『台灣三太子』首度現身神戶街頭 展現台灣熱情加深台日情誼

taiwannp6 Post in 日台 ー 交流, 華僑 ー 関西
0

遊行隊伍

遊行隊伍

飄洋過海而來的六尊台灣三太子與神戶華僑總會、留學生所組成的團隊『神戶─台灣 絆』5月18日參加第44屆神戶祭,在遊行中展現台灣熱情。

 

整裝待發

整裝待發

 

色彩繽紛,戴著墨鏡裝扮可愛的三太子與國旗做先鋒,身穿印有台日兩國國旗及台灣圖樣鮮豔黃色T恤的百人隊伍,在伍佰的『你是我的花朵』樂聲中,踏著輕快活潑的舞步浩浩蕩蕩前進,吸引了沿途圍觀民眾的目光,隊伍最後中華航空的花車隨行。主辦單位在廣播中介紹神戶華僑總會的歷史、三太子象徵的台灣民俗意義,以及台灣團隊想傳達的『同樣經歷震災,互相扶持關懷的台日兩國珍貴情誼』。

遊行照片

遊行照片

 

 

親和力十足的三太子

親和力十足的三太子

 

 

台灣百人團隊

台灣百人團隊

 

與沿途民眾互動

與沿途民眾互動

參加遊行的74個團體中,第28個出場的『神戶─台灣 絆』是有史以來第一個參加神戶祭的台灣團體,也是『台灣三太子』表演藝術首度在神戶街頭公開露面。神戶市政府周圍包括主要道路Flower Road,全長約一公里的遊行路程,前來支援的台灣舞樂藝劇團長施政良在隊伍前方連翻跟斗,揮舞國旗前進,六尊三太子隨著音樂以逗趣的動作與道路兩旁民眾互動合影,沿途群眾的歡聲與掌聲不斷,不少民眾爭相上前與三太子合影,也有民眾從遠處向團隊大喊『東日本震災、謝謝台灣』、『台灣加油』。國旗隨風飄揚在神戶市中心的晴空下,台灣團隊以最燦爛的笑容,驕傲地走完全程。

遊行結束後,神戶華僑總會會長陸超連著接受神戶新聞及朝日新聞採訪。陸會長說明,20年前阪神大地震發生後,我國代表立即前往神戶市表達關懷,致贈慰問金;之後台灣發生921大地震,神戶華僑總會到街頭募款,在災後重建中的神戶,短短四天竟募得六百多萬日幣,受到許多民眾的加油打氣。陸會長說,『掛在脖子上的募款箱重到支撐不住,沒想到能募集到那麼多善款,還有很多人說台灣加油!到現在想起來還是很感動。』

朝日新聞記者吉田貴司表示,此次神戶祭第一次參加遊行的團體有六、七組,其中台灣團隊表達的台日友誼非常受矚目,遊行中三太子花俏亮眼,沿途與民眾的互動也有別與其他團體,非常有親和力。

 

合影

合影

朝氣十足的台灣團隊

朝氣十足的台灣團隊

 

駐大阪辦事處處長 蔡明耀

駐大阪辦事處處長 蔡明耀

當晚的慶功宴,駐大阪辦事處處長蔡明耀向全體團隊致最高的敬意與謝意。蔡處長認為,此次遊行成功地讓神戶的日本朋友對臺灣文化有了更深一層的認識,更有助益於增進台日兩國的關係。感謝中華傳統表演經理人錢宇珊以及舞樂藝劇團長施政良及兩位團員遠道而來指導,讓三太子的演出生動成功。

神戶華僑總會陸會長感謝僑委會的協助,感謝大阪中華航空公司二話不說慷慨贊助此次活動。百忙中抽空參加五次練習的僑胞及留學生、出借休息場地的理事,陸會長強調此次的成功是所有人同心合力的成果。最後陸會長問『明年是否願意再度參加?』時,場內響起熱烈的掌聲答覆了這個問題。

参與活動的留學生

参與活動的留學生

 

神戶華僑總會會長陸超(右)與僑委會所贈的三尊三太子(左起關西大學陳昱璋同學及林育鋒同學、大阪大學黃惟愷同學)

神戶華僑總會會長陸超(右)與僑委會所贈的三尊三太子(左起關西大學陳昱璋同學及林育鋒同學、大阪大學黃惟愷同學)

