最個人的作品 最自由的創作《百日告別》導演林書宇訪問

taiwannp9 Post in 未分類
最個人的作品 最自由的創作《百日告別》導演林書宇訪問 はコメントを受け付けていません。

林書宇說《百日告別》拍攝過程中有很多即興創作

根據導演林書宇自親經歷所創作的作品《百日告別》,在台灣上映一年半後,觀眾終於可以在日本看到。《台灣新聞》在東京訪問了來日宣傳電影的林書宇,談談這部電影的創作

《百日告別》的即興創作

 「這是我最個人的一部作品,在創作上卻是最自由的。」雖然《百日告別》就是從林書宇告別過世妻子經驗出發的作品,但是不同於前兩部長片電影,林書宇說他並沒有精密地編寫《百日告別》的劇本,台詞的更動性高,甚至連拍攝都試圖用不同的方式進行,片中有很多的即興與創作。

  這和他此次使用數位拍攝也有關聯,讓他有更多的空間讓演員自由發揮,他回憶起拍攝過程中,男主角石頭有一場戲就拍了兩次,第一次照劇本和分鏡拍攝完成後卻不滿意,第二次就改用紀錄片式的方式慢慢拍,之後再剪輯出精華部分。又像是他讓女主角林嘉欣在沖繩拍攝時自由演出,攝影機只是在一旁紀錄,她會和其他人有什麼樣的互動,事前都不知道,就像是拍紀錄片一般。

 林書宇說,「這是我第一次這麼拍,我以前不會這樣拍電影」,他在這樣的拍攝過程中發現,當整個團隊頻率相同,會有更大的創作空間,拍出來的作品會很真實。這點或許也可以反映在他對於演員的信任上,他堅持導演要親自選角,當選定了演員,就已經為電影的很大部分定位;選對了演員,就選擇相信他們。

  他選擇石頭和林嘉欣作為《百日告別》男女主角,將兩位在戲劇經驗上有所差距的演員組合在一,他認為反而可以互相互補,不是互相競爭,而是互相學習。當職業演員看到素人演員,而會要求自己技巧不要這麼匠氣,要更自然一點;經驗較少的演員也能看到專業演技的精準。

日本文化影響美學

  在整部片中,林書宇最有感觸的一段,是女主角在沖繩遇到老婆婆時的對話,因為這代表的是從來自陌生人口中的安慰。他認為,很多的安慰往往來自於陌生人,就像片中男女主角彼此也很陌生,但卻是最能了解彼此感受的,這可以讓人繼續對世界抱著希望,因此他很重視這一點。

  沖繩、漫畫,甚至是電影整體的色調,日本的元素在片中不難發現,林書宇甚至還被朋友謔稱「為什麼把這部片拍得這麼乾淨」。林書宇說,這和他從小受日本文化的影響有關,這影響了他的美學,也直接反映演員服裝和場景選擇上。

  小時候喜歡看安達充的漫畫的林書宇說,安達充的作品中充滿很多留白,將作者想說的話,放在對白和對白中間暗示。林書宇喜歡這種說故事的方式,他希望讓觀眾自己去感受,而不用把事情說破。

   作品時隔一年半在日本上映,林書宇的感受和首次在台灣上映時大有不同,由於電影的題材並不輕鬆,讓他當時在面對觀眾的時候也比較謹慎,而現在他已經開始新的創作,將自己投入新的故事中,和這部片產生了距離,對上映反而充滿期待。

日本食品展開幕 台灣館歷年最大

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 経済
日本食品展開幕 台灣館歷年最大 はコメントを受け付けていません。

台灣館開幕剪綵

第42屆FOODEX JAPAN於3月7日起到10日在千葉幕張國際展覽館舉行,今年台灣參展規模為歷年來最大,八位台灣正副縣市長到場為台灣館開幕剪綵,一同推銷台灣的農特產品。

 世界三大食品展之一的FOODEX JAPAN,今年共有77個國家、3千2百多家廠商參與。台灣館今年面積超過1千5百平方公尺,聚集了129家廠商,在所有參展國家中為第四位。

