東京タワー台湾祭2017開幕

taiwannp1 Post in イベント・告知, 文化・教育, 観光・美食
東京タワー台湾祭2017開幕 はコメントを受け付けていません。

「東京タワー台湾祭 2017」

「東京タワー台湾祭 2017」が3月18日から3月20日までの3日間、東京タワー(東京都港区芝公園)の屋外特設会場で開催中だ。会場には、担仔麺、台湾麺線、湯圓、魯肉飯、マンゴーかき氷、葱油餅、タピオカミルクティーといった台湾夜市で人気の屋台グルメが並ぶほか、ステージでは台湾に縁のあるアーティストなどのパフォーマンスも行われている。

台湾グルメの店舗には長蛇の列が

屋外で行われている同イベントは、日本人に絶大の人気を誇る台湾観光地「九份」の雰囲気を模しており、天井には赤提灯が飾られている。また、21時頃まで開催中であり、夜には赤提灯と東京タワーのライトアップという絶妙なコラボレーションを楽しめる。

物販ブース

初日の18日にはステージで開幕式が行われ、駐日経済文化代表処の謝長廷代表のほか、日本電波塔株式会社の取締役執行役員で観光本部長の吉成二男氏、木更津市の渡邊芳邦市長、主催者である詹徳薫氏(日本中華聯合總會名誉会長)らが出席し、鏡開きを行った。

鏡開きの様子

主催者である詹徳薫氏(日本中華聯合總會名誉会長)

謝代表は挨拶で、近年密接な関係を着実に築いていっている日台関係を説明した上で、現在各地で行われる台湾のお祭りについて、「日本人に台湾を理解して頂く上で重要な活動である」とし、各地でお祭りを主催する在日台湾華僑らに対し感謝の意を伝えた。

駐日経済文化代表処の謝長廷代表

また、吉成部長は、東京タワーで台湾祭りを開催する事について喜びのコメントをしたほか、今後も毎年東京タワーで開催して欲しいとの希望も伝えた。なお、吉成部長は先日家族で台湾を訪れ、実際に「九份」の雰囲気を体験してきたという。吉成部長は、「東京タワーの台湾祭も、初日の今日はおかげさまで多勢の方にお越し頂き、賑わう九份の雰囲気を充分に感じられると思う」と話していた。

日本電波塔株式会社の取締役執行役員で観光本部長の吉成二男氏

来場者は日本人の他、台湾や香港、さらには観光で訪れている欧米系の外国人旅行客の姿も多く見受けられ、日台に限らぬ多国籍の文化交流が行われていた。

 

獅子舞も!

 

◆「東京タワー台湾祭2017」

名称:東京タワー台湾祭2017

日程:2017年3月18日(土)~3月20日(月・祝)

時間:11:00~21:00 ※3月20日は20:00まで

場所:東京タワー 1階正面玄関前広場 屋外特設会場

 

 

第6次台日漁業委員會東京召開

taiwannp9 Post in 日台 ー 政治
第6次台日漁業委員會東京召開 はコメントを受け付けていません。

第6次台日漁業委員會於3月1日至3日在東京召開,亞東關係協會與公益財團法人日本台灣交流協會在此次會議中就《台日漁業協議》適用海域的作業規則交換意見,並達成共識將維持現行作業方式。

台日雙方在102年4月10日簽署的《台日漁業協議》,以和平方式解決雙方漁業紛爭,並協議成立台日漁業委員會,藉協商機制促進兩國漁業合作。台日漁業委員會原則上每年舉辦一次,雙方輪流主辦。此次由亞東關係協會秘書長蔡耀明擔任團長、行政院農業委員會漁業署署長陳添壽擔任主談人,行政院海岸巡防署和各漁會皆派代表出席。

會議中台日雙方針對漁船作業情形討論,並達成共識將維持現行作業方式。同時依互惠合作原則,將繼續討論雙方漁船能在協議適用海域安全、安心的作業方案。雙方也同意輔導漁船安裝自動船舶辨視系統(AIS)、及投保船東責任險,以確保漁船海上作業安全。

伊勢原友台議連成立 增進台日地方交流

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 政治
伊勢原友台議連成立 增進台日地方交流 はコメントを受け付けていません。

駐橫濱辦事處處長粘信士(前排左2)和伊勢原市長高山松太郎及伊勢原市友台議連成員(照片提供:駐橫濱辦事處)

