戎義俊福岡辦事處處長、鄭成功生誕式典に出席

taiwannp12 Posted in 日台 ー 交流, 日台 ー 観光, 日本 — 観光, 未分類
戎義俊福岡辦事處處長、鄭成功生誕式典に出席 はコメントを受け付けていません。

 

台湾の英雄・鄭成功の生誕記念式典が7月14日、長崎県平戶市で行われ、台北駐福岡経済文化辦事處の戎義俊處長が出席した。式典には全世界鄭氏宗親会、台南市鄭氏宗親会、安海文化創意発展協会の会員らも参加した。

平戸市で行われた生誕記念式典

各地の鄭氏宗親会の会員も参加

挨拶に立った戎義俊處長は、「縁は異なもの味なもの」という日本の諺を引き合いに、487年前にこの地に誕生した英雄・鄭成功が、生まれ故郷で母の里・平戶市、少年期を過ごした父の里・南安市、活躍の拠点であり辞世の地となった台南市の3つの地域の人々を結び付けていることに不思議な縁を感じざるを得ないと話した。また鄭成功がこの世を去って長い時間が経っているにもかかわらず、多くの人々から景仰され(徳を慕い仰ぐこと)、尊敬され、心の中で生きていることは「人はどのように生きるべきか」、「どのような道を歩むべきか」について、現代の我々に指し示してくれているようだとも述べた。

更に平戶市が近年、鄭成功を偲ぶ為に鄭成功廟、記念館や山門の大掛かりな補修工事をしたことが年間2万人の外国人、5千人の国内観光客を呼び寄せ、観光振興に役立っていることを指摘し、その努力に敬意を表した。

戎義俊處長の挨拶

一方、平戶市の黒田成彥市長は、戎處長が5年間一度も欠席せず生誕祭に参加している事や平戶市の観光事業発展に貢献してくれていることへの謝辞を述べるとともに、今後も協力して鄭成功の足跡を生かして日台両国の更なる観光交流と関係の発展強化を望みたいと挨拶した。

補修された山門の前に立つ戎義俊處長

 

 

台中逢甲大學金融研究所碩博班師生訪日交流

taiwannp9 Posted in 未分類
台中逢甲大學金融研究所碩博班師生訪日交流 はコメントを受け付けていません。

逢甲大學金融所參觀朝日啤酒茨城工廠

為增進學生國際視野、提升認識國際金融環境,台中私立逢甲大學金融研究所特別籌組日本研修團一行共30人,於6月26日訪問東京,進行為期6天的參訪及學術交流活動。

 參訪團由駐日代表處前參事黃煇慶老師領隊,一行訪問了日台交流促進會、大學新聞社、東京證券交易所、日本電氣NEC、東京之星銀行、朝日啤酒等企業機構,考察日本企業經營管理方式與日本證券、金融市場運作模式,此行中也參觀日本電子專門學校、神田外語大學、中央學院大學以及國立宇都宮大學等4所學校,觀摩各校特色教學課程、體驗日本茶道之美,並與各校學生進行座談交流。

參訪宇都宮大學時合照

參訪中央學院大學

此外,參訪團也把握機會遊歷東京名勝古蹟和觀光景點,如皇居二重橋、淺草金龍山、成田山新勝寺、東京鐵塔與晴空塔,更並前往日光國家公園,參觀被列為世界文化遺產的日光東照宮及華嚴瀑布,在夜宿鬼怒川溫泉時,體驗日本料理與日式泡湯文化。

逢甲大學金融所學生對此行抱持高度興趣,除了事先準備背景知識之外,每到一處也仔細觀察並提問,加深對日本文化的瞭解。尤其團員在受到接待時,特別感受到日本人所展現的行事細膩精緻、態度嚴謹以及禮儀周到的一面。學生感到此行收穫豐碩,期待未來能繼續拓展更深層的交流。

(2017/07/20)

MEET TAIWANと福岡観光コンベンションビューローがMOU(覚書)を締結

taiwannp12 Posted in 日台交流, 未分類
MEET TAIWANと福岡観光コンベンションビューローがMOU(覚書)を締結 はコメントを受け付けていません。

