京濱地區僑務工作座談會 關心僑界世代交流與傳承

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
京濱地區僑務工作座談會 關心僑界世代交流與傳承 はコメントを受け付けていません。

2017年日本京濱地區僑務座談會針對多項議題進行討論(左起僑務委員程金笙、河道台、賴玉珍、駐日副代表郭仲熙、僑務委員黃宗民和陳秀錦)

2017年日本京濱地區僑務工作座談會於4月20日在東京都內舉行,台北駐日經濟代表處副代表郭仲熙、僑務委員程金笙、河道台、賴玉珍、黃宗民和陳秀錦出席此次會議,會中並推舉黃宗民當任議長主持會議。

 由於今年5月15日至17日將在高雄擴大舉辦第五屆全球僑務委員會議,因此今年度京濱地區僑務會議提早至4月舉行,希望聽取僑界人士意見,並將會議內容彙整轉回國內。

 副代表郭仲熙致詞時表示,這一年來僑界人士為不遺餘力推動台日關係,舉辦多場與台灣相關的交流活動,未來台日間的交流仍需要僑界人士協助。希望在5月所舉辦的僑務會議中,能為日本地區僑胞爭取更多權益。

駐日副代表郭仲熙希望僑領能持續協助推動台日交流

 會中僑領提出各項議案,包含僑社團結、年輕世代交流和傳承、新南向政策、僑委會英文名稱更名、駐日代表處館產登記、以台灣名稱參與東京奧運以及近期所發生的八田與一銅像破壞等。

 其中僑界年輕世代交流與傳承問題與各僑團有所相關,引起多位僑領發言提供意見。目前在日台灣年輕人主要分為兩類,包含畢業後留在日本的留學生以及華僑第2代和第3代,因此在經濟和時間的狀況會影響兩方不同的參與意願。

2017年京濱地區僑務工作座談會共有超過70位來賓出席

 日本中華總會青年部部長彭明輝和日本台灣商會聯合總會青商部會長陳姿陵也受邀分享目前會務運作情況。其中陳姿陵特別提到,對於華僑後代和留日台灣年輕人,需要分別提升對故鄉台灣的認同和對日本的在地認同,因此需要資源整合的力量,她並以日總推動的華語教學和僑委會舉辦的台日青年菁英高峰會為例,說明此類活動將可協助提升在日年輕世代的認同感。

 駐日代表處產權問題也出現在會中的提案討論中。對於目前駐日代表處館產仍掛在已故駐日代表馬紀壯名下一事,副代表郭仲熙針對處理情況向與會僑領說明。郭仲熙表示,現任駐日代表謝長廷一上任並指示要處理這個問題,但因為涉及日本法律解釋的問題,需要以自然人作產權登記,因此目前代表處仍在努力與外務省交涉當中。

 會中領務組組長陳振忠也特別提醒雙重國籍僑民役男需辦理僑居加簽。同時2017年6月起菲律賓將納入免簽證試辦國家。僑務組長王東生和秘書文君妃也向僑領宣導返國健檢、海外僑界關懷實施計畫和10月僑團回國參與國慶活動。

駐日代表處領務組組長陳振忠說明領務服務

駐日代表處僑務組組長王東生回覆僑領提問

 當日會後舉行懇親會,台北駐日經濟文化代表處代表謝長廷親自出席與京濱地區僑領交流互動。

駐日代表謝長廷出席懇親會與僑領交流

ヘルシーグルメを提供、台湾カフェ「Zen」オープン!

taiwannp10 Post in 観光・美食
ヘルシーグルメを提供、台湾カフェ「Zen」オープン! はコメントを受け付けていません。

 

台湾カフェ「Zen」が4月22日、原宿にオープンした。元々この場所はマンゴーチャチャの店舗が入っていたが、台湾グルメファンらが、「こんなのを取り入れてほしい」などと多数の新商品への要望があったため、マンゴースイーツ専門店から台湾人気グルメを取り入れるお店とした台湾カフェを出店する運びとなった。

台湾で人気のグルメを販売

メニューは、マンゴーかき氷のほか、タンピンやおかゆなど多数の台湾での人気商品を揃えている。中でも目玉なのは、同店看板商品でもある「バタフライピー」。台湾産無農薬蝶豆花茶にマンゴーやローズマリーオレンジなどのジュースをミックスした色鮮やかなドリンクだ。アンチエイジングの効果もあるとされている。商品開発を行っている同店の西崎清志店長によると、この幻想的なグラデーション演出は困難だったため、実際に台湾へ赴き研究を重ね、温度調節等何度も試行錯誤を繰り返し出来上がったという。

