日台古典伝統芸能の融合、ついに実現へ

taiwannp10 Post in 文化・教育, 日台交流
日台古典伝統芸能の融合、ついに実現へ はコメントを受け付けていません。

 

高い企画・制作力を持つ日本古典芸能のアーツセンター「横浜能楽堂」。京劇・崑曲という台湾古典演劇に現代的要素を加え、作品の現代化及び文学化に挑戦してきた「国光劇団」。同二つの団体はこのほど、約3年間の制作期間を費やした日台合作公演「繡襦夢」を行う。日本と台湾にとって初めての試みだ。同公演はきたる2018年6月、日本と台湾のトップレベルの制作チームと俳優陣により、数百年の歴史を持つ二大古典芸能が境界線を越え、横浜能楽堂にて新時代の幕を開ける。

主演の温宇航・劉加后によるデモンストレーション

 

日台提携における課題を克服

 

「これまで視覚芸術、舞台芸術、音楽など様々な分野で数多くの日台提携をしてきたが、戯曲に関しては、身体の技芸や節回しなどの理解が求められるなど困難が多く、実現する事ができなかった。それでも挑戦してみたかった」(台湾文化センター・朱文清センター長)。

台湾文化センター・朱文清センター長「挑戦してみたい」

同合作公演の実現は、朱センター長が、伝統戯曲の日台提携における課題を克服すべき、3年前に横浜能楽堂の中村雅之館長に声をかけた事より始まった。中村館長は、能楽、球技芸能など日本の伝統芸能の脚本、演出など幅広く手掛ける有名プロデューサーだ。そして、中村館長協力の下、台湾で名が通る国光劇団とタッグを組む事となり、それよりは企画・創作・交流・共同制作を行ってきたという。

なお、同作品は、3段式で演出される。第一幕は台湾崑曲「繡襦記・蓮花」、第二幕は日本舞踊「汐汲」、第三幕は繡襦記と汐汲を題材とした日台の古典伝統芸能の融合。崑曲と舞踊の美学と文化の情緒を、「崑曲」と日本の「三味線」が合わさる事によって新しい世界が創作される。

横浜能楽堂のほか、豊田市能楽堂、さらに、台湾の台北台湾戯曲センター大ホールなどでの公演を予定している。

 

 

制作発表会に日台関係者ら集結

 

同合作公演に先立ち、作品制作発表イベントが8月31日、台湾文化センターで行われた。朱センター長、中村館長、国光劇団の張育華団長、崑曲俳優の温宇航・劉加后、三味線奏者の常磐津文字兵衛氏らが出席した。

同イベントでは、横浜能楽堂と国光劇団の業務提携の調印式行われたほか、温宇航・劉加后による同作品のデモンストレーション、関係者らによる対話が行われた。

業務提携調印式左から台湾文化センター朱文清センター長、国立伝統芸術センター国光劇団呉栄順主任、横浜能楽堂の中村雅之監督、台北駐日経済文化代表処の郭仲煕副代表

中村館長は、「異国古典芸能で共同制作を行う場合、各芸能の高いレベル同士でやらないと、ただやっただけに終わってしまう」と話したほか、同共同制作を通じ、日本舞踊や芸能を身に付ける事で、逆に崑曲の何か新しい発見に繋がるのではないかと考えたという。

異分野対話の様子

演出を担当した王嘉明氏は、古典芸能を同じ舞台に立たせるのは、互いがぶつかり合い、一瞬で壊滅に走るのではないか、と始めは心配していた事を明かした。また、共同制作や異文化交流の上で、要素と要素の間でぶつかり合いながら、問題解決する作業も行っていきたと話した。

一方音楽制作にも関わった常磐津氏は、数字譜(音符を数字で表す楽譜)の認識の部分で苦労したという。日本の三味線と台湾の笛で合わせても、キー(調)が合わなかったと話し、日本は「1=ド」としているが、必ずそうだとは限らない事を発見したそうだ。ある数字譜の法則を見つけてよりキーを合わせる事に成功したと話した。

三味線奏者常磐津文字兵衛氏(右)は数字譜について実践しながら教えてくれた

同作品のストーリーは、「過去の恋に縛られ成仏できずにいる亡者が、形見で想う人をなお、偲ぶ」というもの。主人公の老人が死ぬ直前、夢のなかで過去に愛した女性と対話をする。外見のみの合作だけではなく、心深くまで表現していくとしている。