 

台湾貿易センター(TAITRA)は、7月12日、グランドハイアット福岡で「台湾MICE産業説明会及び交流会」を開催し、MEET TAIWANと福岡観光コンベンションビューローが協力して双方のMICE産業を盛り上げるためのMOUを締結した。

MICEは、企業や組織の会議(Meeting)、報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字をとったものであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどを総称する。

MOU締結に先立ってTITRA台北国際会議センター「MEET TAIWAN」運営副代表の藍淑琪氏は次のように述べた。

「日本と台湾とは距離も近く、交通の便が良いこともあって、人の往来は非常に活発です。2016年には190万人の日本人が台湾を訪問しましたが、この数は6年連続第2位です。行きたい国として、台湾人は日本を選び、日本人は台湾を選んでいます。両国にはグルメ、文化など様々な多方面の交流があり、互いに認識を重ねてきました。日本のラーメンや映画「君の名は」などは台湾でブームを起こしました。逆に台湾の小籠包、タピオカミルクティー、牛肉麺、マンゴーかき氷などは日本でも人気があります。卓球の福原愛さんと江宏傑さんの結婚も我々の関心を集めました。このような友好的な関係の中でMEET TAIWANと福岡観光コンベンションビューローの提携を発表できることを光栄に思います。MOUの締結は、双方の協力に対する共通認識の始まりであり、両者は、双方の主催イベントの支援やMICE発注者、キーマンの推薦等の実質的な業務を通じて、アジア太平洋におけるMICE促進のために努力いたします。」

挨拶する「MEET TAIWAN」運営副代表の藍淑琪氏

 

次いで福岡コンベンションビューロー専務理事の合野弘一氏は、藍淑琪氏を始めとする多くの台湾MICE関係者の来福に歓迎の意を表するとともに、次のように語った。

「台湾と福岡は非常に深い関係を持っています。貿易などの経済交流は当然ですが、ファッションやゲーム産業の交流もあります。また今年は若い企業のスタートアップ支援事業の協定を結ぶなど幅広く盛んな交流を行っています。観光についても、昨年1年間に福岡空港や博多港へ直接台湾から来られた人が26万人近くになりましたが、これは韓国に次いで第2位です。この流れをさらに深く、大きくしていきたいと思っています。MICEの世界ランキングでは東京が21位、台北が24位であるのに比べて福岡は111位で後れを取っていますが、今日は台湾のMICE産業についての情報をしっかり聞いて関係強化につなげたいと思っています。福岡にとって台湾は、近くて仲の良いところですから、共同開催を含めてこれからいろいろな連携を考えていけると思っております。」

以上の挨拶の後、両者は90人の参加者の見守る中で締結文書に調印し、MOUを交換した。

90人の参加者の見守る中で調印

 

MOUを交換

続いて台湾MICE産業の紹介、高雄MICE環境の説明、台湾側の個別企業・組織のプレゼンテーションなど盛り沢山な内容があり、最後に台湾貿易センター(TAITRA)福岡事務所の林淑恵所長が次のように締めくくった。

台湾貿易センター福岡事務所の林淑恵所長

「国際会議協会、ICCAの発表によりますと、2016年に世界で開催された国際会議の件数は合計1万2,212件でした。台湾は141件でアジア第4位でした。アジアトップの日本(410件)にはまだかなわないものの、都市別開催件数では東京95件、台北83件と大きい差はなく、人口・面積の割合で考えると台湾は非常に健闘していると言えます。福岡市も「グローバルMICE戦略都市」に選ばれるなど、MICE産業の発展にとても力を入れています。

本日、公益財団法人福岡観光コンベンションビューローと台湾貿易センターがMOUを締結するに至ったことは非常に意義のある一歩です。アジア全体のMICE産業の発展のため、台湾と福岡はこれから、情報の共有やMICE人材の交流の促進などで、大いに協力できるのではないかと期待しています。ともに手を携えて両者のMICE産業を一層盛り上げていければ大変嬉しく思います。

台湾貿易センターでは、MICE振興のための様々なインセンティブプログラムをご用意していますので、ご興味のある方は、ぜひ福岡事務所までお問い合わせください。本日はお忙しい中、本会にお越し頂き、ありがとうございました。」

