京都華僑總會會員大會 籲會員、友台人士支持台灣

taiwannp6 Post in 中文, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 華僑 ー 関西
京都華僑總會會員大會 籲會員、友台人士支持台灣 はコメントを受け付けていません。

來賓與會員、青年部成員開心合影

京都華僑總會5月19日在台灣料理『台北城』召開理監事會議及兩年一度的會員大會,大阪辦事處處長陳訓養、僑務組組長黃水益、京都府議會日台親善協會會長植田喜裕、京都市議會日台親善議員聯盟會長小林正明、京都市議會議長寺田一博、京都日台親善協會會長中村斉等多位當地主流社會人士應邀出席。針對台灣未獲得本屆世界衛生大會(WHA)邀請函一事,陳訓養感謝日方表態力挺,並呼籲與會人士繼續支持協助我國參與世界衛生大會。

會員大會前、會長魏禧之主持臨時理監事會議。

 

會員大會上經推薦余秀霞、大嶋理絵出任副會長、青年部部長魏智弘出任理事。

會長魏禧之在會員大會全場一致掌聲通過連任,隨後發表新理監事名單,副會長黃俊清、沈幸齡、安田隆昌留任,理事俞秀霞及負責籌備滋賀支部的理事大嶋理绘經推薦出任新副會長、青年部部長魏智弘出任理事。大嶋理绘說明滋賀支部的籌備狀況,預定在三年以內正式成立,與滋賀縣守山日台親善協會聯手推廣支部業務。魏禧之感謝各位過去兩年來的支持與協助,報告今後活動預定,5月27日包粽子大會預計有45名參加,滋賀支部正式成立後,期待參加人數破百;慶祝106年雙十國慶酒會訂於10月4日舉辦,歡迎大家共襄盛舉。魏禧之並強調,中華民國的外交處境艱難,需要會員、友我日台親善團體及各界的支持,對台灣未獲邀請參與2017年WHA一事深表不滿及遺憾,全球各地僑團、中華總會已陸續聯名發表聲明譴責,希望大家發揮影響力讓更多人士了解此事、為台灣爭取支持。

會長魏禧之呼籲與會人士攜手為台灣發聲

 

新副會長大嶋理絵說明滋賀支部籌備情形

 

駐大阪辦事處處長陳訓養呼籲與會人士繼續支持協助我國參與世界衛生大會

首度出席會員大會的陳訓養受到會員的熱烈歡迎,感謝該會長年來協助駐館積極推動僑務工作,說明蔡總統就職即將滿週年,繼今年1月日本對台窗口「交流協會」正名為「日本台灣交流協會」,台灣對日窗口「亞東關係協會」亦於本月17日更名為「台灣日本關係協會」,今後將進一步推動台日實質關係。5月22日世界衛生大會將在日內瓦舉行,至5月8日報名截止台灣未收到邀請函;過去8年來,台灣每年均組團出席,針對各項會議主題積極貢獻專業經驗及成果,普獲國際社會對我醫衛實力的肯定;台灣2300萬人民的健康是基本人權,不論任何理由都不應被剝奪,日本內閣官房長官菅義偉於本月9日記者會上表態力挺我國應參與世衛大會,蔡總統隨後透過推特表達謝意,足以說明日台兩國堅固情誼,期待台日友好關係今後更上層樓。

出席來賓輪流上台致詞重申台日關係密切重要,會中定下明年5月與京都府議會日台親善協會、京都市議會日台親善議員聯盟、京都日台親善協會聯合組團訪台參訪,加深台日交流。

(2017/05/22  13:31)

台湾のWHO年次総会への参加を支持在日台湾商工会連名声明書

taiwannp10 Post in イベント・告知, 中文, 台湾 — 政治, 日台 ー 交流, 日台 ー 政治, 日台 ー 総合, 華僑 — 総合
台湾のWHO年次総会への参加を支持在日台湾商工会連名声明書 はコメントを受け付けていません。