神奈川縣伊勢原市議會日台友好議員連盟於3月8日舉行成立大會,是繼2014年川崎市、2015年靜岡市和2016年鎌倉市,橫濱辦事處轄區內第四個成立的日台友好議連。伊勢原市長高山松太郎、議長越水清和駐橫濱辦事處處長粘信士皆出席見證。

當日成立大會由發起人伊勢原議員國島正富擔任議長並主持議事,會中討論議連規章、役員和顧問名單,並選出議連會長國島正富、事務局長館大樹,並邀請高座日台會會長佐野TAKA和橫濱辦事處處長粘信士擔任顧問。

高山松太郎表示,自己曾於擔任神奈川縣議員期間,曾經隨團訪問台北縣議會,並見證台北縣議會與神奈川議會締結姐妹議會。他也表示,樂於見到台日雙方頻繁交流,期待往後能增進各項交流。

伊勢原市長高山松太郎致詞(照片提供:駐橫濱辦事處)

粘信士在致詞時先對促成這次日台友好議連成立的相關人士表示感謝,並提到伊勢原市與台灣間的交流。伊勢原高中女排已連續兩年和新北市高中進行交流,有助於增進台日青少年交流。同時去年神奈川縣和新北市簽訂高中生教育協定,再加上此次友台議連的成立,粘信士希望伊勢原議連組團拜訪台灣,與地方自治體交流

駐橫濱辦事處長粘信士(中)與伊勢原市長高山松太郎(左)及友台議連會長國島正富(照片提供:駐橫濱辦事處)

粘信士並於當日再次拜會伊勢原市長高山松太郎,針對台日地方交流交換意見,並和友台議連全體議員一同出席高座日台會新春演講會和懇親活動。

視線の交錯を通じて日台文化交流

taiwannp12 Post in 文化・教育, 日台交流
視線の交錯を通じて日台文化交流 はコメントを受け付けていません。

 

寺田倉庫と台湾文化センター合同主催の日台文化交流展覧会「マイ・コレクション展―感性の寄港地―」が3月16日より開催する事に先立ち3月15日、寺田倉庫所有のT-Lotus でプレス発表会が行われた。

プレス発表会、左から長谷川参事、謝代表、中野社長

「マイ・コレクション展」とは、寺田倉庫の美術品倉庫利用者の絵画コレクションから一部を展示する展覧会であり、今回は「感性の寄港地」のテーマの下、日本のアートコレクターが保有する台湾人アーティストの作品、台湾のアートコレクターが保有する日本人アーティストの作品を展示するという内容である。台湾人アーティスト5人、日本人アーティスト11人の作品が展示されており、映像から小さなオブジェクトまでの計23点。5人の台湾人コレクターと3人の日本人コレクターによって収集された。

日本人コレクター宮津大輔さん

主催側の台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は、「今回集まった作品は非常に高い評価を受けている。倉庫と聞くと品物を保管する所と思い浮かぶが、同展のような文化交流など倉庫の枠組みを超えた取り組みを実施しているのは大変喜ばしい事」と述べた。また寺田倉庫代表取締役の中野善壽社長は「日台の互いの理解が深まり、1つの交流の輪をひろげていけたらとの想いで同展を企画。アートがより生活の中に生きていけるようにサポートしていきたい」とコメントした。

そして同展のキュレーターを務めた東京都現代美術館の長谷川裕子参事は、「以前アートフェア等で台湾人コレクターが日本アートに対する深い理解や情熱を感じていた事があった。彼らが日本の作家をどうやって見ているか、そしてそのまなざしによって日本の作家がどのように私たちに新しく映っていくのか、視線交錯による新しい発見や喜びができたら良い」とタイトルに込めた想いを語ったほか、「文化交流に加えて、コレクターや倉庫に秘められていた作品が表に出てきて、これが様々な形で重要な役割をアートの世界で演じているという事を魅せていく」と同企画の主旨についても話した。