会議のスタッフと出展者たち

 

熊本を舞台にした台湾のテレビドラマ

taiwannp12 Posted in 未分類
熊本を舞台にした台湾のテレビドラマ はコメントを受け付けていません。

 

熊本を舞台にした台湾のテレビドラマ「フズリナの記憶」の撮影が6月21日~29日に熊本市内の夏目漱石第三旧居、水前寺公園、八代市の日奈久温泉などで行われた。

夏目漱石第三旧居で取材に対応する王監督と出演者・関係者(写真提供:TNCプロジェクト)

ストーリーは、台湾で生まれ育ち、都市開発デザイナーとして熊本との間を往き来する主人公が、親族のいざこざに巻き込まれて熊本育ちの奥さんとの気持ちが離れていく中で、アロマを研究する別の台湾人女性に惹かれていく恋愛ドラマ。台湾と熊本を舞台に、人々が様々な葛藤を繰り広げながら、それぞれの心のつながりを求めていく物語で、台湾公共テレビ(PTS公共電視)で今秋から全12話で放送される。

主人公の祖父は「台湾に尽くした日本人」の一人として、現在も台湾で高く評価されている熊本出身の植物学者・島田弥市氏がモデル。島田氏は今や熊本を代表する柑橘類となった晩白柚(ばんぺいゆ)を台湾から日本に持ち込み、映画の中にもその果実と加工品が登場する。

熊本を代表する柑橘類に育った「晩白柚(ばんぺいゆ)」(右) ~普通のミカン(左)との大きさ比較~(写真提供:JAやつしろ)

題名の「フズリナ」は化石に残る原生動物で、その場所に刻まれてきた過去の「記憶」を象徴しており、様々な記憶が映画の中に登場する。監督の王公誠氏(ワンゴンチェン)は「人と人の関わりがこの映画のテーマ」と言う。50年に及ぶ日本統治を経験するなど、歴史的な関係が深い日本と台湾。晩白柚の話を聞いて昨年7月初めて熊本を訪れた時に「懐かしい気持ちになり、ここで撮らなくてはいけないと思った」という。また「昔からの歴史の中で、深くつながっている台湾と熊本が時を越え、ドラマの制作を通じて再び繋がろうとしている。今回のドラマ制作が熊本と台湾にとって新たな友好の礎となることを祈念してやみません」と締めくくった。

なお、ドラマは台湾では今年の秋にPTS公共電視から放送が開始されるが、日本での公開は未定。

 

日本宅建協會與台多方合作 創造仲介契機

taiwannp10 Posted in 中文, 動画, 台湾 — 経済, 日台 ー 交流, 日台 ー 経済, 日台交流, 未分類
日本宅建協會與台多方合作 創造仲介契機 はコメントを受け付けていません。


公益社團法人東京都宅地建物取引業協會,一連三天的來台訪問,除了與台灣仲介業者結盟會晤訪談之外,最重要的就是台日建地建物的合作,創造仲介業的契機。

左起 錢妙玲 瀨川信義 張世芳 久保田辰彥

日本東京都協會來台參訪人員,一共有16位訪問者,由在日台灣不動產協會的代表理事錢妙玲小姐,為促進台日關係精心斡旋下終於實現,參訪遠雄集團建物的架構及設計,也都讓在場的參訪者有多一項的認知,另外在會議上進行台日的交流,從仲介產業,經濟面,法條及條款也彼此交換意見,進而建立雙贏的關係。

左 新北市不動產公會理事長張世芳 東京都宅地物取引業協會會長瀨川信義

日本東京都宅地建物取引業協會簡介:是由約15,300家從事日本首都東京的或建築物交易或租賃業務的當地型中小不動產商購成的團體,在東京都內有32個分布。在整個日本構成了全國宅地建物取引業協會聯合會,約有100,000家公司。