台灣館今年面積超過1千5百平方公尺,在所有參展國家中為第4大

 台灣館在3月7日上午開幕,由外貿協會董事長黃志芳,經濟部國際貿易局副局長徐大衛,駐日代表謝長廷、農委會主委林聰賢,以及來到日本宣傳的高雄市長陳菊、台中市長林佳龍、嘉義市長涂醒哲、嘉義縣長張花冠、屏東縣長潘孟安、新北市副市長葉惠青、台南市副市長張政源、雲林縣副市長丁彥哲共同剪綵。

徐大衛表示,今年經濟部國際貿易局委託外貿協會,將在海外舉辦13個場次的食品展,除了日本以外,也在將新南向國家、韓國和中東等國繼續拓銷台灣食品,他希望各地方政府和業者能與外貿協會一起開拓海外市場。謝長廷則希望大家到台灣旅行,親自品嘗台灣美食。

林聰賢則表示,農委會會站在第一線扮演好生產履歷和品質的管理,雖然這次是BtoB的展示,但是農委會和經濟部會扮演好後援的角色,建構相關平台和系統。

八縣市正副首長和來賓手拿台灣蔬果,希望將台灣農特產推向日本市場

高雄市從2012年起參加東京食品展,市長陳菊表示,過去都是和南部縣市一起參展,今年農委會號召了台灣八個縣市共同參與,是參加東京食品展以來規模最大。她也提到,這次到日本參展,高雄市政府還邀請型農代表和農業專業人士共同參與。

駐日代表謝長廷(右)和新北市副市長葉惠青(左)一同推銷台灣產品

FOODEX JAPAN大會開幕也在3月7日上午舉行,駐日代表謝長廷和各國大使一起為開幕剪綵,為期四天的展覽正式展開。

台灣館展出多元 搶攻日本市場

今年台灣館規模為歷年來最大,包含八個縣市政府展區、10個公協會和農產食品廠商共129家,展出產品包含農產品、漁產、農產加工品、冷凍產品、零食等各類產品應有盡有。

高雄市農會已和日本合作,希望透過參展開拓更多客源

新北市、台中市和嘉義市為首度率團參加,各自展現地方特色,新北市以茶葉和特色糕餅為主,台中市則號召了6家伴手禮糕餅類,以及農產品和農產加工品如果醬、味增、啤酒等。棒球的原鄉嘉義市,則以KANO作為意象,帶領八家業者參加,展出內容從糕餅、茶葉、蔬果乾到火雞肉飯和碗粿。

以台中太平金棗所製成的果醬

隨台中市首次參展的果然強調食材品質

明成軒推廣希望向日本市場健康養生的果乾和堅果

為了打進日本市場,參展廠商無不展現出自家特色,有些強調是以高品質的台灣農產品所做出的農產加工品,做出或是針對日本市場打出健康養生牌,希望能獲得消費者青睞。

台中沙鹿區果菜運銷合作社參展代表認為台灣地瓜綿密、自然甜而富有水份,希望在日本推廣

綠冠認為日本市場對自家生產的有機果乾接受度會比較高

這次展出近3成為新參展廠商,同時台灣館中也有不少知名食品業者參展,如日正、乖乖、好帝一等台灣消費者常見品牌。生產牛頭牌沙茶醬的好帝一參展代表表示,目前沙茶醬在日本的消費族群多以中華料理業者或華人為主,希望未來可以改變日本民眾的口味。

台灣知名牛頭牌沙茶醬希望可以讓更多日本消費者接受

オンシジューム・ユリ、更なる展開へ

taiwannp12 Post in 政治, 文化・教育, 経済
オンシジューム・ユリ、更なる展開へ はコメントを受け付けていません。

 

花の王国である台中市と日本の花卉会社の覚書締結に当たり、「台中市オンシジューム・ユリ対日輸出覚書取り交わし調印式」が3月7日、TKPガーデンシティ幕張で行われた。オンシジュームにおいては、「中華オンシジューム生産発展協会」と「翠光トップライン」、ユリにおいては、「保証責任台中市屯南合作農場」と「グリーンパックス」がそれぞれ覚書に調印した。なお、台中市の林佳龍市長も立会人として覚書に署名した。

現在オンシジュームとユリは台湾国内においてのマーケットシェアは半分を占めており、同締結は、今後日本での更なる開拓、発展を目的としている。また、2018年に開催予定の「台中フローラ世界博覧会(以下:台中花博)」や台中市の観光地の認知度を上げるためでもある。