在日台灣商會,在五月十五日發表支持台灣參加WHO世界衛生大會的中日文聯合聲明。包括聯合總會,東京,橫濱,千葉,關西,九州,琉球等,全日本各地台商會,共同呼籲WHO邀請台灣參加今年的WHA。

在日台灣僑團籲請日本各界及國際社會支持台灣參與WHO,因為世界衛生組織章程明示,健康是基本人權,台灣過去八年來參加WHO,對全球衛生及國際醫療貢獻良多,基於台灣兩千三百萬人口的健康人權,不應成為國際防疫的缺口,因此請日本各界支持台灣參與WHO。

唱出故鄉民謠 台灣鄉之頌聯合音樂會

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
唱出故鄉民謠 台灣鄉之頌聯合音樂會 はコメントを受け付けていません。

駐日副代表郭仲熙致詞

由日本中華聯合總會主辦的「台灣~鄉之頌」聯合音樂會,於5月18日晚間在台灣文化中心舉行,由聲樂家張瑞銘、吳旭玲和鋼琴家蘇維倫呈現多首台灣民謠。台北駐日經濟文化代表處副代表郭仲熙也受邀出席,並於致詞中感謝日本中華聯合總會會長毛友次致力推動僑務、促進台日關係發展,並關心台日文化交流。音樂會全場吸引超過百位來賓參加,許多在日僑民也藉此回味故鄉熟悉的旋律。

 這次音樂會以「台灣~鄉之頌」為主題,由任教於橫濱中華學院的音樂教師張瑞銘和台南應用科技大學音樂科教專任聲樂教授吳旭玲,在鋼琴家蘇維倫伴奏下,輪流演唱等多首台灣民眾耳熟能詳的民謠或歌曲,如《菅芒花》、《白牡丹》、《嘸通嫌台灣》、《杯底不可飼金魚》、《娘十八》、《板橋查某》、《愛得不得了》等,其中《望春風》則特別以鋼琴獨奏的方式來呈現。

聲樂家張瑞銘演唱《杯底不可飼金魚》

聲樂家吳旭玲(左)和張瑞銘共同演唱《四季紅》

 張瑞銘和吳旭玲兩位聲樂家也在節目最後演唱1930年代知名作曲家鄧雨賢的作品《四季紅》,以男女二重唱的方式,呈現出歌曲輕快的氣氛。在原定曲目結束後,中華聯合總會會長毛友次特別上台演唱《望春風》,並邀請副代表郭仲熙、台灣文化中心主任朱文清合唱,台下觀眾也一起打拍子應和,音樂會就在全場大合唱中結束。

日本中華總會毛友次會長(左)、駐日副代表郭仲熙(中)和台灣文化中心主任朱文清三人合唱《望春風》

 聲樂家張瑞銘表示,這次音樂會在曲目安排上,是希望將大家熟悉的歌曲、故鄉的音樂傳遞給海外僑胞。張瑞銘也表示,其中他最推薦的歌曲是《嘸通嫌台灣》,希望大家都能愛台灣,並把這首歌曲傳遞出去,讓全世界都知道台灣。

 日本中華聯合總會會長毛友次表示,這次音樂會中原本還邀請了鄭瑞貞教授來日演奏二胡和琵琶,但可惜的是鄭教授因健康因素授無法參與演出,因此由三位藝術家為大家演唱台灣的歌曲。毛友次提到,現在很多日本人想了解台灣比較早期的音樂,因此規劃並舉辦這次的音樂會。

副代表郭仲熙(右3)、台灣文化中心主任朱文清(左1)、日本中華聯合總會會長毛友次(右2)與三位音樂家張瑞銘(右1)、吳旭玲(左2)和蘇維倫(左3)合照

(2017/05/19)

対日外交窓口が「台湾日本関係協会」に名称変更

taiwannp10 Post in 政治
対日外交窓口が「台湾日本関係協会」に名称変更 はコメントを受け付けていません。

台湾日本関係協会に名称変更(写真提供:自由時報)