穿上僑委會所贈的重達十公斤三太子裝扮,熱心參加多次排練,並在當天走完全程的三位留學生分別是關西大學林育鋒、陳昱璋以及大阪大學黃惟愷。同學們在受訪時表示,這是個非常難得的經驗!雖然有點重,跳起舞來並不容易,穿上後全心投入就忘了。能為台灣盡一份心力,每個人都非常開心。

 

啦啦隊亞洲盃 台灣囊括大獎

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
0

 第8屆啦啦隊亞洲國際公開錦標賽,於5月17日至18日在東京代代木國家體育場第一體育館舉行,除了日本國內的團體參賽外,包括台灣、韓國、新加坡、印尼、泰國和菲律賓等國皆派隊參加。代表台灣參賽的明新科技大學和東南科技大學,因傑出的表現,分別獲得國際混合大組第1和第2名,明新科技大學另外還囊括國際混合5人小組第1、國際混合雙人組第1、第2和精神總錦標等多項大獎,成績表現不俗。

東南科技大學在國際混合大組中表演高難度的拋接動作

東南科技大學在國際混合大組中表演高難度的拋接動作

東南科技大學啦啦隊優異的表現贏得場邊的歡呼

東南科技大學啦啦隊優異的表現贏得場邊的歡呼

 18日當天稍早先進行國際混合雙人組和5人小組的決賽,代表參賽的明新科技大學啦啦隊,順利拿下冠軍,接著在國際混合大組決賽中,東南科技大學啦啦隊則以優異的表現,在預賽和決賽拿下總合394﹒5的成績獲得第2,而最後壓軸出場的明新科技大學,在幾次完美做出高難度的拋接動作下,獲得場邊民眾的歡呼聲,但在演技的尾盤,一個拋接動作出現失誤,讓當時在高處的黃孟涵不慎失去平衡,導致意外落地。黃孟涵受傷後,先在會場進行簡單的醫療處理,不過為求慎重,大會將她送往醫院治療。稍後在頒獎典禮上,明新科技大學的同學則表示黃孟涵的傷勢沒有大礙,唯需要留院觀察。

明新科技大學表演高難度的疊人動作

明新科技大學表演高難度的疊人動作

明新科技大學雖然在國際混合大組演出中,出現失誤有同學受傷,但仍順利拿下冠軍

明新科技大學雖然在國際混合大組演出中,出現失誤有同學受傷,但仍順利拿下冠軍

 明新科技大學啦啦隊雖然在決賽演出時出現失誤意外,但仍然以預賽和決賽總成績401﹒5的高分,拿下冠軍。明新科技大學啦啦隊參賽的同學表示這次參賽整體表現還不錯,但應該可以更好,像這次的失誤意外應該就是可以避免的才對。

東南科技大學在這次大會中亦獲得國際混合大組第2名的好成績

東南科技大學在這次大會中亦獲得國際混合大組第2名的好成績

明新科技大學代表臺灣參加第8屆啦啦隊亞洲國際公開錦標賽獲得多項大獎

明新科技大學代表臺灣參加第8屆啦啦隊亞洲國際公開錦標賽獲得多項大獎

 

台湾人農業関係者が日本の農業を視察 〜日台の農業の違いとは?〜

taiwannp1 Post in 台湾 — 経済, 台湾 ー 美食, 日台 ー 交流, 日台 ー 経済
0

 

日台貿易商談会の参加者達

日台貿易商談会の参加者達

台湾行政院農業委員会国際処が主催し池栄青果株式会社が共催する日台貿易商談会として5月12日から5月16日の5日間、日本の各産地視察が行われた。同会は今回で6回目の開催となる。

台湾からは行政院農業委員会国際処簡任技正の戴德芳氏率いる農糧署、農業委員会、農民、農会、輸出入業者が参加。日本からは東京青果株式会社開発第1部審議役の増田定資氏、池栄青果株式会社社長の藤田克己氏や第3営業部部長の菊池成哲氏、第2営業部部長の雨宮真二氏の他スタッフ2名が参加した。若い世代の参加が目立つ同会の開催目的として戴氏は「この度は台湾農業の未来を見据えて、若い世代をメーンに引き連れてきた。参加者たちは皆、台湾でトップクラスの農業関係者だ。今回視察を行い、これからの農家経営などに活かしていける日本の良い部分を吸収して欲しい。有意義な時間になる事を希望する」と話した。