林市長あいさつ

式の冒頭の挨拶で林市長は、「日本の方には台中花博に是非参加して頂き、また、その際には日本人に有名な『高美濕地』等の台中の観光地にも足を運んでほしい。台中は農産品が豊かであり、歴史や文化も感じる事ができる。同締結を通して、日台友情を促進し、両国の経済貿易の架け橋になりたい」と話した。

翠光トップラインの上条昌輝社長は、「現在日本の花卉業界のマーケットにおいて、オンシジュームはなくてはならない品種となっている。昨年オンシジュームの日本全体での輸入数は2749万本で、台湾からの輸入は約90%に当たる2468万本。その3分の1の量を当社が取り扱っており、とても光栄である。同締結で共に協力、発展し、気持ちを新たにしていきたい」と話した。

中華オンシジューム生産発展協会と翠光トップライン調印の様子

 

また、グリーンパックスの小林邦威社長は、「台中市のユリが高品質である事は、現在日本中の花卉業界において、知名度が急速的に上がってきている。同締結において、台中市のユリを先陣切って展開していく事が喜ばしい反面、責任も伴ってくる。今後は台中市のユリ生産者との情報交換を密にして、共に台中産のユリが大きく発展していくように努めていきたい」と意気込みを語った。

保証責任台中市屯南合作農場とグリーンパックスが締結

 

同式には、林市長のほか、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、中華民国対外貿易協会の黄志芳董事長、経済部國際貿易局の徐大衛副局長らも参加し、同締結を祝した。

なお、現在台湾花卉産業は台中市に集中しており、国内シェア率は70%である。また、昨年台湾から日本への花卉の輸出金額は2500万米ドルに達し、日本は台湾からの輸出国として第2位を占めている。オンシジュームは「dancing Girl」との愛称があり、昨年台湾からの輸出金額は1億5000万元ニュー台湾ドル。ユリは数百もの種類があり、香りが良く喜びを運んでくれるとしている。

林市長(左)、上条社長にプレゼント贈呈

 

(2017/3/8)

福岡の児童劇団、台湾各地で公演が決定

taiwannp12 Post in 文化・教育, 未分類
福岡の児童劇団、台湾各地で公演が決定 はコメントを受け付けていません。

 

福岡県太宰府市のNPO法人「劇団道化」(篠崎省吾理事長)が6月22日から7月9日まで、台湾各地の幼稚園、小学校などを回り、児童劇「變・變・變」と「3びきのコブタ」を上演することになり、3月3日に同劇団のアトリエで通し稽古が行われた。

台湾各地を回る公演のポスターとスケジュール

「變・變・變」は家庭の台所にある調理器具、タオル、野菜などを組み合わせて動物などに変身させるもの。次々とテンポよく作りだされる動物に、子供たちが目を輝かせる出し物だ。

ザルをくるんだタオルの端っこを結べばかわいい熊さんに

「3びきのコブタ」は、母親の留守中に狼に狙われた子ブタの三兄弟が力を合わせて狼を追い払うご存じの物語。狼と子ブタが所狭しと舞台を駆け回る。

狼と子ブタの駆け引きに子供たちはハラハラ・ドキドキ

劇団道化はNHK福岡放送局、RKB毎日放送などの放送劇団所属の俳優たちが集まって1965年に創立。福岡県の養護・聾・盲学校などでの公演を手始めに全国を回るようになったが、1999年以降は韓国、タイ、中国などへも足を延ばし「アジアの玄関口・福岡にある児童劇団 」として精力的な活動を展開している。

2015年度には282回公演して11万2千人を楽しませるなど、その活動エネルギーには目を見張るものがあるが、1972年フクニチ文化賞、1985年福岡市文化功労賞、2005年福岡県文化賞、2013年 西日本国際財団アジア貢献賞、2015年上海国際児童演劇祭最優秀演目賞等を受賞するなど、レベルの高さは広く認められている。また2005年には上海宋慶齢基金会からの感謝状も授与されている。

2012年と13年の中国公演ではマイクロバスも入れない雲南省の奥地にジープに乗り換えて入り、少数民族の村で公演したが、芝居が終わっても子供たちがその場を去りたがらぬ光景に「世界の子供はみな同じなのだ。本当にここまで来てよかった」と劇団の全員が思わずウルッとしたという。

