「アニキに恋して」ファンミイベント開催!4人のキャストが来日

taiwannp10 Post in エンタメ・スポーツ
「アニキに恋して」ファンミイベント開催!4人のキャストが来日 はコメントを受け付けていません。

キャスト4人が来日!ファンとの交流を図った

 

 

台湾で2015年10月の放送開始より最終話まで常時高視聴率を記録し続けた台湾ドラマ「愛上哥們(アニキに恋して)」のキャストによるファンミーティング東京公演が8月12日、習志野文化ホール(千葉県習志野市)で開催された。同公演には主演を務めた杜子楓役の陳楚河(バロン・チェン)と琵亞諾役の賴雅妍(メーガン・ライ)が出演したほか、特別ゲストとして楚哲瑞役の邵翔(ショーン・シャオ)と廖廣超役の楊銘威(ヤン・ミンウェイ)も登場した。なお、同公演は「『アニキに恋して』Bromance Asia Fan Meeting」の一環であり、第一段として昨年3月に台北で、第二弾として昨年11月に大阪でファンミーティングを行い、同公演は第三弾目となった。

当日は、約1400人のファンが集まる中、陳楚河と賴雅妍2人のダンスの披露や、トークイベントなどが行われた。なお、ファン参加型企画として、抽選により当選したファンは、主演2人とダンスの共演ができたり、また、好きな4人のキャストから30秒間告白をしてもらえるコーナーに参加など、ファンも楽しめる内容ばかりであり、会場は常に歓声が飛び交っていた。

なお、賴雅妍が披露したキーボードでの弾き語りでは、同公演のために曲のアレンジや猛練習をしてきたという。賴雅妍は「今までの公演の中で一番難しいチャレンジ」と話し、披露後には緊張がほぐれ涙を流す場面もあった。

さらに、同公演最大のイベントとして、座席番号によって選ばれたファン2人に陳楚河と賴雅妍がダンス披露時に着用していたジャケットのプレゼント企画があったほか、最後には全員がハイタッチ会に参加できるなど、約3時間にもわたった同公演は、充実した内容ばかりだった。

なお、来場していた約半分のファンは、台湾やシンガポール、マレーシアなどアジア地域から同公演に参加するため日本に来ていた。シンガポール人女性2人組は「ドラマが大好きで、今回シンガポールでの公演がないので、台北と東京のファンミーティングに参加しました」と話した。また、香港人女性2人組は、台北ではチケットが取れず、また、大阪公演では陳楚河の出演がなかったため東京公演を選んだという。

「アニキに恋して」ファンミーティング東京公演開催!

同ドラマは、賴雅妍が男として生きていき、陳楚河と恋に落ちていくという物語。賴雅妍は「このドラマはラブコメディーなので、ラブストーリーでもありコメディでもあるため、撮影現場ではみんなで楽しく撮影できたのは良い思い出となりました。陳楚河とのアクションシーンも多々あり、力を使うため大変な部分もありました」と話した。また、陳楚河は東京公演ができた事に対し、「感無量」とコメントした。

なお、日本では2016年9月にホームドラマチャンネルで放送された。

————————————-
本ファンミーティングの模様は2017/8/27より【C-POPTV】にて配信スタート!
ぜひ映像で会場の盛り上がりをお楽しみ下さい♪

華流映像ファンクラブ【C-POPTV】http://C-POP.TV
————————————–

 

 

(2017/8/16)

« Prev: :Next »

Comments are closed.