行政院農業委員会国際処簡任技正の戴德芳氏

行政院農業委員会国際処簡任技正の戴德芳氏

彼らは貸し切りバスで連日にわたり千葉、栃木、茨城の各JAで選果場、圃場や研究室などを見学した他、最終日には築地市場に並ぶ巨大市場である大田市場を見学。

最終日に視察した大田市場

最終日に視察した大田市場

大田市場のマンゴーブースにて記念撮影

大田市場のマンゴーブースにて記念撮影

視察した各地で意見交換会が行われたが、台湾からの参加者は皆熱心で、質問が途切れる事無く飛び交っていた。選果場、圃場を見学する際も常に質問をしたり、写真撮影をしたりと興味を示した。最終日まで疲れた様子をみせない彼らのパワーは、流石台湾農業トップクラスの人材である。今後の台湾における農業発展に期待が持たれる。

意見交換会の様子

意見交換会の様子

 

 

大田市場にて説明をする東京青果株式会社開発第1部審議役の増田定資さん

大田市場にて説明をする東京青果株式会社開発第1部審議役の増田定資さん

 

 

—1日密着取材!台湾人がみた千葉・農業発展の現状—

 

台湾新聞では台日貿易商談会の千葉産地視察に1日密着した。

左から台湾でトマトを栽培する呂藍平さん、池栄青果株式会社藤田克己社長、埔里鎮椒類生產合作社理事主席の藩美玲さん、千葉県農林水産部技師の新居友明さん、沃田農場(トマト)の陳育旗さん

左から台湾でトマトを栽培する呂藍平さん、池栄青果株式会社藤田克己社長、埔里鎮椒類生產合作社理事主席の藩美玲さん、千葉県農林水産部技師の新居友明さん、沃田農場(トマト)の陳育旗さん

2日目となる千葉産地視察。観光バスを貸し切り1日かけてJAちばみどり旭営農センター「フレッシュグリーン」、千葉県農林総合研究センター東総野菜研究室、野菜研究室の順で視察を行った。「フレッシュグリーン」では選果場で稼働から18年を経て老朽化したことにより、平成24年に再整備された選果機などを見学。意見交換会は再整備され機能強化されたことによる農民の負担削減についてや、箱詰めの費用問題などの質問をメーンに行われた。

視察した胡瓜の選果場

視察した胡瓜の選果場

トマトの選果機を見学する行政院農業委員会台南区農業改良場副研究員の鐘瑞永さん(写真手前)

トマトの選果機を見学する行政院農業委員会台南区農業改良場副研究員の鐘瑞永さん(写真手前)

JAちばみどり農業協同組合専務理事の石毛博志氏はこのような会の開催について「私も農家だが、農家は色々な経験が無いといいものが作れない。色々な所を見たり、聞いたり色々な知識が多ければ多いほどいいものが作れる。1人では農家はやっていけないのだ。それが日本であれ台湾であれ、同じ農家として実際に見に来て頂いて少しでもお役に立てるならお互いの為であるし、歓迎だ。台湾の農家が沢山ものを作って日本の農家が困る事はないのだから。機会があれば是非今度は逆に台湾に足を運びたい」と語った。

JAちばみどり農業協同組合専務理事の石毛博志さん

JAちばみどり農業協同組合専務理事の石毛博志さん

熱心にメモをとる台湾農家の農民たち

熱心にメモをとる台湾農家の農民たち

また、東総野菜研究室ではタカミメロンの現物と圃場を見学。写真を撮ったり実際にメロンを触ってみたりして日本のメロン栽培への理解を深めた。

メロンの圃場を見学

メロンの圃場を見学

こちらでの意見交換会では千葉県農林総合研究センター北総園芸研究所・東総野菜研究室研究員の吉橋泰彦氏がメロン栽培方法や生産・販売状況、輸出関連試験について説明。日本のメロン糖度16度に対し、台湾では18度なければならないという台湾人農民の言葉に驚き、日台のメロン栽培の違いについて興味を示していた。最後に訪れた野菜研究室ではトマトの溶液栽培や密植多収技術などを見学した。各見学場所で真剣にメモを取り、写真を撮り、次々に質問をする台湾農民の熱心さに現地のスタッフたちも関心をよせていた。