子供たちの笑顔はどこも同じ(雲南公演① 劇団道化提供)

子供たちの笑顔はどこも同じ(雲南公演② 劇団道化提供)

今回の台湾公演は数年前から考えていたものであるが、なかなかチャンスに恵まれず実現に至らなかった。しかし仕事で福岡と台湾を行き来している人や、九州に住む台湾の人たちに口づてで劇団の評判が広まったこと。福岡県と台湾との密接な交流をリードしている人々から公演への要望が高まったこと。これらの人々と劇団職員の間に小さな接触の機会が生まれたことなどから、やっと実現の運びとなったものである。台湾公演のセリフが基本的に北京語でよく、それに若干の台湾語を混えればよいと分かったことも俳優たちを安心させた。

公演の言葉については俳優たちもずいぶん苦労した。初期の外国公演では通訳を通じて地元の劇団員にストーリーとセリフを教えるなど、演技指導をして上演してもらったが、やはり自分の口で喋り、直接子供たちと交流したいという気持ちが強かったこと。外国語大学で中国語を学んだ俳優が入団したことがあり、思い切って中国語で芝居をすることとし、中国語の先生について猛勉強して実現した。俳優の一人は「昼は日本語で公演、夜は中国語のセリフの特訓で頭から火が出るような毎日だった」と言う。

通し稽古の後も、熱心に中国語の指導を受ける(左は中国語講師)

今回は台湾の幼稚園、小学校のほか、台北、台中、高雄の日本人学校でも公演する。全体のアレンジを担当している中村芳子副理事長は「日程や受入れの仕方について日本人学校と台湾の幼稚園、小学校の先生同士が綿密に連絡を取り、その結果これまで以上に学校同士が仲良くなったと聞いた」と、思わぬ副産物に目を細める。

篠崎省吾理事長は「今回は日程の都合で都市部と屏東県にしか行けないが、次の機会には少数民族の子供たちにも観てもらいたい。まず台湾のすべての子供たちにお芝居の楽しさを知ってもらい、子供を通じた日台交流のお役に立ちたい」と締めくくった。

通し稽古の篠崎省吾理事長(左)

出展数15%増、8つの都市が農産物をPR

taiwannp12 Post in イベント・告知, 経済
出展数15%増、8つの都市が農産物をPR はコメントを受け付けていません。

 

台湾行政院農業委員会(以下:農委会)と高雄市政府主催の合同記者会見「2017台湾農産物ならではの味わい」と題したPRイベントが3月6日、マンハッタンホテルで行われ、「FOODEX JAPAN2017東京国際食品店」に初参加となる嘉義市、台中市、新北市を含めた8つの参加都市の県長市長らが参加した。今年の出展業者の数は129社と昨年比で15%増、さらに2012年に台湾業者が出展開始してより最大規模の数である。

市長ら記念撮影

同記者会見において、高雄市の陳菊市長、新北市の葉恵青副市長、台中市の林佳龍市長、雲林県の丁彦哲副県長、嘉義県の張花冠県長、嘉義市の涂醒哲市長、台南の張政源副市長、屏東県の潘孟安県長が、自らの土地で作られた安心安全な農林水産物や食品についてのPRを行った。

主催者の一人である農委会の林聡賢主任は、以前台湾からの輸入を禁じられていた「インドなつめ」及び「ポンカン」が解禁され日本市場に入るようになり、さらには日本の学校給食にも提供されている事に言及し、今後も多くの日本の消費者に最も優れている台湾の農産物を選んでほしいとした。また、「今後手に取った食材の農産地が、『台湾』と記載されていたらどうか安心してほしい。そして、今後日台の友好関係を築いていく上で農産地に視察に来てほしい」と話した。

主催者林主任のあいさつ

なお、来賓として台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、中華民国対外貿易発展協会の黄志芳董事長らが参加し、祝辞を述べた。謝代表は2月24日より日本で実施されている「プレミアムフライデー」に際し、JTBが発表した「土日含めた2.5日の連休にどの国への渡航が一番多いか」との調査に、台湾が最も多かった事を発表。台湾を選んだ理由は、台湾の美食を求めてだという。謝代表はこれに言及し、「台湾料理が注目されている今、同展示会で台湾農産物の販売促進や宣伝する絶好のタイミングである」と強調。「友達が友達を通じて台湾の食品や全てのものを発信していってほしい」と述べた。