看板商品バタフライピー

なお、全ての商品においてヘルシーや健康をコンセプトとしてるほか、この場所一帯、オシャレや流行に敏感な女性が多いため、見た目にもこだわっているとしている。全商品テイクアウト可能との事。

また、テーブルには台湾についての本も置いてあり、台湾食を食べながら台湾や観光について盛り上がる場所の一つになってほしいとの思いも込められている。「食を通して台湾をアピールすれば、日本から台湾、台湾から日本との流れが出来上がる。お互いの食と文化の繋がりが持てたら皆が幸せ」(宮下美智子オーナー)。

テーブルに置かれた台湾紹介の本

色々な事にチャレンジしていきたいとしている西崎店長は、今後も開発を重ね、人気な商品をどんどん取り入れたいと話した。バタフライピーの期間限定テイストを発売していくほか、シーズンの流行に合わせた商品開発を行っていく模様だ。今後も新しい台湾グルメに注目していきたい。

商品開発に力を入れる西崎清志店長

なお、同店は、入口を入るとすぐに、「Zen」と花文字で書かれたロゴが目に入り、一瞬で台湾にいるのかとの錯覚に見舞われる。オープン初日は、続々と客が店内に入っていき、あっという間に満席となった。

台湾カフェ「Zen」オープン

早々に来店した二人組の女性は、「台湾には行った事がないけど、台湾グルメは美味しいものばかりだから大好き。台湾現地に行く前に、今日は予行練習で来ました」と話していた。

早々に入店した女性組2人

 

(2017/4/24)

 

 

 

 

点から線、線から面へ ~退任する粘処長にインタビュー~

taiwannp10 Post in 政治
点から線、線から面へ ~退任する粘処長にインタビュー~ はコメントを受け付けていません。

 

このほど5月で退任する事となった台北駐日経済文化代表処横浜弁事処の粘信士処長。大学卒業後、退役してより外務省に入省し32年間、寝る間も惜しんで常に走り続けてきた粘処長は、これまで様々な日台交流に貢献してきた。1990年に大阪弁事処に配属されてより通算20年間を日本で過ごし、「日本は第2のふるさとだ」と話す粘処長に本紙がインタビューし、2011年沖縄弁事処で初めて処長に就任してより現在までの約6年半、処長としての活動を振り返ってくれた。

粘処長、処長としての6年間半を振り返る

粘処長は日台交流促進のため、数多くの団体設立の架け橋となってきた。沖縄勤務では、那覇市、宮古市、豊見城市、宜野湾市との日台議員連盟設立を実現させたほか、八重山と石垣島との台湾親善交流協会、歴代台北駐在沖縄事務所長のOB会や奨学金を取得した沖縄人台湾留学生OB会の全8団体。横浜勤務では川崎市、静岡市、鎌倉市、伊勢原市との議員連盟、さらには、若者中心の湘南日台未来交流協会及び横浜台商会の全6団体設立の仲人役となり、日台関係の更なる友好に貢献してきた。2013年11月22日に沖縄県より感謝状が授与され、今年の4月21日には新たに静岡県より感謝状が授与された事からも、粘処長が日台交流に多大な尽力をしてきた事が証明されている。

粘処長がこんなにも一生懸命に日台関係向上に力を注ぐ源は何なのか。「私はいつも言っている。『点から線、線から面へ』。先ずは重要な県や市と交流を結ぶ事で、後に幅広い地方交流へと繋がる。交流の場を提供する事ができるのは非常に有り難い事」(粘処長)。

この言葉の通り、粘処長は他にも様々な協定締結の仲介人として貢献してきた。「防災に関する相互応援協定」や「高校生の相互交流推進に関する協定」、一日周遊券の相互無償交換等を組み入れた江ノ島電鉄(以下:江ノ電)と台湾鉄道との「友好鉄道協定」に加え、粘処長のサポートにより江ノ電と高雄地下鉄が連携した事で、江ノ電の車両においてラッピング電車が実現した事も在任中に行われた実例である。さらに粘処長は、「観光交流だけでは狭すぎる。経済交流の協力ができたら良い」とし、日本の高校生の修学旅行先が昨年は台湾が最多だったが、ほとんどが観光ばかりになっていた事に言及し、「教育委員会とリンクさせれば、観光以外の勉強も兼ねた学校間の交流もできる」と新たな提案も述べるなど、日台交流促進に対するアイディアを次々に教えてくれた。

