国交ではなく友好を!  

0
3

 

上村会長挨拶

日台経済文化交流協会は2月8日、ホテルモントレ横浜で新年会を開催した。同会には、台北駐日経済文化代表処横浜分処の粘信士処長、横浜華僑総会の羅鴻健会長、横浜市経済局の林琢巳局長、三井不動産横浜支店の徳川浩一支店長らが来賓と参加して、新年を祝した。

両国国家斉唱の様子

同会は、両国の国家斉唱から始まり、各自歓談、途中にはゲームといった内容も盛り込まれており、参加者同士が国関係なく、十分に交流できる会であった。

式の冒頭、同会の主催者である上村直子会長は、「今日は台湾からのお客様も来て頂いたので、今回は難しい事はなく、おいしい料理と会話で過ごして、皆さん楽しんでいってほしい」と挨拶した。また、同会名誉顧問でもある粘処長は、「今年はたくさん良い事があった。1月1日よりは、対台湾窓口機関の名前が日本台湾交流協会となり、これは日本と台湾にとって大事な一歩である。もう一つ良いニュースとして、卓球協会の福原選手が今月、台湾の江選手とディズニーランドで結婚式を挙げた。これは愛情の力であって、政治の力をはるかに超えたもの。また、昨年台湾から日本に来た数は400万人を超え、台湾観光客は日本で5260億円消費して日本の経済に貢献した」と、近状報告を交えて新年を祝した。

粘処長祝辞

 

なお、今年は4人の台湾人留学生も同会に参加し、参加者と交流を図った。留学生の黄さんは、「初めてこういう会に参加してとても楽しかった。皆が、何かしら台湾に関係がある仕事をしたり、台湾に住んでいた人ばかりで、昔の台湾の話をしたりして親近感が湧いた」と、普段ではあまり経験できないようなこの会に参加できた事が嬉しいと話した。

参加した留学生と記念撮影

また、中締めを務めた同会の岩間保博副会長は、「台湾だけは好きになってほしい。そういう人がこの会を応援してほしい。国交ではなく、友好。人間と人間の付き合いの会をこれからも作っていきたい」と同会の思いを語った。

 

ゲームの様子

(2017/2/9)