朱センター長は、「このような正式な形になって、しかも自分が想像していた以上に良い方向に行き、本当に嬉しい」と喜びを語った。

 

(2017/9/1)

日本DIY家庭用品購物中心展 台灣產品創意成優勢

taiwannp10 Post in 中文, 動画, 日台 ー 経済, 経済
日本DIY家庭用品購物中心展 台灣產品創意成優勢 はコメントを受け付けていません。


2017日本DIY家庭用品購物中心展覽會,八月二十四日到二十六日在千葉幕張國際展覽中心舉行,台灣由外貿協會率領二十七家廠商參展,大到汽車修理,木工DIY工具,小到線材束帶,瑞士刀等,在DIY風氣蓬勃發展的日本,台灣廠商以靈活創意,價格,生產速度等優勢,獲得不少日本採購商的青睞,獲得訂單之外,也能了解目前DIY的潮流,作為產品研發的構想,所以有不少廠家是年年來到日本參展,吸取經驗。

外貿協會帶領台灣廠商來日參展

日本DIY家庭用品購物中心展覽會舉行至今已經五十三年,與台灣不同的是,從手工藝,食品,甜點,烘焙等材料,道具等在台灣都屬於DIY範圍,在日本則泛指電動工具,木工,焊接等,在HOME CENTER能買到的產品,之前以男性為主要銷售對象,近年日本包括女性,兒童,青少年也掀起DIY風潮,所以今年像是訴求電動,輕巧,省力等產品成為廠商參展的主力,比如拆卸棧板釘子用的起子,台灣廠商設計出可變角度,長度,符合使用者人體工學起釘兩用工具,專業木工還有套裝組合,還有排水孔疏通器,進化成電動真空設計,獲得國家專利,另外線材束帶,因為日本電視節目介紹,能用來簡單組合棚架吊籃,獲得女性青睞,台灣設計的彩色束帶,可用於分門別類也可用於裝飾,更加多元。

唐州工業的起釘兩用工具 適用棧板DIY

線材束帶設計走可愛風

雕薪有限公司的余木村介紹新一代的排水孔疏通器

台灣廠商認為,台灣設計產品的多樣跟應變速度是優勢,尤其是上游,下游一條龍的整合是日本工廠難以做到的,所以能獲得日本採購商跟貿易商的青睞,不過日本的嚴謹跟品管也是台灣需要學習的,結合雙方優勢創造更大市場需求是共識。不止帶隊的外貿協會在現場設有專區為賣家跟買家服務,主辦單位日本DIY協會還特別請來進口台灣茶的廠商在現場提供台灣茶的試飲,介紹,希望讓來看展的廠商及一般民眾對產品之外也對產品的產地「台灣」有更進一步的了解。〈2017/09/01/12:03〉

台灣茶攤位提供試飲

台灣高中生日本留學事業起步 交流協會率留日生訪代表處

taiwannp10 Post in 中文, 動画, 文化・教育, 日台 ー 交流, 日台交流
台灣高中生日本留學事業起步 交流協會率留日生訪代表處 はコメントを受け付けていません。


為了促進台日青少年的理解及培養新一代的知日人才,公益財團法人日本台灣交流協會特別提供台灣高中生十五個名額,留學日本一年的機會,八月二十九日下午,這十五名高中生跟交流協會理事長谷崎泰明一起來到代表處,拜會駐日代表謝長廷,由於這是交流協會主辦「台灣高中生日本留學事業」第一年,謝代表特別以自身留學日本的經驗跟同學分享,也感謝交流協會的美意,讓台灣的學子提前到高中就能有留學日本的機會。

謝長廷代表跟同學分享留日生活趣事

這一次來日本留學一年的高中生來自台灣各地,他們許多人不只是來過日本還學過日文,通過檢定,不過十五名學生中只有兩位男生,代表處教育組希望以後有更多男同學參與這項留學計畫,身為東道主的谷崎泰明也說除了學好日文外,更希望同學們多交朋友,要注意健康,他雖然不會說中文,但用日文說加油,鼓勵大家這一年充實度過。

交流協會理事長以加油勉勵第一屆留日高中生

在同學一一用日文自我介紹之後,謝代表特別用中文跟大家話家常,也聊到最新世大運的戰況,謝代表希望大家到地方學校後跟代表處聯繫報平安,要注意不要遺失證件,金錢,可以關注謝代表的臉書,知道代表處最新動態。

