台湾が和牛輸入解禁に、宮崎県産ブランド拡散へ

taiwannp10 Post in 政治
台湾が和牛輸入解禁に、宮崎県産ブランド拡散へ はコメントを受け付けていません。

台北駐日経済文化代表処の謝代表と台湾知日協会(台湾にある日本に理解を持つ台湾人民間団体)役員らは8月25日、宮崎県議会の蓬原正三議長及び宮崎県議会日台友好議員連盟の星原透3代目会長を表敬訪問し、その際蓬原議長は、台湾が日本産和牛輸入を今年9月に解禁する見通しとなった事に触れた。宮崎県産の和牛は5年に1度、和牛の優秀性を競う大会「全国和牛能力共進会」で2度連続優勝しており、星原会長は「宮崎県産和牛を台湾に輸出できるよう十数年前より台湾に何度も赴き、動いてきた。今回見通しが立って本当に嬉しい」と述べた。さらに、蓬原議長は検疫の問題についても、HACCP(危害分析、原材料から出荷に至るすべての段階で発生する可能性のある食品衛生上の問題を検討し発生を防止または減少させる管理方式)もしっかりしているため、「安全である」と主張した。

謝長廷代表ら表敬訪問、和牛解禁について触れる

一方、同日宮崎県の河野俊嗣知事を表敬訪問した際、河野知事も和牛解禁について触れ、「和牛を食べに宮崎に訪れる台湾人観光客も多く、今後は直接台湾で提供でき、宮崎県にとっても非常に嬉しい事である」と述べたほか、「和牛以外にも3年連続生産量第一位となった宮崎県の焼酎や、伊勢志摩サミットでも使用された宮崎県の最高級キャビアなど、“宮崎ブランド”を台湾にどんどん届けていきたい」と主張した。

謝長廷代表(前列左)ら蓬原正三議長(前列右)と記念撮影

(2017/8/25)

謝長廷代表一行、宮崎県知事を表敬訪問

taiwannp10 Post in 政治
謝長廷代表一行、宮崎県知事を表敬訪問 はコメントを受け付けていません。

 

台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表と台湾知日協会(台湾にある日本に理解を持つ台湾人民間団体)役員らはこのほど宮崎県庁を訪れ8月25日、宮崎県の河野俊嗣知事を表敬訪問した。

記念撮影(台北駐日経済文化代表処謝長廷代表(左)・宮崎県河野俊嗣知事)

謝代表ら一行は、河野知事と意見交換を行い、今後の交流について話し合った。河野知事は、先日行われた県長会議で今後台湾へ教育旅行を推進していく方向性となった事を報告し、「食べ物や治安に関しても日本人が一番安心できる台湾との関係をさらに深めていきたい」と述べた。また、現在熊本大震災以降、宮崎―台北の飛行機路線が減便したとの現状に、いち早く週3便に戻せるよう努力していくとした。

一方謝代表は、「高千穂峡は価値のある観光地である。日本の歴史や文化に触れたかったら、宮崎県に足を運ぶべきである」と主張したほか、「日本と台湾は歴史的絆があり、今になっても良好な相互関係をさらに深め、次の世代に伝えていくのが代表の使命である」と述べた。

河野県知事表敬訪問の様子

なお、台湾知日協会とともに台湾から来日した台中市政府の何春樹顧問は、2018年に開催される「台中フローラ世界博覧会」のPRとして、台中市の林佳龍市長のメッセージと同博覧会の案内書を含めた資料を河野知事手渡した。

宮崎県と台湾は若い世代のスポーツを通じた交流が盛んであり、宮崎県と台湾新竹県の少年野球チームが年に1度、国際交流試合を行い、今年で7年目となったほか、昨年と今年の8月には、ソフトボール台湾U16(16歳以下)代表チームを宮崎市に招いて、強化合宿の実施なども行っている。

(2017/8/25)

東京友情音樂會 學生合唱團唱出台灣多元文化

taiwannp9 Post in 未分類
東京友情音樂會 學生合唱團唱出台灣多元文化 はコメントを受け付けていません。

 

晶晶兒童合唱團和六龜高中合唱團共同演唱台語歌曲《台灣》

台灣「晶晶兒童合唱團」和「六龜高中合唱團」受邀參與8月25日至27日舉行的2017輕井澤國際合唱音樂節。演出前夕,兩個合唱團先於8月24日在台灣文化中心舉行東京友情音樂會,與觀眾分享多首台灣歌曲。駐日副代表郭仲熙和輕井澤國際合唱音樂節執行委員長高橋佳代子也到場欣賞。

