著名漫画家の魚夫氏来日!イラストで台湾食文化伝える

taiwannp10 Post in 文化・教育
著名漫画家の魚夫氏来日!イラストで台湾食文化伝える はコメントを受け付けていません。

 

台湾カルチャーミーティング2017の第5回「小吃(屋台料理)から見る戦後台湾食文化のアイデンティティ-~台湾食文化の発展と多様性~」が9月8日、台湾文化センターで開催され、台湾の著名漫画家で、長年テレビコメンテーターとして活躍した魚夫氏がゲストに招かれた。魚夫氏は、自身の書いたイラストを交えながらトークし、台湾食文化を来場者に伝えた。

魚夫氏(中)・台湾文化センターの朱文センター長

現在台湾は屋台料理をはじめ、上海料理や四川料理、山東料理など、バラエティ豊富な食文化となっている。これは、内戦によって敗れた約600万人の中国国民党らが台湾に来た事により、本来ある台湾料理と中国大陸各地方の料理が融合し、独特の台湾料理が出来上がったという。

魚夫氏は、現在台湾で美食の定番と言われている“燒餅油條(台湾揚げパン)”や“四川牛肉麺”、“モンゴル焼肉”、などを挙げ、「これらは台湾人が、中国大陸の各地方料理を自分風にアレンジし、独特の味を作り出しているもの」とし、「実は中国大陸に行ってもこれらを食べる事ができない」と強調した時には、来場者は驚きで声も上がるほどだった。

魚夫氏は自身の描いたイラストで台湾食文化を伝えた

また、魚夫氏は、“蔥抓餅(ネギパイ)”について面白いエピソードがあると話した。ある台湾人が、中国大陸山東省に行った際、蔥抓餅のレシピを持って帰り、台湾の屋台で販売していたが、実はレシピとは異なる失敗作だったそうだ。しかし、あるアメリカ人が毎日通って食べに訪れ、のちにそのアメリカ人はニューヨークタイムズ(アメリカ新聞社)の記者だった事が発覚。後日発行された新聞に、「アジアで一番美味しい台湾料理」と蔥抓餅の紹介がされた事により、今の蔥抓餅が台湾で普及したという。

魚夫氏を招いた第5回カルチャーミーティングが開催

一方、近年の台湾では、日本食文化が発展している。この理由に対し魚夫氏は、「日本の食文化は進歩や多様化が速く、盛り付けにおいても工夫がされ、フォトジェニックな料理が沢山あるため、台湾人に好まれる」と主張。台湾人は日本統治時代、“生”で食べる習慣がないなど様々な理由から、日本食を受け入れなかったが、現在は時代の流れにより、台湾人食文化も変化しているという。

魚夫氏は、80年代後半より台湾の新聞社「中国時報」や「自立晩報」などで漫画コラムを連載したほか、近年では台湾各地の美食をめぐり、その歴史と店の物語を丹念に記録し、鮮やかなイラストとともにまとめた本も刊行している。魚夫氏がこれまで数多くの美食のイラストを描いてきたのは、美味しさを表現したいわけではなく、食の背景から、「台湾の食文化とは何なのか」を若い世代に伝えるためである。

なお、同10日にも、魚夫氏によるカルチャーミーティング2017が開催予定である。「日本統治時代の台北城内建築と懐かしい味」をテーマに、自身の建築イラストを用いて全く違った視点でトークする。

(2017/9/10)

開放日本地方新客源 觀光局邀烏龍麵縣副知事遊台灣

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
開放日本地方新客源 觀光局邀烏龍麵縣副知事遊台灣 はコメントを受け付けていません。

製作團隊在台拍攝觀光節目情況

交通部觀光局為延續台日觀光高峰論壇結論,開發日本地方與台灣直航城市的新客源,由駐大阪辦事處和日本地方電視台合作,邀請日本烏龍麵縣副知事木內晶子到台親自體驗深度旅遊,並於10月上旬在香川縣高松三越百貨舉辦「一起去台灣吧!Meet Colors!台灣」台灣觀光寫真展。

此次活動以名人帶路模式,邀請烏龍麵縣副知事、出身於香川縣的木內晶子訪台拍攝,配合「台灣自行車節」活動,拜訪迪化街、九份和十分,親自走一趟台北開運之旅。同時也前往日月潭自行車道,為11月份台灣自行車節Come!Bike Day 活動暖身。