留日高中生與謝長廷 谷崎泰明合照

這一次前來日本留學的高中生,並不全分配是在大都會,從北海道到茨城,崎阜都有,除了學日文交朋友外,體驗日本高中多元的運動,音樂等社團生活及了解各地方的傳統文化,都是同學希望在這一年能得到的收穫,第一屆留日高中生計畫成效好的話,日後也許會有更多台灣高中生能參與,瞭解除了動漫,偶像之外,日本文化的更多風貌。〈2017/08/31/13:08〉

喜歡柔道的楊晉提問日本的學校社團狀況

日本千葉台灣商會第三屆會長交接 僑界 千葉地方互動熱情

taiwannp6 Post in 中文, 動画, 日台 ー 交流, 日台交流, 華僑, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
日本千葉台灣商會第三屆會長交接 僑界 千葉地方互動熱情 はコメントを受け付けていません。


交接典禮來賓大合照

日本千葉台灣商會第三屆會長交接典禮八月二十五日晚間在千葉幕張GREEN TOWER飯店舉行,包括千葉台商會員及來自日本各地台商會,華僑團體,及千葉各地方政府首長議員等共一百四十多人出席,見證千葉台灣商會第三屆會長交接成功,千葉台商會也總動員表演「年輕不要留白」及「高山青」兩首歌,載歌載舞炒熱現場氣氛。

執行部快閃歌舞

載歌載舞高山青

日本千葉台灣商會第一屆及第二屆會長濱田裕子在致詞時感謝僑界,代表處及千葉各地方政府對千葉台商會的支持,也因為自己接任日本台灣商會聯合總會總會長一職,除了希望大家繼續支持千葉台商會外,也希望把在千葉台商會學到的成果,推動到日總,加強台日地方跟地方間的交流互動。第三屆會長鍾幸昌也說台灣女性從政比率高,千葉台商會的女性會員也非常多,他希望在女性會員的支持下繼續推動會務及千葉台灣的交流。

交接儀式 左起 濱田裕子會長 郭仲熙副代表 鍾幸昌會長

交接典禮上千葉各地方市長,議員齊聚,包括成田,館山,白井,印西市,由於千葉從縣長起到各地方首長都非常喜歡台灣,也積極跟台灣各地交流,之前桃園市長鄭文燦來日時也到成田參訪,雖然在日本各地從事中日文翻譯工作者以中國人居多,但與台灣交流活動時還是希望能以台灣人來擔任橋樑,所以千葉台商會在這方面貢獻良多,這幾年來,不僅促進桃園與南投集集與千葉交流,互訪,包括校際間的學生交換,學校音樂,體育社團的參訪等,讓台灣各地跟千葉從官方到基層的互動打下基礎。

千葉地方首長以特產落花生提供抽選

在代表處郭仲熙副代表的監交下,交接典禮完成,在乾杯聲中,大家互動熱烈,其中執行部的年輕成員快閃上台載歌載舞,理監事幹部等粉墨登場的原住民舞蹈,都讓大家快門閃不停。抽獎時間也是由千葉各地方提供名產,一方面希望讓台灣僑界更了解千葉,一方面也希望藉此提高千葉農特產知名度。大會最後千葉台商會全體成員上台感謝出席的各位嘉賓,也希望在場的來賓跟前輩能繼續給予千葉台商支持,讓第三屆創造更多佳績。〈2017/08/29/12:57〉

會長鍾幸昌帶領幹部上台感謝

 

日總團隊訪問駐橫濱辦事處

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 華僑 — 総合
日總團隊訪問駐橫濱辦事處 はコメントを受け付けていません。

 

日本台灣商會聯合總會總會長林裕玲(左5)率幹部訪問駐橫濱辦事處處長陳桎宏(右5)

日本台灣商會聯合總會(簡稱日總)會長林裕玲(濱田裕子)於8月22日率領第5屆幹部一行8人訪問駐橫濱辦事處,與處長陳桎宏互相交流意見。

 日總第5屆會長林裕玲在今年3月當選並於4月正式上任,駐橫濱辦事處處長陳桎宏則是於5月初到任,此次也是雙方首次會面。

日本台灣商會聯合總會總會長林裕玲(左)和駐橫濱辦事處處長陳桎宏對談

 陳桎宏處長在會談中除了提到台灣注重原住民議題外,也特別提到台灣女性在各界相當活躍,這在日本是相對少見的情形。

 目前日總成員女性成員約佔6成,其中千葉台灣商會女性成員更高達6成。東京台灣商會會長陳慶仰則回應,日本的環境安全,而且具有足夠創業空間,因而台灣女性在日本能有發揮空間。