為了此次東京演出,晶晶兒童合唱團特別以日文、客語、魯凱族語和中文演唱現了《鷂婆客》、《祈雨歌》、《愛情樹》和由中文版《今年夏天》所改編的日文版本《再會了朋友》等6首歌曲。六龜高中合唱團則是以布農族音樂為主,再加上《台灣》和台灣民歌之父胡德夫所創作的《大武山~美麗的媽媽》等台語歌曲。

晶晶兒童合唱團各種不同語言演唱多首歌謠,希望展現不同風貌

晶晶兒童合唱團指揮劉靜諭表示,這次來到日本演出,特別準備了原住民歌曲、客家歌曲和中文歌曲,希望能呈現不同風貌,也希望在輕井澤國際合唱音樂節中展現台灣多元文化元素。

六龜高中合唱團希望將布農族音樂介紹給各國觀眾

六龜高中合唱團指揮陳俊志則提表示,六龜高中位於高雄山區,布農族學生多,近年來著重原住民音樂採集及保存,近兩三年也演唱並改編多首原住民歌曲。希望將布農族文化帶到輕井澤國際合唱音樂節,讓各個不同國家的觀眾都能了解原住民音樂。

台灣文化中心主任朱文清除了感謝學生所帶來的演出之外,也表示音樂沒有國界,希望透過兩團的美妙歌聲,將台灣介紹給輕井澤音樂節的觀眾。

成立於2000年的晶晶兒童合唱團,招收6到18歲的兒童分班授課,目前已有400多位團員,演唱足跡遍佈世界各地,也曾於2012年到日本演出。六龜高中合唱團則在八八風災發生後於2009年成立,由國高中部學生組成,在指揮陳俊志老師帶領下,多次在台灣全國音樂比賽中獲得佳績。曾於2015年受邀至東北311災區進行音樂交流。

晶晶兒童合唱團和六龜高中合唱團團員與來賓合照

(2017/08/25)

 

高千穂日華親善協会、謝長廷代表一行を歓迎

taiwannp10 Post in 日台交流
高千穂日華親善協会、謝長廷代表一行を歓迎 はコメントを受け付けていません。

高千穂日華親善協会はこのほど、日台交流サミットのために熊本県を訪れていた台北駐日経済文化代表処(以下=代表処)の謝長廷代表率いる代表処幹部ら9人を歓迎し8月24日、宮崎県ホテルグレイトフル高千穂で歓迎会を行った。

高千穂日華親善協会は台北駐日経済文化代表処謝長廷代表と交流図った

 

同協会の佐藤哲章会長は、飛行機の宮崎―台北線が現在週に2便のみしか就航していない事に言及し、「週3便に増やせるよう努力していきたい」としたほか、「台湾の観光協会と姉妹提携していく」と今後の目標を語った。

一方、同交流会に参加していた宮崎県の延岡日台友好親善協会の塚本博文会長は、台湾を訪れた際「リップンチェンシン(日本精神、統治時代に日本人が残した道徳や責任感)」が、しっかりと若い世代に受け継げられている事に感激し、「民間の力で台湾を盛り上げよう」との思いで同協会を設立した。塚本会長は、宮崎県と台湾の具体的な交流例を挙げ、今年の3月に宮崎大学と台湾の国立嘉義大学が大学間学術交流協定を締結し、同8月には台湾嘉義市の球場で野球部交流戦を行った事を報告した。

歓迎会の様子

なお、台湾一行は同日、高千穂峡やあまてらす鉄道など高千穂町の有名観光地を回り、同町の観光資源への理解を深めた。

宮崎県に初めて訪れた謝代表は、数々の絶景を目の当たりにし「さすが価値ある観光地だ」と絶賛したほか、高千穂町で多数の店外に台湾の国旗が掲げてあった事に言及し、「高千穂町の人たちの熱意が有難い」と述べた。

高千穂峡散策時、台湾人観光客との撮影に心良く応じる謝長廷代表(左)

同協会は、約27年前に宮崎県高千穂町の歯科診療所に台湾から歯科医を招いた事をきっかけに、旅館や飲食の経営者ら約30人の有志によって結成された。近年では同町以外にも、隣町の五ヶ瀬町観光協会なども加わり、年々会員の輪が広がっているという。結成されてよりは、年に一度定期総会を行ったり、国慶節には訪台し、台湾にある同協会と相似した台湾人団体と交流を図るなど、台湾との関係を育んできた。また、2005年の5月に同町は台湾の花蓮市と経済観光友好交流宣言書を締結し、日本を代表する景勝地「高千穂峡」と花蓮市の「太魯閣渓谷」などへの相互観光客増加を図る事にも成功、さらに、来月には花蓮市の代表らが同町に訪問するという。