また黄董事長は、2016年の台湾が日本への輸出は7.9億米ドル、一方日本からの輸入は10.11億米ドルだった事を発表し、日本は台湾にとっての第2の食品輸出国であり、台湾の第2の輸入国であるとし、今後も互いに補い合う余地が必要だと指摘。さらに、「日本の農産物栽培技術や加工産業発達が優れており、それは台湾が見習う場所であり、同展を通じて両国互いにビジネスチャンスが広がる事に期待」と話した。

同記者会見には、先日日本卓球の福原愛選手と結婚した今回のPRイベントのイメージキャラクターでもある台湾卓球の江宏傑選手もスペシャルゲストとして参加しており、「日本の市場に台湾の優れた農産物を紹介できる事は大切な事。台湾の農産物も日本の農産物も1番!」と話し、さらには高雄市パイナップル台南市の胡麻嘉義ピーナッツ等台湾農産物を使用したサラダ作りを実演した。このサラダは福原選手も大好きだという。普段は福原選手が作る事が多いと緊張気味に話す等、私生活についても触れた部分もあった。

江選手実演したサラダを披露

なお、同記者会見には各都市の物産展示もしており、参加していた製造業者も各々PRを行った。中には同じ都市同士、ユニフォームを揃えたりと、団結を強調している都市もあった。

嘉義業者らが市長と記念撮影

「FOODEX JAPAN2017東京国際食品店」は3月7日から10日まで幕張メッセで開催される。

 

(2017/3/7)

樂在僑界活動中 犧牲奉獻與傳承 僑務委員賴玉珍專訪

taiwannp9 Post in 華僑 — 総合
樂在僑界活動中 犧牲奉獻與傳承 僑務委員賴玉珍專訪 はコメントを受け付けていません。

僑務委員賴玉珍認為僑界活動是自我表現和付出

為了僑務工作推廣,僑務委員會聘請海外具有威望、熱心僑務的僑界人士擔任僑務委員。僑務委員為無給職,任期3年,可連任一次,是一項榮譽,也是一份責任。

僑務委員賴玉珍在1979年12月來到日本留學、工作、創業,而後投入僑界活動。擔任僑務委員將屆6年的她,笑稱自己今年即將「畢業」,回顧一路走來的付出,她認為自己很幸運。

 賴玉珍在留學期間因為打工而意外接觸到旅遊業,在帶團服務客人當中找到興趣,後就讀東京觀光專門學校,畢業後進入近畿國際旅行社任職。

在旅行社工作期間,賴玉珍是公司唯一的外國人,為了多學習,她主動攬下部門各項事務,做額外的工作。工作近十年後,為了兼顧家庭,她離職與先生一同創立了旅行社,以東南亞團為主要客戶,多年來累積的經驗與知識也有所發揮。

 一直到40多歲,賴玉珍才投入僑界活動,因為她認為要先穩定家庭和事業,才能有多餘的時間協助僑會。在東京的僑團,如日本中華聯合總會、留日台灣同鄉會、在日台灣商工會議所和留日東京華僑總會等,賴玉珍都參加過,也曾擔任日本中華聯合總會的事務局長,以及在日台灣商工會議所的副會長。

賴玉珍:僑界活動是自我表現與付出

 賴玉珍說自己很幸運,因為沒有背景的她,一步一腳印在僑界從基層做起。就像當年願意多做額外工作一樣,在僑界她也總是挺身而出接下活動,如民國百年舉辦台灣祭時,她主動邀請三太子來日表演。

 「在僑界最重要的是犧牲奉獻和傳承,樂於去工作。」這是賴玉珍在擔任中華聯合總會事務局長時的深刻體會。這樣的默默付出也讓她被看到,於2012年被任名為僑務委員。

 擔任僑務委員後,賴玉珍仍持續出錢出力,參與世界台灣商會聯合總會的慈善關懷活動,也熱心台灣公益,除響應政府號召外,私底下認養兒童、捐助獎助學金、關懷老人,也曾和關西台商會會長俞秀霞一同捐助花蓮門諾醫院等。遇上天災地變的災害發生,捐款更是不落人後。她說自己無法像其他大企業家,但就是在能力範圍盡量作,因為賴玉珍認為,唯有讓台灣更好,能在國外獲得認同