 

若い世代の日台交流にも貢献

粘処長が貢献した事の一つに、横浜中華学院の生徒数増加がある。粘処長自身がコンタクトやアプローチするなどして、同学院と神奈1川大学等の大学と締結を行う「高大連携」に力を入れてきた。数年前まで、同学院の中学部を卒業後、台湾に帰国したり他の日本の高校に進学する等の理由で、高校部へそのまま進学する生徒が少なかったが、粘処長が行った高大連携の成果により、毎年順調に増え続けているとの事。また、華僑の子供だけではなく、日本の親を持つ生徒が全体の25%にも上っているとし、これは大変喜ばしい事であると粘処長は話した。

 

粘処長、今後を語る

青春時代からほぼ40年間日本と関わってきた現在55歳の粘処長は、帰国後先ずは親孝行をしたいと話した。また、台湾の現状に頑張って追いつかなければいけないとの意気込みも語った。

休む暇なくこれほどたくさんの日台交流に貢献してきた粘処長。台湾本土に帰国しても変わらず日台関係を築いていってくれるだろう。本紙はそんな粘処長の今後の活躍を期待したい。

「退職しない限り、退化なく滞りなく台日交流にちょっとした貢献が出来たら有り難い」(粘処長)。

(2017/4/24)

埼玉台灣總會第10屆會長及副會長交接 

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
埼玉台灣總會第10屆會長及副會長交接  はコメントを受け付けていません。

第10屆會長紀秋美(左)獻花給第9屆會長周東寬,感謝他過去兩年所付出的辛勞

埼玉台灣總會於今年春節首次舉行巴士旅行,提供會員交流機會

埼玉台灣總會於4月23日在東京池袋舉行會長交接典禮暨懇親會,由第10屆新任會長紀秋美獻花給第9屆會長周東寬,感謝他在任內所付出的辛勞。台北駐日經濟文化代表處副代表郭仲熙、僑務委員黃宗敏、日本台灣商會聯合總會會長濱田裕子多位關東地區僑團會長皆受邀出席,現場70多位來賓共同見證埼玉台灣總會世代傳承的重要時刻。

 副代表郭仲熙在致詞時特別以連結東京和埼玉間的京埼線日文諧音,來勉勵埼玉台灣總會成為台日交流間「最強」的團隊。新任會長紀秋美在致詞時表示,埼玉台灣總會已有28年歷史,今年度也將致力於各項台日文化交流活動,包含5月13日的日台交流料理會,6月初至6月中的台灣Fair、7月4日台中光復國小拜訪埼玉大學附屬小學以及協助7月7日至9日的日本台灣祭,以及9月的巴士旅行和10月22日國慶紀念日的台日音樂交流會等活動。

駐日副代表郭仲熙勉勵埼玉台灣總會要成為台日交流間的最強團隊

 埼玉台灣總會於2月26日進行第10屆會長及副會長選舉,由紀秋美當選會長,黃麗瑾、水野達彥和葉顓銘當選副會長。新任會長紀秋美曾擔任第9屆副會長,任內曾協助埼玉台灣總會與世界盆栽大會的交流,並曾舉辦首次巴士之旅,提供會員互相交流了解的機會,受到好評。紀秋美表示,除這兩項活動將會持續推動之外,未來會長任內將會持續致力於台日交流,讓「台灣」的名聲能在埼玉讓更多人了解。

埼玉台灣總會於今年春節首次舉行巴士旅行,提供會員交流機會

第9屆會長周東寬醫師現場歌曲演唱

 紀秋美也表示,目前埼玉台灣總會舉辦活動時歡迎大家參加,因而沒有特別收取會費,未來計畫建立起會員制度,收取會費並提供會員更多所需資訊,同時為增進台日交流,也歡迎日本友人加入。

埼玉台灣總會會長、副會長和理監事全體

國際插花大會沖繩登場 台灣為最大規模外國團隊

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 総合
國際插花大會沖繩登場 台灣為最大規模外國團隊 はコメントを受け付けていません。

駐那霸辦事處處長蘇啟誠(右)在國際插花大會活動中與中華花藝文教基金會張秀美教授合影(照片提供:駐那霸辦事處)

第11屆國際插花大會於4月12日至14日在沖繩縣宜野灣市沖繩國際會議中心舉行,來自世界各國21個流派展示296件作品。台灣則有池坊流、草月流等各流派代表共70人參加,是此次參展中規模最大的外國團隊。