 

(2017/8/24)

 

 

 

 

 

日本中華聯合總會青年部BBQ 歡聚山梨加深情誼

taiwannp6 Post in 中文, 動画, 華僑, 華僑 — 総合, 華僑 ー 関東
日本中華聯合總會青年部BBQ 歡聚山梨加深情誼 はコメントを受け付けていません。


日本中華聯合總會青年部在八月十九日,舉行第二屆部長又井公久上任後第一次部員聯誼烤肉活動,二十多位來自日本各地的部員及家屬來到山梨縣,在戶外烤肉場進行BBQ,大人忙著燒烤,小孩子也在戶外場地跑跑跳跳,利用周末假日,青年部成員放下工作跟家人與華僑同鄉互動,聯絡感情,又井部長說這次雖然關西部員因為有事沒能參與,但大家利用難得機會加深交流,接下來山梨華僑總會也會來參加晚上的懇親會,之後希望不只在山梨,青年部能到更多地方舉辦活動,聯繫情感。

青年部在BBQ場地滿喫

BBQ是每屆青年部必辦的交流活動,藉著假期來到鄉間,同樣 都是華僑的第二,三代,大家對維繫日本華僑歷史傳承都有使命責任感,帶著家人一起出來參加僑會活動,一方面是讓家人認識同為華僑的鄉親,另一方面也是讓下一代知道父母親的根源,提早讓小孩接觸華僑同伴,將來更能認識華僑社會進而參與僑團,接續華僑的歷史。

海南雞飯老闆提供高級肉品給青年部BBQ

這次的BBQ活動還邀請到了湘南日台交流協會的三位成員前來參加,湘南日台交流協會雖是日本人社團,也有住在湘南地區的台灣人跟華僑參加,卓訓弘跟著日籍太太來日六年,平常在家當主夫,兩個小孩都能用中文應對,讓其他也有小孩的青年部成員紛紛來問他教中文的方法,他也很高興這次能前來跟青年部成員聚會,雖然住的地方台灣人不多,還是希望有機會多跟僑界交流。

湘南日台交流協會成員卓訓弘第一次參加僑界活動

BBQ之後,小朋友玩慣例的打西瓜遊戲,大家排排站,蒙好眼睛,向前走,有人打中有人打不中,但每年玩這個遊戲,也慢慢的成長。大一點的小朋友已經知道幫忙收拾,照顧更小的小孩,也是另一種人際交流。

小朋友玩蒙眼打西瓜

當晚,山梨台灣總會宴請青年部,副會長柴鳳英帶領四位幹部歡迎青年部的到來,也希望繼續加強青年部跟山梨的交流,在乾杯儀式過後,大家一邊享用海鮮自助餐,一邊暢談僑務,餐後,山梨的僑界前輩跟青年部一起大合照,也相約下次BBQ的時候再相見。〈2017/08/24/10:05〉

青年部大小朋友跟山梨台灣總會前輩合照

首屆新銳電影節東京登場 百位觀眾感受台灣新導演的創作魅力

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台交流
首屆新銳電影節東京登場 百位觀眾感受台灣新導演的創作魅力 はコメントを受け付けていません。

首屆新銳電影展於8月20日在東京舉行,吸引超過百位台日年輕觀眾入場觀影

以促進台日友好為目標的團體「台日友好聯盟」,於8月20日在東京C-Lounge舉行首屆新銳電影展,邀請新進台灣導演顧明祥、陳詩涵和宋叡各自帶來短片作品《ヴィーナスの逆襲》、《在場的質量》和《東京コロコロ》,和在場超過百位的台日年輕觀眾分享。活動主辦人吳廷中表示,希望藉由影展活動,促進台日文化和語言雙方交流。

三位新銳導演和主辦人吳廷中(右)

此次參展的三位新進導演都曾在日本接受電影教育,其中顧明祥目前還是電影專門學校二年級學生,他在開場時感謝有這樣的活動可以展示自己的作品,促進台日兩國間的交流。陳詩涵則與觀眾分享了自己對整體台灣電影未來的看法,而宋叡也希望未來能在觀眾面前呈現更多的作品。

展出作品《ヴィーナスの逆襲》、《在場的質量》和《東京コロコロ》,皆為三位年輕導演在台灣或日本學生時期所創作出的作品,一位日本男性觀眾在看完影片後表示,「確確實實感受到台灣人在日本異鄉的奮鬥」。