千葉県農林総合研究センター北総園芸研究所・東総野菜研究室研究員の吉橋泰彦氏はメロン栽培方法や生産・販売状況、輸出関連試験について説明した

千葉県農林総合研究センター北総園芸研究所・東総野菜研究室研究員の吉橋泰彦氏

真剣に見学する台湾農家の皆さん

真剣に見学する台湾農家の皆さん

移動バスの中は台湾人参加者同士、意見交換や交流が行われ終始賑やかだった。途中立ち寄ったサービスエリアに停まっていた長距離トラックを物珍しそうに写真に納める姿が見受けられたが、戴氏に訳を聞くと「台湾は日本のより小さいため、北から南に行くのに然程時間がかからない。よって台湾ではこのような長距離トラックは存在しないのだ」と話していた。夕食はしゃぶしゃぶ食べ放題を堪能。お酒も入り、台湾式乾杯をしたりと皆楽しそうに食事をしていた。その後はホテルに戻る前に池袋の街を散策し、つかの間の観光を楽しんでいた。

 

 

 

—参加した台湾農民の声—

 

沃田農場(トマト)の陳育旗さん

沃田農場(トマト)の陳育旗さん

沃田農場(トマト栽培)の陳育旗さん

「いつもは栽培をしているが今回はマーケティングの勉強もできてよかった。現状として台湾はまだ1つ1つの農家だけでは力不足だと感じた。日本のような大規模では難しいが、何軒かの農家で協力して自分たちのブランドを作り、選別や出荷が出来たらなと思う。台湾の農協に各農家を集めて一つのシステムを作って頂ければなと思う。しかし僕たちは自分たちの作るトマトに自信を持っている。実は台湾と日本のトマトへの認識は少し違っている。日本では野菜扱いのトマトは台湾では果物として食されている。甘くて食感も良い僕たちのトマトを台湾に来た日本人の皆さんには是非体験して頂きたい。」

 

 

埔里鎮椒類生產合作社理事主席の藩美玲さん

埔里鎮椒類生產合作社理事主席の藩美玲さん

埔里鎮椒類生產合作社理事主席の藩美玲さん

「今回初めて日本に来た。私の農家はパプリカの出荷で台北市場の半分を占めている農家だ。視察してみて、日本はシステムがしっかりしていて羨ましいと感じた。台湾ではどうやったら儲かるかを一番に考えるし、各農家で異なった意見を持っているので日本のように農家をまとめるのは難しいことだと思う。台湾は天候に恵まれているので果物の生産量も品質も優れているが、その後の販売方法として価格が均一ではない。その問題が解決出来ればと思う。」

 

台灣電音三太子最後衝刺 將在『神戶祭』為台日友好情誼街頭走秀

taiwannp6 Post in 日台 ー 交流, 華僑 ー 関西
0

三太子排演舞步

三太子排演舞步

由神戶華僑總會及關西地區留學生所組成的『神戶─台灣 絆』隊伍,今日在神戶震災復興紀念公園集合為明日5月18日的神戶祭遊行做最後排練。『神戶─台灣 絆』隊伍預定由六尊台灣來的『三太子』帶領一百多人,以輕快活潑的舞步,走完神戶市役所周圍約一公里的遊行路程。

隊員練習遊行舞步

隊員練習遊行舞步

 

由台灣前來支援的舞樂藝劇團員

由台灣前來支援的舞樂藝劇團員

神戶華僑總會會長陸超感謝僑務委員會提供三尊又新又輕的三太子,讓沒有經驗的成員能夠很快地習慣,經過數次練習順利上場。大阪中華學校舞蹈社指導老師李惠芳和由台灣前來支援的舞樂藝劇團員、錢宇珊老師一遍又一遍地與隊員確認舞步及隊形,色彩繽紛、造型創意十足的三太子在公園裡吸引了路過民眾的目光,不少人好奇地詢問『是哪裡來的什麼隊伍?』,也有人要求與三太子合影留念。

陸會長說,20年前阪神大地震發生後,我國駐日代表及駐大阪辦事處處長立即前往神戶市表達關懷,致贈慰問金;五年後發生921大地震,神戶華僑總會利用周六日上街頭募款,短短四天募得六百多萬日幣,以及許多素昧平生的日本友人當面加油打氣的聲援。此次參加神戶祭遊行的最大目的,希望藉由三太子讓日本民眾認識台灣文化,加強台日兩國情誼,讓曾經遭受震災衝擊的神戶與台灣,延續兩國關懷互助的珍貴情誼,這也是隊伍命名為『神戶─台灣 絆』的最大用意。