交通部觀光局邀請香川縣出身的木內晶子帶路玩台灣

觀光局大阪辦事處在日本的宣傳重點鎖定「持續運用鐵道」和「運動觀光」等台灣在地元素,此次在台所拍攝的節目,也將於10月上旬於香川縣舉辦的寫真展中播放,並邀請木內晶子演講,分享台灣觀光魅力。

拍攝團隊拜會日月潭國家風景區管理處處長林維新

(2017/09/09)

旺福、盧廣仲發行日文專輯 日本友人來助陣

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
旺福、盧廣仲發行日文專輯 日本友人來助陣 はコメントを受け付けていません。

左起攝影師川島小鳥、盧廣仲、旺福主唱小民和The Collectors主唱加藤彌

曾獲得金曲獎最佳新人的盧廣仲和旺福樂團都在近期在日本發行專輯,盧廣仲於8月23日發行《What a Folk!!!!! 》日文版,旺福則是預定於9月19日發行日文專輯《日本風味》。旺福樂團的主唱兼吉他手小民和盧廣仲受邀於9月3日在臺灣文化中心舉辦座談會,分享日文專輯的創作過程。

旺福小民與The Collectors加藤彌 互相吐槽展現好交情

 旺福與日本樂團The Collectors有10多年的交情,當天小民邀請該團主唱加藤彌到場進行座談,與觀眾分享認識的經過和音樂上的交流,兩人在座談中互相吐槽展現好交情,讓座談會現場笑聲不斷。

加藤彌說,他帶家族到台灣旅遊的時候在電視上看到了旺福的MV,回到日本後主動聯絡,因而串起兩團的緣分,The Collectors和旺福兩團也多次在日本和台灣共同演出。

 這次旺福的日文專輯中包含三首日文歌,由加藤彌填詞。小民表示,小時候看過很多日本漫畫,對他來說日文發音不是那麼難,反而是歌詞比較難記。

 小民和加藤彌兩人在現場一起演唱旺福的《想見你》日文版和《Summer Boy》中文版,並邀請旺福鼓手肚皮一同上台,現場粉絲也熱情回應。

旺福主唱小民(中)、鼓手肚皮(左)和The Collectors主唱加藤彌合作演唱

盧廣仲與川島小鳥 音樂和攝影跨界合作

相較於旺福的熱鬧,盧廣仲和攝影師川島小鳥的座談則充滿文青氣息。兩人在6年前透過朋友介紹認識,這次盧廣仲的首張日文專輯中,不但收錄由川島小鳥所寫的歌詞,連專輯封面他毛遂自薦拍攝。

 盧廣仲說,這是他第一次演唱日文歌,剛拿到歌詞的時候感覺相當有力量,因此不希望浪費,在發音方面反覆練習並多次重複錄音,「應該有超過一百次」。

川島小鳥今年在台灣推出了攝影作品集《愛的台南》,是趁著盧廣仲回台南老家的時候一起拍攝的。當主持人問到盧廣仲要如何推薦台南,他思考很久後回答「空氣的濕度、食物裡糖的份量和台南人臉上的笑容」,都是台南特別的地方。

兩人除了合作這次的專輯外,盧廣仲也為川島的攝影展製作配樂。對於好友川島,盧廣仲形容他是用相機把每個瞬間化作永恆,就像他自己是「用音符留下永恆」。

盧廣仲也在座談會中演唱日文歌曲,並與觀眾分享他所主演的連續劇《花甲男孩轉大人》主題曲《魚仔》。

盧廣仲現場演唱新作品

(2017/09/09)

 

台湾発ライブ配信アプリ「17LIVE」が日本上陸!

taiwannp10 Post in 経済
台湾発ライブ配信アプリ「17LIVE」が日本上陸! はコメントを受け付けていません。

 

SNSとライブ配信機能が融合した台湾発のアプリ「17LIVE(イチナナライブ)」が今年9月より日本で正式にサービス展開を開始した。

同アプリは2015年7月にリリースしてより、わずか8か月ほどで1000万ダウンロードを超え、現在では3000万ダウンロードを達成と、世界で注目を浴びている。ライブ配信者(以下:ライバー)は一般人から人気タレントなど様々である。