活動主辦人吳廷中說,近年來不少影片創作者在日本推廣台灣短片,台日友好聯盟希望可以協助新進導演,因而策劃了第一屆新銳電影展,未來預計每兩個月舉辦一次,並將納入台灣導演的參展及獲獎作品。他也希望台日觀眾都能透過電影了解導演的想法,以及台灣的文化和語言,藉此促進雙方交流。

活動主辦人吳廷中希望藉由影展促進台日交流

照片提供:台日友好聯盟提供

台南市府團隊赴沖考察單軌捷運系統

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流, 日台交流
台南市府團隊赴沖考察單軌捷運系統 はコメントを受け付けていません。

駐那霸辦事處處長蘇啟誠(後排右5)與台南市政府訪團合影(照片提供:駐沖繩辦事處)

為配合行政院前瞻基礎建設計畫、完備公共運輸服務,台南市政府規劃興建單軌捷運系統,以改善市內交通壅塞。台南市政府交通局主任秘書謝惠雄率領相關人員於8月來日考察羽田機場、千葉、湘南及沖繩單軌,以作為日後規劃設計參考之用。

台南市政府一行於8月21日考查那霸機場至首里城沖繩捷運系統,聽取相關簡報。22日則拜會駐那霸辦事處處長蘇啟誠,聽取說明沖繩單軌捷運近來因觀光客暴增,營運由虧轉營、沖繩道路狹窄交通常態阻塞,以及臺灣與沖繩人員互訪現況等,雙方也就單軌捷運系統議題交換意見。

北一女和南山女籃訪沖進行交流賽

taiwannp9 Post in 文化・教育, 日台 ー 交流, 日台 ー 総合
北一女和南山女籃訪沖進行交流賽 はコメントを受け付けていません。

駐那霸辦事處處長蘇啟誠夫婦(2排右5和右6)與訪沖的北一女籃球隊合影(照片提供:駐那霸辦事處)

台灣南山高中和北一女中兩支女子籃球隊於8月中旬暑假期間到沖繩進行交流賽。在沖繩縣籃球協會協助之下,訪日期間每天分別與沖繩縣內的女籃對進行密集比賽,駐那霸辦事處處長蘇啟誠也分別於18日和21日前往慰問選手,為學生加油打氣。

近年來沖繩和和台灣籃球隊互動頻繁,那霸高校女籃隊於2014年3月赴台和北一女等學校交流,北一女也在同年暑假回訪。今年3月系滿高校女籃隊赴台和南山高中等學校交流,此次南山高中也在暑假中回訪,而南山高中和松山高中也受邀參加沖繩市長盃籃球賽,互相切磋球技。

石斑魚和台灣鯛搶攻日本市場 米其林法式料理主廚助陣

taiwannp9 Post in 日台 ー 交流
石斑魚和台灣鯛搶攻日本市場 米其林法式料理主廚助陣 はコメントを受け付けていません。

記者會現場由米其林一星廚師大塚哲郎(右)親自烹調台灣鯛和石斑魚,並由米其林一星廚師岸本直人(中)親自說明料理過程

第19屆日本國際水產暨技術展於8月23日至25日在東京國際展示場舉行,漁業署署長陳添壽親自率領8家台灣廠商來日參展,共同組成台灣館,並在展覽首日舉行「台灣優質石斑魚及台灣鯛推介記者會」,邀請連續10年獲得米其林一星的法式料理主廚岸本直人和大塚哲郎,以石斑魚和台灣鯛入菜,向日本推銷台灣食材。

由8家廠商所組成的台灣館,展出各項台灣特色水產

日本國際水產暨技術展由大日本水產會主辦,今年共有來自20個國家、828家廠商參展。農委會邀集了天和生物、力佳綠能生技、東晟水產、宏益冷凍食品、允偉興業、栗煬國架、佳辰實業和口福國際漁產品等8家廠商組成台灣館,除了石斑魚和台灣鯛之外,也展出蒲燒鰻、烏魚子和櫻花蝦等受到日本市場歡迎的水產。

漁業署署長陳添壽親自到場推廣台灣養殖的台灣鯛和石斑魚

漁業署署長陳添壽在23日舉辦的記者會中表示,台日漁業相似度高,相關產業相當接近,台灣一年輸出約8萬噸水產到日本,日本一年也輸出約1萬多噸水產到台灣,雙方互通有無。

