台湾のジェラート店、東アジア地区で2位受賞!

0

台湾のジェラート店、東アジア地区で2位受賞!

見事2位に輝いた「NINAO Gelato Classico(蜷尾家)」のYu Leeさん()とAmber Leeさん()
見事2位に輝いた「NINAO Gelato Classico(蜷尾家)」のYu Leeさん(左3)とAmber Leeさん(右3)

東アジアNo.1のジェラートを決定する大会「ジェラートワールドツアー東京」が9月4日より同6日まで、駒沢オリンピック公園中央広場で開催され、台湾・台南から出場したジェラート店「NINAO Gelato Classico(蜷尾家)」が見事2位に輝いた。これにより同店は、2017年のイタリアで行われる決勝戦へ出場権を獲得した。

NINAOのご近所料理屋の店長らがお店を休んでまで応援にかけつけていた
NINAOのご近所料理屋の店長らがお店を休んでまで応援にかけつけていた

同大会には一定基準をクリアし、東アジア地区から選ばれ抜いた16チームが出場。台湾から2チーム、韓国から1チーム、日本から13チームがそれぞれ自慢のこだわりジェラートを出品した。

甲乙付けがたい強豪チームらを出し抜き、イタリアへの切符を手に入れた同店のジェラート職人・李豫(Yu Lee)さんは表彰式後、「本当に嬉しいです。日本で皆さんに受け入れて頂いたように、本戦開催地のイタリアでも台湾のジェラートを受け入れて頂けるように、みんなで努力していきたいです」と述べ、感激の涙を流した。

このほど同店が出品したのは、台湾の阿里山で穫れる蜜香紅茶を混ぜ込んだジェラートに屏東市産の黒米ポン菓子をトッピングし、上から台湾産のライチ蜂蜜をかけた「La Dolce Vita di Te」。滑らかで優しい甘さのジェラートに、ポン菓子の食感、ライチ蜂蜜の香りがアクセントとなった台湾独自の逸品だ。李さんによると、同品は同大会のために生み出し、まだ台南の本店でも販売していない新作だという。

李豫さんは笑顔で自慢のジェラートをアピールしていた
李豫さんは笑顔で自慢のジェラートをアピールしていた

また、このほどの受賞は一般来場者の投票と出場選手同士による投票、そしてジェラートの味、構成、プレゼンテーションを基準に審査員が審査を行い選出した。

同店が2位に選出された理由として、審査委員長の加藤信さん(協同組合全日本洋菓子工業会理事長)は「彼らは一般客からの支持がとても高かった。味はもちろん美味しいが、何と言ってもパフォーマンス(プレゼンテーション)が素晴らしかった」と品評。

主催者のアンドレア・コッキさん(カルピジャーニグループCEO)
主催者のアンドレア・コッキさん(カルピジャーニグループCEO)

また、主催者のアンドレア・コッキさん(カルピジャーニグループCEO)と今野正義さん(日本食糧新聞社代表取締役会長CEO)も同じく同店のパフォーマンス力を評価し、2位受賞に対し祝福の意を述べていた。

今野正義さん(日本食糧新聞社代表取締役会長CEO)も台湾のジェラートを評価していた
今野正義さん(日本食糧新聞社代表取締役会長CEO)も台湾のジェラートを評価していた

同品を試食した一般の日本人来場者は「ライチの蜂蜜が珍しい。台湾の紅茶の味もまろやかで、とても美味しかった」「台湾の材料を使っているのが素敵」などとコメントし、台湾ならではの工夫が評価されている様子が伺えた。

出展ブース前には大人から子供まで様々な年齢層の来場者が行列を作った
出展ブース前には大人から子供まで様々な年齢層の来場者が行列を作った

なお、同じく台湾から出場したYellow Lemonのイタリア人ジェラート職人のAndrea Bonaffiniさんは、パッションフルーツピューレーをかけたホワイトチョコレートのジェラートを出品し、一般来場者投票特別賞を受賞。

台湾在住のイタリア人ジェラート職人・Andrea Bonaffiniさん
台湾在住のイタリア人ジェラート職人・Andrea Bonaffiniさん

さらに期限時間内にどれだけ高くジェラートを積み上げるか競う「Stack it High」で優勝した。Andreaさんはまだまだジェラード店が少ない台湾でジェラート文化を広めるべく2014年8月に台北市中山区でお店をオープンし、台湾人に本場イタリアの味を提供している。

Andrea Bonaffiniさんが出品したホワイトチョコレートのジェラート、パッションフルーツピューレーかけ
Andrea Bonaffiniさんが出品したホワイトチョコレートのジェラートwithパッションフルーツピューレー

ジェラートワールドツアーとは、イタリア外務省の後援のもと、イタリアンスタイルの歴史深いジェラート文化を全世界に広めることを目的に2012年から始まった国際移動型大会で、世界中のジェラート職人の想像力や技を競うコンテスト形式のイベント。このほどの2015年〜2017年、第2回シーズンでは、既にシンガポールで2015年3月に開催されており、このたびの東京大会は今シーズンの2カ国目。今後は上海、サンパウロ、ロンドン、ミュンヘンなどを廻り、2017年にイタリアのリミニで行われる決勝選で全世界ナンバーワンのジェラートを決定する。なお、2012年〜2014年には第1回シーズンが開催されており、オーストラリアのシドニーからの参加者が優勝した。

NINAOのイタリア決勝戦での活躍に期待
NINAOのイタリア決勝戦での活躍に期待

發表迴響