 

対日外交窓口の「亜東関係協会」が5月17日、「台湾日本関係協会」に名称を変更し、看板プレート掛け替えを祝う式典が台北市内の同協会本部で行われた。
式典には、同協会の邱義仁会長のほか、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹夫代表、外交部の李大維部長、立法院の蔡其昌副委員長らが出席した。
邱会長は挨拶で、「改名は、日台断交後45年間の交流の成果の象徴であり、新たな責任の始まりだ」と強調した。また、沼田代表は、「歴史的な一歩を踏み出した」と評価したほか、「前は交流協会という名称があまりにも不明確だったため、結婚相談所だと誤解されたことさえあったが、今後は日台が心をひとつに団結し、世界でも稀なる友情を打ち立てていきましょう」と改名を祝った。
なお、今年1月には、日本の対台湾窓口機関、交流協会も「日本台湾交流協会」に改名している。
同協会は1972年、日本との断交を受け、経済、技術、文化面での民間交流窓口として設立。

 

(2017/5/18)

台湾好き女子集合!チケットは即完売

taiwannp1 Post in 日台交流
台湾好き女子集合!チケットは即完売 はコメントを受け付けていません。

台湾女子ナイトが東京に続き大阪でも開催

台湾のディープな魅力を日本人視点で発信するネットメディア「HowtoTaiwan(ハウトゥータイワン)」を運営するxins(田中伶社長)は5月13日、大阪のFLOU CAFÉでイベント「台湾女子ナイト~HowtoTaiwan」を開催した。今年2月23日の東京・渋谷の開催に続いて、2度目の開催となった同イベントは、100人のチケットを用意するも、発売から一日もしないうちに完売。翌日に急遽用意した30人の追加枠も、40分もしないうちに完売してしまうなど、大盛況となった。

台湾新聞と日本台湾祭り2017のチラシも設置された

会場は、C-POPが流れる会場で台湾グッズの物販が行われたほか、LCC(格安航空会社)のPeachのフォトブースが設置されるなど、女子らしい工夫が凝らされた。メーンイベントとしては、ゲストでもある大西稚恵さん(「台湾を鉄道でぐるり」著者)、HowtoTaiwanの編集長の小伶(しゃおりん)、キュレーターであるROMYの3人が登場しトークショーが行われ、おすすめ美容室や、可愛くてお得なオススメのアパレル店、稚恵さんおすすめのローカルが集まるエビ釣り、24時間営業の女性限定スパ、さらに少し長期でお休みがとれる人におすすめの台湾でのホームステイ情報などなど、台北エリアにてオススメのこれだけは食べたい、体験したいという、とっておきの情報を紹介した。

トークショーの様子

また、豪華商品が当たる抽選会も行われ、Peachの関空↔台北(桃園)便で使える「ピーチポイント3万円分」や、関空↔高雄便の「ピーチポイント2万円分」、Peachオリジナルグッズ詰め合わせのほか、大同電鍋、非売品の大同オリジナルキャラクター「大同寶寶」人形、台南の民宿「KOKOKARA 小步洋樓・一泊二日ペア宿泊券 」、台北のデザイナーズホテル「Woolloomooloo snooZe・一泊二日ペア宿泊券 」、台湾グッズなどが提供された。

主催者である田中伶社長は、「前回の東京開催の際、関西在住の方から『ぜひ次回は関西で開催してほしい』という声を沢山いただきました。参加者の方の中には10回以上台湾へ行ったことがあるという方も半数近くおり、台湾への愛と熱意に驚くほどでした。今回の台湾女子ナイトを、台湾好きな仲間をつくる交流の場にもしていただけた事が、私たちも一番嬉しかったです」と話したほか、今後はメディア運営だけではなく、今回のようなリアルなイベントを通じて台湾好きの輪を盛り上げていきたいとした。

女子向けイベントに台湾女子終結

 

(2017/5/17)