陳添壽說,除了海洋漁業外,台灣也有良好的養殖漁業,已通過友善環境和責任管理的ASC-ISRTA認證,水產品質相當高,因此特地帶到現場與大家分享。

駐日副代表郭仲熙則表示,台日雙邊國係良好,足以作為模範,並希望透過這次展出,讓日本朋友了解到台灣美味,並前往台灣享受真正的當地美味。

石斑魚和台灣鯛入菜 低溫冷凍保持鮮度

現場來賓試吃,對台灣鯛和石斑魚入菜的料理讚不絕口

為了推廣台灣特色水產石斑魚和台灣鯛,主辦單位特別邀請連續10年獲得米其林一星的法式料理主廚岸本直人和大塚哲郎,現場烹調「醃漬台灣鯛佐聖旅番茄和雪梨酒醋」和「鍋煎石斑佐榛果奶油與紅酒醋」兩道法式料理,以展現石斑魚和台灣鯛的多種吃法,並請來賓品嚐試吃,獲得現場一片好評

台灣鯛佐聖女番茄與雪莉酒醋

 

岸本直人表示,一般來說在他會選用新鮮食材來烹飪,但是記者會中使用的冷凍台灣鯛和石斑魚,仍因為以零下70度C急速冷凍,因此仍然能保持鮮度。

鍋煎石班佐榛果奶油與紅酒醋

 

曾到過台北維多利亞飯店交流的岸本直人也說,和日本相比,台灣的口味較淡,因此在鹹度調整上需要特別注意。

「日台交流サミットin熊本」が開催!台湾との関係をさらに構築

taiwannp10 Post in 日台交流
「日台交流サミットin熊本」が開催!台湾との関係をさらに構築 はコメントを受け付けていません。

台湾との交流に取り組む日本の地方議会議員らで結成された「全国日台友好議員協議会」が主催する「第3回日台交流サミットin熊本」が8月23日、熊本ホテルキャッスルで行われ、同協議会は「熊本宣言」を発表した。同宣言では、今後も日本地方自治体と台湾各都市との経済、観光、文化等の各分野における官民交流の促進により、日台間の友好関係をより一層深めていく事を誓った。

「日台交流サミットin熊本」開催!台湾との友好関係にさらなる期待

同サミットは、日本と台湾の友好増進を目的とした会議であり、2015年には石川県金沢で、2016年には和歌山県和歌山市で開催された。今年は台湾からは高雄市と台南市の市議会議員ら49人が来日し、日台双方の関係者ら全体で約350人の出席が叶った。

晩餐交流会の様子

同協議会・会長のふじた和秀名古屋市議会議員は、「過去2回の経験と実績をしっかりと将来に繋げていくためにも、今後の活動において、台湾との関わりをさらに深めていく取り組みをしていきたい」と主張した。一方、今回熊本県での開催については、昨年4月に発生した熊本大震災の早期復興の意味も込められているという。同サミット実行委員長である熊本市の原口亮志市議会委員は、地震発生時、台湾がいち早くお見舞いと支援物資を提供してくれた事に対し、「復興を成し遂げる事が台湾の皆さまへの恩返しである」と話した。

全国日台友好議員協議会のふじた和秀会長

甲冑姿で登壇した原口亮志実行委員長

なお、同サミットには来賓として、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表、台北駐福岡経済文化辦事処の戎義俊処長、亜東親善協会の大江康弘会長らが出席した。謝代表は「熊本に着いてより、車の窓から活力溢れる街を拝見し、ほとんど復興が完了している光景が目に入り、嬉しく思う」と述べた。一方大江会長は、安倍晋三首相から「台湾は日本にとって特別な国である。その事をしっかり念に置くように」との激励の言葉をもらった事を報告した。

お酒の記念品交換が行われた(代表処謝長廷代表(左)・同サミット原口亮志実行委員長)

さらに同日、歓迎交流会も開催され、日台関係者同士で団らんし、また、熊本県ゆるキャラの「くまモン」や和太鼓演奏などのステージアトラクションも行われ、日台交流促進の場となった。

熊本県ゆるキャラ「くまモン」も登場!(写真提供;民報)

和太鼓によるステージパフォーマンス

来賓として出席していた熊本県の小野泰輔副知事は、熊本大震災後、海外の観光客が9割減少した事に言及し、「台湾のチャイナエアラインだけは震災後約1か月で就航を開始した。そのリスクを顧みない行動が本当に嬉しかった。熊本市民はその恩を決して忘れない」と話した。

会場外では熊本県特産物などの販売を行った

同協議会は、昨年5月に設立されたもので、国と並行して地方レベルで台湾内各都市との連携を図り、相互理解に努め、交流を推進する事を目的としている。来年の同サミットは台湾高雄市で開催する。

(2017/8/23)