其他的同業團體還包括全日本不動產協會,但在東京區域相比,相對於本協會60%的比例,占據傳日北40%的比例,公益社團法人東京都宅地建物取引業協會也占大多數。

因此,除了針對會員的共同利益事業外,作為公益事業,協會還從事“關於宅地建物交易之一般消費者利益的保護”和“為實現宅地建物順利流通的人才培養”的相關事業,約63%業費都用於公益目的事業。

具體而言,進行不動產交易諮詢、都市居民公開研討會的實施、關於宅地建物交易的出版物出版解決糾紛、提供資訊、教育研修、建物取引士資格考試、資格更新的講習實施等。

目前關於日本經濟,雇用、個人收入穩定,個人消費也逐漸恢復,經濟景氣開始逐漸好轉,今後隨著出口的恢復、公共投資的增加、個人消費的穩步上升等。在這樣的環境下,在東京和周邊首都圈的不動產流通市場上與台灣相比,新屋和中古屋的成交件數連續2年都超過前一年,創下了過去最高紀錄。

2020年的奧運將在日本舉辦,也因此日本東京將重新整頓都市的基礎建設,實現無電線桿化,建造環保智慧城以及增加多項的便利設施,台灣不但與日本的距離較近,而且基於相同價值觀的想法或行動,也能在經濟、文化等其他領域進行積極的交流。今後,在日本從事台灣不動產相關業務的人或企業會不斷增加。屆時,相信兩個協會都能發揮樑的作用,為雙方的發展做出貢獻。〈2017/07/05/07:53〉

公益社團法人東京都宅地建物取引業協會與在日台灣不動產協會訪台

推動台日工程技術交流 台灣科學技術協會11月赴台舉辦研討會

taiwannp9 Posted in 未分類
推動台日工程技術交流 台灣科學技術協會11月赴台舉辦研討會 はコメントを受け付けていません。

2017年度夏季演講會暨會員大會

台灣科學技術協會於7月2日在東京品川舉行2017年度夏季演講會暨會員大會,由於第32屆中日工程技術研討會將於11月19日至24日在台灣舉辦,理監事也在會議中針對研討會籌備事項進行討論。

 「中日工程技術研討會」由台灣的「中國工程師學會」和日本「台灣科學技術協會」共同舉辦,於1980年起至今邁入第32屆,過去曾邀請上千位的日本工程技術專家學者到台灣進行交流,藉以提升台灣的產業技術和學術。今年研討會主題為「循環經濟,永續發展」,台灣科學技術協會預計邀請近60位日本相關領域的專家學者到台灣進行交流。

台灣科學技術協會理事長潘振宇致詞

 受邀與會的台北駐日經濟文化代表處科技組組長洪儒生在致詞時表示,兩年一度的台日工程師研討會,由專家學者對台灣產業提出建言,扮演相當重要的角色。同時政府重視擁有海外經驗人才,今年推動海外人才培育(LEAP博士創新之星)和海外人才歸國(海外人才歸國橋接方案)兩項計畫。

駐日代表處科技組組長洪儒生致詞時特別提到具海外經驗人才的重要性

 科技組秘書吳悅榮向在場理監事和會員說明科技部首次推動的新計畫,「海外人才歸國橋接方案」將招募45歲以下、擁有中華民國籍並取得海外博士學位的專業人才,且近三年中的最近一份有薪工作不在國內,獲選的返國學人將回台進行為期一年的交流,並可獲得一年150萬元台幣補助。此項計畫將提供100個名額,預計於7月中開放申請。

 當日演講會中,主辦單位邀請到任職於Daiwa House工業株式會社陳俊憲和千葉大學大學院工學研究科教授中山茂樹,分別就「日本不動產資產管理與業務管理」和「日本高齡者設施的發展」發表演講,藉此交流彼此的專業和研究。

任職於Daiwa House工業株式會社陳俊憲分享日本不動產資產管理與業務管理

 陳俊憲針對台灣和日本在不動產投資和物業管理上的差異進行比較說明,提供實務上的經驗和建議。中山茂樹教授則從台日高齡化的速度和程度談起,分析安養中心、醫療村和老人院等設施的規畫與發展。兩場演講都和生活息息相關,引起在場來賓共鳴提出問題與講者討論交流。

千葉大學大學院工學研究科教授中山茂樹以「日本高齡者設施的發展」為題發表演講

(2017/07/03)

