福原愛選手、受賞式典で新婚生活語る

taiwannp10 Post in イベント・告知, エンタメ・スポーツ
福原愛選手、受賞式典で新婚生活語る はコメントを受け付けていません。
トロフィーを受け取る福原選手

トロフィーを受け取る福原選手

台湾卓球男子の江宏傑選手と先に入籍したリオ五輪代表で卓球女子団体銅メダリストの福原愛選手は1月24日、「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の特別賞女性部門を受賞し、東京ビックサイトで行われた表彰式に夫婦そろって出席した。福原選手は、昨年9月に台湾で行われた結婚会見で着用したドレスを手掛けたタダシショージさんデザインの衣装を身に着け登壇した。表彰式後の記者会見で夫の江選手との新婚生活を聞かれ、「毎日楽しく過ごし、今日の朝食は冬の野菜が入ったうどんを作った」と幸せそうな笑みを浮かべながら質問に答えた。なお、表彰式前に江選手は福原選手に付き添い「国際宝飾展(日本最大のジュエリーの展示会)」を観覧し、台湾メディアの取材にも応じていた。福原、江夫妻は今月2月上旬、東京ディズニーランドにて式を挙げるとしている。

福原選手は表彰スピーチで、「ジュエリーは私にとってお守りのようなものです。競技中もジュエリーをつけています。それには理由があり、ある方からダイヤモンドは硬いものでできていると聞いたからです。それよりは、緊張して胸がつぶれそうな時、合宿や遠征で疲れて心が折れそうな時、イメージトレーニングの一環として、『私の心はダイヤモンドでできているから絶対に割れない』と思い込み、色々な場面を立ち向かうことができました」とコメントした。

副賞のジュエリーを披露

副賞のジュエリーを披露

日本ジュエリーベストドレッサー賞は、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門のそれぞれに分けて審査し与えられる章典。

第28回日本ジュエリーベストドレッサー受賞者

第28回日本ジュエリーベストドレッサー受賞者

 

(2017/1/25)

« Prev: :Next »

Comments are closed.