人生で最高の瞬間」

このほどの撮影で初めて台湾を訪れた中野さん。「台湾は最高だった!お世辞とか社交辞令とか全くなしに、台湾での時間は今まで生きてきて一番楽しい瞬間だった。台湾の風土もいいけど、やっぱり一番は人だね。周りのスタッフも本当に良い人が多くて、すごく深い仲が築けた。FacebookやLINEを交換したりもしたよ!初日から、へったくそな俺の中国語で笑いをとりながらガンガン入って行ったら向こうも一気にその感じを認めてくれたのかな?って思ってる」(中野さん)。台湾にすっかり魅了された中野さんからは「撮影は台湾の観光名所を綺麗に追って行っているから、もし台湾に行く人がいるならばママダメのロケ地を巡るっていうのも楽しいと思うよ」と提案も。日本ロケも同様に、浅草や江ノ島、長崎のハウステンボスなどなど、様々な日本の観光地で行われており、「お仕事で石垣島に、プライベートでは東京、大阪、京都に行ったことがあります。今回は短期間で一気に日本の観光地を廻、また違う角度から日本を見ることが出来ました」とマンシューさんも大満足。同映画は日本と台湾の観光促進にも効果があるかもしれない。

 

 

映画・ママダメの公開を楽しみにしている日本人ファン達へ、、、

中野さん

「映画はまだ出来上がっていないけれど、すごく良い流れ出来ているし、本当に良い素材を撮り重ねてきているという感覚があります。マンシューだったり台湾人のキャスト達の想いや空気感が伝わると思うし、台湾の良い意味でのアジアのカオス感をすごく綺麗に撮っているんだ。なんていうんだろう、ざわざわした静かな感じ。すごくわくわくして見られるんじゃないかな?家族ドラマ要素もあるから、台湾と日本の家族の違いなども楽しめる要素の1つです。台湾の家族はコケティッシュな感じというか、日本の想像とはずれているけど、家族者として真が通っているからすごく共感も出来ると思う。幅広く家族系から中高生から同年代の人達にも違う角度からみてもらえるといいな」

マンシューさん

「日本と台湾の関係はすでにとても良いですよね!さらにいうならば、ママダメのようなモギさんとリンちゃんのような『純愛』があればお互いはさらに分かり合えると思うんです。愛はとても偉大!愛は世界をずっと回転させられると思います。そんなところをこのママダメで感じて頂けると思います」

 

主演の2人も自信をもっておすすめするママダメは来春公開予定だ。

發表迴響