日台交流複合施設「NIBUNNO」正式オープン

taiwannp10 Posted in 未分類
日台交流複合施設「NIBUNNO」正式オープン はコメントを受け付けていません。

 

泊まれるギャラリーをコンセプトとした日台交流複合施設NIBUNNO(ニブンノ)がこのほど東京都麻布十番に正式オープンした。同施設は、日本人と台湾人アーティストのギャラリーと宿泊施設をミックスさせた複合施設で、台湾国籍の李章聖オーナーの「日台のクリエイティブ業界の交流の場を作り発信していきたい」との思いから立ち上げに至った。同施設では、日本と台湾発のオリジナル作品を随時展示し、宿泊者に日本と台湾のクリエーションの魅力に直接触れる機会を創出するとしている。

NIBUNNNOを発案した李章聖オーナー

台湾と日本には優秀なクリエイターが多いのに対し、若者クリエイターの舞台が少ない事から、同施設の1階では、日本人と台湾人若手デザイナーの商品を販売し、さらに「想像力の中に住む」をテーマとした全2部屋の宿泊施設では、2階は日本人アーティストによってデザインされた部屋を、3階は台湾人アーティストによってデザインされた部屋を用意し、3か月毎にそれぞれクリエイターを変えるため、若手デザイナーが力を発揮できるチャンスがあると同時に、宿泊者にとっても3か月に1度違った空間が味わえるとの事。

台湾人アーティストによって上から半分をデザインされた部屋

さらに、5階のラウンジスペースでは、日台双方のアーティストの作品を展示するほか、地下1階のスペースではギャラリーの展示会を開いたり、クリエイティブイベントとして、日台相互のデザイン事情の交流会などを行っていくとしている。

なお、同施設の細かなインテリアの設計は「想像力を連れて旅へ」をテーマに、台湾国籍デザイナーの林唯哲氏によって行われた。旅行をする際に、単なる観光だけではなく、宿泊客に創造を連れて旅をしてもらいたいとの思いが込められている。

 

細かなデザインを担当した林唯哲氏

 

期間限定の「NIBUNNO(二分の)」

 

一方契約の事情から同施設は2020年の東京オリンピック後の取り壊しがすでに決まっている。4年後には更地に戻るという事を逆手に取り、同施設組み立て前を“1”、2020年を“0”とし、現在二分の一の状態であるという時の経過を「NIBUNNO(二分の)」と表し、また、もともと自動車の部品倉庫である同施設の各フロアを、床から1300mmを切り取って「解体途中」をイメージさせ、切り取られた上半分のみをデザインし施工した結果、解体ラインが床と天井のちょうど半分(二分の一)だったため、両方をかけて同施設名を「NIBUNNO(二分の)」とし、期間限定で、且つ二つの違う世界を味わう事ができ、ストーリー性がある施設となっている。

宿泊施設内観、一部屋4人部屋となっている

なお、同施設の大まかな解体デザインは、世界各国で実績を残してきた日本国籍の建築家虎尾亮太氏が務めた。虎尾氏によると、「解体をデザインする」をモチーフに進め、下半分の施工しない部分は白く塗り、残り上半分は変な形をしたコンクリートのもともとある性質を生かした事によりデザイン性溢れる施設となったという。「白とコンクリートの融合がクリエイティブギャラリーとして生きている」(虎尾氏)。

ラウンジではアーティストの作品を鑑賞しながら団らんスペースとなっている

同施設は昨年7月に解体を開始してより、今年2月に完工。3月1日にはプレオープンし、日本人のほか、多くの外国人の宿泊客を迎え、すでにリピーターもいるとの事。

(2011/6/11)

茶畫樂串起尾道市台日藝文交流

taiwannp9 Posted in 未分類
茶畫樂串起尾道市台日藝文交流 はコメントを受け付けていません。

駐大阪辦事處處長陳訓養與尾道市市長平谷祐宏合影(照片提供:駐大阪辦事處)