 國際插花大會是由國際花友會(Ikebana International,簡稱II)所舉辦,每五年舉行一次,今年共有來自日本上千人及來自49國共720人與會。活動由國際花友會名譽總裁高園宮妃久子於4月12日剪綵,正式揭開活動序幕。

 大會並於15日晚間舉行送別晚宴,駐那霸辦事處處長蘇啟誠、國際花友會中華民國分會會長林桂珠、前會長陳蘭馨和中華花藝文教基金會張秀美教授也受邀出席。

 國際花友會於1956年成立於東京,目前會員人數達7600人,分布50多個國家,並設有161個支部。

台北霞海城隍廟月老 出差靜岡祭串起兩地緣份

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 観光
台北霞海城隍廟月老 出差靜岡祭串起兩地緣份 はコメントを受け付けていません。

日本信眾虔誠參拜月下老人

位於台北大稻埕的台北霞海城隍廟,建立於清朝年間,至今已超過150年的歷史,是台灣內政部所核定的三級古蹟,香火鼎盛,在全台灣富有盛名。廟內所恭奉的月下老人,相當受到歡迎,不但有許多台灣信眾前往祈求姻緣,更有日本觀光客前往參拜,已成為台灣旅遊不容錯過的景點之一。

 月下老人又稱為月老神尊,是民間信仰中掌管姻緣的的神祇。台北霞海城隍廟於1971年開始恭奉月下老人,相傳相當靈驗,因此受到未婚男女的歡迎,連日本觀光客也趨之若鶩,甚至也曾有再次回到台灣答謝的日本旅客。因此廟方工作人員都能以日文溝通,以便向日本觀光客說明月老的參拜方式。

月老出差沖繩、靜岡 下一站東京上野登場

 受到日本民眾歡迎的台北霞海城隍廟月下老人,也多次在日本方面的邀請之下,跨海到日本沖繩和靜岡「出差」拜訪,受到當地民眾歡迎,2016年3月曾在「I Love 靜岡協議會」的安排下,在靜岡伊勢丹前舉行一日限定的交流活動,當時排隊的人潮從上午11點到下午6點,吸引了2千人造訪。同年10月底也曾在沖繩一番街交流一個月,一樣在當地受到注目。

 隨著2016年12月「I Love 靜岡協議會」和台北大稻埕創意街區發展協會簽定友好締結商圈,台北霞海城隍廟月下老人再次於2017年3月底出差至靜岡參加當地一年一度的盛大祭典「靜岡祭」,展出期間也吸引不少民眾停下腳步入內參拜,廟方也帶來祈求良緣的御守。

來自台北霞海城隍廟的御守

 台北霞海城隍廟吳孟寰表示,日本同樣也有紅線的傳說,因此日本民眾對於月下老人牽紅線的文化應該可以有所聯想。他也表示,月下老人的紅線其實不只牽姻緣,也牽起了台北大稻埕和靜岡兩地的交流。

4月1日活動當日儘管飄著細雨,紐不少日本民眾排隊參拜月下老人

 此次月下老人造訪靜岡,還同時結合了大稻埕的台原博物館、傳統餅店和台灣茶飲茶米露,希望推廣大稻埕的歷史與文化。策展單位周恭平表示,大稻埕在一百年多前是文化匯集的地方,現在大稻埕和靜岡是姐妹商圈,兩地可互相觀摩。未來大稻埕也會繼續結合復古、強調文創。

來自台北大稻埕的茶米露,於靜岡祭期間特地結合當地綠茶與台灣的珍珠調製出新的滋味

民眾在體驗姻緣餅製作

 台北霞海城隍廟月下老人在拜訪沖繩和靜岡後,下一站將首度前往東京,於7月7日到9日於上野公園所舉行的日本台灣祭中登場。想要祈求良緣,或是想要答謝的民眾,千萬不要錯過這次月老出差的機會。

 

noovy初ワンマンライブ開催!3000枚達成を目指す

taiwannp10 Post in エンタメ・スポーツ
noovy初ワンマンライブ開催!3000枚達成を目指す はコメントを受け付けていません。

 

台湾大手マネジメント会社「Eelin」所属の台湾出身バンド「noovy」が4月23日、渋谷TSUTAYA O-nestで初となるワンマンライブを行った。ライブ最後には、7月10日までに4月26日発売となるミニアルバム「ONE」を3000枚達成できたらSonyMusic日本より「日本でメジャーデビュー」とのミッションも発表された。