 近6年的僑務委員任期即將期滿,賴玉珍與僑界後進分享心得,「僑界的任何一個活動都是自我表現和自我付出,得到的是評價,因此要讓大家認同自己的努力,而非批評別人。批評別人之前,要先想到自己付出了什麼。」她也鼓勵後輩要注意身體健康,維持美滿家庭,利用多餘時間參與活動,並與僑務組聯繫,建立起互連網,大家以相互關心代替謠言猜忌。

林全能東京演講 談台灣能源轉型發展

taiwannp9 Post in 台湾 — 経済
林全能東京演講 談台灣能源轉型發展 はコメントを受け付けていません。

蔡英文政府於2016年上任之後,推動一系列能源政策。經濟部於去年6月發表,將在2025年達成非核家園的目標,並將再生能源發電量提升到20%。今年1月《電業法》修正草案三讀通過,台灣的電力市場將出現轉變。

由日本台灣交流協會所舉辦的台灣情勢演講會,在2月8日邀請經濟部能源局局長林全能,以「台灣能源轉型發展方向」為題,在東京霞山會館發表演講。日本日本能源經濟研究所理事長豐田正和和日本交流協會專務理事舟町仁志也在開場前致詞。

演講中林全能以三個方向來說明台灣在能源轉型的工作,包含台灣能源轉型的歷程、願景和推動策略以及推動措施和做法。

目前台灣能源轉型追求「能源安全」、「綠色經濟」和「環境永續同時發展」,三個面相,並制定了五大推動策略。同時為了執行目標,行政院成立了跨部會的能源減碳辦公室。林全能在會中也針對五大策略推動的做法詳細說明。

在回答提問時,林全能再次說明,新政府在供應和節能上已做好推動方案,台灣如果停止核能,也不會出現缺電情況。他也認為,非核家園訂定具體目標,可以減少如過去爭議的時間,也可以減少使否需要使用核能的爭辯,反而可以全力發展其它能源。

8縣市首長推銷台灣農特產 江宏傑助陣

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台 ー 経済
8縣市首長推銷台灣農特產 江宏傑助陣 はコメントを受け付けていません。

桌球王子江宏傑和高通通一起推薦台灣台灣農特產

亞洲最大食品展東京FOODEX將於3月7日起至10日在千葉幕張國際展覽館舉行,看準台日農產品市場的商機,農委會主委林聰賢和台灣8位縣市正副首長親自來到日本宣傳,為歷年來規模最大。開幕前一天所舉辦聯合記者會中,邀請了台灣桌球王子江宏傑擔任代言人,以台灣蔬果料理沙拉。

 前兩年皆由南部5縣市一同來日參展,今年則擴大到8個縣市、包含高雄市長陳菊、台中市長林佳龍、嘉義市長張花冠、嘉義市長涂醒哲、屏東縣長潘孟安、新北市副市長葉惠青、雲林縣副縣長丁彥哲、台南市副市長張政源,其中台中市、新北市和嘉義市都為首次參展。駐日代表謝長廷和外貿協會董事長黃志芳也出席。

台灣8位縣市正副首長一同宣傳台灣農特產品

   為行銷台灣農特產,這次特別邀請桌球王子江宏傑擔任代言人,在記者會中現場展現手藝,把各個縣市的農特產品都放進沙拉裡,和高雄市吉祥物高通通一起推銷「愛的台灣味」。

黃志芳表示,台灣和日本的農產品有互補性,每年外貿協會組織台灣代表團到日本參展,相對的日本JETRO也會組織超過百家以上的代表團到台灣參加台北食品展,台日在農產食品貿易上從官方到民間都有合作。

高雄市市長陳菊表示,這次8個縣市一同行銷,各縣市的農、漁產品都附有生產履歷,安全優質,希望能夠得到買主青睞。

高雄市長陳菊表示台灣農特產品安全優質,都附有生產履歷。

 台北駐日經濟文化代表處代表謝長廷致詞時表示,日本在上個月剛開始實施超值星期五的政策,假期因而增加。據JTB統計,願意利用假期前往旅遊的國家台灣為第一位,因此這次縣市長來日宣傳正是時候。