このほどの日本上陸に伴い、同アプリを運営するM17 Entertainment Ltd.(本社:台湾台北)及び、今年6月に設立された日本法人17media Japanの関係者らによる記者会見が9月8日、東京都渋谷区で開催された。

17LIVE日本上陸!左から創設者Jeff氏、NICE、芷玄Lenna

同アプリの創設者はエンターテインメント(以下:エンタメ)出身のJeff氏。同記者会見のために来日したJeff氏は、且つてのエンタメ業界は、芸能事務所などエンターテイナーを管理する側の会社だけが力を持っている事に触れ、「エンターテイナー個人がプロデューサーになって、自分自身で世界を創出するしくみを作りたい」と、且つてのエンタメ業界と全く逆の発想の発信プラットフォームにしようと、同アプリを創設。「スマートフォンの普及によりエンタメの革命を起こす事が同アプリのミッションである」と話し、日本での展開に対しても、この革命を起こしていきたい、とした。

なお、同記者会見にはスペシャルゲストとして、17LIVEにてアジアの人気ライバーとして活躍する台湾人のNICEと芷玄*Lennaも出席した。二人は同アプリ関係者らとトークセッションを行ったほか、自身のスマートフォンを使い、同記者会見中に実際にライブ配信を行った。平日にも関わらずあっという間に4万人以上の視聴者がログインするなど、シェア率の高さをアピールした。

記者会見の様子、実際にライブ配信を行った

NICEは、「日本にはオタク文化も強く、可愛い女の子も多いため、日本でもすぐに普及すると思う」と話したほか、日本市場参入について、「日本のライブ配信の文化をミックスして一緒に成長していきたい」と意気込んだ。

一方、8月28日から9月3日まで行われた日本上陸イベント「WELCOME TO 17 LIVES」で上位5名にランクインした日本のライバー5人も登壇し、Jeff氏からトップライバーにしか与えられない限定ジャケットが贈られた。

(2017/9/8)

東京媽祖廟 農曆七月傳統 信徒虔誠感應

taiwannp10 Post in 中文, 動画, 日本 — 総合, 華僑, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
東京媽祖廟 農曆七月傳統 信徒虔誠感應 はコメントを受け付けていません。


進入農曆七月,東京媽祖廟依台灣習俗,開始準備中元普渡的供品跟紙錢,蓮花等,七月初一,剛完成國民黨主席交接的洪秀柱來到東京,在前駐日代表馮寄台的邀請下,參加東京媽祖廟的初一祭拜,看到廟裡依民俗做中元準備,洪前主席對東京媽祖廟的信徒的虔誠非常感動,也對媽祖廟在海外維持台灣傳統初一,十五團拜的習俗感到敬佩,希望在日台灣人要多到廟裡,感受媽祖及眾仙佛加持的力量。

左起 東京媽祖廟董事長詹德薰 國民黨前主席洪秀柱 前駐日代表 馮寄台

農曆七月依台灣民俗有許多傳統,因為從七月初一鬼門開,無形眾生,來到人間求供養,台灣商家必須擇日普渡,依地區,像是燒王船,搶孤,都是地方廟宇為引渡無形眾生舉辦的儀式。農曆十五日的中元普渡,東京媽祖廟已經辦了三年,每年都是照媽祖聖示,準備葷素料理分量,供養的米,水酒等,雖然日本不能燒紙錢,但有大德發心捐了近兩百朵紙蓮花,希望受供養的祖先及冤親債主能跟著菩薩的接引,不要在凡間受苦。

敬拜中元 供品澎湃

移居海外的僑民想要像在家鄉一樣能祭拜祖先,慰祭亡靈,必須苦尋場所。參加媽祖廟的中元普度,代表連昭惠教導信徒在家自己要先念往生咒,滅定業真言跟解冤咒,累計到一定數字,寫在疏文上迴向。中元節當天,廟方詹德薰董事長及連代表帶領信徒誦經,依媽祖指示,往生咒,滅定業真言跟解冤咒都需念完108遍,非常辛苦,連代表也鼓勵信徒,誦經的功德媽祖都有感應到,這些功德會迴向給過世親人,祖先跟冤親債主,讓他們跟著媽祖的引渡而行。