駆けつけたファンらと記念撮影©キセキミチコ(KISEKI inck)

同バンドは、平均年齢19歳の4人組バンドで、日本での活動を本格化させるべく2017年1月に来日した。滞在は3カ月間で、期間中の目的はインディーズ版の自身初となるシングルCD「KALEIDOSCOPE」1000枚を売り切る事。達成できたら初のワンマンライブ開催とのミッションのため、メンバーはトレーニングのほか、都内各所のライブハウスやHMVでのインストアライブを重ね、次々にファンをつけていった。そして、3月に見事1000枚完売を達成し、念願のワンマンライブ開催となった。

noovy初ワンマンライブ大成功に終わる©キセキミチコ(KISEKI inck)

当日は多くのファンが押し寄せ、会場が満杯となった。「ONE」の収録曲を中心に、日本語、中国語、英語を交えながらアンコールを含め全11曲を披露した。また、ライブ後にはファンミーティングも行い、今まで支えてきてくれたファンとの交流を図った。

多くのファンを魅了

メンバーは同ライブ後に、「ファンと一緒に楽しむ事ができた。まだまだ未熟ではあるが頑張っていきたい」とコメントしたほか3000枚達成について、「これは1つの挑戦だ!どんな事があろうと絶対に売り切ります!」と元気いっぱいに意気込みを語った。

若さ溢れるnoovy体操を披露©キセキミチコ(KISEKI inck)

ライブ中は涙を流していたファンも少なくなく、さらに、最前列を獲得するため、4時間前より並んだファンや、台湾から駆けつけたファンもいた。

また、ライブ中「日本初ワンマンライブおめでとう」との手作り横断幕を披露していた女性グループは、「日本生活は大変だと思うけど、いつでも暖かい気持ちで応援している」との意味を込めて作ったとし、ワンマンライブ開催ができて本当に嬉しいと話した。

ファンによる手作りの横断幕

なお、同バンドは、2014年にEelinが開催したオーディションで「音楽部門グランプリ」を獲得した4人で結成。その後、日本と台湾のトレーニングを経て昨年9月、「SonyMusic台湾」より台湾でメジャーデビューしている。

(2017/4/24)

 

 

 

「台湾デー」喔熊やタイワンダーらも駆けつけ大盛況

taiwannp10 Post in エンタメ・スポーツ
「台湾デー」喔熊やタイワンダーらも駆けつけ大盛況 はコメントを受け付けていません。

西武プリンスドームが台湾一色に染まるイベント「台湾デー」が今年も盛大に開催された。台湾デーとは、台湾観光局特別協賛の下、埼玉西武ライオンズ(以下:西武)が4月22日と23日の2日間、対北海道日本ハムファイターズ公式戦において行った台湾色満載のイベントで、今年で3回目の実施である。

当日は、台湾観光局スーパーミッション隊組長「喔熊(オーション)」と台湾の島の形をした「タイワンダー☆」が会場に駆けつけ、ドーム前広場特設ステージでダンスを披露するなど同イベントを盛り上げた。また、台湾伝統芸能の紹介として、22日は「三太子」、23日は「台湾獅子舞」が、同ステージのみならず、試合開始前のグランドでもパフォーマンスを披露してドーム全体を沸かせ、台湾デーは大盛況となった。

喔熊とタイワンダー☆と獅子舞が登場

なお、台湾観光局は、来場者への台湾観光PRとして、観戦チケットを持っている全員に台湾観光局と西武がコラボレーションしたオリジルクリアファイルの配布を行ったり、高級台湾茶などが先着でもらえるスタンプラリーの実施をした。さらに試合中には両日共にペア一組に台湾旅行が当たる抽選会や、台湾デーオリジナルグッズが当たる企画を設け、来場客に台湾に対する関心を深めた。

台湾特命観光大使台湾担当部長のレオとライナが観光地を紹介

このほか、ドーム前広場では、本格的な台湾の味を堪能できるグルメワゴンが来場し、タピオカミルクティーやマンゴーかき氷などの台湾グルメの販売を行ったほか、西武の台湾出身の呉念庭選手がよく食べるという角煮のお弁当をアレンジした「台湾風角煮弁当」の販売も行った。

台湾のグルメワゴン来場

また、喔熊がデザインされたパネルや小籠包やマンゴーかき氷のオブジェと撮影が可能なフォトブースが設置されており、多くの野球ファンが記念撮影をしていたのが見受けられた。

