「やっと、やっと、やっと公開です」by永瀬正敏 〜台湾で大ヒットの映画KANOが遂に日本公開!〜

0
1月24日に「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」初日舞台挨拶が行われた
1月24日に「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」初日舞台挨拶が行われた

台湾で興行収入約10億円を超える大ヒットを記録した台湾映画「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」(以下:KANO)が1月24日、ついに日本で公開となった。初日の24日、新宿バルト9にてKANO上演後に初日舞台挨拶が行われ、主演の永瀬正敏さんやその妻を演じた坂井真紀さん、嘉義農林ナインの日本人メンバーを演じた大倉裕真さん、飯田のえるさん、山室光太郎さん、対戦校の札幌商業ピッチャー役の青木健さん、そして主題歌を手がけたRakeさん、中孝介さんが登壇した。

再会した嘉義農林ナインのメンバー。左から陳秉宏さん、大倉裕真さん、飯田のえるさん、山室光太郎さん。
再会した嘉義農林ナインのメンバー。左から陳秉宏さん、大倉裕真さん、飯田のえるさん、山室光太郎さん。

永瀬さんは挨拶で「本当は一緒に映画を創ってきた台湾のみんなと、この初日舞台挨拶に立ちたかった」とコメントすると、馬志翔監督と大江先輩役の陳秉宏がサプライズゲストとして登場し出演者らと熱い抱擁を交わした。坂井さんは驚きと感動の涙を流した。

サプライズゲストとして馬志翔監督と大江先輩役の陳秉宏が登場し、日本側の出演者と抱擁をかわした
サプライズゲストとして馬志翔監督と大江先輩役の陳秉宏が登場し、日本側の出演者と抱擁をかわした

台湾からこの日のために駆けつけた馬監督は観客に対し「現代人は未来に目を向けがちだが、過去から力を貰い、学ぶ事が出来ると思う。この映画が描いた1931年の日本統治下の台湾だが、これは間違いなく台湾の歴史の一部であり、日本の歴史の一部でもある。皆さん、是非KANOを見て過去から学び、そして力を貰って下さい」と観客に呼びかけた。

台湾から駆け付けた馬志翔監督
台湾から駆け付けた馬志翔監督

また、永瀬さんは「やっと、やっと、やっと日本公開です。甲子園で行われる高校野球が丁度100年を迎える今年に、KANOを公開出来たということには感慨深いものがあります。映画はお客様のものです。皆さんに愛して育てて頂きたい。主題歌の歌詞にもあるように、KANOが色々な架け橋になれば良いなと思う」とコメントし、日本公開に対する気持ちを観客に伝えた。

主演の永瀬正敏さん(右)とその妻を演じた坂井真紀さん(左)
主演の永瀬正敏さん(右)とその妻を演じた坂井真紀さん(左)

舞台挨拶後、KANOを見た観客の女性は「感動の場面が沢山あって、終始泣きっぱなしでした。KANOは野球だけの映画ではないですね。日本にいながら知らなかった歴史のことを知る事ができました。この映画はまたリピートしたいです」と感想を述べた。また、日本在住の台湾人留学生は「台湾で公開されていた時は、FacebookへのKANO関連の投稿がとても多かった。国籍問わずにみんなが一体になるところを日本の方々にも見て欲しい。野球がわからなくても楽しめる映画だと思います」と話していた。

KANO上演後、新宿バルト9に設置された撮影ブースにて写真撮影するファンの姿もみられた
KANO上演後、新宿バルト9に設置された撮影ブースにて写真撮影するKANOファンの姿もみられた

發表迴響