全體共念中元供養疏文

信徒焚燒紙蓮花供養眾生

誦經完後,大家一邊唸佛號一邊到媽祖廟庭園焚燒紙蓮花跟自己的疏文,祈願先祖跟冤親債主乘蓮而去。剛在日本開始創業的陳紀穎,是因懷念過世的祖父,想在東京找一個可以祭拜的場所而與媽祖廟結緣,看到這麼多台灣鄉親也很高興。而讓年輕一代來日的僑民,感受到信仰的力量,也是東京媽祖廟堅持傳統行事收穫的成果。〈2017/09/08/04:16〉

陳紀穎參加中元普渡 為祖父祈福

虔誠祝禱 祈求中元平安

第7回国際紅白歌合戦、台湾人も参加

taiwannp10 Post in イベント・告知
第7回国際紅白歌合戦、台湾人も参加 はコメントを受け付けていません。

 

国際紅白歌合戦が10月9日、国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟大ホールで行われる(15:15-18:30)。同イベントは、日本人が外国語で、外国人が日本語で歌うことにより国際交流と相互理解を図るための歌謡イベント。何とか日本の社会を明るくしようと頑張る在日外国人や将来を日本に賭ける留学生らと国際交流に興味のある日本人とが共に作り上げていく新しいタイプの歌合戦だ。例年約50人の台湾人も参加している。

「台湾の人たちも毎回大勢おられます!中国語を話す日本人と中華系外国人の団体のパフォーマンスはとっても楽しくて毎回大人気です!イベント終了後は、1時間、フォトセッションの時間がありますので、自由に出演者とも交流が可能です」(国際紅白歌合戦実行委員会・宮崎計実代表)。

 

国際紅白歌合戦が今年も開催!

観覧チケットプレゼント企画

 

同ページをご覧の皆様の中から抽選で15組30名様に、「第7回国際紅白歌合戦」の鑑賞チケットをプレゼント致します!応募方法は、下記メールアドレスに、お名前、ご住所、お電話番号及び台湾新聞への今後のご要望ご感想を明記のうえ、株式会社臺灣新聞社までお送りください。当選された方には、メールでご連絡させて頂きます。

締切り:9月20日

アドレス:info@taiwannews.jp (株式会社臺灣新聞社編集部 )

 

(2017/9/7)

東京華僑商工聯合會懇親會 僑界相互交流

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
東京華僑商工聯合會懇親會 僑界相互交流 はコメントを受け付けていません。

東京華僑商工會來賓合影

東京華僑商工聯合會於9月2日在東京都內餐廳舉行感謝懇親會,邀請駐日代表處副代表郭仲熙、眾議員秋元司和赤枝恆雄及多位東京地區僑領出席,現場近50位來賓到場參加,利用機會相互交流、聯絡感情。眾議院秋元司提到,未來將會持續促進雙方觀光。

眾議員秋元司表示為持續促進台日觀光交流

眾議員秋元司親自出席懇親會,他在致詞時表示,台灣來日旅遊人數每年不斷成長,尤其是北海道,但是到台灣的日本人數相對較少,身為國土交通副大臣負責觀光業務,未來將會努力促進台日觀光交流。

駐日副代表郭仲熙感謝在日華僑協助台日交流

駐日副代表郭仲熙感謝在場來賓協助促進日台交流,目前雙方關係良好,未來將會持續促進雙方交流發展。

東京華僑商工會會長高博恭希望與會來賓藉此機會交流

會長高博恭在致詞時表示,希望大家可利用此次懇親會相互交流、交換名片。新任日本中華聯合總會會長新垣旬子表示,過去中華聯合總會和東京華僑商工聯合會員交流較少,希望促進雙方交流。

(2017/09/07)

台湾8族原住民、独自の手芸品をギフトショーで初展示

taiwannp10 Post in 文化・教育
台湾8族原住民、独自の手芸品をギフトショーで初展示 はコメントを受け付けていません。

 

台湾には現在16族の原住民が住んでいる。そして近年では、原住民族委員会により、原住民の伝統的文化を推進する働きがある。「原住民の文化や生活を日本人にもっと知ってほしい。原住民の作った手芸品を日本人に受け入れてほしい」(原住民族委員会経済発展処陳専門委員)。