なお、中野社長は25年台湾に住んでいた経験があるほか、台湾文化庁の名誉顧問も務めたり等、日台の文化交流に尽力を注いでいる。

同会終了後は同展会場でもあるT-ART GALLERYでレセプションパーティーも開催され、さらなる文化交流と今後の芸術分野の発展を祝った。

台湾人作家の作品の前で記念撮影する謝代表(右)中野社長

同展は寺田倉庫は3月16日から4月2日まで、台湾文化センターは3月16日から26日までの開催予定である。

覚書締結で人材育成を強化

また同日、寺田倉庫、横浜美術大学、台湾の正修科技大学の3社間交流に関する覚書締結の調印式も行われた。同締結は、2016年12月20日に横浜美術大学と正修科技大学が相互間の修復保存の海外研修を行うインターンシッププログラム等の姉妹校締結、及び大学間交流協定の覚書締結し、その両大学の交流に、寺田倉庫が支援するとの内容。中野社長は、美術品の修理修復は産業化しなければならないと主張し、同締結後は、新しい芸術を作り出す人材の育成、及び個人や家族等の宝物の修復や保存技術者を育成していく等、より一層相互の連携を図る事を目的とするとした。

3社間交流協定締結左から龔学長、中野社長、岡本学長

正修科技大学の龔瑞璋学長は、「アジアの文化財保存学の領域に活力を与え、歴史の1ページになるだろう」とコメントした。

日台更なる文化交流に期待

 

(2017/3/16)

講演で米日台関係の持論を展開

taiwannp10 Post in 政治
講演で米日台関係の持論を展開 はコメントを受け付けていません。

 

日台関係研究会(浅野和生理事長)が毎月行っている定例研究会が3月11日、渋谷フォーラム会議室で開催された。今月は「トランプ新政権と米日台関係」をテーマに、国際政治学者である藤井厳喜氏が講演を務めた。藤井氏は、浅野理事長とともに「李登輝友の会」の安全保障研究会に参加しており、これが縁で今回の講演者選定の経緯となった。

定例会の様子 浅野理事長あいさつ

藤井氏は、今年1月20日にアメリカ大統領にトランプ大統領が就任した事により、「日本と台湾にも良い方向になってきた」とした。アメリカ共和党にはチャイナロビー派という、いわゆる「台湾は台湾」であるとの考えの政治家が多数いるためであると強調。12月2日のトランプ大統領と蔡英文総統との電話会談も、古くからいる共和党の政治家が根回していたと論じた。 また、1979年に制定された米台間の軍事同盟を主張した「台湾関係法」や、1982年の台湾への武器供与の終了期日を定めない等の「6つの保証」が米国の台湾政策の方針として台湾総統へ伝えられた事についても言及。なお、昨年には、この2つが米台関係の基礎とする事を再確認する両院一致決議案が上下両院で可決されている。

また、日台の関係について、お互いの国の関係を法的に整備する法律がない事は不幸であると主張した。法律がなければ安全保障も守れないのが現状という。一方浅野理事長は、今年の1月に「日本台湾交流協会」と名称変更された事や、3月6日に台湾の李大維外交部長が「亜東関係協会」を「台湾日本関係協会」と名称変更する方向で検討がされている事等を挙げ、「法的基礎の一歩手前まできている」と話した。そして、現在日台の関係は協定等民間レベルでの決まり事だけだが、今後は「法的裏付けを作っていかなければならない」と主張した。このため、現在、米台の法律を模倣した、日本版「台湾関係法」を私案として「日台関係基本法」の制定も訴求していた。

また講演で、トランプ大統領の主張とは裏腹に、マスメディア側からの虚偽情報、そして共和党が「クリーン政治」と一般的に言われている現況に対しては、「倫理的な基準の高い政府作りに傾斜するだろう」と現在のアメリカの現状についても言及し、アメリカの軍事的勢力圏としても「日台の相互関係がキーとなっている」と独自の主張も論じた。

講師を務めた藤井氏

なお、同会研究所のメンバーは、「今日の定例会はいつもより人が多かった」と話しており、多くの人が今後の米日台の関係に注目している事が見受けられた。

 

(2017/3/15)

謝依旻達成五連霸獲名譽女流棋聖 首位三項名譽頭銜女棋士

taiwannp9 Post in 未分類
謝依旻達成五連霸獲名譽女流棋聖 首位三項名譽頭銜女棋士 はコメントを受け付けていません。

謝依旻獲得第20屆NTT Docomo優勝,達成5連霸紀錄獲得名譽女流棋聖

台灣旅日棋士謝依旻獲得第20屆NTT DOCOMO杯優勝,達成5連霸的紀錄獲得名譽女流棋聖頭銜。女流棋聖就位典禮於3月14日在東京都內飯店舉行。

 目前謝依旻共獲得26個頭銜,並同時獲得名譽女流名人、名譽女流本因坊和名譽女流棋聖三項名譽頭銜資格,是目前日本女棋士中獲得頭銜的最高紀錄,也是唯一一位獲得三項名譽頭銜的女棋士。