 林裕玲會長則說明日總目前努力的方向。她表示,目前台灣商會聯合總會在海外共在67國成立,目標希望推展到73國。世總共有187個支部,而亞洲的20個支部中,日本就佔了6個,日本台商相當活躍。她希望擔任會長的這一年間,以點、線、面的方式逐步進行各項交流,日總也會配合政府共同推動新南向政策。

日總團隊訪問駐橫濱辦事處

原住民演奏會大田區登場 9種原住民樂器一次展現

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
原住民演奏會大田區登場 9種原住民樂器一次展現 はコメントを受け付けていません。

小舞者展示了排灣族、魯凱族、阿美族和布農族的四族文化,以及9種在日少見的原住民傳統樂器

出身宜蘭原鄉的田村惠美旅居日本多年,平日致力於推動台日文化交流,目前也擔任東京大田區觀光大使。6年前311大地震發生後,她曾希望邀請屏東縣馬卡巴嗨文化協會的小舞者來到日本交流,卻因種種因素遲遲無法達成,今年在大田區池上地區振興協會合作下,完成了這一項遲了6年的約定,「台灣原住民4族9種樂器舞蹈演奏會」於8月25日在大田文化之森登場,吸引了日本民眾和在日僑民到場觀賞。

 演奏會中,來自台灣的大小原住民舞者,展示了排灣族、魯凱族、阿美族和布農族的四族文化,以及大鼓、木琴、竹鐘、織布鼓等9種原住民傳統樂器。來自宜蘭縣原住民部落特色產業策略聯盟協會理事長高惠莉,獻唱代表泰雅族文化的《古調》,希望將原住民文化接紹給日本聽眾。

池上地區振興協會帶來太鼓演出

 大田區池上地區振興協會,則展示了日本傳統的太鼓演奏,充滿力與美的演出吸引了現場觀眾的目光,而高人氣的電音三太子出現在舞台上時,輕快的音樂節奏將現場氣氛炒到最高點。

 在演奏會的最後,原住民舞者邀請現場觀眾手拉手一同體驗原住民舞蹈,大人小孩共同演唱《我們都是一家人》。儘管語言不通,但是台日雙方藉由音樂和舞蹈互相交流。

邀請現場來賓一邊體驗台灣原住民的舞蹈

 因私人行程到日本的宜蘭縣大同鄉鄉長陳成功,當天特別到場支持。他表示,6年前池上地區振興協會贈送了櫻花給大同鄉,開始了雙方的交流。日本池上地區振興協會副會長吉澤表示,今天的演奏會雖然在平日舉行,但很高興有許多觀眾到現場支持,也期待未來能將日本的文化介紹給台灣友人,而大田區觀光大使田村惠美說,日本交流不是僅止於當天的演奏會,未來還會繼續努力。

台湾楽声合唱団、初来日公演〜ヴァイオリン奏者・蘇顯達氏も出演〜

taiwannp10 Post in 文化・教育, 日台交流
台湾楽声合唱団、初来日公演〜ヴァイオリン奏者・蘇顯達氏も出演〜 はコメントを受け付けていません。

 

台湾楽声合唱団がこのほど来日し8月27日、台湾文化センターで演奏会日本ツアーの東京公演を開催した。同合唱団が日本で公演するのは今回が初めて。

台湾楽声合唱団は、台湾大学のEMBA合唱団(以下:EMBA)が発起し、台湾各地から合唱を愛する人々が集まり結成された合唱団である。美しい歌声を通じて、人と人の絆と愛を伝えていく事を趣旨に活動を続けている。昨年9月には初めて海外に赴き、アメリカのボストンとニューヨークで公演を行い、今回は2回目の海外公演となった。

当日のステージでは台湾代表民謡曲「望春風」や、日本で流行した「千の風になって」など約10曲を熱唱し、団員ひとりひとり奏でる歌声の美しさ、力強さに、会場は圧倒された様子だった。

台湾楽声合唱団、美しい歌声が会場に響き渡った

台湾大学名誉教授でEMBAの蔡揚宗名誉団長はあいさつで、「高みを目指しながら練習してきた。音楽を通して日台交流が深まる事を期待したい」と話した。

なお、同演奏会には、今年の3月まで台湾でEMBAに所属していた日本人の宮内なおみさんも駆けつけた。同合唱団がアメリカや日本で公演が叶った事に対し、「上手な合唱団は台湾にもたくさんあるので、この合唱団が海外で公演できるのは本当にすごい事。歌が上手、下手関係なく、ひとりひとり歌う事に熱心であり、その“情熱”がこの合唱団の強みだと思います」と、同合唱団についての想いを語ってくれた。