台湾原住民が一堂に会し展示を行った

その目下、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第84回東京インターナショナルギフトショー秋2017」(会期:2017年9月6日~8日)が東京ビックサイトで開催され、「Ayoi(阿優依)~看見太陽(太陽を見る)~」と題した台湾原住民クリエイティブ館が設けられた。同館では、ブヌン族やタロコ族、ツォウ族など8族全15社が、独自の伝統手芸品を展示し、原住民文化を伝えた。なお、同委員会が台湾原住民の手芸品ブランドを一堂に会し、日本で出展を行うのは初めてである。

台湾原住民クリエイティブ館では8族の原住民ブランドを伝えた

スポーツメーカーとアミ族の伝統デザインをコラボレーションしたスポーツ用品や、タイヤル族伝統の“からむし”の糸を使用し、太陽の模様を織り込む製品など、それぞれが持つスタイルを展示する事で、原住民文化のアピール場となった。原住民によって、色の使い方、デザインなどが異なるほか、守り神とされる動物も相違するため、同館では多種多様な原住民文化に触れる事ができる。

スポーツのメーカーとアミ族のデザインがコラボレーションしたスポーツ用品を展示

 

また、伝統手芸品の製造過程を知ってもらうため、各原住民の職人たちが同館内で実際に製造も行っており、伝統手芸品におけるそれぞれ違った製造過程を間近で見る事で、より一層原住民の生活や文化の見識を深められる。

ツゥオ族は縁起物としているイノシシの彫刻品を製造

なお、陳専門委員によると、同館タイトルである“阿優依”はタオ語で歓迎や感謝を表すあいさつであり、原住民クリエイティブ館創設の指針であるという。そして“看見太陽”は、それぞれの原住民が常に太陽みたいに明るく元気である事から、同館に来れば来場者が「太陽を見る事ができる」との意味が込められているとしている。 

 

デザイン&エコ重視の台湾企業も一挙集結

 

一方、台湾貿易センター(以下:TAITRA)管轄の台湾パビリオンでは、デザインを強みとし、エコへの概念が強い企業など29社が集結した。

台湾パビリオン、今年はバルーンを使用し台湾をアピール

綺麗なガラス製品の展示もされていた

TAITRA日本事務所の呉俊澤所長は、「今年の展示品は日本のニーズに合うような小物が多く、中小企業への対応も柔軟である」と話し、羽佑有限公司に注目した。創立29年の同社では品質の良い化粧ポーチやカバンなどを製造している。自社販売は行っておらず、ANASUIやNOEVIRなど大手化粧品会社や雑誌社から依頼を受けて製造するのみだ。「台湾は市場が小さい」との理由から、これまでアメリカブランドと協力し、販売を行ってきたが、日本においては10年前より大手貿易会社を通し、すでに流通している。同社の張麗淳社長は今後の展開として、販売代理店を見つける事が日本市場拡大への近道だとし、2020年のオリンピックまでにアイデアを生み出し、日本のお店で販売を行っていきたいと話した。

羽佑有限公司は良質の化粧ポーチやカバンの製造を行っている

また、竹を使用した工芸品を販売している「VIREO LIFE」は、9つのお茶を飲むためのおちょこと、9つに仕切られたプレートをセットにした商品を発明し、2013年に台湾デザイン賞を受賞している。この商品はただお茶を飲んで楽しむだけではない。おちょこをひっくり返すと後ろには“〇”と“×”が記載されており、そのおちょこを、9つの仕切りプレートに乗せれば、幼少期に遊んだ“三目並べ”のゲームができるという。家族皆でお茶を飲みながらゲームをする事で、「暖かい家庭を作ってほしい」との思いも込められている。

2013年に台湾デザイン賞受賞したVIREO LIFEのおちょこセット

なお、この商品を生み出すヒントとなったのは、日本のホテルで朝食ビュッフェを食べた時だったという。同社デザイナーの丁崇恩氏は、食材を乗せる9つに仕切られたプレートを目にし、その2時間後には同商品を生み出したそうだ。また丁氏は、日本は木製品の文化が強い事に対し、「互いに良い部分を吸収し、今後は相乗効果で良い製品を生み出していきたい」と話した。

 

弘光科技大学の医学部と協力開発を行っている「無染工房」はエコを重視し、昨年から高山や田んぼの土で染めた枕カバーなどの製造している。土染めした後、高温殺菌をする事で、紫外線予防の効果もあり、快適な睡眠が取れるという。今後医学部との協力でも新しい商品開発をしていきたいとしている。