就位典禮當日,NTT DOCOMO代表取締役社長吉澤和弘、公益財團法人日本棋院理事長團宏明和棋士會長武宮正樹,以及台北駐日經濟文化代表處代表謝長廷皆出席,並由她的師匠台灣旅日棋士黃孟正獻上花束。

駐日代表謝長廷在致詞中表示,謝依旻達成五連霸的紀錄鼓勵了台灣投入圍棋的年輕一代,他並稱讚謝依旻是台灣的驕傲,能有這樣的成就,除了謝依旻自身的才能和對圍棋的熱情之外,也感謝棋院的支持。

謝依旻與駐日代表謝長廷(右)合影

黃孟正則提到,謝依旻在這次的防衛戰中,和年輕的挑戰者經過一番苦戰才贏得最後勝利,值得誇獎。上週謝依旻挑戰女流名人戰十連霸失敗,當日可說是含淚的就任式,但仍希望謝依旻繼續挑戰十連霸的紀錄。

謝依旻的師匠黃孟正(左)獻上花束

謝依旻致詞時也表示,這次防衛是一場硬戰,對手雖然年輕,但在第二戰時感受到對方的實力。比賽期間她也獲得不少的鼓勵,尤其支持者鼓勵她如果贏得勝利就可以在就任式中穿上漂亮的和服出席,果然帶給她力量。

對於前一週挑戰十連霸失敗,謝依旻表示雖然感到心情有點低落,但看到典禮中的大家很高興,並希望能在33年後(名譽頭銜能使用時)能夠再次看到大家。

謝依旻解說在第三局中的棋局

謝依旻的父母和哥哥當天也出席了就任典禮,父親謝瑞斌表示,雖然十連霸挑戰失敗很可惜,但是也因此讓大家注意到圍棋。勝敗乃兵家常事,在頭銜戰中謝依旻已經屬於勝率高的。謝爸爸也認為需要大家一起競爭才會有所進步,並帶動新秀共同努力。

主演・張震が来日!「牯嶺街少年殺人事件」舞台挨拶で想いを語る

taiwannp12 Post in イベント・告知, エンタメ・スポーツ
主演・張震が来日!「牯嶺街少年殺人事件」舞台挨拶で想いを語る はコメントを受け付けていません。

 

台湾映画「牯嶺街少年殺人事件」が3月11日より25年ぶりに日本で上映開始した事を祝して、主演の張震と余為彦プロデューサーは3月14日、角川シネマ有楽町で舞台挨拶を行った。会場には張震の役者仲間である妻夫木聡がスペシャルゲストとして登場し、花束をプレゼントした。また、同舞台挨拶は、チケット発売開始してより数分で売り切れるほど大人気で、当日は多くのファンが駆けつけ満席となった。

記念撮影左から余プロデューサー、張、妻夫木

同作品は1991年に日本で初公開してより現在までDVD化されず、幻の傑作作品と呼ばれてきた。同作品の楊德昌監督が亡くなってより10年の節目に、3時間56分のデジタルリマスター版としてこのほど日本での再上映が決定した。

楊監督と様々な映画でタックを組んでいる余プロデューサーは、楊監督について「この作品のために台湾や香港で共に撮影して過ごした時間は本当に貴重である。亡くなって10年たった今でも、僕らをひっぱっていってほしい」と話した。また張震は、「楊監督もこの作品自体も僕にとっては特殊な存在。この作品がなければ、この仕事に就く事はなかっただろう」と想いを語った。

 

同作品の張さんが演じる「小四」の父、兄役は張さんの実の父と兄であり、母も数秒間だけ登場しているという。これに対し張震は、「当時撮影していた時は、まだ演技というものがわかっておらず、混乱する部分もあったが、今となっては、1つの作品に自分の家族の姿を表せるというのは、とても得難い事」とコメントした。また、余プロデューサーは同作品について、作品の軸となるのは、恋愛のもつれが原因で起きた殺人事件ではあるが、1949年に「小四」の父母のように台湾に逃げてきた外省人の困難と不安が描かれていると強調し、「楊監督はその台湾当時の時代の雰囲気を出したかったのではないか」と話した。