 

嘉義市團隊在市長凃醒哲(左4)帶領下參與2017東京國際食品展

再生エネルギー2025年までに20%増加

taiwannp12 Post in 経済
再生エネルギー2025年までに20%増加 はコメントを受け付けていません。

台湾貿易センター主催の「台湾再生エネルギー産業セミナー2017」が3月1日、東京ビックサイト商談室で開催された。現在台湾では、蔡英文政権の下、今年1月に「2025年までに脱原発国」を定めた電気事業法改正案が可決された事に対し、現在台湾の電力約14%を占めている原子力発電(以下:原発)を再生エネルギーにシフトしていこうという動きがある。政府は2025年までに、全ての再生可能エネルギーによる発電比率を20%増加させ、発電量500億Kwを再生エネルギーに転換するという政策を表明。中でも太陽光発電は全体の約半分に当たる250億Kwと最も期待が高い。
台湾太陽光電産業協会の張秉衡理事長によると、発電率20%増加を達成するため、先ずは「2年計画」という太陽光発電量に関する政策が打ち出されたという。張理事長は同政策に対し、2016年7月から2018年6月の2年間で1,520GWの太陽光発電システム設置との目標を掲げた。公的機関や政府機関の屋上提供や農業委員会による全ての養殖場の屋上の提供、また、地方政府による一般建築の屋上を使えるように規制をかけている等、政府と一体となって目標達成を試みている。そしてこの2年間で法令や制度の改革を整え、送電網を増やし、3年目以降よりは大幅なメガソーラー事業を計画しているとの事。
なお、張理事長は日本の太陽光発電に関する技術や経験が台湾のマーケットに役立つとし、良きビジネスパートナーになると強調。さらには、日本の投資家が発電システムに投資して、台湾の再生エネルギーの発展に貢献してほしいと語った。
また、台湾電池協会の李桐進理事長は、再生エネルギーによる発電が70%を超えた場合、貯蓄も必要とし、蓄電システムの導入を促した。しかし導入するのには莫大な費用がかかるため、銀行が融資できないかどうか政府に働きかけているとしている。なお、日本は蓄電関係の技術や研究の成果があり、台湾は迅速に認証できる機関が備わっているため、市場連携してビジネスを拡大していきたいと話した。
最後に、台湾スマートグリッド産業協会(以下:TSGIA)の陳彦豪副所長は、電力需要量増加に対し、現在台湾第一原子力発電所の2号機、第二原子力発電所の1号機が停止し、今後は原発廃止に向けて電力不足が起こると言及。台湾発電システムの50%を占める火力発電増加も「炭素排出低減」との政策も同時に打ち出されているため不可能とし、再生エネルギーを推進。将来は発電した電力を直接利用者に送電や、電力会社に売電すると補助的サービスも受けられ、電力自動化も進んでいるとしている。

また、現在TSGIAは台北市と締結している。陳副所長は、スマートグリッドの構築を推奨しており、スマートグリッドにより様々な電力利用者を繋げて発電、最後には電力システムと統合して台北市を1つのバーチャル発電所としたいと話した。

寒雲さん、ライブ開催

taiwannp10 Post in イベント・告知
寒雲さん、ライブ開催 はコメントを受け付けていません。

 

台湾出身の歌手寒雲さんのスプリングディナーライブ~春の宴~が4月9日、石川県加賀市のホテルアローレ「瑞松」にて行われる。共演は夏輝レオンさん、ゆふきれいさん。なお、ヴァイオリンは石井泉さん、ギターは木村菜緒さん、鍵盤ハーモニカは天埜めぐみさんが担当する。ディナーが18:30~、ライブは19:30~。料金は¥12000で、宿泊付きが¥18000(ディナー・飲み放題付き/税込・入浴無料)となっている。当日は台湾の歌曲も披露予定だ。寒雲さんは1992年に日本でデビューして以来、日本各地でコンサートやディナーショーを開催している。「とても素敵なホテル・料理・温泉・そして華やかな舞台を是非楽しんて頂きたいと思います」(寒雲さん)

 

問い合わせ→Tel: 090-9764-0555(寒雲)