EMBAは歌により学生同士の交流を促進し、心身の教養を深めるため2003年に設立。2009年より現在に至るまで40回以上の公演を行っている。

一方、同合唱団以外に、台湾の有名ヴァイオリン奏者・蘇顯達氏も同演奏会に出演し、「月亮代表我的心」、「涙そうそう」など全7曲を披露した。蘇氏は、5歳の頃よりヴァイオリンを習い、フランス・パリの音楽学院を卒業した。ヴァイオリンから引き出す多彩な音色は世界でも認められ、現在まで33ヵ国での演奏が叶っている。

有名ヴァイオリン奏者・蘇顯達氏

なお、同演奏会は同28日には横浜華僑総会で、同30日には愛知県の中京大学での公演が予定されている。

(2017/8/28)

第22屆台醫會合同音樂會 不同世代共同唱出台灣情

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 華僑 ー 関東
第22屆台醫會合同音樂會 不同世代共同唱出台灣情 はコメントを受け付けていません。

 

中國醫藥大學杏韻合唱團準備了懷舊台語歌曲,希望撫慰旅日校友和僑胞的思鄉之情

第22屆台醫會合同音樂會於8月27日在東京Hakuju Hall舉行,台醫會合同音樂會每年接由不同校友會主辦,今年則輪到中國醫藥大學日本校友會,以「手牽手、心連心」為主題,規劃多元的音樂節目,多個在日醫學大學校友會所組成的合唱團參與演出外,也邀請台醫會成員的家屬展現一同音樂實力,更從台灣邀請中國醫藥大學杏韻合唱團來日演出,不同世代齊聚一堂,以音樂互相交流。

2017年台醫會合同音樂會會長吳竹容子(右)和聲樂家堀部一壽搭配二重唱

   2017年台醫會合同音樂會會長吳竹容子在致詞時表示,主辦單位一年來為了這場音樂會盡心籌備,希望大家可以享受這場音樂盛宴。受邀出席的駐日代表處顧問梁毅鵬則說,歡迎中國醫藥大學合唱團的同學來日演出,他們都是台灣未來的希望,希望大家為他們加油。

   主辦單位邀請由旅日從事醫療相關工作的台灣人所組成心音合唱團、台灣百合合唱團、怡聲合唱團、南杏合唱團和C&O合唱團等,上台展現他們平日練習的成果,帶來演唱《思慕的人》、《台灣》、《秋蟬》和《四季謠》等多首著名的台灣曲目,讓聽眾大飽耳福。

由在日高醫校友和家屬組成的南杏合唱團

由台醫會成員和家屬組成的心音合唱團

   除了合唱之外,節目中也安排了鋼琴和小提琴獨奏和獨唱,邀請台醫會成員的家屬一同參與。5歲的田邊雙葉已經是第3次參與台醫會合同音樂會,她不怯場地演唱吉卜力動畫主題曲,替音樂會增加了活溫馨的氣氛。會長吳竹容子也和聲樂家堀部一壽一起以二重唱的方式,演唱電影主題曲。

今年5歲的田邊雙葉第3次參與台醫會合音樂會

來自茨城縣筑波市的怡聲合唱團

   時隔4年受邀來日的中國醫藥大學杏韻合唱團,為了旅日多年的校友和僑胞,特別準備了《黃昏的故鄉》等多首懷舊台語歌曲,希望能撫慰他們的思鄉之情。團長杜俊達表示,為了這次演出,合唱團事前花了許多時間練習,也感謝校友建立起的聯繫,讓台日雙方進行友誼交流,對他們來說是非常好的機會。(2017/08/28)

蔣進興氏、アミ族の音楽を日本に伝える

taiwannp10 Post in 文化・教育
蔣進興氏、アミ族の音楽を日本に伝える はコメントを受け付けていません。

 

台湾原住民馬蘭アミ族(以下:アミ族)で第二代馬蘭吟唱隊のリーダー蔣進興氏とそのメンバー滔滔がこのほど来日し、「蔣進興と馬蘭アミ族古謡の集い」を8月27日、台湾文化センターで行った。来場者全員と一緒に輪になって踊るなど、アミ族の伝統歌の楽しさや美しさを日本人来場者に届けた。