なお、妻夫木は「張さんは本当に良い人なんだよ!」とコメントしたほか、「光と闇が特徴な映画で、脳裏に焼き付く独特な力を持っている。最近の映画は主観的にとらえている映画が多いが、この作品のようにこんなにも色々な顔を持っている映画は珍しい」と同作品についても熱弁した。

また張震から、先日、映画「怒り」で第40回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得した妻夫木を祝して、勝負パンツの柄にしている「ジョーズ」をプリントした水着をプレゼントすると、会場が一気に湧く場面もあった。

張が妻夫木に勝負下着と同じ柄の水着をプレゼント

同作品は3月11日より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)ほか全国順次ロードショー中だ。

(2017/3/15)

台湾世界遺産級の自然・文化を紹介した書籍、念願の出版

taiwannp1 Post in 文化・教育
台湾世界遺産級の自然・文化を紹介した書籍、念願の出版 はコメントを受け付けていません。

編著の平野久美子さん(右)と台湾文化センターの朱文清センター長(左)

書籍「ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内」が3月10日、中央公論新社から出版された。これを記念し、3月14日には原宿の南国酒家本館で出版記念祝賀会が行われ、編著の平野久美子さんを始め、同書の日本人筆者ら、台湾文化センターの朱文清センター長らが出席し、同書出版を祝した。

出版記念祝賀会にて、筆者ら

同書は、台湾の世界遺産級の自然や文化を、台湾に精通する日本人筆者らが歴史的背景なども含めて深い部分まで紹介したもの。台湾は、国連に加盟しておらずユネスコの番外地になっている理由などから、今現在世界遺産に登録された場所や文化は一つもないのが現状だ。同書では、台湾の自然などを世界遺産への登録に向けて日本から応援する気持ちも込められているという。

平野さんは、「実は約6、7年もの間、考案し続けてやっと発行した書籍です。以前から発行したかったのですが、以前はお隣の大きな国を気遣う出版社さんが多く、名前を『台湾世界遺産級案内』ではなく『台湾秘境案内』にしたらいいのではなどと言われる事もありました」と裏話を話した上で、「ここ最近の日本では台湾を知りたい、応援したいという気運が高まりを見せていて、その事が同書の出版を後押ししてくれました。オールジャパンで出来た本です」と喜びの気持ちを語った。

同書への思いを語る編著の平野久美子さん

また、筆者の1人である片倉佳史さんは、「台湾人でも、同書に載っているような素晴らしい自然と文化が台湾にある事を知らない人がまだまだ沢山います。同書のように、日本から台湾へ発信して伝えていきたい」と話したほか、朱センター長は、「“知って応援、行って応援”です。是非日本の皆さんには台北や高雄などの都会だけではなく、同書に載っているような世界遺産級の場所にも足を運んで頂ければ」と誘致した。

なお、同会主催者によると、5月12日には同書出版記念講演会も企画中だと言う。

在日台灣不動產協會與梅友會交流 互助合作提高成交率

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 経済
在日台灣不動產協會與梅友會交流 互助合作提高成交率 はコメントを受け付けていません。

MOLA HOILDINGS代表取締役並擔任在日不動產協會理事鄭光男(左3)帶領乾杯

在日台灣不動產協會與梅友會於3月13日在六本木舉辦懇親會,此次是兩會二度共同舉辦懇親會,今年參加人數增加20位,共90位台日不動產及相關業者人士到場參加。

 在日台灣不動產協會代表理事錢妙玲在致詞時表示,希望協會作為台灣和日本的橋樑,平常致力於促進雙方交流。同時她也邀請大家一同參與今年6月將在台北世貿一館舉辦的台灣國際不動產理財投資展示會。

在日台灣不動產協會代表理事錢妙玲致詞(左)與梅友會發起人梅野義信

 梅友會發起人梅野義信現擔任MOLA HOILDINGS不動產部門部長,他說最初成立梅友會的構想,是希望聯繫工作上的夥伴,因而建立網路群組,提供交流平台,最初只有約20人左右,現在加入的成員已超過130人。

 去年梅友會開始與在日台灣不動產協會交流,目前成員內約有30至40位成員加入。梅野義信說,梅友會提供大家一個可以自由聯絡的平台,能互相交換資訊,他希望成員能夠好好利用,對工作上有所助益。

