第59期囲碁王座戦で張栩王座が4連覇達成

0

第59期囲碁王座戦において、張栩王座が3連勝で碁聖のタイトルを保持する羽根直樹挑戦者下し、4連覇を達成した。
その就位式と祝賀パーティーが1月30日、ホテルオークラ東京(東京都港区)のメイプルルームで開催された。
張王座は台湾台北市の出身の32歳。10歳で来日し林象峰名誉天元門下に入門。2009年には史上初の五冠となる。羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路と合わせて平成四天王と呼ばれている。
第59期囲碁王座戦において、張栩王座が3連勝で碁聖のタイトルを保持する羽根直樹挑戦者下し、4連覇を達成した。
その就位式と祝賀パーティーが1月30日、ホテルオークラ東京(東京都港区)のメイプルルームで開催された。
張王座は台湾台北市の出身の32歳。10歳で来日し林象峰名誉天元門下に入門。2009年には史上初の五冠となる。羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路と合わせて平成四天王と呼ばれている。
会場には、囲碁関係者、マスコミ、ファン約200人が詰めかけた。
張王座は「5連覇を達成し、名誉王座を目指します」と新たな決意を述べた。

發表迴響