劉若英来日!「後來」等42曲熱唱

0
17

 

中華圏で大人気の女優で歌手の劉若英が3月23日、Zepp DiverCity TOKYOでライブ「Renext WORLD TOUR」を開催した。劉若英が日本でライブを行うのはこれが初となる。当日は国籍を超えた多くのファンが駆けつけた。

劉若英の大ヒット曲となった日本歌手「kiroro」の中国語カバー曲「很愛很愛你」や「後來」、「アンジェラ・アキ」の中国語カバー曲「繼續―給十五歳的自己」のほか、アンコールを含めおよそ3時間に及ぶステージで、全42曲を熱唱した。中にはアジアの人気バンドMAYDAYの「乾杯」や、他の台湾歌手のヒット曲を歌うなどして、会場を沸かした。

レネリウ歌声披露

曲の合間には「もう桜咲いた?誰が私と一緒にお花見してくれるの?」等ファンに問いかけながら交流を図ったり、「本当に?すみません」との日本語も披露した。

また、特殊な演出効果等の工夫がされていたり、衣装チェンジを多数行う等、歌声以外の部分でもファンを魅了した。全ての曲をファンも一緒になって熱唱し、全員が携帯のカメラの光で会場を照らす場面もあったり等、終始会場が一体となっていた。
劉若英は「最初の海外旅行は母に連れられた東京。デビューしてより22年、ようやく東京に来る事ができた。今日はたくさんの初めてがあって嬉しい。これからも努力し常に好奇心を持ちながら歌を歌っていきたい」と日本でのライブが叶った事に対しての想いを語った。

日本初ライブ!ファンを熱狂

劉若英は1994年に映画「少女小漁」で女優としてデビューし、台湾アカデミーの最優秀主演女優賞。アメリカで声楽やピアノを学んだ経験もあり、元々歌手志望だった劉若英は歌手としてもデビュー。現在では台湾だけではなく中国大陸でも大人気だという。

同ライブにも中国大陸のファンが多く見られ、劉若英のニックネームでもある「奶茶」とのフェイスシールを貼っているファンも多く目立った。中国大陸から来たファンは、こんなに近くで見れる機会がほとんどないため、興奮が冷めない様子だった。
なお、4月にはオーストラリアやアメリカ等世界4ヵ国でのライブを予定している。

中国大陸のファン「i love 奶茶」

 

(2017/03/24)