鈴鹿のノウハウを台湾・高雄へ!モビリティテーマパーク「SUZUKA CIRCUIT PARK」オープン!

0

 

1962年に日本初の本格国際ロードコースとして日本の三重県に誕生した「鈴鹿サーキット」と同じコンセプトで運営されるモビリティのテーマパーク「SUZUKACIRCUIT PARK」が5月9日、台湾・高雄市にオープンする。パーク内には大型商業施設「大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)」も併設され、初年度の入場者数は施設全体で1000万人を目指す。

完成イメージ図
完成イメージ図

SUZUKA CIRCUIT PARKは、日本の鈴鹿サーキットの運営母体の「モビリティランド」が鈴鹿サーキットのライセンスを提供し、台湾の大魯閣エンタテイメントが建設した。運営は大魯閣エンタテイメントで、台湾メディアの報道によると、同社傘下の大魯閣開発は同施設の今年の売上高目標を30億台湾元(約100億円)に設定しているという。

パーク内には鈴鹿サーキット国際レーシングコースを模倣し、同じレイアウトの全長約600mのコースを走るレンタルカート場や、モビリティランドオリジナルの遊戯機種が導入されるほか、乗り物を通して様々なチャレンジができる仕掛けが用意されており、鈴鹿サーキットの「ゆうえんちモートピア」の理念とノウハウが活かされている。なお、S字や立体交差、シケインなど特徴的なコーナーが1/10スケールで本格的に再現されるレンタルカートコースは、鈴鹿サーキットの名称とレイアウト、付帯のアミューズメントが海外の事業者へ輸出される日本初のケース。日本のモータースポーツ、レジャー業界にとって新しいビジネスモデルとなる事も予想される。さらに、日本の鈴鹿サーキットと同じく手塚プロダクションが生んだモビリティランドのキャラクター、コチラファミリーも台湾に初上陸。大人も子どもも楽しめるパフォーマンスを披露し、パークを盛り上げるほか、期間限定で鉄腕アトムとのコラボレーションも企画されている。

 

日本と同じくコチラファミリーも登場
日本と同じくコチラファミリーも登場

 

 

ショッピングモールには約200テナント

 

パーク内の大型商業施設「大魯閣草衙道(Taroko Park Kaohsiung)」にはH&M、Guessなどのグローバルファッションブランドや、台湾南部最大規模のアップルストア(Studio A)、韓国のファッションブランドであるH:CONNECTが台湾南部に初めて出店する。また、メンズ&レディースアパレルとカフェの複合旗艦店、各国料理、地元料理レストラン、特産品販売ショップなど、約200のテナントが入っている。さらに大型複合スポーツ施設「WeSport」もあり、メーンショップとしてフィットネス、バッティングセンター、ボウリング、バスケットボールなど様々なスポーツに挑戦できる事に加え、スポーツウェアや用品ショップも完備されるなど、台湾初のスポーツテーマパークとしての機能も備える。

 

このほか、最先端のテクノロジーによる美しい映像とクリアなサウンド、座り心地にこだわった椅子、見やすく迫力のある大型で広角のスクリーンなど、理想を追求した映画館「シネマコンプレックス」も設置している。

同ショッピングモールは、高雄国際空港から地下鉄(高雄MRT)で1駅の草衙駅に近接し、最寄りの高速道路出口からは250mと、公共交通機関、マイカーともにアクセスの良いエリアに位置する。台北駅からも台湾高速鉄道を利用すると90分と、内外から多数の来客に期待が寄せられている。

コメントを残す