来場者全員が輪になってアミ族の踊りを楽しむ

アトランタオリンピックで歌が使用され一躍有名となった馬蘭吟唱隊初代リーダーの故・郭英男氏の長男である蔣氏は、アミ族の伝統を現代に受け継ぐため各地での公演活動に力を入れている唄い手だ。

当日ステージでは、故・郭氏が作曲した「拜把兄弟」や日本統治時代の曲など約12曲を熱唱。また、一緒に来日していた蔣氏の親戚も壇上に上がり、蔣氏の唄に合わせたアミ族の踊りも披露した。また、来場者は言葉がわからなくとも、アミ族の伝統曲の独特な音楽に魅了され、手拍子したり、一緒に踊ったり、常に笑顔が溢れていた。

 

アミ族の歌や踊りを披露した蔣進興氏(右)・滔滔

来場した40代女性は、「すごく楽しかった。現地だったらきっともっと迫力があるのだろうな。原住民の唄を聞きに現地に行ってみたくなりました」とコメント。

なお、蔣氏の今回の来日は、サラリーマンである品川真紀さんが5年前より原住民伝統古謡に興味を持ち、原住民について学んでいる際に蔣氏と出会った事がきかっけだった。品川さんによると、蔣氏がずっと日本での演奏を熱望しており、「どうにか台湾原住民の歌を広める架け橋になりたい」との思いから、日本で演奏できるよう手掛けたそうだ。前日26日には、大阪での公演も成功させている。

アミ族の踊りも披露した

一方蔣氏は、曲の合間にアミ族の風習についても話した。男性が女性の家に婿入りするため、父親との苗字が異なる事や、さらに無事を祈る際、お酒を飲む前に一口目はまず先祖の霊に捧げる儀式があるとし、演奏前にはその儀式も披露した。また、アミ語には「ありがとう」や「さようなら」などの言葉がなく、言葉が少ない代わりに歌や踊りで表現する文化があるという事なども伝えた。その通り、歌や踊りで日本人来場者がアミ族への理解を深めたイベントとなった。

(2017/8/27)

資深出版人傅月庵東京座談 分享台灣出版挑戰

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台交流
資深出版人傅月庵東京座談 分享台灣出版挑戰 はコメントを受け付けていません。

台灣資深出版人傅月庵來日分享台灣出版經驗

台灣資深出版人傅月庵於受邀於8月25日和26日在台灣文化中心舉辦座談會。首日座談會中,他以「戰後台灣出版:一個挑戰與回應的過程」為題,與聽眾分享台灣出版業界的變遷,並與Thousands of Books 社長古賀一孝討論未來紙本書的出版和生存,吸引許多日本聽眾在週五晚間到場參與。

傅月庵過去曾擔任遠流總編輯和茉莉書店執行總監,為推展自己數位時代多元出版的理念,2014年創辦了掃葉工坊。傅月庵在傳統紙本出版、二手書店和數位出版皆有豐富經歷,見證了台灣出版界的轉變。

「戰後台灣出版:一個回應與挑戰的過程」座談會

傅月庵:現在是出版最壞的時代,卻也是最好玩的時代

座談會中,傅月庵從台灣歷史變遷談起,台灣出版界一路以來受到外來文化的影響,包含1950年代隨著國民黨來台的中國出版風格、日本50年統治期間所留下的無形養分,以及1960年代冷戰時期來自美國的最新科技。

另一項對台灣出版業界有重大影響的,便是1987年解嚴,從此言論自由不再受到限制,但傅月庵認為,1990年代之後台灣出版進入了商業的時代,通路商以銷量來要求出版社配合,「當商業力量過大,反而影響了出版自由」。

傅月庵說,網路的出現改變了一千年以來人們線性閱讀的習慣,網路檢索讓「跳讀」成為可能,閱讀時不再需要從頭讀到尾。同時,數位時代來臨同時帶來電子書產量增加,紙本書出版量縮小,這些轉變和挑戰讓他思考出新的方向,因而創辦了掃葉工坊。

傅月庵表示,現在他出版可以被留下來的紙本書,以印前預購進行銷售,也不需要透過書店,直接面對讀者。他認為,「對傳統出版業界來說,現在是出版最壞的時代,卻也是最好玩的時代,所有限制都沒有了,有多少創意就可出版多少書。」

傅月庵此次訪日在台灣文化中心共舉辦兩場座談,8月26日第二場座談主題則以「台灣古書店的革新:台灣書店的成長」,持續與聽眾分享他的經驗。

Thousands of Books 社長古賀一孝擔任與談人