八田與一慰霊祭、事件を乗り越え無事開催

taiwannp1 Post in 日台交流
八田與一慰霊祭、事件を乗り越え無事開催 はコメントを受け付けていません。

八田與一氏、没後75年の慰霊祭が開催

台湾南部・台南市の烏山頭ダムで5月8日、日本統治時代の日本人技師・八田與一氏(1886~1942)の命日に合わせて没後75年の慰霊祭が行われた。今年の4月中旬に発覚した八田氏の銅像頭部が切断されるという事件を乗り越え、例年を大きく上回る約700人の関係者らが出席した。日本側は八田氏の親族や出身地・金沢市の山野之義市長、対台湾窓口機関・日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹男代表らが、台湾側は台南市の頼清徳市長、行政院農業委員会の林聡賢主任委員らが参列した。例年は自由に参列できたが、同事件を受け、今年は式典を円滑に執り行うため、関係者のみの参列とされた。

参列する日本側の議員ら

慰霊祭の様子

頼市長は式典で「像を破壊した者のたくらみは成功せず、日本と台湾の友情は以前よりも強まった」と日台の絆の強さを強調した。また、頼市長は事件後、日本語で日本各地の議員ら関係者に慰問の手紙を送るなど、配慮をみせる姿もあった。

頼市長から送られた慰問の手紙

参列した八田氏の孫・八田修一さんは「(切断された写真を見たときは)言葉が出ず、とても寂しかったが、こんな短期間に修復してもらい感謝している。このダムのように、日台の友好関係が続くことを期待している」と語った。

一方、同日、警察官が警備するダムの入り口付近では、日本の植民地統治を批判する親中国派とそれに反発する人々が集まって、お互いを批判し睨み合う場面もあった。

 

前日には除幕式も

八田氏銅像頭部が切断されている事が発覚してからすぐに取り掛かられた銅像修復が完了し、慰霊祭前日の5月7日、八田氏銅像の前にて除幕式が行われた。同式には台南市の頼清徳市長をはじめ、八田氏の親族や金沢市の山野之義市長など、日本と台湾から多くの関係者が詰め掛けた。

台湾メディアによると、頭部本来の銅像頭部は未だに見つからず、修復は嘉南農田水利会や奇美博物館などの協力を得て、同博物館に保管されていた複製を利用し、4月26日には修復が完了していたという。だが、銅像が再度襲撃されるのを懸念した関係者は、修復に関する情報公開を控えていた。

台南市の頼清徳市長は「像を守ることができず大変残念だ」と遺族らに謝罪したほか、、八田の孫・八田修一さんは短期間での修復に感謝し、「全く違和感がない」と完成を喜んだという。

 

八田氏銅像頭部切断の元議員、送検

八田氏は日本統治時代1920年から10年間、干ばつが頻発した中南部、嘉南平野の水利事業に尽力し、1930年に約1万6千キロの用水路と当時アジア最大の烏山頭ダムを完成させた。嘉南平野を台湾最大の穀倉地帯へと変え、農業発展の基礎を築いた人物として台湾の教科書でも紹介されており、尊敬されている日本人の一人だ。

銅像頭部切断事件は、反日的な中台統一派の政治団体に所属する男女が日台友好の象徴である八田氏の銅像を狙って4月中旬に実行。男はこれまでにも暴力行為を繰り返していた元台北市議会議員。実行後、自身のフェイスブックで同事件の犯人が自身である事を発表し、その後も実行当時の様子や同事件に対するコメントを堂々と投稿していた。地元警察は5月11日、男女2人を器物損壊の容疑で送検した。

 

(2017/05/17)

慈濟日本分會浴佛節 手語劇述親恩

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
慈濟日本分會浴佛節 手語劇述親恩 はコメントを受け付けていません。