廣島縣尾道市於4月24日在島波交流館舉辦台日交流活動「台灣小品、春之茶畫樂」,邀請台日藝術家到場演出。這次的活動也是尾道市和嘉義市於2016年12月22日簽署友好交流協定後所舉辦的首場台日文化交流活動。駐大阪辦事處處長陳訓養、尾道市市長平谷祐宏和副市長冨永嘉文也受邀出席。

日台文化藝術交流會會長林慧諭邀請來自台灣的茶藝家林翠華和陳星伃、水墨畫家陳志良,以及日本的二胡創作家里地帰共同演出,由藝術家現場展示台灣的茶道和水墨畫作品,會長林慧諭也創作了《舞春風組曲》獻給尾道市。

來自台灣的書法家陳志良(左)和日台文化藝術交流會會長林慧諭(照片提供:日台文化藝術交流會)

處長陳訓養在會中表示,尾道市和嘉義市在文化和教育領域交流熱絡,有助於雙方市民和年輕學子增廣見聞,希望未來雙方能有更多有的交流,增進友好關係。

台灣的茶藝家林翠華現場展示茶道(照片提供:日台文化藝術交流會)

台灣的製茶家陳星伃(左)介紹台灣茶藝(照片提供:日台文化藝術交流會)

尾道市和嘉義市所簽訂的友好交流協定,以青少年為主軸,將增加傳統文化藝術、觀光、音樂、教育、體育等各方面的合作與交流。這次於簽署後首度在尾道市舉辦藝文活動,建立起兩地互動模式,也有助於奠定雙方友好關係。

台中運動家成棒隊赴沖移地訓練 

taiwannp9 Posted in 未分類
台中運動家成棒隊赴沖移地訓練  はコメントを受け付けていません。

駐那霸辦事處處長蘇啟誠(前排左2)和當地僑領宴請台中運動家成棒隊 (照片提供:駐那霸辦事處)

台中運動家成棒隊於4月23至28日在沖繩進行移地訓練,並於25、26和27日三天分別和沖繩大開發、Enagic和沖繩電力3隻成棒隊進行友誼賽。

 台中運動家成棒隊這次是由董事長廖了以和總教練謝長亨率團抵達沖繩,駐那霸辦事處處長蘇啟誠於4月23日前往機場接機,中午與僑領紀伊進餐敘,晚間則由蘇處長邀集僑務委員新垣旬子、琉球華僑總會會長張本光輝、琉球台灣商工協會會長吳啟源和華航沖繩支店店長李志強共同宴請廖董事長和教練團。

 台中運動家一行也於4月25日和沖繩電力會長石嶺傳ㄧ郎和社長大嶺滿進行餐敘,雙方就台沖經貿、棒球互訪交流等事宜互相交換意見。

沖繩電力宴請台中運動家成棒隊(照片提供:駐那霸辦事處)

 台中運動家棒球隊此行的三場友誼賽儘管以小輸收場,但是認為沖繩成棒隊選手訓練有素,並對他們全力以赴的運動家精神留下深刻的印象。

【求人】打工・麵包製作( 越谷市 )

taiwannp1 Posted in 未分類, 求人・求職
【求人】打工・麵包製作( 越谷市 ) はコメントを受け付けていません。

打工・麵包製作( 越谷市 )

工作地點: 埼玉縣越谷市內,最近車站為「新越谷」 「南越谷」

內容:   工廠內作業(麵包製作)

薪水:  【日班】時薪910円  【夜班】時薪940円

時間:

【日班】

8:00~17:00、9:00~18:00

10:00~19:00 ※需加班

【夜班】

20:00~翌日5:00、21:00~翌日6:00

22:00~翌日7:00

 

★上班時間可議

休假:   每月9日(輪班制),歡迎周末、日可上班者

待遇:   備有社會保險、備有宿舍

制服租借­(費用約4,150円)

交通費全額支付(電車費) ※自用車或自行車可議

應徵:   歡迎電話詢問

應徵時請攜帶履歷書(需填寫並貼上照片)

日語能力: 須能理解50%的內容

 

 

 

 

■收費職業介紹所 派 27-ユ301128

株式会社ユタカ 埼玉事業所

越谷市西方2-21-13 会田ビル2-B

TEL:048-960-5432(採用負責人)