マンゴーかき氷のオブジェ等設置してあるフォトブース

なお、23日の試合では、背番号「7」のユニフォームを身に着けた台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表が始球式を務めたほか、台湾デー開催に感謝の意を込めた贈呈品が、台湾観光協会東京事務所の鄭憶萍所長によって西武の辻発彦監督に手渡された。

謝長廷代表による始球式(写真提供:民報社)

謝長廷代表(右)・ライナ

謝代表は始球式後のインタビューで、「台湾デーは、会場に来ている観客や、テレビで試合を鑑賞しているファンに台湾を発信できる。このような日台の文化交流は今後も更に大きく発展していってほしい」とコメントした。

記念撮影左から、レオ、喔熊,、タイワンダー、ライナ

(2014/4/24)

寒雲さんが第40回石川テレビ賞に選出

taiwannp1 Post in 日台交流, 華僑
寒雲さんが第40回石川テレビ賞に選出 はコメントを受け付けていません。

台湾人歌手でプロデューサーの寒雲さん

台湾人歌手でプロデューサーの寒雲さんは4月13日、有識者らでつくる石川テレビ放送(金沢市)のITCクラブから第40回石川テレビ賞に選出された。寒雲さんは受賞について、「未だに実感が出来ません。しかし、他の受賞された方の事をみたら、この賞の重さが伝って来ます。恐縮ながら嬉しく思います。そして、その責任の重大さも感じます」と話したほか、「この賞の重み以上に、残った人生を最大限に発揮したいとの思いです」と今後の目標も語った。

寒雲さんは、平素より、被災地でのチャリティーコンサートや、音楽を通して県と台湾の青少年交流に力を入れおり、2011年には台日文化交流をうたった東日本大震災のチャリティーコンサートを金沢、東京、大阪、台湾で開催した実績を持つ。2004年の新潟県中越地震や2007年の能登半島地震の被災地でも同様の活動を行っており、これらの貢献に対しこのほどの賞が贈られる。同賞の受賞者には他に、重要無形文化財「友禅」保持者で日本工芸会参与の二塚長生さん、金沢工業大教授の水野一郎さん、特別顕彰には俳優で無名塾を主宰する仲代達矢さんが選ばれた。贈呈式は5月24日、金沢市のANAホリデイ・イン金沢スカイで行われる予定だ。

石川テレビ賞は産業、芸術、社会福祉など各分野で地域社会の発展や向上に貢献した県内の個人・団体に贈られ、1978年から昨年までに161個人、15団体が表彰された。

 

~寒雲さんコンサート情報~

「人間國寶Ⅱ ─ 牡丹薪唱」

人間國寶Ⅱ─牡丹薪唱

■日時:2017年5月6日(六) 19:30

■場所:台北市中山堂中正廳

■出演者:

指揮│瞿春泉

製作│財團法人廖瓊枝歌仔戲文教基金會

演唱│廖瓊枝、呂雪鳳、寒雲、張孟逸、林芸丞、王台玲、江亭瑩、簡郁庭、姜琬宜、吳米娜、鄭云茜

臺北市立國樂團

 

 

(2017/04/21)

【求人】打工・麵包製作( 越谷市 )

taiwannp1 Post in 未分類, 求人・求職
【求人】打工・麵包製作( 越谷市 ) はコメントを受け付けていません。

打工・麵包製作( 越谷市 )

工作地點: 埼玉縣越谷市內,最近車站為「新越谷」 「南越谷」

內容:   工廠內作業(麵包製作)

薪水:  【日班】時薪910円  【夜班】時薪940円

時間:

【日班】

8:00~17:00、9:00~18:00

10:00~19:00 ※需加班

【夜班】

20:00~翌日5:00、21:00~翌日6:00

22:00~翌日7:00

 

★上班時間可議

休假:   每月9日(輪班制),歡迎周末、日可上班者

待遇:   備有社會保險、備有宿舍

制服租借­(費用約4,150円)

交通費全額支付(電車費) ※自用車或自行車可議

應徵:   歡迎電話詢問

應徵時請攜帶履歷書(需填寫並貼上照片)

日語能力: 須能理解50%的內容

 

 

 

 

■收費職業介紹所 派 27-ユ301128

株式会社ユタカ 埼玉事業所

越谷市西方2-21-13 会田ビル2-B

TEL:048-960-5432(採用負責人)