土染めシーツを開発、紫外線予防に良いとされている

(2017/9/6)

行政院林全院長が辞任、後任は台南市頼市長が

taiwannp10 Post in 政治
行政院林全院長が辞任、後任は台南市頼市長が はコメントを受け付けていません。

 

行政院の林全院長がこのほど辞任を発表した。台湾メディアが伝えた。9月3日に行われた国家安全会議後に、蔡英文総統に辞表を提出したとみられる。

林全院長(中央)・林錫耀副院長(左)・陳美伶秘書長(右)辞任発表、記者会見の様子(写真提供:中央者)

今日4日に開かれた記者会見で林院長は、今年6月にはすでに蔡総統に辞任の意と後任についても話していた事を明らかにした。林院長は基礎建設計画などやるべき任務はすでに完了していると強調。さらに、辞任後は、政府部門に関わる全ての仕事を一切引き受けないと主張している。

なお、同8日には林院長より後任の最有力者である台南市の賴清德市長に引き継ぐとされているが、あす5日に、蔡英文総統が記者会見で発表する予定だ。

また、台湾メディアによると、行政院のしきたりにより、林錫耀副院長及び陳美伶秘書長も同時に辞職するため、頼市長が適任を選出するとされている。22日より始まる立法院新会期に合わせ、遅くとも15日以内には国会に報告するという。

林院長が院長に就任してより1年3ヶ月。これまで、一例一休や年金改革、税改法案など数々の政策推進に尽力してきた。就任となった使命として、政権移転で業務を安定させる事、蔡総統の政策を着実に実行する事、努力して政見の価値観と精神を貫く事を念頭に置いていたという。

 

(2017/9/4)

 

 

林強東京座談 與日本粉絲分享創作經歷

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
林強東京座談 與日本粉絲分享創作經歷 はコメントを受け付けていません。

林強於東京台灣文化中心舉行座談,分享創作經歷

台灣知名台語歌手、電影配樂創作者林強於9月2日受邀至東京台灣文化中心舉辦座談,吸引許多日本粉絲到場支持,他也帶來過去的作品片段與觀眾分享,再次聽到自己於1990年發行的暢銷歌曲《向前走》,林強的反應卻是「尷尬」,他也希望能有機會向日本音樂大師坂本龍一請教。

座談會由音樂評論家關谷元子擔任主持,邀請日本作家丸目藏人擔任解說,和在場觀眾分享林強歷年來擔任歌手、演員和電影配音的作品,其中也包含獲得2015年坎城影展最佳電影配樂的《刺客聶隱娘》。

林強於1990年以《向前走》一曲紅遍大街小巷,1993年在導演侯孝賢邀請下,開始擔任演員,他開玩笑的說,「侯導的電影都是黑黑的,我不會演戲,電影中也看不清楚我」。

林強從侯孝賢導演的作品《南國再見,南國》起,開始嘗試電影配樂。林強說,當時他雖然是主流歌手,但是喜歡找地下和另類音樂的音樂人一起合作,因為「這和電影裡面黑社會的邊緣人感覺比較類似」。

林強難得來到日本交流

林強目前已幕後配樂工作為主,除了侯孝賢導演外,曾和趙德胤、賈樟柯等許多台灣和大陸導演合作,尤其多以社會寫實或藝術類的電影居多。為了鼓勵更多年輕電影配樂工作者,紀錄林強與導演詹霖京溝通電影配樂過程的的9分鐘紀錄片《電影正發聲》,也將於台北電影節中放映,他也要求之後放上YouTube,讓更多年輕人參考。

此次來到東京,當被問到是有想合作的日本音樂家,林強希望和日本音樂大師坂本龍一合作,但卻又覺得阪本龍一是國際知名音樂家應該不可能。林強說,「有機會至少可以向他請教,見個面、握個手,把他的能量傳給我」。

林強在會後為粉絲簽名

林強說,近年來日本導演近幾年比較少拍藝術類電影,他欣賞日本導演是枝裕和的作品。但他和日本的交流機會比較少,上一次來日已經是10多年前侯孝賢導演拍攝《咖啡時光》的時候。