神戶祭http://www.kobe-matsuri.com/
『神戶─台灣 絆』預定5月18號14點出場

東京台灣商會青年部成立 為商會、僑社注入新血

taiwannp9 Post in 華僑 ー 関東
0

 東京台灣商工會議所(簡稱東京台灣商會)青年部於4月8日理監事會上,正式通過新任青年部部長劉怡慧的任命後,青年部宣告正式成立。5月14日則由駐日代表處副代表陳調和與僑務組組長趙雲華等人招待青年部及商會幹部,鼓勵青年加入僑社活動。當天除了青年部部長劉怡慧帶領副部長葉依筑、秘書長鄧冠謹和最高指導顧問豐川榮次等人出席外,東京台灣商會會長錢妙玲、副會長林良育、蔡翠文、尹世玲及秘書長賴浩生等人商會幹部亦與會參加。

駐日代表處副代表陳調和致詞鼓勵青年部成員積極參與商會和僑社活動

駐日代表處副代表陳調和致詞鼓勵青年部成員積極參與商會和僑社活動

 駐日代表處副代表陳調和鼓勵現場青年部成員成為僑界和商會一股新的活力,陳調和也提到過去在僑界活動中遇到不易聚集青年成員的問題,因此他認為東京台灣商會可以順利成立青年部將是一個新的開始,希望日後可以加入更多青年朋友一起學習商會運作和僑社的交流,更期望東京台灣商會可以在僑社中做出更大的貢獻。僑務組組長趙雲華則認為可藉由青年部的成立,有利串連日本各地僑商和世界青商,凝聚更大的力量,因此他強調青年部成立對東京台灣商會而言,是一個非常重要的里程碑。

左起為青年部副部長葉依筑、部長劉怡慧、秘書長鄧冠謹和副代表陳調和及青年部最高顧問豐川榮次合影留念

左起為青年部副部長葉依筑、部長劉怡慧、秘書長鄧冠謹和副代表陳調和及青年部最高顧問豐川榮次合影留念

 青年部部長劉怡慧則表示首先希望可以順利招集20位會員加入青年部,讓青年部更加成長茁壯,另外她也提到最快於8月底青年部將會主辦煙火欣賞大會,屆時則計畫邀請留學生一起參加,進而讓留學生有機會認識東京台灣商會的青年部,而擔任最高顧問的豐川榮次則期待青年部的成員可以做出一番更甚於以往的成績。東京台灣商會企劃部副部長吳唐妮表示青年部的成立讓年輕人有機會接觸商會的運作和營運,希望他們可以順利做好青年部的工作,然後再繼續傳承下去。

駐日代表處副代表陳調和(前排右4)和僑務組組長趙雲華(前排右3)與東京台商會幹部及青年部成員聚餐

駐日代表處副代表陳調和(前排右4)和僑務組組長趙雲華(前排右3)與東京台灣商會幹部及青年部成員聚餐

2014011慈濟日本關西地區浴佛大典

taiwannp6 Post in 動画, 華僑 ー 関西
0

日本人に伝えたい!一龍斎貞花氏によって語られる「八田与一物語」

taiwannp1 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合
0

 

一般社団法人亜東親善協会は5月12日、ホテル・ルポール麹町にて一般社団法人亜東親善協会第2回通常総会を開催した。同会は総会、講演会、懇親会の3部門に分かれて行われた。

「八田与一物語」を語る一龍斉貞花氏

「八田与一物語」を語る一龍斉貞花氏

講演会では講談師である一龍斎貞花氏が「台湾に東洋一のダムを造った~八田與一物語~」について講演した。着物を着て登場した一龍斎氏は講演の冒頭で台湾に対し、東日本大震災時の台湾からの多大な支援に感謝を述べた他、昨今のアジア情勢や今年6月に東京他で行われる故宮博物院について語った。そして話が終わるとポンッとセンスで机を叩き会場の雰囲気を一変させ、「八田與一物語」を語り始めた。

講演会の様子

講演会の様子

講演後の懇親会で一龍斎氏は「私は書籍を通して八田與一を知った。台湾では知らない人がいないと言ってもいい程有名な八田與一だが、驚くべくことに八田與一は日本ではあまり知られていないのだ。そこで私は一人でも多くの日本人に八田與一を広めていくため、様々な場所で機会があるたびにこの話をしてきた。自民党の方に教科書に八田與一のことを載せてくれないか?とお願いもしている。また、来年は明治大学での講演も決まっている」と述べた。

一龍斎氏による八田与一物語を聞いた中華民国(台湾)留日東京同學會会長であり明治学院大学の留学生である林尚褘さんは講演会について「台湾では八田与一は小学校3・4年の教科書に載っているのでとても有名だ。今回一龍斎先生の講演で更に八田与一についての知識を深めることが出来た。日本人の方々にも八田与一を知ってほしい」と話した。

 