來賓依著司儀的指示,依序進行禮佛儀式

慈濟基金會日本分會於5月14日舉行浴佛節、母親節和全球慈濟日三節合一活動。由於活動當日為一年一度的母親節,除了日文和中文兩場浴佛典禮之外,也特別舉行孝親感恩會。台北駐日經濟文化代表處副代表郭仲熙、僑務組秘書文君妃、橫濱中華學院校長馮彥國伉儷和留日台灣同鄉會會長尹世玲受邀出席中文場的活動。
為了這次的浴佛典禮,志工從三個月前開始緊鑼密鼓準備,當天上下午活動共有超過2百位來賓參與。在浴佛典禮中,隨著司儀的指示「禮佛足、揭花香,祝福吉祥」,來賓依序進行浴佛儀式,隨後全場雙手合十,一同繞佛繞法,場面莊嚴肅穆。

全場雙手合掌,一同繞佛繞法

    因應活動當日為母親節,日本慈濟分會今年特別舉辦孝親感恩會,由志工準備多樣的節目內容,希望將「孝親」的概念傳達出去,不但邀請慈濟中文班的大小學員,以中文表達出他們對媽媽的感謝之外,志工和中文班的小朋友也一起以手語劇《跪羊圖》來呈現母親照顧孩子的辛苦和恩情。此外,志工準備了與親情相關的廣告、影片,並請到在日本的留學生現場Call-in回家,透過電話向久未碰面的媽媽說出感謝。

志工和小朋友一起演出手語劇《跪羊圖》,表達母親照顧孩子的辛苦

副代表郭仲熙致詞時提到,由於當日是三節合一的好日子,先表達自己的祝福和感恩。他也對於慈濟把佛祖的慈愛之心傳播到全世界,表示由衷感謝和敬佩。

執行長許麗香訪問時則表示,今年的活動特別強調「孝親」,希望藉此激發大家如何去行善。在內容安排上讓小朋友或大人每個人都有機會參與。同時為了走入人群,也準備了廣告和影片等素材,讓大家更容易接受。

副代表郭仲熙致詞時表示,感謝慈濟把佛祖的慈愛之心傳播到全世界

 

執行長許麗香致詞時感謝在場來賓對慈濟活動的支持

沖繩台灣留學生懇親交流會 蘇啟誠勉學生融入當地社會

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合, 華僑 ー 沖縄
沖繩台灣留學生懇親交流會 蘇啟誠勉學生融入當地社會 はコメントを受け付けていません。

沖繩台灣留學生懇親交流會來日和台灣留學生合影(右4為駐那霸辦事處處長蘇啟誠、右5那霸日台親善協會會長伊藝美智子、右6沖繩縣國際交流暨人才育成財團理事長玉城哲也、右7僑務委員新垣旬子和左2華航沖繩支店長李志強(照片提供:駐那霸辦事處)

為了聽取沖繩留學生的心聲、提供必要協助,那霸辦事處於5月13日在華僑所經營的海洋飯店舉辦交流懇親會,邀請25位目前在沖繩就讀的留學生和日本語學校學生參加。沖繩縣國際交流暨人才育成財團理事長玉城哲也、那霸日台親善協會會長伊藝美智子、僑務委員新垣旬子和華航沖繩支店長李志強也受邀出席。

 那霸辦事處處長蘇啟誠在致詞時表示,沖繩雖小但是因為地區交通不甚方便,希望學生藉著此次機會互相交流。他以自己為例,32年在大阪大學留學取得碩士之後,進入大阪辦事處服務,之後又進入外交部工作,學生生涯的經驗決定人生,因此蘇處長鼓勵學生融入當地社會,除了課業之外,也多了解日本的政治、經濟、文化和歷史,日後成為台日和台冲之間的橋梁。

 與會來賓玉城哲也、伊藝美智子和新垣旬子也鼓勵學生善用留學機會,充實自己,位奠定日後基礎。

碁石海岸圍棋祭首屆盲學校大會 北市啟明學校參賽

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
碁石海岸圍棋祭首屆盲學校大會 北市啟明學校參賽 はコメントを受け付けていません。

第4屆碁石海岸圍棋祭第1屆日本全國台灣盲學校圍棋大會在岩手縣大船渡市舉行(相片提供:駐日代表處教育組)