 MOLA HOILDINGS代表取締役同時也身為在日不動產協會理事鄭光男表示,外國投資者多屬於買方,日本方面則多為賣方,因此這樣的交流可以促進成交率。他並希望能包含銀行和不動產相關業界,如司法書士、建築士等納入兩會中,能提供外國投資者更多媒合。

參加成員相互交流

在日不動產協會事務局長棚岡麗表示,因為日幣貶值,加上台灣不動產價格提高,台灣來日本的投資者增加,她所任職的公司有30年歷史,而在3年前開始提供台灣在日本投資者服務。去年便加入梅友會的棚岡麗表示,透過梅友會能與日本業者交換許多不動產物件運訊息,對工作上有所幫助。

 育誠不動產公司代表取締役木村成德則提到,他也表示透過梅友會能交換訊息、彼此合作。以他自己公司來說,台灣、中國的客戶較多,日本業者則有較多的不動產物件,希望將梅友會做為平台促進成交。

梅友會發起人梅野義信(左)與長谷川旅館和度假中心代表取締役社長阿部夏樹

 首次參加的長谷川旅館和度假中心代表取締役社長阿部夏樹則表示,他對於台灣和日本不動產業者的未來的交流很期待,並希望雙方能有所合作。

大阪中華學校畢業典禮 幼中小62名學生告別母校迎向人生新階段

taiwannp6 Post in 華僑 ー 関西
大阪中華學校畢業典禮 幼中小62名學生告別母校迎向人生新階段 はコメントを受け付けていません。

全體畢業生與師長來賓合影

大阪中華學校於3月11日舉行中學部第67屆、小學部第70屆、幼稚班第50屆畢業典禮。駐大阪辦事處副處長洪英傑、秘書羅國隆、大阪府議日華親善協會前會長川合通夫、大阪日華親善協會理事長四方修、大阪中華學校理事會會長代行洪勝信、副會長蔡伸雄等蒞臨觀禮。

校長陳雪霞告訴畢業生「大阪中華學校永遠是大家溫馨的娘家」

校長陳雪霞表示同學們在大阪中華學校度過青少年的黃金時光,在「禮義廉恥」四維的薰陶教化下,在「德智體群美」五育並重的教育方針下,相信將來不管走到世界任何一個地方,在校所學的華語必能對同學們有所助益,也希望同學們勿忘歷代創校辦校先進的精神,抱持感恩的心,不管將來在社會上成就如何,大阪中華學校永遠是大家溫馨的娘家,同學們的後盾。陳雪霞也特別向在座家長及畢業生說明,台灣高等教育辦的非常好,很多同學(除了台灣、還有日本、韓國、甚至中國籍)在日本高中畢業後回來請校長推薦到台灣留學或升學,立足台灣,放眼全世界,未來可列入選擇。最後,祝福同學們鵬程萬里、前程光明。

駐大阪辦事處副處長洪英傑勉勵同學們要培養國際觀、積極學習、勇於接受考驗。

副處長洪英傑首先代表中華民國政府表達祝賀之意,勉勵同學們牢記師長教誨作為人生未來的指南,未來在各個領域有所成就時,將是母校的驕傲與榮耀。他也提醒同學們,處於全球化、地球村的時代,勿忘培養國際觀,積極學習,勇於接受考驗,求學做事若能抱持對人感恩、對事用心、對物品珍惜的態度,將來必能成功。

理事長代行洪勝信以「失敗為成功之母」勉勵畢業生,不怕挫折,積極進取,多結交朋友。家長會長鄭淳心以校友、過來人的經驗告訴畢業生,在學期間沉重的書包、中日英三語繁重的課業、多國籍學生的校園生活,都將成為同學們將來實現夢想的根基,即使畢業「we are family」。

校長頒發畢業證書

駐大阪辦事處副處長洪英傑頒獎給成績優異同學

理事長代行洪勝信頒獎表揚成績優異同學

齊唱驪歌及校歌

隨後畢業生一一上台由校長手中接過畢業證書,並頒發大阪府知事獎、處長獎、校長獎,理事長獎、大阪中華總會獎等獎項嘉勉成績優異的畢業生。副處長洪英傑代表駐日代表處頒贈畢業賀禮「圖書禮卷」給全體畢業生。中二雷千尋代表在校生致歡送詞,畢業生代表則武利鷹致答詞後,驪歌聲響,中學部19名、小學部34名、幼稚班9名畢業生帶著來賓、全校師生滿滿的祝福,踏出校門,邁向人生另一旅程。

(2017/03/14  01:22)