乾杯をする来賓の方々

乾杯をする来賓の方々

懇親会では亜東親善協会の大江康弘会長が挨拶で「こうして皆様に支えて頂き、社団法人から一般法人へと移行し2年目となった亜東親善協会を今後とも変わりのないご指導・ご支援を頂きたい」と述べた。

挨拶を行う亜東親善協会の大江康弘会長

挨拶を行う亜東親善協会の大江康弘会長

また、懇親会には台北駐日経済文化代表処徐瑞湖副代表をはじめ、華僑関係者、国会議員、台湾人留学生などが参加。懇親会の挨拶に立った来賓は皆口々に日台間の観光について話しており、徐副代表は台湾旅行客が増えたことによる日本の観光バス不足についても触れ、「観光バスが不足している事態は大変なことであるが、日台間の旅行客の行き来が急増している証拠である。これから両国の関係がどんどん密接になっていくことを感じている」と述べ、日台関係の更なる発展に期待をよせていた。

挨拶を行う台北駐日経済文化代表処徐瑞湖副代表

挨拶を行う台北駐日経済文化代表処徐瑞湖副代表

 

日本中學生拜訪代表處 了解台灣國中生校園生活

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
0

 駐日代表處教育組副組長林世英於5月9日,在代表處接待來自鳥取縣三朝町立三朝國中校長松浦靖明和該校4名3年級的學生,並向他們介紹台灣和說明台灣國中生一日的校園生活。

教育組副組長林世英和4位到代表處訪問的日本國中生說明台灣國中生的校園生活

教育組副組長林世英和4位到代表處訪問的日本國中生說明台灣國中生的校園生活

 三朝國中校長松浦靖明表示由於正值3年級學生到東京進行教育旅行,除了安排學生參訪東京各項文教設施外,也讓學生分別到駐日各國使館了解異文化,希望能藉此提升學生的國際視野,因而帶領學生到代表處來參訪認識台灣。教育組副組長林世英則於會中分別介紹台灣的地理位置和各縣市的資料,同時也前來訪問的學生說明與台灣國中生相關的資訊,並具體說明國中生一日的活動情況,包括上課表、科目、上課情形、社團活動,和校後補習情況等校園生活,另外也特別進行簡單的中文教學,讓日本國中生學習簡單的中文問候語。

 參訪的學生則對台灣國中生的早餐、上學時間、早自習和打掃時間等與日本國中不同而感到好奇,尤其對於台灣國中生的午睡時間更是感到新奇有趣,學生們也表示希望有機會到台灣進行教育旅行或旅遊,進一步與台灣學生交流。

佛光山依空法師訪日 與僑民解說人間佛法

taiwannp9 Post in 華僑 ー 関東
0

 國際佛光會關東協會和神奈川分會於5月13日,在「橫濱佛光緣」舉辦「人間佛教講座系列」,並邀請到美國西來大學駐校董事,同時也是國際佛光會世界總會理事依空法師到場和與會的僑民分享「人間佛法」的真理。當天包括留日東京華僑總會會長李維祥、東京台灣商工會議所名譽會長李懋鑌和國際傑人會日本總會會長賴浩生等僑社領袖亦出席參加,聆聽佛法。

依空法師以「困境中的智慧」為題向僑民解說人間佛法

依空法師以「困境中的智慧」為題向僑民解說人間佛法

 依空法師以「困境中的智慧」為題,和大家講述「觀時自在」、「觀處自在」和「觀身自在」等面對人事時物情的看法,並透過許多帶有寓意的小故事,讓台下聆聽佛法的民眾可以淺顯易懂地了解佛法的奧妙。

 國際佛光會神奈川分會會長河維寧表示每次聽完佛學講座都有很多感受,因此很希望大家可以踴躍參加,而國際佛光會關東協會會長太田愛子則提到將佛法運用在人生上,會讓自己更快樂,讓心裡充滿法喜,這正是為什麼佛光山會提倡所謂的「人間佛法」,她也表示希望每個月都可以舉辦這樣的講座,讓大家來充電。

國際佛光會關東協會會長太田愛子(右)和神奈川分會會長河維寧(左),一同獻花給依空法師

國際佛光會關東協會會長太田愛子(右)和神奈川分會會長河維寧(左),一同獻花給依空法師

現場有許多僑民到場聆聽佛法

現場有許多僑民到場聆聽佛法

20140510大阪台灣同鄉會清掃淀川跨出社會公益第一步

taiwannp6 Post in 動画, 日台 ー 交流, 華僑 ー 関西
0