教育組組長林世英在致詞中表示,台北市啟明學校蔡校長帶領同學和家長參與大會,是台日親善友好關係的象徵。主辦單位從第3屆開始邀請台灣圍棋愛好者參與交流,今年更邀請台灣啟明學校的同學參加,相信在圍棋交流層面上也能建構新的台日關係交流歷史。

 林組長也提到,日本台灣交流協會在2015年4月發布的民意調查結果中顯示,5成6的台灣民眾認為日本是最喜歡的國家、8成認為日本是最親近的國家,而4成4的台灣民眾表示最喜歡的國家是日本。另一方面,駐日代表處在2016年10月首次在日本實施調查,調查結果顯示20歲以上日本民眾中,超過半數對台灣感覺到親近感,認為台灣是值得信賴的國家。

 林組長說,2016年台日雙方觀光旅遊人數達到最高紀錄的630多萬人,顯示出台灣和日本的親善友好關係。

シー・エム・エルが「ヒト幹細胞培養液」製品を紹介

taiwannp10 Post in 経済
シー・エム・エルが「ヒト幹細胞培養液」製品を紹介 はコメントを受け付けていません。

 

メサゴ・メッセフランクフルトが主催する日本最大の国際総合ビューティ見本市「ビューティーワールド ジャパン」が5月15日〜17日、東京ビックサイトで開催され、台湾新聞グループ会社のシー・エム・エル(各種美容商材の製造・販売)が今年も出展し、現在美容業界で最も注目を浴びている「ヒト幹細胞培養液」を使用したまつげ美容液を、同展示会にて初販売した。

シーエムエルのブースは大繁盛

ヒト幹細胞培養液とは、幹細胞を培養した時に分泌される分泌液の事で、細胞を活性化させるさまざまな生理活性物質が含まれており、肌の細胞に直接働きかけ、細胞を活性化させる効果が期待できるとしている。同社では3種の同培養液と、育毛効果がある18種類のハーブエキスを配合したまつげ美容液「ミラクラッシュジェルEX」を製造。

初となるまつげ美容液「ミラクラッシュジェルEX」を販売

同製品を購入した美容業界の女性は「初めてみる商品で興味があり、使ってみて効果を試してみたい」とコメントした。なお、製品担当者によると、今後は髪の毛の育毛剤としての販売も行っていきたいとしている。

一方、「制服を着て外でも歩けるようにしたい」との同社錢妙玲社長の思いからデザインされた、品質と縫製にこだわったファッショナブルなワンピースのユニフォームも展示。施術の邪魔にならないストレッチ素材と機能性が高く、国産にこだわった事から、色落ちが少なく、優れた速乾性など扱いやすい素材となっている。同展では先行予約を行っているとの事。

ブーツ型の遠赤効果を体感

このほか、セパレートタイプのヒートマットCML777やマルチウォーマCML652、遠赤足暖のCML700などの体験ブースも設置しており、どれくらいの時間で暖まるかなど来場者に体感してもらう事を目的とし、同社製品のアピールの機会となった。

遠赤足暖の体験

現在120社以上の代理店を持つシー・エム・エルで、通常は代理店での購入になるが、同展では期間限定で個別の予約も受け付けている。

ヒートマットの機能の説明

なお、同展の台湾パビリオンには4社の台湾企業が出展しており、新しい製品の紹介と及び代理店探しを行っている。品源鑫科技有限公司は、スマートフォンのアプリと連動した低周波の治療器を紹介。携帯1つで動くため、バッテリーや電池など必要ないためローコストで提供が可能であるとしている。

品源鑫科技有限公司のスマホアプリ連動の低周波治療気

台湾企業アイシャドウ新製品紹介

今年20周年を迎える同展は、今年新たにプラチナホール、クリエイティブヘア、アカデミーゾーンを設置し、豊富な製品、技術、サービスを提供。

 

(2017/5/16)